沈黙 小松菜奈に関するニュース

若手女優・小松菜奈 「死体顔」が得意、「底が見えない」評

NEWSポストセブン / 2017年03月01日07時00分

』(2014年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、公開中の映画『沈黙―サイレンス―』では巨匠・マーティン・スコセッシ監督から高い評価を受けるなど、めざましい活躍ぶり。その魅力についてコラムニストのペリー荻野さんが迫る。 * * * 小松菜奈といえば、人気モデルにして今、もっとも注目される若手女優のひとり。映画『渇き。』では、多くの男を翻弄する妖しい女子高 [全文を読む]

小松菜奈がスコセッシ監督を爆笑させた!?『沈黙』大ヒット御礼舞台挨拶で撮影秘話飛び出す

Movie Walker / 2017年02月01日12時51分

マーティン・スコセッシが遠藤周作の傑作文学を映画化した『沈黙-サイレンス-』。日本公開から10日で観客動員数30万人を超えた本作の大ヒット御礼舞台挨拶に出演者の窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也が登場し、胸中や撮影秘話などを語った。 公開後の反響について窪塚は「一言では言えないけれど、観る前とは違う自分になったという人が多い」と語り、本編をすでに3度観たとい [全文を読む]

小松菜奈、過酷な役の方が「燃える!」驚くべき20歳の女優魂に迫る

Movie Walker / 2017年01月21日08時00分

巨匠マーティン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』(1月21日公開)で、隠れキリシタンの女性役として抜擢されたのだ。またしてもハードな役どころを任された彼女だが、「過酷な役の方が燃える」とにっこり。20歳にして、驚くべき女優魂を持った小松菜奈の“今”に迫る。スコセッシ監督が遠藤周作の原作と出会ってから28年、長年に渡って映画化を希望したという待望のプロ [全文を読む]

窪塚洋介、浅野忠信らも出演!遠藤周作『沈黙』がマーティン・スコセッシ監督により映画化でファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月18日18時00分

『海と毒薬』『深い河』で知られる日本を代表する人気作家・遠藤周作の名作『沈黙』がマーティン・スコセッシ監督によって「沈黙-サイレンス-」のタイトルで映画化され2017年に公開されることが明らかとなった。豪華キャスト陣も発表されており、原作ファンからは「あの傑作小説がスコセッシで映画化とか…嬉しすぎて声にならない!!!」「うぉぉぉ~! 大好きな小説! 来年、 [全文を読む]

映画化で原作本はどこまで売れる?2017年上半期公開作から探る

dmenu映画 / 2017年08月06日07時00分

マーティン・スコセッシ監督が映画化した遠藤周作の『沈黙』(1966年発表)は古い作品なので、難しいかと思いましたが、意外と動きました」 左からボーモン夫人/村松潔 訳『美女と野獣』(新潮文庫)、 羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社)、遠藤周作『沈黙』(新潮文庫) 表紙が大事。宣伝帯やあおり文、意外なコラボも… 人気作にあやかって、映画化というのが常套手段 [全文を読む]

本田翼、セフレから恋人に昇格!? 菅田将暉、ラジオで突然「意味深発言」の舞台ウラ

サイゾーウーマン / 2017年04月27日11時45分

一方、菅田は同24日深夜のラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、『僕はこれから、(報道に対する)スタンスとして、沈黙という方法を取ります』と意味深な発言をしており、恐らく本田との熱愛報道を受けての決意表明とみられています」(同) 今後、菅田の“沈黙”というスタンスが、あらぬ波紋を呼ばなければよいが……。 [全文を読む]

小松菜奈、男前なダボダボのパンツスーツで会場騒然

Movie Walker / 2017年02月05日16時53分

また現在公開中の『沈黙』でハリウッドデビューを果たした小松は、マーティン・スコセッシ監督について「日本とはぜんぜ違う現場で、時間のかけ方も違いました。監督はいつもニコニコしているけど、『素晴らしい』と言いながら、その後でテイク30とか40とか撮るドSな部分がありました」とおちゃめに語った。 また、『淵に立つ』の深田晃司監督作の常連俳優である太賀は「すべて [全文を読む]

窪塚洋介がスコセッシ映画の舞台挨拶で政権批判!「この国のみっともない政府は自国の弱者には目も向けない」

リテラ / 2017年01月27日11時10分

遠藤周作の代表作『沈黙』を『タクシードライバー』『グッドフェローズ』などの巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』が今月21日に日本でも公開された。 冷徹に肉体的・精神的拷問を指示する筑後守を演じたイッセー尾形を筆頭に、窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、小松菜奈ら日本人キャストの演技は海外メディアでも高く評価されている。 そんな『沈黙- [全文を読む]

スコセッシ監督渾身の1本! 信じるって何だ? 映画『沈黙ーサイレンス』

Suits-woman.jp / 2017年01月21日09時00分

1月21日から、映画『沈黙ーサイレンスー』が公開となります。監督は『タクシー・ドライバー』、『ディパーテッド』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの大作を手がけた、巨匠マーティン・スコセッシ。バイオレンス色の強いギャング映画を手がけることで有名なスコセッシ監督が、今回選んだのは日本へ渡った司祭と、隠れキリシタンについて描いた、遠藤周作原作の『沈黙』です。 [全文を読む]

窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

ガジェット通信 / 2017年01月13日07時30分

1月21日(土)に日本公開を迎える映画『沈黙-サイレンス-』。『タクシードライバー』『ディパーテッド』のアカデミー賞監督マーティン・スコセッシが、「戦後日本文学の最高峰」とも称される遠藤周作の小説『沈黙』(新潮文庫刊)を映画化した話題作だ。 物語で重要な鍵を握るキチジロー役を演じた窪塚洋介が、ハリウッドへの挑戦と驚き、そして自身が見据える今後について語った [全文を読む]

2017年の注目映画は? アラサー女子必見のコメディからアカデミー期待作まで【洋画編】

ウートピ / 2017年01月05日09時45分

スコセッシ監督によるアカデミー賞最有力作品まずは、遠藤周作さんの小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』などで知られる巨匠・マーティン・スコセッシ監督が映画化したアカデミー賞最有力作品『沈黙 サイレンス』。江戸時代初期、幕府による激しいキリシタン弾圧下にある長崎を舞台に、人間の強さと弱さ、信じることと生きることの意味などいつの時代にも普遍的な [全文を読む]

マーティン・スコセッシ監督の来日が決定!日本人キャストと『沈黙』ジャパンプレミアに

ハリウッドニュース / 2016年12月28日06時00分

戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が完全映画化した『沈黙-サイレンス-』(2017年1月21日日本公開)。本作のPRのため、1月にスコセッシ監督が来日することが決定した。「初めて遠藤周作の『沈黙』を読んだあの日から28年、ずっとこの作品のことを考えてきました」と語るスコセッシ監督にとって夢の企画。主演のアンドリュ [全文を読む]

AKIRAや青木崇高ら、M・スコセッシ監督作『沈黙』への出演が明らかに

Movie Walker / 2016年12月09日12時00分

『ディパーテッド』(06)で、アカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞したマーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の傑作文学を映像化する『沈黙-サイレンス-』(2017年1月21日公開)。今回、本作で名匠スコセッシのもとに結集した未発表の日本人キャストが一挙解禁された。 日本からはすでに窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシの出演が [全文を読む]

『沈黙』出演のイッセー尾形が映画賞で快挙達成!

Movie Walker / 2016年12月06日19時02分

遠藤周作の傑作文学をマーティン・スコセッシ監督が映画化する『沈黙-サイレンス-』(2017年1月21日公開)。本作で、激しいキリシタン弾圧を推し進める井上筑後守を演じた日本人俳優イッセー尾形が、第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞で、助演男優賞の次点に選ばれた。この快挙を記念して、イッセー演じる井上奉行の姿をとらえた場面写真が解禁。 井上筑後守とは、残忍な [全文を読む]

巨匠スコセッシが日本文学の金字塔に挑む!映画『沈黙』は2017年公開

Movie Walker / 2016年09月06日09時26分

過去6度アカデミー賞にノミネートされ、『ディパーテッド』(06)で第79回アカデミー賞監督賞と作品賞を獲得するなど、名実ともに世界をけん引する監督マーティン・スコセッシが、1988年に原作と出会ってから28年の時を経てついに映画化を果たす『沈黙-サイレンス-』が2017年に日本で公開決定となった。 原作は戦後生まれた日本文学の最高峰とも称される遠藤周作が1 [全文を読む]

マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の「沈黙」を完全映画化 『沈黙-サイレンス-』2017年日本公開

AOLニュース / 2016年09月06日06時45分

巨匠マーティン・スコセッシ監督が戦後日本文学の金字塔「沈黙」を完全映画した最新作が邦題『沈黙-サイレンス-』(原題:Silence)として、2017年日本公開することが決定した。 原作である小説「沈黙」は芥川賞作家、遠藤周作の代表的な名作だ。 幕府のキリスト教弾圧が続く17世紀江戸初期、布教に赴いた恩師が棄教したと聞かされたポルトガル人司祭がその真意を確か [全文を読む]

小松菜奈、“流血する”ほどの平手打ちも「すっきりしました(笑)」

anan NEWS / 2016年06月15日20時00分

映画『ヒーローマニア-生活-』『ディストラクション・ベイビーズ』が公開中の他、『沈黙 Silence』『溺れるナイフ』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の公開を控える。 ※『anan』2016年6月22日号より。写真・内山めぐみ インタビュー、文・菅野綾子 [全文を読む]

能年玲奈に”復帰説”浮上も需要あるかは不透明、広瀬すずらが台頭

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日12時04分

能年自身は公の場で依然沈黙を貫いているが、活動復帰した際に需要があるのか不透明となっている。 ■どこに向かってる?ファンも不安に 約1年近く活動休止状態が続く能年。近頃目立った活動は、昨年7月にかんぽ生命保険の企業広告『人生は、夢だらけ。』第3弾(テレビCM「人生の山と谷」篇/「夢の中へ」篇)へ出演したこと、ラジオ番組のレギュラー出演(昨年10月に終了)、 [全文を読む]

倖田來未「二面性」を表現! アルバム2枚同時リリース

Entame Plex / 2017年01月27日21時30分

原作は1月21日(土)に「沈黙(サイレンス)」がマーティン・スコセッシ監督に映画化され、国内でも窪塚洋介、小松菜奈らがハリウッドデビューしたことで話題の遠藤周作。それに続く、原作ドラマとあり注目を集めている。 ドラマ「真昼の悪魔」で主演を務める田中麗奈は「歌詞が大河内葉子の言葉のようでした。歌詞を聴くと不思議と心がザワつきこの人の心は一体どこにあるんだろう [全文を読む]

倖田來未、3月に2枚同時リリースとなるアルバムで「二面性」を表現

okmusic UP's / 2017年01月27日19時45分

原作は1月21日(土)に『沈黙(サイレンス)』がマーティン・スコセッシ監督に映画化され、国内でも窪塚洋介・小松菜奈らがハリウッドデビューしたことで話題の遠藤周作。それに続く、原作ドラマとありこちらも注目を集めている。■【各関係者よりコメント】■東海テレビ プロデューサー 遠山圭介倖田さんの「On my way」が放つ世界観は、その主人公の心の叫びを見事に表 [全文を読む]

フォーカス