デビュー曲 宇多田ヒカルに関するニュース

◆ありそうでなかった、スペシャル企画◆「MTVが選ぶ!人気アーティストのこの1曲!」

PR TIMES / 2017年04月26日12時52分

それぞれ、デビュー曲やブレイクのきっかけとなった曲、タイアップ曲、ミュージックビデオが話題になった曲などの転機がある中で、敢えてMTVが【この1曲】を選びます。 果たしてアナタの【1曲】とMTVの【1曲】は合致するのか?! 懐かしい曲から最近のヒット曲まで、幅広いラインアップで10時間にわたりお届けするプログラム。ご家族やご友人と想像しながら見れば、盛り [全文を読む]

宇多田以外も!? 小室哲哉が「負けた」アーティストとは

日刊大衆 / 2017年01月18日17時00分

宇多田のデビュー曲『Automatic』について、PVのセンスや宇多田がネイティブとして英語を身につけていること、歌詞が理解できなかったことなど、その当時に受けた衝撃を語った。そして「僕には『Automatic』が出てこなかった」「これほどやられた感はない」と率直に敗北感を口にした。 だが、小室に敗北感を与えた楽曲は『Automatic』だけではなかった。 [全文を読む]

公式ピアノソロ/弾き語り楽譜集 『宇多田ヒカル Selection for Piano』デビュー曲から最新アルバム収載曲まで収載。12月23日発売

PR TIMES / 2016年12月05日16時23分

1998年の衝撃的デビュー曲「Automatic」にはじまり、ラブ・バラードの定番「First Love」や最新アルバムから「道」「桜流し」など、これまでの活動の軌跡をたどりながらピアノで楽しめるおススメ18曲をセレクトしました。アッパー・チューン派も、しっとりと奏でたい派も、どちらもご満足いただける内容です。「First Love」と「花束を君に」は弾き [全文を読む]

宇多田ヒカルのデビュー曲に女子高生のPHS…現在アラサー以上なら共感必至!1999年が舞台の異色青春ミステリー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月06日11時00分

2015年に刊行した初の長編『戦場のコックたち』(東京創元社)が各社のミステリーランキング上位にランクイン。直木賞、大藪春彦賞、本屋大賞と名だたる文学賞にも次々とノミネートされ、「ブレイクするとはこういうことか!」と世の小説好きを驚かせたミステリー界の新鋭・深緑野分さん。その最新作にして第2長編『分かれ道ノストラダムス』(双葉社)が刊行された。 本書のもっ [全文を読む]

藤圭子、デビュー時のインパクトは宇多田ヒカルを超えていた

アサ芸プラス / 2013年09月03日10時00分

事務所にもお金がどんどん入ってきたよ」(前出・川岸氏) のちに「哀愁酒場」(77年)を提供する作曲家の平尾昌晃氏は、藤のデビュー曲「新宿の女」(69年)を聴いて面食らった一人だ。この年、歌謡界は由紀さおり、ちあきなおみらがデビューする黄金期だったが、突出したインパクトを藤は持っていた。平尾氏が語る。 「僕は歌手を続けるかどうか迷っていたけど、彼女の声を聴い [全文を読む]

宇多田ヒカル“異例の移籍”カギを握る「3人の恩人」の存在

WEB女性自身 / 2017年03月03日06時00分

当時、14歳だった彼女の才能を最初に認めたM氏が、「日本語で歌わないの?」と持ちかけ、デビューにつながったのです」(前出・別の音楽関係者) M氏は別の曲の予定だったデビュー曲を『Automatick』でいくことを強く推して、765万枚の記録的ヒットにつなげた。宇多田をスターダムに押し上げた立役者でもある。 もう一人が制作面を支えたO氏。やはりデビューから関 [全文を読む]

紅白初出場組分析 注目はキャリア23年演歌歌手・市川由紀乃

NEWSポストセブン / 2016年12月18日07時00分

今年4月に発売したデビュー曲『サイレントマジョリティー』が発売1週間で26.1万枚を売り上げ、女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代1位を記録した。デビューからわずか8か月。驚異のスピード出場! [全文を読む]

宇多田ヒカルの3DVR生中継イベント『30代はほどほど。』に著名人からの応援コメントが続々到着

okmusic UP's / 2016年12月09日12時00分

宇多田さんのデビュー曲「Automatic」を当時拝聴して以来、同世代で活躍される宇多田さんのパフォーマンスにたくさんのエネルギーをいただきました。ネットイベント「30代はほどほど。」のご成功お祈りしております。「GYAO!」で“3DVR”生中継を観ながら応援します。■白石美帆実はデビュー年や美容院が一緒(?)だったりと、勝手にシンパシーを感じていました笑 [全文を読む]

宇多田ヒカル『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』 全国AM/FM/短波 民放ラジオ101局にて10月11日よりオンエア!

PR TIMES / 2016年09月26日15時27分

[画像: http://prtimes.jp/i/664/1211/resize/d664-1211-784590-0.jpg ] 1998年デビュー曲「Automatic」が全国のラジオ局のパワープレイを数多く獲得し、当時一気にブレイクした宇多田ヒカル。彼女自身、アーティストデビューよりもラジオDJデビューのほうが早かったと自負するほどのラジオ好きで、 [全文を読む]

宇多田ヒカル、アルバム『Fantôme』リード楽曲「道」が全国ラジオ101局パワープレイ決定

okmusic UP's / 2016年09月14日00時00分

【その他の画像】宇多田ヒカル1998年デビュー曲「Automatic」が全国のラジオ局のパワープレイを数多く獲得し、当時一気に大ブレイクした宇多田ヒカル。また、彼女自身アーティストデビューよりもDJデビューのほうが実は早かったと自負するほどのラジオ好きで、人間活動中も2013年から1年間セルフプロデュースによるレギュラー番組「KUMA POWER HOUR [全文を読む]

再進撃中の小室哲哉を嫉妬させた宇多田、ミスチル、スピッツ

NEWSポストセブン / 2015年05月01日07時00分

ヒカルちゃんがぼくを終わらせたって感じですね…」 4月22日、音楽番組『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)にゲスト出演した小室は、自身のブーム最高潮の1990年代後半に実は“嫉妬”していた歌謡曲として、宇多田ヒカルのデビュー曲『Automatic』(1999年)を挙げ、こうぶっちゃけたのだ。 1990年代後半といえば、小室プロデュースの楽曲が4年連続で日本レコー [全文を読む]

女性ソロ9年半ぶりの快挙!Superflyのベストアルバムがオリコン週間ランキング首位に返り咲き!

okmusic UP's / 2013年10月15日12時00分

今作は、デビュー曲『ハロー・ハロー』からのシングル26曲に加え、【現在】【過去】【未来】をテーマにした新曲3曲を収録し、全29曲のまさに完全保存版となる作品。【現在】をテーマにした「Bi-Li-Li Emotion」は、今週木曜日からスタートする話題のドラマ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系木曜ドラマ)の主題歌にも決定している。今後もS [全文を読む]

ドラマ主題歌に抜擢 河合奈保子の娘・kahoは第2の宇多田か

NEWSポストセブン / 2013年10月13日07時00分

11月27日発売予定のデビュー曲が、堀北真希(25才)主演のドラマ『ミス・パイロット』(フジテレビ系)の主題歌に抜擢されたのだ。 実は彼女をプロデュースするのは宇多田を手掛けた三宅彰氏。それ以外にも、シンガーソングライター、10代でデビュー、親が歌手、海外育ち、語学堪能…などと宇多田との共通点が多く、“第2の宇多田ヒカル”と話題になっている。彼女の知人が話 [全文を読む]

宇多田ヒカル幻のデビュー直前の映像発掘!

アサ芸プラス / 2013年09月04日10時00分

これが弱冠13歳、デビュー曲「AUTOMATIC」で255万枚の大ヒットを放つ僅か2年前の映像である。 当時の宇多田を知る知人は言う。 「当時、ヒカルは都内のアメリカンスクールに通っていました。学校での成績は常にAばかりと優等生でしたが、勉強だけでなくバスケットやマラソンなどスポーツでも才能を発揮していました。有名人の子供らしいことは知っていましたが、音楽 [全文を読む]

ベテラン芸能記者・本多圭が回顧する、“怨歌歌手”藤圭子さんの素顔とは

日刊サイゾー / 2013年08月28日13時00分

その藤さんが、デビュー曲「新宿の女」のキャンペーン時、石坂さんと駆け回っていた新宿という街にあるマンションから飛び降り自殺したというのは、因縁めいたものを感じた。 藤さんは69年に同曲でデビュー。この曲は「バカだな バカだな だまされちゃって♪」というフレーズが、70年代の全共闘世代の若者たちの共感を呼んだ。70年に発売された「圭子の夢は夜ひらく」はさらな [全文を読む]

Salley、発売間近のデビュー曲「赤い靴」で2013年最高記録60冠達成!

okmusic UP's / 2013年05月15日14時30分

■Salley CD発売記念フリーイベント5月28日(火) 池袋サンシャインシティアルパB1F 噴水広場 5月29日(水) ダイバーシティ東京 プラザ2F フェスティバル広場 6月01日(土) ナディアパーク 2Fアトリウム・イベント・スペース 6月02日(日) あべのマーケットパーク キューズモール3Fスカイコート 6月16日(日) 福岡キャナルシティ [全文を読む]

安田レイ、思い出の土地・名古屋で デビュー4周年記念ライブを開催!

okmusic UP's / 2017年07月03日17時30分

ピアノトリオ編成のバンドを従え、安田レイが初めて作詞をした「Oneday」やデビュー曲「Best of my Love」など、これまでの軌跡をたどるオリジナル曲はもちろん、「time will tell」(宇多田ヒカル)/「A cup of tea」(竹内まりや)/「Ordinary People」(ジョン・レジェンド)「LOVE IS BUBBLE」( [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(4)有名アニメの主題歌歌手は艶系ビデオに出演

アサ芸プラス / 2017年05月02日05時59分

・上原あずみ 代表曲「青い青いこの地球に」(01年) デビュー曲が人気アニメ「名探偵コナン」のタイアップになり、チャート9位のスマッシュヒット。10年に男性問題でCD回収などの措置が取られ、12年の艶系ビデオデビューに続く。・bird 代表曲「空の瞳」(99年) 意外と知られていないが、デビューアルバムは70万枚もの好セールスを記録している。私生活は明かさ [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(1)小室哲哉がKEIKOの記憶障害を告白

アサ芸プラス / 2017年05月01日05時58分

・岡本真夜 代表曲「TOMORROW」(95年) デビュー曲がドラマ主題歌という幸運もあり、いきなり177万枚の特大ヒット。テレビ初出演が同年の紅白というのも話題になった。残念ながらここ9年ほど新曲は出ていない。・GAO 代表曲「サヨナラ」(92年) ハスキーな声と、男か女かわからないルックスで話題になった。一時、アーティスト活動に終止符を打ってニューヨー [全文を読む]

語っていいとも! 第39回ゲスト・元ちとせ「島から離れて、また恩返しに帰るって当たり前に思ってきた」

週プレNEWS / 2017年04月09日12時00分

―僕の中でその時代のデビュー曲での3大衝撃といえば、MISIAに宇多田ヒカルに元さんと。パッと出てきちゃうくらいですけど。自分がこれを歌うんだっていう、曲を貰った時の印象はどうだったんですか? 元 インディーズの時代からもう上田現の曲は知ってましたから違和感はなかったんですけど。『ワダツミの木』でデビューさせたいって言ってたのを絶対譲らなかったんですね、 [全文を読む]

フォーカス