エリア イトーヨーカ堂に関するニュース

5人の働くママに聞いた「入学準備品リスト」全公開! 予算&購入先は?

Woman.excite / 2017年03月13日13時00分

5人のママによる「入学準備品リスト」を紹介します!(c) milatas - Fotolia.com■とにかく迷いなし! 「全部ヨーカドーで買いました」ママ教えてくれたママは…wakaさん職業:会社員(企画職)、二児のママお住まいのエリア:川崎市1学年のクラス数:3クラス準備しておく物は「入学のしおり」に表で記載されており、わかりやすかったです。ただ、準備 [全文を読む]

もうすぐ「敬老の日」、「スタンバイ」が東西エリア別・シニアアルバイトの積極採用企業ランキングを発表

@Press / 2016年09月15日11時30分

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する地図で仕事が探せるアプリ「スタンバイ」(https://jp.stanby.com/)は、敬老の日にちなみ、「東西エリア別・シニアアルバイトの積極採用企業ランキング」を発表しました。このランキングは、同サイトにアルバイト・パートの求人が掲載されている企業を対象 [全文を読む]

3x3.EXE初の国際大会 3x3 PREMIER.EXE WORLD GAMES 2015 CHINA出場国に関するお知らせ

PR TIMES / 2015年10月01日18時57分

今大会に出場するのは、[日本:3チーム]、極東アジア圏からは開催国である[中国:3チーム]/[韓国:2チーム]、中近東エリアから[インド:1チーム]、北米エリアから[カナダ1チーム]、ヨーロッパエリアは[ギリシア1チーム]/[スロベニア1チーム]の計12チームであり、正にアジア、ヨーロッパ、中近東、北米といった国際色豊かな国々から、今年度のFIBA(国際バ [全文を読む]

パワースポット?新百合ヶ丘で話題の「願いが叶うカレー屋」

しらべぇ / 2017年02月19日21時00分

小田急線沿いにある住宅街として人気のエリア「新百合ケ丘駅」は、イトーヨーカ堂や映画館といった近隣住人が行き交うエリアだ。そんな新百合ケ丘駅すぐにある『カレー&ハーブチェリーブロッサム』は、いつも長蛇の列ができているほどの人気店。その秘密は味はもちろんだが、「このお店の小さいドアをくぐると願いが叶う」という評判があり、こちらのドアを店内から出るときに、願い事 [全文を読む]

止まらないヨーカ堂の戦線縮小、百貨店業態が低迷―中国メディア

Record China / 2016年10月18日17時40分

今井社長は当時、「北京エリアの残りの店舗はすべてが黒字ではなく、今後引き続き閉店に踏み切る可能性は否定できない」としていた。予想通り、右安門店が昨年に閉店を明らかにした。その後、ヨーカ堂は生き残るために別の方法を打ち出した。当時の企画広報部の責任者がメディアに語ったところによると、右安門店が最後に閉店する店舗になるということだった。三枝総代表も、「3年計画 [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、食品宅配事業の実態について調査結果を発表

DreamNews / 2016年07月13日18時00分

参入各社は、(1)FC加盟店の開拓、(2)販売エリアの拡大、(3)冷凍弁当投入による商圏の拡大などを進め、さらなる新規顧客の獲得を図っている。 ◆ネットスーパー市場は、有職女性や、高齢者等の“買い物弱者”の増加により、都市部を中心に利用者が拡大している。そのため、イトーヨーカ堂などの大手企業は、受取方法の多様化、配送頻度の増加、配送エリアの拡大などサービス [全文を読む]

セブン&アイ、オムニチャネル「omni7」開設を発表--セブン店頭で商品を受け取れる

インターネットコム / 2015年09月25日00時10分

関東エリアの約7,000店では、店舗への「お急ぎ受取りサービス」や「365日配送」にも対応。また店舗での「接客端末による御用聞き」も6,000店から順次拡大していくとのこと。 [全文を読む]

セブン&アイの豹変 怒涛の「全国制覇」作戦が本格始動

Business Journal / 2015年07月02日06時00分

コンビニを一定エリア内に高密度で出店すれば商圏の客を囲い込めると同時に、物流や商品調達を効率化できるメリットがある。それでも、儲かりそうもないと判断した地域には出店していかなかった。だが近年、持論を引っ込めたかのような勢いで、これまで目を向けなかった地域へも積極的に出店している。 セブン&アイHDが次代の流通モデルとして掲げているのがオムニチャネルである。 [全文を読む]

セブン、独り勝ちの秘密と懸念材料とは?カギはPB、銀行、カフェ…

Business Journal / 2013年07月24日14時00分

これにより同社の出店エリアは44都道府県となり、「セブン空白県」は青森、鳥取、沖縄の3県を残すのみとなる。 この強気の出店の背景は「PBと総菜の拡充で、主婦や高齢者の来店増に成功しているのが要因」(前出 東洋経済、以下同)と専門家は分析、セブン既存店の日販(1日当たり1店平均販売額)は約67万円で、他社と10万円以上の差をつけていると指摘。「このため他社が [全文を読む]

西友のネットスーパーにDeNA参画 ゲーム依存から脱却目指す

NEWSポストセブン / 2013年03月15日07時00分

各社とも取り扱い商品数や販売エリアの拡大を急ぐ中、意外に見落とされがちなのが注文サイトの利便性や見やすさ。「ネットスーパーは利用してみたいけれど、パソコンでは商品が分かりにくいし、注文方法などの操作に不安がある」(60代後半女性)との声は多い。 また、最近ではPCだけでなくスマホ経由での注文にも対応しなければならない。総務省の「情報通信白書」(2012年 [全文を読む]

広島と宮城、かきの消費拡大に向け連携開始

PR TIMES / 2012年11月02日19時29分

〈 かき消費拡大キャンペーン 〉○宮城県共同キャンペーンの実施・クックパッド「わが家のおいしい牡蠣レシピコンテスト」募集:11月5日(月)~11月19日(月)午前10時発表:12月3日(月)午前10時(4部門)詳細:http://cookpad.com/ar/kaki★発表後は受賞レシピをクックパッドHP上で12月17日(月)午前10時まで公開し、受賞者に [全文を読む]

フォーカス