宇多田ヒカル 桑田佳祐に関するニュース

TOKYO FMをはじめとするJFN系全国38のFMラジオ局の2016年洋・邦年間チャートベスト20が決定!!

PR TIMES / 2016年12月29日15時04分

『JA全農 COUNTDOWN JAPAN 年間チャート2016』 [画像: https://prtimes.jp/i/4829/1023/resize/d4829-1023-720927-0.jpg ] 1 前前前世 (movie ver.) / RADWIMPS 2 恋 / 星野源 3 道 / 宇多田ヒカル 4 SUN / 星野源 5 Soup / [全文を読む]

松田優作の娘・Yukiは宇多田ヒカルを越えられるか?

アサ芸プラス / 2015年06月09日17時58分

大人気となった2世歌手といえば、宇多田ヒカル、森山直太朗などが挙げられるが、果たして彼女は成功できるのだろうか。「俳優だったら『確かにこの人は父親と似てる』などと視覚的興味や親子関係そのもので人気につながることがありますが、歌手にとって見た目は二の次。いい音楽を発信しなければ見向きもされません。Yukiが注目されているのは、先にいい音楽を発信した後で血筋 [全文を読む]

ランキングに変動も! 好感度調査、ガッキーが初のトップ3入り! 男性の1位は?

Suits-woman.jp / 2017年04月10日08時00分

女性タレント 人気度 ベスト20 1位:綾瀬はるか 2位:新垣結衣 3位:天海祐希 4位:浅田真央 5位:北川景子 6位:ローラ 7位:深田恭子 8位:杏 9位:石原さとみ 10位:篠原涼子 11位:いきものがかり 11位:吉永小百合 13位:渡辺直美 14位:DREAMS COME TRUE 15位:樹木希林 16位:小泉今日子 17位:菅野美穂 18 [全文を読む]

もはや歯止めが利かない……福山雅治のタレントイメージが崩壊危機! 新垣結衣の好感度が急上昇

日刊サイゾー / 2017年03月30日23時30分

★男性タレント人気度上位20 1位=阿部寛、2位=マツコ・デラックス、3位=錦織圭(テニス)、4位=明石家さんま、5位=タモリ、6位=イチロー(マイアミ・マーリンズ)、6位=博多華丸・大吉、8位=所ジョ-ジ、9位=内村光良(ウッチャンナンチャン)、10位=相葉雅紀(嵐)、11位=大泉洋、12位=渡辺謙、13位=桑田佳祐、14位=松岡修造、15位=ビ-トた [全文を読む]

『HALLOWEEN PARTY 2016』神戸最終日、HYDEアミダラが降臨!?

okmusic UP's / 2016年11月03日12時00分

シースルーのロングドレスに赤いピンヒールという、色っぽい『魔女の宅急便』のキキに扮し、HYDEが作曲を手がけた中島美嘉の「GLAMOROUS SKY」や宇多田ヒカルの「traveling」など、計3曲のカバーを透明感ある歌声で披露。「すごく出演を悩んだ」というMCの後、カーペンターズの名曲「I Need To Be In Love」を披露。<孤独の中で私は [全文を読む]

カバー続々『木綿のハンカチーフ』は太田裕美の手離れた

NEWSポストセブン / 2016年06月06日07時00分

『1998年の宇多田ヒカル』(新潮新書)の著者で音楽ジャーナリストの宇野維正さんはその不思議な歌謡曲を「テレビやラジオといったメディアを通じて、幅広い世代の老若男女に聴かれる流行歌のことです」と説明する。 「その共通点は、作詞作曲は専業の作家が行っていて、それを歌手が歌っているということ。それが、歌謡曲です」 その歌謡曲が最近、当時の輝きを知る人の間では [全文を読む]

神戸芸術工科大学アート&デザイン特別講義デザインで語る『これがNHK紅白の舞台裏だ!』

DreamNews / 2014年07月02日10時00分

定 員:260名(申込不要・先着順・聴講無料) お問合せ:神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科 事務室 〒651-2196 神戸市西区学園西町8-1-1 TEL 078-794-5041/URL http://product.kobe-du.ac.jp/山口 高志 氏 略歴 NHKデザインセンター 映像デザイン部/チーフプロデューサー紅白歌合戦(199 [全文を読む]

【ジャニーズ定期速報】90年代回帰なSMAP「シャレオツ」が宇多田「First Love」と共通する点

AOLニュース / 2014年01月07日22時00分

実際の詞よりも聞こえ方を優先するという、宇多田ヒカルの『First Love』におけるサビ前の"だは~"的な手法が採られているのである。 そしてこの他にも、「暴君ジョーク」、「無鉄砲扇動」、「過ぎたセゾン 慣れたメゾン」など、印象的な韻踏みフレーズが続々登場。「シャレオツ」や「オサレ」、そして「問題ない」など、90年代から2000年代的な少し古めのワードが [全文を読む]

叶わなかったIMALUのフェス出演 二世アーティストの苦悩

メンズサイゾー / 2013年08月13日21時00分

藤圭子の娘・宇多田ヒカルや森進一・昌子元夫婦の息子・ONE OK ROCKのTakaなど、成功を収めている2世アーティストも存在するが、著名なアーティストでさえCDの売り上げ不振がささやかれる今の音楽シーンでは、2世というインパクトを超える才能と実力を兼ね備えていることが売れるための絶対条件となっているようだ。 実際、IMALUは今までに4枚のシングルをリ [全文を読む]

中村勘三郎さんの選手宣誓で明石家さんまは芸人になると決意

NEWSポストセブン / 2012年12月05日21時33分

また、ニューヨークにいた郷ひろみや宇多田ヒカルも足を運び、宇多田は初めての歌舞伎に感動して泣いたという。 また、ある賞の授賞式で、皇居での食事会に招かれたとき、緊張もあっておいしいワインを飲みすぎ、皇太子妃・雅子さまに「奥さん、奥さん」と声をかけてしまい、一同大爆笑となったエピソードなど、その芸の幅と同様、話題も幅広い。 【関連ニュース】中村勘三郎 歌舞伎 [全文を読む]

フォーカス