ポスト 壇蜜に関するニュース

おぎやはぎがラジオで「壇蜜と橋本マナミの違い」を熱く解説してネット上で話題に

AOLニュース / 2015年06月07日12時00分

なかなかあのよう女性はいないと壇蜜を称える一方で、最近比較される、「ポスト・壇蜜」として大ブレイク中の橋本マナミについては、矢作は「橋本マナミがグラビア界にはいっていくのがショック」と告白。小木も同意し、「やだね、そういうグループに入っちゃってさ・・・」と橋本が他グラビアのメンバーとたちと仲良くしていることに触れた。矢作は、「こういうのに吸収されちゃいけ [全文を読む]

「そりゃガン見するわ」アラサーグラドル橋本マナミ、競馬番組でGカップ乳を猛アピール!?

メンズサイゾー / 2013年11月12日17時00分

「橋本は、以前に週刊誌のグラビアで”ポスト壇蜜“と称されたこともありますね。番組内でも”昼下がりの団地妻”と呼ばれていましたが、肉感的なボディと落ち着いた雰囲気が魅力です。ネット上では『10代の頃から30代の色気があったよね』『愛人っぽい』といわれていますし、壇蜜系の”匂い立つエロス”の持ち主であることは間違いない(笑)。当然、86センチのGカップも以前 [全文を読む]

橋本マナミ、壇蜜にかなわない部分

NewsCafe / 2015年06月29日17時00分

グラビア界ではポスト壇蜜(34)の呼び声も高いタレント、橋本マナミ(30)の飛んでもない評判が聞こえてきた。 「急に目立った分、いけないプライベートを暴露されています」とは週刊誌のグラビア担当デスク。 橋本は1997年、国民的美少女コンテストの演技部門賞を受賞し芸能界入り。コンテスト主催の大手プロ・オスカープロモーションに所属したが芽が出ず、3年前に事務所 [全文を読む]

バラエティ界で始まる「ポストももち」レース エビ中・廣田あいか、カントリー・ガールズ・梁川奈々美らに注目か

日刊サイゾー / 2017年07月10日09時00分

ポストももちを発掘するのはなかなか大変ですよ」(バラエティ番組関係者) そんな中、ポストももちの呼び声高いのが、私立恵比寿中学の「ぁぃぁぃ」こと廣田あいかだ。 「甲高いアニ声と特徴的な話し方のインパクトが強い一方で、ガチの鉄道ファンという意外性を持った逸材です。一見すると不思議ちゃんのイメージですが、実は頭の回転も速くて、むしろ理知的です。今後、バラエティ [全文を読む]

池田夏希は“ポスト壇蜜”になれるのか!?

アサ芸プラス / 2013年12月03日09時59分

落ち目になって渋々脱ぐグラドルたちとはわけが違うのです」 とはいいつつも、池田夏希がポスト・壇蜜になることは大歓迎であるが。 [全文を読む]

壇蜜が共演NGの女性は“小蜜”の異名で注目される副島美咲

NEWSポストセブン / 2013年06月13日16時00分

ポスト壇蜜といわれるグラビアアイドルは何人もいますが、壇蜜は副島のことだけは強烈に意識している」(芸能関係者) 顔は壇蜜に激似。しかも19歳の若さにして、B83・W58・H85のボディからは“本家”に近いフェロモンを醸し出している。モットーは「人生気持ちよく生きる」だとかで、これまた壇蜜を彷彿とさせるものがある。 副島は今年3月まで千葉テレビなど5局で放映 [全文を読む]

ポストAKBはももクロでなく壇蜜? アベノミクスでアイドルブーム崩壊!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月14日12時20分

デフレ脱却を旗印に、安倍内閣が打ち出した“3本の矢”からなる経済政策、通称「アベノミクス」。景気回復への期待感は日増しに高まる一方だが、そんななか“アベノミクスによってAKB48が大ピンチ”だと主張する本が話題を集めている。経済学者・田中秀臣の新刊『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』(主婦の友社)だ。元記事はこちら 本書によれば、「芸能界、特に女性 [全文を読む]

お茶目な壇蜜!? エロくて可愛い長身巨乳グラドル・大塚びる

メンズサイゾー / 2017年07月27日10時00分

10代のアイドルとは異なる魅力を発揮した彼女には、「ポスト・壇蜜」の声も。"昭和エロス"で人気を博す壇蜜(36)と大塚を重ね合わせる人は少なくない。壇蜜がTwitterに大はしゃぎしている動画をアップしたらファンは驚くに違いなく、それと似たような衝撃が今回の大塚のTwitter動画にもあったのかもしれない。 "お茶目な壇蜜"とでも言えそうな大塚。色っぽい [全文を読む]

壇蜜が4年ぶりヌード写真集を刊行。お気に入りは“タマタマ”のカット?

週プレNEWS / 2016年11月06日21時00分

「たまたま台風が過ぎ去った後、たまたまポストがあって、たまたま白波が立ち、たまたま私がいた写真。普通のグラビアページでは使われないので、写真集ならではの思い出になる一枚」 と説明した壇蜜だが、「何回“タマタマ”言わせるんですか!」と「たまたま」のイントネーションを変え、自らツッコミを入れ、報道陣を笑わせた。 また、今作は架空の会えなくなった人へ向けた彼女 [全文を読む]

“ポスト歌丸”注目の「笑点」司会にまさかのサプライズ…あのセクシータレントが大抜擢?

週プレNEWS / 2016年05月20日06時00分

そこで焦点になっているのが“ポスト歌丸”の人選だ。タモリ、爆笑問題の太田光、所ジョージなど大物芸能人の名前も取り沙汰されているが、目玉の大喜利コーナーで海千山千の笑点メンバーをさばくのは、相当な実力の持ち主でないと務まらない。 司会者選びの方法は大別してふたつある。笑点メンバーの内部昇格、そして外部から実力者を起用する外部招聘(しょうへい)だ。落語関係者 [全文を読む]

“ポスト藤原紀香”になれなかった壇蜜 やはり「エロキャラ→文化人」路線は鬼門なのか

日刊サイゾー / 2015年05月19日11時00分

「聞いたところでは、本人の希望で“ポスト藤原紀香”を目指したということだった」と同関係者。 紀香は豊満な肉体を売りにしたグラビアタレントだったが、スポーツ中継のキャスターを務めたことなどからトーク仕事にシフト。選手に大声で声援を送る熱血路線が好評だったことで、その後は女優業でも活動の場を広げた。ただ、チャリティー活動にも積極的になった知的路線から人気に陰 [全文を読む]

「ポスト壇蜜」!? 謎の美女が緊縛ヌードで演じる“日本のエロス”『D坂の殺人事件』

日刊サイゾー / 2015年05月15日13時00分

週刊ポスト(小学館)のグラビアページ「祥子の事。」でセクシーな姿をさらけ出し、注目を集めている「祥子」。整った目鼻立ちと長く美しい髪、そして、知的なエロスを漂わせている彼女の素性は明らかにされておらず、まさに絵に描いたような「謎多きの美女」なのだ。そのミステリアスな出で立ちは読者のおじさまたちの好奇心を惹きつけてやまず、今年発売した写真集『祥子 愛にゆく [全文を読む]

浅田舞、芸能活動再開で狙うは「ポスト壇蜜」

アサ芸プラス / 2014年12月10日09時58分

男性スタッフは皆、舞と打ち合わせする時は胸元に目が釘づけですよ」(前出・テレビ関係者) 舞が「ポスト壇蜜」と呼ばれる日も近い!? [全文を読む]

ポスト・篠崎愛!? 「神乳」と呼ばれた16歳のFカップグラドルが話題に!

メンズサイゾー / 2014年03月19日10時00分

同じような立ち位置という意味からか、一部では“ポスト・篠崎愛”の最右翼との呼び声も高いようです。インディーズ時代にはDVDや写真集が秋葉原で完売となるものの、メディア露出が皆無のため“伝説の美少女”とも呼ばれていましたが、ついにベールを脱ぎましたね」(芸能ライター) 大阪出身のゆうみは、以前インタビューで「撮影会には、毎回のようにわざわざ北海道から来てくれ [全文を読む]

【動画】「教えて!UL・OSお姉さん」の亜里沙がエロすぎると話題に 大ブレイク間違いなし!

AOLニュース / 2013年08月09日13時23分

白ブラウスにタイトスカートという一見堅めなコーディネートながら、そこに収まりきらないエロさが爆発! <関連動画はこちら> <関連動画はこちら> 一部メディアでは"ポスト・壇蜜"との呼び声も高い亜里沙ちゃんだが、そのエロ・オーラは"元OL"というリアルさと相まって、もはや壇蜜以上かも。露骨に足を組んだり髪をかきあげたりする様子は、まるでグラビアのイメージDV [全文を読む]

行政書士グラドル・小山田経子、めざすは政界入り? 「熟女好きは減税します」

しらべぇ / 2017年09月02日22時00分

©sirabee.com39歳とは思えない美肌で「ポスト壇蜜」と話題になった、行政書士の資格も持つ才媛・小山田経子ちゃんが、新作イメージDVD『昨日の情文』(スパイスビジュアル)をリリース。東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。■スタッフの手作りご飯に舌鼓©sirabee.com2枚目となる今作は、6月に茨城県の大洗町で撮 [全文を読む]

エロすぎる護憲派! 愛人にしたいグラドル・橋本マナミが『そこまで言って委員会』で安倍政権を批判

リテラ / 2015年06月02日12時00分

「愛人にしたい女性ナンバー1」「平成の団地妻」「ポスト壇蜜」と呼ばれ、現在、バラエティ番組に引っぱりだこのグラビアアイドル・橋本マナミ。先日はビートたけしが橋本に「俺は女2人しかいないから3人目どう?」と打診したものの、けんもほろろだったことを明かしたが、それほど世のおじさんたちにとって橋本はミューズ化しているらしい。 だが、そんなグラビアの女神がこんな発 [全文を読む]

イケメン俳優・河合龍之介、ポスト・壇蜜とのコラボでブレイクなるか?

アサ芸プラス / 2015年02月16日17時58分

今回も窪田監督と酒を飲み交わしてとことん意見を交したそうです」(芸能記者) 同作は、週刊ポストのグラビアで「謎の美女」として登場していた祥子が主演、ハードなお色気シーンが注目を集めている。 最近は俳優のセクシー演技が多くみられるが、ポスト・壇蜜と呼ばれる新星とのコラボで、女性たちをトロけさせることができるか。 [全文を読む]

謎の美女・祥子の濡れ場&緊縛SMシーンが超過激!

Movie Walker / 2015年02月14日09時23分

「週刊ポスト」連載のグラビア企画「謎の美女シリーズ 祥子の事。」で話題沸騰の祥子。これまで一切素性を明かしていない謎の美女が、江戸川乱歩原作の官能サスペンス『D坂の殺人事件』(公開中)で映画初主演。過激な愛欲を描くシーンにも果敢に挑戦している。 日本における探偵小説の元祖・江戸川乱歩の「没後50周年記念作品」に位置付けられている本作。大正13年に発表された [全文を読む]

「悪女」「腹黒い」「不倫」ロケで判明した人気グラドル・橋本マナミに対する世間のイメージ

メンズサイゾー / 2014年07月31日14時30分

「セットに布団や畳を用いて“和”をテーマにしたグラビア活動をしていることで知られる彼女は、一部から“ポスト壇蜜”“平成の団地妻”と呼ばれており、昭和の匂いがするちょっと古風な色気が持ち味です。一般的に、“団地妻”という言葉からは、色っぽさだけでなく、危険な香りのするエロスが連想されますよね。そういったことを踏まえると、今回の企画で一般人から『不倫』『腹黒 [全文を読む]

フォーカス