経歴 壇蜜に関するニュース

壇蜜みたいな上司に「怒られたい」 「演技下手」批判よそに悶絶

J-CASTニュース / 2017年07月10日15時12分

2013年公開の主演映画「甘い鞭」では第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した経歴もある壇蜜さんだが、演技の「大根」ぶりを指摘する声が多数あがっているのだ。 壇蜜さん演じる黒川は「一見色っぽいが男勝りな先輩」という設定のため、 「『え』じゃねーだろ、『はい』だろ」 「どんだけだよ、いい子ぶりやがって」 「は?あんた何言ってんの?さっき言っただろ」 とい [全文を読む]

竹内力は銀行員、バナナマン設楽は駅員だった!? 意外すぎる経歴をもつ芸能人たち

dmenu映画 / 2017年08月05日07時00分

長く人気を保っている芸能人の中には、意外な経歴をもった人も存在します。その経歴に人気を支えている秘密があるのかも? そこで、今回は意外すぎる職歴の芸能人をご紹介。その経歴がどのように芸能界で役に立っているのか検証していきたいと思います。 イメージと正反対の経歴が、身を助ける!? 芸能界でのイメージとかなりかけ離れた職歴があるのは、俳優の竹内力。『難波金融伝 [全文を読む]

「徹子の部屋」初登場の壇蜜が壮絶過ぎる過去を告白!

Smartザテレビジョン / 2015年08月17日06時00分

壇蜜は29歳でグラビアデビューした遅咲きのグラビアクイーンだが、それまでのさまざまな経歴は想像をはるかに超えたものだった。 大学では英語の教員免許を取得し、卒業後は和菓子店を開店するために調理師免許も取得。しかし、その店の出資者が急死してしまい、和菓子店の夢が敗れた直後「人間にとって死とは?」を真剣に考えるようになり、「遺体衛生保全士」になる決意をする。 [全文を読む]

「優月美人 よもぎ温座パット」イメージキャラクター決定!壇蜜さんが芯から温まるTVCM「ぬくい女」篇 10月17日(土)より放映開始

PR TIMES / 2015年10月02日10時31分

多彩な経歴を経て、29歳でグラビアデビュー。年間多数の雑誌面を飾り、DVDは全てがトップセールスを記録する人気グラビアアイドルとして活躍。2012年に主演映画「私の奴隷になりなさい」で女優デビューを果たし大ブレイク。テレビ東京系列「アラサーちゃん 無修正」でも主演をつとめるなど、映画・ドラマ・CMなど多方面で活躍中。■商品概要[画像4: http://pr [全文を読む]

目指すは下剋上!「壇蜜の後輩」ミニスカ行政書士がグラビア界の台風の目に!?

アサ芸プラス / 2015年02月07日09時59分

「合格スケジュールから導く勉強方法」といった講義を受け持つ小山田経子講師は、山口県出身ながら北海道でバスガイドをやっていたという異色な経歴の持ち主。資格試験にはまったく興味がなかったそうだが、宅建の取得を皮切りに、今度は合格率7%とさらに難関の行政書士に挑戦し、みごと合格した。 「合格祝賀会には胸元の開いたブラウスにミニスカというセクシーな服で出席し、業 [全文を読む]

美顔造形した壇蜜さんがメイク本の表紙に登場!

PR TIMES / 2014年02月17日14時51分

“元・宝塚の男役スター”という異色の経歴を持つCHIHARU氏が、舞台メイクの手法をベースに、美しい骨格や目元の立体感を引き出すメイク法を女性たちに伝授するハウツー本だ。女性誌「GINGER」の企画を通じて知り合ったのが縁で、この壇蜜表紙が実現。壇蜜さんは表紙のほか、巻頭にも登場し、SWEET,CASUAL,COOL,SEXYと、メイクを変えてまったく違う [全文を読む]

「壇蜜とは共演しない」と宣言!? デヴィ夫人のプッツン癖に側近も困惑

サイゾーウーマン / 2013年06月24日13時00分

また、年に1度の誕生日パーティーは、それこそ社交界で培った人脈がかなり集まり、毎年盛大に行われています」(芸能関係者) しかし、そんな輝かしい経歴とは対照的に、タレント・デヴィ夫人はといえば、その暴走ぶりが目立ち、時にそれが社会問題になることもある。 「以前は、とある団体を挑発する言動をブログで繰り返したり、事件の犯人を勝手に決めつけて同じくブログ上で断罪 [全文を読む]

壇蜜さん、女性誌GINGER誌上で“黒髪ブーム”について語る! 「茶髪の中の黒髪。この“異質”が私を印象づけるきっかけ」

PR TIMES / 2013年05月22日18時42分

自身の黒髪について、これまでの職業経歴を交えながらインタビューに答えている。茶髪全盛時代の時もあえて“黒髪戦略”を選択したという壇蜜さん。「男性は“異質”なもの、“ほかとちょっと違って怪しいもの”に心奪われてしまう習性があるようです」「恐怖と殺気と色気っていうのは本当に表裏一体」と独自の黒髪論を展開。強いのに優しい印象を与える日本人の黒髪を「素晴らしい素材 [全文を読む]

葬儀会社出身“日本一美しい31才”壇蜜 芸名は仏教用語から

NEWSポストセブン / 2012年11月26日16時00分

経歴も芸名も変わっているが、「壇蜜」の名には葬儀に携わっていたことの影響があるそうだ。 「大切な人が亡くなった後、どのように気持ちの中で整理していくのかが知りたくて、仏教とか神道とか宗教を調べていったんです。すると、仏教用語が暗号のようで面白くて、そこから芸名をとりました。『壇』は仏教用語で『机』、『蜜』は『お供えもの』。お供えものとして、いかに男性を興奮 [全文を読む]

美乳”神間”で話題 西島ミライ「上司と主従関係の設定がエロい」

dwango.jp news / 2017年06月10日23時00分

28歳でDVDデビューの西島だが、横浜市立大学を卒業後不動産会社で務めるも、海好きが高じて、八丈島で半年間バスガイドになったという経歴の持ち主、2年前からモデル活動をしており、今回ファーストDVDでグラドル界にデビューした。「アイドルのようにフレッシュ!というよりかは、壇蜜さんのような知的でセクシーなおねえさんを目指したいです。」と笑顔を見せた。 ”くび [全文を読む]

愛人失格!! 売れ続ける橋本マナミの「脅迫メール暴露」

messy / 2016年04月20日00時20分

橋本の出演経歴から見るに、「5年以上前に40代の主演俳優」「当該ドラマ出演時は独身、現在は既婚者」の2つに当てはまる男性役者は一人しかいない。簡単に割り出すことのできてしまう過去の暴露話は、その男性にも、妻となった女性に対してもあまりに失礼である。橋本は「深い仲になっていない」と釈明するが、たとえ疑惑であっても浮気を疑うような事案が発覚してから夫婦が関係 [全文を読む]

壇蜜のベスト3は? anan手みやげ審査委員会がオススメの逸品大公開!

anan NEWS / 2015年11月25日22時00分

◇だん・みつ さまざまな経歴を持ち、タレントとして活躍するほか、現在は週刊新潮にてエッセイを連載中。 ◇ちこ anan連載「Food news」の“chicoのお菓子な宝物”を執筆。究極の甘いもの好きライター。 ※『anan』2015年12月2日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・中根美和子 文・齋藤優子 [全文を読む]

anan「手みやげ大賞」グランプリ発表! 体に優しく、オリジナルな美味しさ

anan NEWS / 2015年11月25日08時00分

◇だん・みつ さまざまな経歴を持ち、タレントとして活躍するほか、現在は週刊新潮にてエッセイを連載中。 ※『anan』2015年12月2日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・中根美和子 文・齋藤優子 [全文を読む]

テリー伊藤対談「脊山麻理子」(1)水着グラビアはどうだった?

アサ芸プラス / 2014年03月18日09時51分

キー局を飛び出した「アイドルすぎる33歳」には、その華やかな経歴からは似ても似つかない地味な下積み時代があった。女子アナの知られざる苦悩を、天才テリーが聞き出した! テリー フリーになってから、水着のグラビアをやって、大人気なんだってね。キャッチフレーズが「アイドルすぎる33歳」なんでしょ。すごいね。確かに33歳には見えない。 脊山 ありがとうございます。 [全文を読む]

【動画】韓国美人女優テミさんの始球式 空中回転でノーバン!

AOLニュース / 2013年08月19日13時14分

韓国のテコンドー選手という経歴を持つ女優のテミが、空中回転してから球を投げたのだ。 【動画】韓国女優テミの空中回転始球式 <関連動画はこちら> 長い脚を惜しげもなく出し、投げる態勢に入るテミ。次の瞬間、空中で一回転し、着地後も姿勢を崩すことなく球を投げた。 映像を見た海外の視聴者からは 「あの脚、すげーな」 「この前のシン・スジの始球式もすごかったよね」 [全文を読む]

OL時代は“腫れ物”だった 芸人・大久保佳代子の「孤独力」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月19日11時50分

まず、大久保の経歴を紹介すると、彼女は大学時代に幼なじみの光浦靖子とコンビを結成。深夜にレギュラー番組も獲得したが、その後、大久保だけが「笑えないブス」という理由でレギュラーを外されることに。足場は芸能界から会社に置かれるようになったが、そのうち『めちゃイケ』に“OLの大久保さん”として出演し、『ロンドンハーツ』をはじめとする番組で存在感を強め、現在のブ [全文を読む]

キンタロー。「顔同様デカかった“艶出”をフライングゲット」

アサ芸プラス / 2013年07月19日10時00分

「絶対的人気のAKBモノマネだけで人気が急騰したせいか、一部の先輩芸人から『調子に乗ってる』と批判の声まで上がってしまったが、芸能人になるまでの経歴、本名、すっぴん顔など一切偽りナシの姿勢が同性からの共感を得ている。とはいえ、十八番の前田敦子の泣きじゃくりマネだけではこの先厳しいだけに、ついつい張り切ってしまったのではないでしょうか」 一発屋を回避するた [全文を読む]

フォーカス