センター 齋藤飛鳥に関するニュース

乃木坂46アンダーライブレポ「歴代メンバー総出演」&「永さんコール」で感涙!

Smartザテレビジョン / 2015年12月20日21時38分

本公演のセンターを務める中元日芽香と堀未央奈が、「ついに武道館にやってきたぞー!」「史上最高のアンダーライブにするぞー!」と煽ると、会場は熱気に包まれた。「自由の彼方」「13日の金曜日」と続き、メンバーそれぞれの自己紹介を含むダンスパートをはさみつつ、「命は美しい」までの12曲を一気に披露。ことし4月に開催された「アンダーライブ3rdシーズン」で好評だった [全文を読む]

乃木坂46堀未央奈を突き動かすのは同期への深い愛

エンタメNEXT / 2014年12月24日08時00分

7thシングル『バレッタ』(2013年11月リリース)で、加入から5カ月しか経っていない2期生ながらセンターに抜擢された堀未央奈。その後も選抜に入り続け、2015年1月7日発売のファーストアルバム『透明な色』には、星野みなみと齋藤飛鳥とのユニット曲『なぞの落書き』が収録されている。しかし、未央奈にとって今までは雌伏の時。2015年は、2期生を率いて新たな未 [全文を読む]

月刊エンタメ12月号 本日(10/30)発売 読み応え十分のアイドル特集&連載

エンタメNEXT / 2014年10月30日06時00分

乃木坂46全力特集 【Part1】生駒里奈 白石麻衣 堀未央奈 西野七瀬 歴代センターが語る「乃木坂センター論」 【Part2】齋藤飛鳥が橋本奈々未に聞きたい100のコトのうち39 【Part3】堀未央奈 北野日奈子 相楽伊織が徹底討論 2期生が考える「自分たちにできること」 【Part1】の「乃木坂センター論」では、生駒里奈さん、白石麻衣さん、堀未央奈 [全文を読む]

平手友梨奈、坂道AKBセンター抜擢で「秋元康、1番のお気に入りに?」 ダンススキルの高さも評価上々

おたぽる / 2017年03月04日09時00分

各グループのエース候補が出揃う中、センターに抜擢された欅坂46の平手友梨奈に関してはネット上で、「秋元康、1番のお気に入りに?」「今後は平手を中心に回っていきそうだな」などと、さらに注目度が増している。 “てち”の愛称で知られる平手は、昨年4月に発売された欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」(Sony Records)で、メンバー最年少、 [全文を読む]

写真集『潮騒』爆売れの乃木坂46・齋藤飛鳥 「次期エース」就任へ当確か

日刊サイゾー / 2017年02月09日11時00分

乃木坂の中では、シングル曲の選抜メンバーに入ったり入らなかったりを繰り返す中堅メンバーでしたが、昨年発売の15枚目シングル『裸足でSummer』でセンターに抜擢されると一気にブレーク。満を持してのソロ写真集だけに、運営側も大ヒットにホッと胸を撫で下ろしているところでしょう。もっとも売り上げでいえば、7日発売の白石の『パスポート』(講談社)や20日発売の橋本 [全文を読む]

乃木坂46三期生 注目は「暫定センター」大園桃子

dwango.jp news / 2016年09月04日23時00分

5誌の掲載を決めたメンバーが”暫定センター”として指名された16歳の大園桃子、4誌の掲載を勝ち取ったのが、前列センター右方で紹介された15歳の久保史緒里、後列中央の17歳山下美月だ。皆、当然のことながら美少女だが、大園は誰からも愛される屈託のない笑顔と、ほんわかした空気感で独特のオーラを持っている。話す速度は欅坂46の渡辺梨加のように、間がなんとも言えな [全文を読む]

齋藤飛鳥ら感極まり涙! 乃木坂46、神宮球場3Days最終公演リポート

Entame Plex / 2016年08月31日20時39分

球場にOvertureが響き渡り、会場から地響きのような歓声が起きると、この日の1曲目に放たれたのは生田絵梨花が初めてセンターを務めた「何度の目の青空か?」。生田が1人でステージ上に立ちライブがスタートし、「最終日盛り上がっていくぞー!!」という威勢の良いMCで幕を開けると「転がった鐘を鳴らせ!」ではメンバーが水鉄砲を手に花道を歩きオーディエンスを魅了。 [全文を読む]

乃木坂46、18万人を動員した全国ツアー最終日に16thシングル発売をサプライズ発表

okmusic UP's / 2016年08月31日14時00分

【その他の画像】乃木坂46冒頭のOvertureで会場に地響きのような歓声が起きると1曲目に放たれたのは生田絵梨花が初めてセンターを務めた「何度の目の青空か?」だった。生田絵梨花が1人でステージ上に立ち、『最終日盛り上がっていくぞー!!』という威勢の良いMCで幕を開けると、「転がった鐘を鳴らせ!」ではメンバーが水鉄砲を手に花道を歩きオーディエンスを魅了する [全文を読む]

齋藤飛鳥の涙にファンの涙腺が崩壊!乃木坂46の神宮ライブは「感動のデパート」

アサ芸プラス / 2016年09月06日09時59分

「6月に乃木坂を卒業した深川麻衣が初のセンターの務めた14thシングル『ハルジオンが咲く頃』では、ファンが待望した深川本人の登場こそ実現しなかったものの、深川の一番のファンを自称するメンバーの川後陽菜がセンターを務め、パフォーマンスを披露。川後がセンターを務めていることがわかった会場のファンからは、これまで聞いたこともないほどのボリュームで『川後』コールが [全文を読む]

乃木坂46が全国ツアーを完走!18歳・齋藤飛鳥の涙と460発の花火がキラリと輝く!

Smartザテレビジョン / 2016年08月31日10時07分

この日のオープニング曲となった10thシングル「何度目の青空か?」でセンターを務めた生田絵梨花は「台風直撃も予想されたのに無事に3日間、開催することができました!」と喜びを伝えた。11thシングル「命は美しい」のブロックは、同曲でセンターを務める西野七瀬の成長を振り返るVTRからスタート。その直後にソロ曲「ごめんね ずっと…」を歌った西野が涙を流す場面もあ [全文を読む]

乃木坂46神宮球場3DAYS完走 齋藤飛鳥号泣

dwango.jp news / 2016年08月30日22時33分

乃木坂46史上初のWセンターで話題となった13thシングル『今、話したい誰かがいる』パートの後は、このツアー初日の静岡公演で卒業した深川麻衣がセンターを務めた14thシングル『ハルジオンが咲く頃』が流れると、深川を”聖母”と名付けた川後陽菜がセンターポジションに立ち会場を沸かせた。高山一実も「楽しみにしていた」と言い、大役をやり遂げた川後は「一番に(深川) [全文を読む]

乃木坂46 卒業発表の永島聖羅が再登場”ながさんコール”止まず

dwango.jp news / 2015年12月18日23時24分

続いて”全員センターコーナー”では、2日間に分けて全アンダーメンバーがランダムでセンターになり楽曲を披露。『おいでシャンプー』や『何度目かの青空か?』など往年のヒット曲も交えながら構成されたセットリストはファンも堪らない様子だ。『立ち直り中』のセンターを務めた寺田蘭世は、「一番先頭にいると、誰も見えないから不安で、振りを間違えたらどうしようかと思ったけれ [全文を読む]

吉岡里帆、欅坂46・平手友梨奈を「抱きしめたくなる」に反響! メンバー入りを期待する声も

おたぽる / 2017年04月14日12時00分

抱きしめたくなる切なさが込み上げてくる』と、デビュー以来すべてのシングル曲でセンターを務める絶対的エース・平手友梨奈に対して熱烈なメッセージを送っていたため、『俺もてちを抱きしめたい!』『俺は2人の間に挟まれたい!』などと、吉岡・平手の双方のファンが盛り上がりを見せていたようです」(芸能関係者) またこの日のライブでは、欅坂46の下部組織・けやき坂46のメ [全文を読む]

松井珠理奈“顔選抜”の新ユニット「坂道AKB」抜てきで、ファンから非難ごうごうのワケ

サイゾーウーマン / 2017年03月04日11時45分

坂道AKBのセンターは、欅坂の平手友梨奈が務めるほか、各グループから6人ずつが終結。乃木坂でセンター経験のある齋藤飛鳥や堀未央奈、AKBや各所属グループでセンター経験のあるSKE48・松井珠理奈やHKT48・宮脇咲良が参加するなど豪華メンバーが名を連ね、平均年齢18.6歳のフレッシュなメンバーで楽曲を担当するという。 「先月28日に『誰のことを一番愛して [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『サイマジョ』をイメージ 木爾チレンの掌編小説に“平手”風挿絵

TechinsightJapan / 2017年02月28日11時35分

『サイレントマジョリティー』と言えばアイドルグループ・欅坂46のデビュー曲であり、センターを務めた当時14歳の平手友梨奈が話題となった。挿絵に描かれた制服姿の少女はその平手を思わせる。それだけでも想像が膨らみ『サイマジョ』をイメージしたという作品の内容に期待が高まる。 折しも28日、AKB48グループと乃木坂46、欅坂46のコラボユニット「坂道AKB」に [全文を読む]

「坂道AKB」センター平手友梨奈に珠理奈「昔の自分を見ているよう」

dwango.jp news / 2017年02月28日10時52分

フロントを固めるのはSKE48 松井珠理奈(19)、HKT48 宮脇咲良(18)、乃木坂46 齋藤飛鳥(18)&堀 未央奈(20)、そしてセンターは欅坂46の平手友梨奈(15)。AKB48楽曲を48グループメンバー以外のアイドルが単独センターを務めることは史上初だ。圧倒的な透明感と狂気、プリズムとビームライトが織りなす幾何学的世界を表題曲『シュートサイン』 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】生駒里奈の立ち位置が絶妙 乃木坂46がカバー『ヘビーローテーション』

TechinsightJapan / 2017年02月03日11時54分

WEBサイトのメイキング映像ではAKB48の大島優子がセンターを務めた『ヘビーローテーション』をカバーするため乃木坂メンバーが練習する姿も見られ、振付師の牧野アンナが「遊び心満載でやる曲なのでっ」「真面目に真剣に…」と直々に指導して熱い空気が漂っていた。 フォーメーションは白石麻衣が大島ポジションとなり西野七瀬と最前列でパフォーマンスする。一方で最後列は生 [全文を読む]

初センターの乃木坂46・橋本奈々未が緊急登場! 『週刊ザテレビジョン』で生駒里奈、 齋藤飛鳥との“絆グラビア”披露

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月12日18時00分

今回は、乃木坂46からの卒業を発表したばかりの橋本奈々未をはじめ、生駒里奈、齋藤飛鳥という、新旧センターの3人が勢ぞろい。卒業前の橋本と、生駒&齋藤との“絆を確認する”というテーマで、3人がくっついて1つのマフラーを掛けたり、糸電話で話したりと、“絆グラビア”を撮影。また、冬らしく赤のダッフルコートをまとったキュートな3人の姿も披露している。 3人の座談 [全文を読む]

初センターの乃木坂46・橋本奈々未が緊急登場!「週刊ザテレビジョン」東日本&西日本2パターン表紙!!

PR TIMES / 2016年11月09日09時41分

今回の表紙は、東日本版と西日本版の2パターン刷り分け表紙のSPバージョンで、両面ピンナップも付いてくる豪華版!今回は、乃木坂46からの卒業を発表したばかりの橋本奈々未をはじめ、生駒里奈、齋藤飛鳥という、新旧センターの3人が勢ぞろい。卒業前の橋本と、生駒&齋藤との“絆を確認する”というテーマで、3人がくっついて1つのマフラーを掛けたり、糸電話で話したりと、“ [全文を読む]

乃木坂46大トリに登場!齋藤飛鳥はプロデュースも

Smartザテレビジョン / 2016年10月09日05時00分

「GirlsAward」史上最多の8回目となる乃木坂46のスペシャルライブは、齋藤がセンターを務める最新曲「裸足でSummer」で幕開け。 軽快な曲「ポピパッパパー」、生駒里奈がセンターの「制服のマネキン」と歌い上げ、最後は白石のセンター曲「ガールズルール」を熱唱。白石が「たくさんのステージに出られて楽しかったです!」と締めくくった。 [全文を読む]

フォーカス