エロス 官能小説に関するニュース

まもなく到来、読書シーズン!秋は官能小説を読んでモテ女になろう

恋学 / 2014年09月03日02時00分

男たちは求める、秋には秋のエロスを秋という季節は昔から、夏の名残が少しずつ消えていく人恋しい時期です。「秋深き 隣は何をを する人ぞ」という句の示すように、なんだか誰かの生活の香りがやたら気になって、そばにいて欲しくなる時期でもあります。そして恋人同士であれば、一緒にいるときは必然と寄り添いあう時期ですし、そのまま気持ちが高ぶって……ということもありえる [全文を読む]

団鬼六賞の女性作家「ネット動画等簡単に得られる快楽浅い」

NEWSポストセブン / 2012年08月22日16時00分

撮影■中山雅文 ※週刊ポスト2012年8月31日号 【関連ニュース】官能作家歴30余年の巨匠がそのスタイルとノウハウを伝授かつて官能小説がSMモノに集中していた国家的な事情小向美奈子のオススメ官能小説は72才老人と若い女の愛人物語団鬼六氏「女子高生下着売る時代に古き良きエロス通用せぬ」団鬼六「杉本彩もいいが理想の女は現実にはなかなかおらん」 [全文を読む]

もはやためらっている場合じゃない!? ロマンス小説最前線はエロスと快楽のジェットコースター級!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月15日07時20分

バラエティに富んだ短編集のため展開が早く、気がつけばめまぐるしいエロスの世界へどっぷり。まるで快楽のジェットコースター(!)状態だ。 おそらくこの充実感とスピードは官能小説ファンを満足させることはもちろん、官能小説未体験の読者をも否応なしに巻き込んでしまうことだろう。もはやためらっている場合じゃない。ただしその先に、あなたの中の「秘密の扉」が開いてしまうか [全文を読む]

書店員オススメ! 大人のための官能小説

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月12日11時20分

いろいろな裸婦画から各々のエロスを読み解き、絵画を身近なものにしてくれます。 ■『誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽 山田風太郎ベストコレクション』 山田風太郎 角川文庫 820円 「忍法帖」イメージの風太郎氏ですが、いかに氏が乱歩氏に優るとも劣らない世界を描きだしているか感嘆します! 『赤と黒』のジュリアン・ソレルにも似た主人公に、作中の女性ともども溺れまし [全文を読む]

82歳の官能小説評論家がふり返る『日本の官能小説』と性表現 ―摘発と戦ってきたエロスな文学の深淵

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月03日11時30分

戦後70年を迎える今年。『日本の官能小説 性表現はどう深化したか』(永田守弘/朝日新聞出版)がたどる官能小説の歴史も1945年、終戦の年からはじまる。闇市の暗がりで、摘発の目をかいくぐりながら売られていたエロ写真や印刷物。食料を確保するだけで必死だった時代に、人々はそれでも官能を求め、それを活力とした。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 以降の官能小 [全文を読む]

公立図書館主催の「官能小説朗読会」が大盛況

NEWSポストセブン / 2016年10月24日16時00分

今は性に関する情報があふれていますが、男性主導のものが多くて、実は女性がエロスに触れる場所は少ない。とくに私の朗読会に参加するような30~40代の女性は、官能的なものに飢えているんです」 ※週刊ポスト2016年11月4日号 [全文を読む]

「この指が覚えていた」―背徳感や恍惚感がエロい女に燃え上がらせる!セックスだけで終わらない、60の官能作品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月02日15時00分

女が書いて女が読むエロスの世界…官能小説を書く女性たちが、どんな人なのか? どんな生い立ちなのか? その作品は? と、あらゆる想像を膨らまし、興味本位で期待してしまうからだ。しかし、その立ち読み感覚の下心はあっさりと裏切られる。『性を書く女たち』(いしいのりえ/青弓社)に紹介されている9人の女性作家へのインタビューと、60におよぶ官能作品は性愛を超えるほど [全文を読む]

石田衣良「心と身体を潤す楽園の泉のようなエロスが欠かせない」最新刊『MILK』電子版発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月19日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 同書は、刺激的で幸福なエロスを、軽やかに描き出した官能小説短篇集。特定の女性の香りに、どうしようもなく惹かれてしまう男性。心のなかであたためてきた性的なファンタジーを夫に伝えたい女性。少年のとき叔母にされたキスが忘れられない男性―。 「男と女のあいだも砂漠のように乾いた時代、そんなときこそ心と身体を潤す楽園の泉の [全文を読む]

石田衣良氏 最新恋愛短篇集『MILK』電子版を10月16日から配信開始短篇ごとに100円でも配信!

@Press / 2015年10月15日11時00分

石田衣良氏の最新刊『MILK』は、刺激的で幸福なエロスを、軽やかに描き出した官能小説短篇集です。電子書籍版では、単行本に収録されている短篇10作を、1篇ずつ購入してお楽しみいただくことができます。 【電子版発売にあたっての著者コメント】 「男と女のあいだも砂漠のように乾いた時代、そんなときこそ心と身体を潤す楽園の泉のようなエロスが欠かせないものです。『MI [全文を読む]

橋本マナミは“愛人にしたくないNo.1”だった? 「以前は好きな人に毎日100通メールしてました」

週プレNEWS / 2015年09月29日19時00分

―何かテーマはあったんですか? 橋本 官能小説を読んでるシーンがあるんですけど、エッチなことを考えてる、内面のエロスを出そうって。元々、私、グラビアの時はいつもエッチな妄想をしてるからテーマ自体はいいんですけど、官能小説を読んで、直にその姿を見られるとなると、さすがにちょっと恥ずかしかったです(笑)。 ―男がAVを見てる姿を他人に見られちゃう的な。 橋本 [全文を読む]

非日常の官能に耽ってデトックス! 知的な女性に贈る「日活ロマンポルノ」のススメ(後編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月13日10時10分

後半では、さらに「日活ロマンポルノ」のエロスがもたらす効能に迫ってみましょう!【写真あり】編集部オススメのポイント、作品詳細、ポル検概要はこちら■日活ロマンポルノには、「性を包括した大人の恋愛」がある【編集H】一般的に、男性用の官能コンテンツは即物的である一方で、女性用のそれはストーリー性がとても重要とされていて、Fleur編集部でも「官能はステキなラブス [全文を読む]

女性向け官能小説を300作以上読み込んだ著者がすすめる作品とは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月24日07時20分

官能小説や女性目線のエロスが詰まった文芸作品などの表紙やイラストを担当している。今では8割以上が官能小説にまつわる仕事だ。もちろん、イラストを描くうえで原稿にも目を通す、その数は300作以上。 本書では、官能小説を読み込んだいしいさんが選んだ60作品が紹介されている。その中からいくつかピックアップしてみた。 ■電車での痴漢ごっこに励む男女 人妻、有名作家の [全文を読む]

驚異の50代、川島なおみの官能美を見よ! 『チャイ・コイ』で目指したエロスとは?

AOLニュース / 2013年12月27日23時00分

また、"驚異の50代"と評判の美しい肢体を惜しげもなく披露して、孤独を抱く女性を情感たっぷりに体現した川島だが、「男性スタッフが多かったので、男性だけが感じるようなエロスにならないように希望を出していました(笑)」と撮影中は世界観の構築・維持に余念がなかったそう。しかしその努力が奏功して、ファンタジックで女性たちの共感を集めそうな作品に。「女性があこがれ [全文を読む]

“子供好き”と宣言した男 結婚後育児手伝わずロリコン疑惑

NEWSポストセブン / 2013年08月30日16時00分

追及すると、「視覚や聴覚に頼らないエロスの方が夫婦生活も長続きするんだ!」ですって。 でも、それも5年前の話で、あの頃は夜も元気だった。あの時、怒って官能小説を捨てなければ、今も大丈夫だったかも? ※週刊ポスト2013年9月6日号 [全文を読む]

団鬼六賞受賞の女流官能小説家 「潮吹きは単なる体の反応」

NEWSポストセブン / 2012年09月26日16時00分

そんな彼女が感じるエロスとは? 「私が感じるのは、恋愛とか愛とか性欲とか、そんなものをはるかに超えた結びつきです。本作でも、何かに囚われたりどうしようもない境遇のなか、もがきながらも求め合う人と人との結びつきを書いていますが、これが私のテーマです」 女性官能小説家も活躍する現代、昔に比べて男性からの偏見は少なくなったというが。 「むしろ、女性から冷視されま [全文を読む]

官能作家歴30余年の巨匠がそのスタイルとノウハウを伝授

NEWSポストセブン / 2012年03月09日07時00分

※週刊ポスト2012年3月16日号 【関連ニュース】かつて官能小説がSMモノに集中していた国家的な事情『悪人』深津絵里と『東京島』木村多江 官能度の軍配は?いがらしみきお、山田詠美、田口トモロヲ エロ漫画家経験も団鬼六氏「女子高生下着売る時代に古き良きエロス通用せぬ」時計の選択は“大人のたしなみ”の成熟度を物語る [全文を読む]

もう2度と聞けない!美女アナたちの耳を疑う“艶”発言!(2)日テレ・笹崎里菜は「笑点」で…

アサ芸プラス / 2017年01月21日17時57分

テレビ朝日の竹内由恵アナ(30)は、深夜バラエティ「333トリオさん」(13年5月12日放送)で寝起きレポーターを務めた際に、エロスへの積極性を剥き出しに。芸人の部屋にあった官能小説を手に取るや、「ゆかりが舌足らずに声を上げ‥‥」 と即興で朗読したのだ。小説のタイトルは「ぼくのミニスカ上司」。脚線美がウリの竹内アナらしいHハプニングだった。 [全文を読む]

女性のための官能小説「ジョジョカン」 発想の転換がヒットの背景

NEWSポストセブン / 2014年08月26日11時00分

「女性向けのエロスを内包したコンテンツには、BL(ボーイズラブ)という、性の垣根を超えた男性同士の純愛モノがあって、30年を超える歴史を誇っています。さらには、TL(ティーンズラブ)も根強い人気で、こちらは、男女の恋愛ストーリーにエッチな要素が加わった感じでしょうか」 フルール文庫は、ボーイズラブ主体の「ブルーライン」と、男女の濃密な恋愛を描く「ルージュ [全文を読む]

いがらしみきお、山田詠美、田口トモロヲ エロ漫画家経験も

NEWSポストセブン / 2012年03月08日16時02分

※週刊ポスト2012年3月16日号 【関連ニュース】官能作家歴30余年の巨匠がそのスタイルとノウハウを伝授団鬼六氏「女子高生下着売る時代に古き良きエロス通用せぬ」官能漫画家 自分の漫画を子供に「見せるわけない、バカ!」『悪人』深津絵里と『東京島』木村多江 官能度の軍配は?かつて官能小説がSMモノに集中していた国家的な事情 [全文を読む]

フォーカス