宇多田ヒカル 山下達郎に関するニュース

1曲250円で自由に使える音楽配信サイト「250music(ニーゴーマルミュージック)」オープン!

@Press / 2017年09月06日09時30分

参加しているミュージシャンは、山下達郎BANDの伊藤広規をプロデューサーに、自身のバンド活動の他に井上陽水、宇多田ヒカル、福山雅治など数多くのアーティストのツアー及びレコーディングに参加している今剛、元BOWWOW/WILDFLAGの山本恭司、浜田麻里などの数々の作品に参加する大槻啓之など、日本を代表するレジェンドです。それらレジェンド達が著作権を幅広く解 [全文を読む]

竹内まりやのお墨付き!復帰間近の“あやや”は宇多田ヒカルのライバルになる!?

アサ芸プラス / 2017年03月07日17時59分

うまくいけば、宇多田ヒカルのライバルになれますよ」(前出・音楽誌ライター) 期待しつつ、続報を待ちたいところだ。(石田安竹) [全文を読む]

人はなぜ不倫するの?「思わずキュンとする不倫ソング」から分かる心理

It Mama / 2016年10月28日22時00分

(2)「誰かの願いが叶うころ」宇多田ヒカル(2004年)人間活動に専念するといって休業後、出産を果たし、今年見事に復活した宇多田ヒカルさん。こちらは2004年にリリースされた曲です。だれかの願いが叶うころ、どこかで泣いている人がいる、相手の幸せを願うほど、ワガママになってしまう、不倫や浮気の関係を彷彿とさせる、切ない歌詞がとても印象的です。(3)「マンハッ [全文を読む]

Suchmos『LOVE&VICE』インタビュー

NeoL / 2016年02月02日21時12分

家族はドリカムとか宇多田ヒカルとか聴いてたのもあって、普通にJ-POPを聴いてて、自分で最初に買ったのはミスチルでしたね。だから、ごく普通の音楽の入り方だったと思います」 KCEE「でも、ホイットニー・ヒューストンとかエル・デバージとかもウチでかかってたよね。僕が音楽に興味を持ったのは、中1の頃にOKとTAIKINGとバンドを組んでたHSUに出会って、彼か [全文を読む]

tofubeats『POSITIVE』ロングインタヴュー(後編)

NeoL / 2015年09月25日19時00分

昨年自分が出会いたいと思っていたミュージシャンの人たちと『First Album』で共作して、宇多田ヒカルさんのカヴァーもやりましたし。 tofubeats「そうなんですよ。しかも今年のはじめにSMAPのリミックス(“華麗なる逆襲(tofubeats remix)”)もやってたんです。夢が叶うのがちょっと早過ぎて狼狽えたんですよ。何か予定がおかしいんじゃな [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

こんな夢のような夫婦対決が見られれば、ファンも大喜びですよ」 現在、活動を休止している宇多田ヒカル、サザンオールスターズが会場を盛り上げ、後半戦もいよいよ大詰めとなった。 総合 紅組からは今年、世界中で称賛を浴びた由紀さおり&ピンク・マルティーニさんで、「夜明けのスキャット1969」。対する白組も世界的な大物ミュージシャンが駆けつけてくれました。カモン! [全文を読む]

「目玉につんく♂」の声も…揺れるNHK紅白の選考裏会議

WEB女性自身 / 2015年11月02日00時00分

あらゆることを譲歩して交渉していますが、残念ながら難しそうです」(前出・NHK関係者) 紅白と縁の薄い大物との交渉は難しく、井上陽水(67)、山下達郎(62)、宇多田ヒカル(32)などは、早々に撃沈。そんななか、出場の可能性が高いとされる大物グループが! 「Mr.Childrenです。彼らは08年に初出場を果たしており、実現すれば7年ぶり。もともとミスチル [全文を読む]

Superfly、ベストALがオリコン週間ランキング首位に返り咲き!

AOLニュース / 2013年10月15日18時35分

アルバムの首位返り咲きは、昨年10月22日付で2週ぶりに返り咲いた、山下達郎のベストアルバム『OPUS ~All TIME BEST 1975-2012~』(昨年9月発売)以来1年ぶりで、女性ソロでは2004年4月26日付で2週ぶり返り咲きの宇多田ヒカル『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』(2004年3月発売)以来 [全文を読む]

女性ソロ9年半ぶりの快挙!Superflyのベストアルバムがオリコン週間ランキング首位に返り咲き!

okmusic UP's / 2013年10月15日12時00分

【その他の画像】Superflyアルバムの首位返り咲きは、昨年10月22日付で2週ぶりに返り咲いた、山下達郎のベストアルバム『OPUS ~All TIME BEST 1975-2012~』以来1年ぶりで、女性ソロでは2004年4月26日付で2週ぶり返り咲きの宇多田ヒカル『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』以来9年半ぶ [全文を読む]

EXILE、小田和正、ミスチル……「歌がうまい」人は声が高い!?

日刊サイゾー / 2012年12月06日09時00分

たとえば、2012年8月3日発売の『オリ★スタ』(オリコン)では、カラオケ特集内で、3,000人が選ぶ「歌がうまいと思うアーティスト」のランキング5位までを男女別に紹介していたのだが、男性編の1位はATSUSHI(EXILE)で、2位が小田和正、3位が桜井和寿(Mr.Children)、4位が大野智(嵐)、5位が稲葉浩志(B'z)という結果だった(女性編 [全文を読む]

【和田アキ子と大友康平が持ち歌を交換】ジワジワ売れ続けている男女逆転カヴァーコンピの続編が登場

リッスンジャパン / 2012年10月12日01時00分

【リリース情報】『COVER WHITE 男が女を歌うとき 2-WISH-』 UICZ-8103 ¥2,500(税込) 2012年10月10日発売1. 徳永英明/雪の華 (中島美嘉) 2. 鈴木雅之/TAXI (mediumslow version) (鈴木聖美with RATS & STAR)3. 槇原敬之/traveling (宇多田ヒカル)4. 山崎 [全文を読む]

「ターバン姿で国歌斉唱」の湘南乃風HAN-KUN、その意外な評判とは?

日刊サイゾー / 2012年08月21日08時00分

たとえば、宇多田ヒカルはライブ時に音程を外したり、声が出なくなったりすることで有名で、内輪のイベントで他人のカバーを披露したところ、あまりの下手さに周囲がひっくり返ったこともありました。そうした事情があって、演歌歌手やクラシック歌手が国歌斉唱を行うことが多いのですが、主催者としては若者にもアピールしたい。そうなるとISSAやHAN-KUNのように、歌はうま [全文を読む]

フォーカス