おはスタ 松岡茉優に関するニュース

山寺宏一&松岡茉優のレア対談が実現!「山ちゃんは“公式お父さん”」

Movie Walker / 2016年07月16日06時54分

山寺は番組メインMCとして、松岡はおはガールとして、共に「おはスタ」に出演していた旧知の仲だ。今回、全国の「おはスタ」ファン必見の山寺&松岡の“親子”インタビューが実現!この組み合わせでのインタビューはMovie Walkerだけ。二人の貴重な会話をロングバージョンでお伝えする。■ レジェンド・山ちゃんとスーパーおはガール・茉優――松岡さんの「おはスタ」卒 [全文を読む]

松岡茉優、「おはスタ」時代の恩師・山ちゃんの手紙に感涙!

Movie Walker / 2016年07月03日18時08分

おはスタ」で19年間MCを務め、先日番組から卒業した山寺と、08年から2年間おはガールとして「おはスタ」に出演していた松岡。師弟のような、親子のような関係を結ぶ二人が、本作で念願の再共演を果たした。 山寺は「『おはスタ』は卒業しましたが、ポケモンの声優は続いています(笑)。元おはガールの(松岡)茉優もいるから、久々にやっちゃおうかな。せーの、おーはー!」 [全文を読む]

松岡茉優のバラエティ能力の高さが異常!彼女が売れるべくして売れる10の理由

AOLニュース / 2015年02月20日22時00分

元々は子役として活動を始めた彼女だが当時はそれほど仕事に恵まれず、日の目を浴びることになったのがテレビ東京の『おはスタ』(2008年4月から出演)ということもありバラエティの素地はある。だが彼女のバラエティの資質はそういったレベルではなく、特に先日、親友の橋本愛と一緒に出演した『さんまのまんま』では多くの視聴者に衝撃を与えた。ただの面白い女優ではない。あま [全文を読む]

松岡茉優・平祐奈...ブレイクタレントを次々生み出す『おはガール』

メンズサイゾー / 2016年02月08日10時00分

97年から放送されている子ども向けバラエティ『おはスタ』(テレビ東京系)。番組開始当初は平日朝の7時に始まる約30分の生番組だったが、現在では直前に芸人らが出演する15分ほどの『おはスタ645』も放送されている。 第一部と第二部に分けられており、ふたつの総称が『おはスタ』となるが、収録番組と生放送であることから関係性は薄い。ただ、視聴者にとっては、番組スタ [全文を読む]

元おはガール、松岡茉優が山寺宏一と2ショット 「素敵な関係」と賞賛

しらべぇ / 2017年09月05日10時00分

じつは松岡、芸能界の本格的なデビューは2008年におはガールとして『おはスタ』(テレビ東京系)に出演したこと。以降、「おはガール」として、約2年間出演した。「ドラマ見てるよ〜大きくなったな〜」と語ったという山寺は、松岡にとってまさに「芸能界の父」なのだろう。■ファン「素敵な関係」「懐かしい」この投稿に、ファンからは以下のようなコメントが寄せられることに。・ [全文を読む]

松岡茉優「200回落ちた」苦悩の日々を告白

日刊大衆 / 2017年07月08日18時05分

松岡は8歳のときに妹のオーディションについて行ったのがきっかけでスカウトされ、13歳で『おはスタ』(テレビ東京系)のアシスタントとして芸能界デビュー。 くりぃむしちゅーの上田晋也(47)が松岡に「妹さんのオーディションがあったの?」と聞くと、松岡は「妹がスカウトされて、その事務所の面接についていったときに“お姉ちゃんもちょうどいいから入る?”って。それで [全文を読む]

【2013年のスターは生徒役美少女から生まれる】話題の作品を総ナメする実力派女優・松岡茉優

週プレNEWS / 2013年01月02日00時30分

2008年より『おはスタ』のおはガールとして活躍。09年映画『愛のむきだし』に出演。今年は『ポテチ』(中村義洋監督)、『MayuKihara NOTE』(佐藤信介監督)、『桐島、部活やめるってよ』(吉田大八監督)、『悪の教典』(三池崇史監督)と4本の映画に出演。映画『鈴木先生』(河合勇人監督)も13年1月12日から全国公開予定。趣味はピアノと散歩 【関連ニ [全文を読む]

「こんな顔だったっけ?」松岡茉優が可愛くなりすぎ! 石原さとみの垢抜けに匹敵するほどの変貌

messy / 2017年08月08日21時00分

松岡は13歳の時から『おはスタ』(テレビ東京系)にレギュラー出演し、いわゆるジュニア時代から芸能界で奮闘してきた。まだ22歳と若いが芸歴はベテランだ。2013年に連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)に出演して脚光を浴びると、バラエティでトークスキルの高さを発揮して一躍人気者に。 バラエティ番組『うつけもん』『オサレもん』(ともにフジテレビ系)で、おぎや [全文を読む]

松岡茉優さんを新キャラクターに起用。「エン転職」、9月から全国で大規模プロモーション実施!

@Press / 2017年08月07日15時00分

2008年テレビ東京『おはスタ』でおはガールとして本格的デビュー。2012年映画『桐島、部活やめるってよ』、2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』などで注目される。2016年は『真田丸』でNHK大河ドラマ初出演の他、『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(テレビ東京)、『水族館ガール』(NHK)に主演、映画『猫なんかよんでもこない。』、『ちはやふる [全文を読む]

松岡茉優 「朝ドラ出世魚の法則」で有村架純超えの「脱いでもいい」覚悟宣言

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時57分

おはスタ』(テレビ東京系)のおはガールとして活動していたことも隠そうとしません。まだ濡れ場は演じていないものの、映画『桐島、部活やめるってよ』では東出昌大(28)を相手に大胆なキスシーンを熱演している」(前出・芸能デスク) 昨年5月に出演したトーク番組「ボクらの時代」(フジ系)では、「すごくほれた脚本だったりとか、すばらしい環境だなと思ったら全然脱ぐよ。 [全文を読む]

ファンも驚くセクシーさ! 元おはガール・小島藤子、“背伸びグラビア“で小悪魔な魅力発揮

メンズサイゾー / 2016年05月20日20時30分

そんな小島は子ども向けファッション誌『ニコ☆プチ』(新潮社)などのモデルを経て、2007年には子ども向けバラエティ『おはスタ』(テレビ東京)の"おはガール"として活躍していた。こういったキャリアからファンの中にはジュニアアイドル的なイメージを持つ人も多い。その小島がセクシーなグラビアを披露したとあって、ネット上には「こんなに色っぽくなっているなんて!」「 [全文を読む]

嘘と本当のあいだ…松岡茉優が疑心暗鬼になるバラエティ番組とは?

anan NEWS / 2016年04月23日15時00分

‘08年に『おはスタ』でデビュー。連続テレビ小説『あまちゃん』をきっかけに演技で高い評価を得るほか、バラエティ番組でも注目を集める。『ちはやふる 下の句』が4月29日公開。 ◇『山田孝之の東京都北区赤羽』を手掛けた、監督・松江哲明、脚本家・竹村武司、漫画家・清野とおるが再集結。ドキュメンタリーとフィクションが交じり合う、類のない撮影手法にも要注目。テレビ東 [全文を読む]

松岡茉優、独特のユーモアをどう発揮する? 『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』への期待

リアルサウンド / 2016年04月08日06時10分

2008年にテレビ東京系朝の『おはスタ』の“おはガール”を務めたのが彼女のキャリアのスタートである。その後も『愛のむきだし』をはじめ多くのドラマや映画に端役で出演するが、筆者が彼女を認識したのはやはり『桐島、部活やめるってよ』だろうか。東出昌大演じる元野球部の菊池宏樹(ほとんど主人公みたいな位置づけではあったが)の恋人役として、橋本愛や山本美月、清水くる [全文を読む]

松岡茉優、「“間”がこわい病」を告白!

Movie Walker / 2016年01月28日07時00分

元々、子役の頃、『おはスタ』のおはガールをやっていたというのも納得。 「私は出身がバラエティだと思っているし、あの空気感が大好きなんです。『あまちゃん』以降はいろいろなバラエティ番組に出させて頂く機会が増えました。やっぱりバラエティに出ていると、なんとなくホームにいる感じがしています。いまは、俳優という職業を選んだから『失礼します』という形でバラエティにお [全文を読む]

女優・松岡茉優。その抜群のバラエティ力とは?

Movie Walker / 2015年06月20日18時58分

連続ドラマ「She」では初主演を飾ったことも記憶に新しいが、彼女がかつて「おはスタ」の“おはガール”だったことは知る人ぞ知る事実だ。そしてこの「おはスタ」時代に培った(?)松岡のバラエティ能力がいま注目されている! 深夜のバラエティ番組「うつけもん」ではお笑いコンビ・おぎやはぎとMCを務め、旅バラエティ「正直女子さんぽ」では関根麻里&柳原可奈子らと一緒に“ [全文を読む]

人気若手女優・松岡茉優、自慢の特技に「エロすぎる」の声! 石原さとみを彷彿とさせる色気?

メンズサイゾー / 2015年05月17日12時00分

「松岡さんは2008年から2010年まで子ども向け人気番組『おはスタ』(テレビ東京系)の"おはガール"を務めており、ここでバラエティの"いろは"を学んだのでしょう。共演者には多くの芸人さんがおり、そこでリアクションの大きさや感情を前面に出すことの重要さを肌で感じたのだと思います。今回の放送でも、その魅力を存分に発揮していましたね。一般の人から寄せられた特 [全文を読む]

フジ社長が低迷の原因を指摘、「戦犯」は松岡茉優!?

アサ芸プラス / 2015年04月28日17時59分

「松岡は『おはスタ』のおはガールでデビューして以降、女優としても活躍し、2013年の『あまちゃん』でブレイクしました。そしてやっと掴んだ初主演が土曜ドラマの『She』です。そんな中、定例会見で社長はフジ低迷の原因に関して『She』を言及。松岡は思わぬ形でプレッシャーをかけられることとなった」(業界関係者) ドラマ「She」は長回しや手持ちカメラを取り入れた [全文を読む]

女優・松岡茉優のロケが面白すぎる3つの理由 フジテレビ系『正直さんぽ』(4月11日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2015年04月17日19時00分

もともとは子役としてキャリアを始めたが、脚光を浴びたのはテレビ東京『おはスタ』。ここでバラエティの感覚を培った松岡茉優は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』への出演で一気にブレイク。数々の映画やドラマにも出演し、女優としての評価も高いわけだが、彼女の実力はそこに留まらない。それが明らかになったのが、4月11日に放送された『正直さんぽ』(フジテレビ系)だ。 [全文を読む]

中川翔子、10年連続ゲスト声優のお祝いでゲッコウガから“ベロドン”!

Movie Walker / 2016年07月16日11時00分

「『おはスタ』のおはガールだった茉優と共演できたのはご褒美!」と松岡との再共演についても、感無量の気持ちを語っていた。【取材・文/成田おり枝】 [全文を読む]

松岡茉優、オファー殺到で大ブレイクまっしぐら! 主演ドラマ連投で大河にも出演

メンズサイゾー / 2016年06月19日20時00分

松岡は妹がスカウトされたついでに子役として芸能事務所に入り、2008年に子ども向け番組『おはスタ』(テレビ東京系)の「おはガール」として本格デビュー。その後は映画やドラマへの出演を重ねるも地味な印象だったが、『あまちゃん』で埼玉出身のアイドルを演じたことをきっかけに知名度が飛躍的に向上。それまでとは比較にならないほどオファーが殺到した。 [全文を読む]

フォーカス