朝ドラ 榮倉奈々に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

大事なのは、自分たちが面白いと思うものを作ることです」■朝ドラの変革実は、そんな2011年のパラダイムシフトをいち早く予見し、先に手を打って乗り切ったのが、NHKの朝ドラである。21世紀の朝ドラは長期低落傾向にあった。時々、『ちゅらさん』(2001年)や『てるてる家族』(2003年)、『ちりとてちん』(2007年)といったスマッシュヒットは出るが、下落が止 [全文を読む]

女優の裏の顔…石原さとみは琴奏者、深田恭子は書道特一段、榮倉奈々は三味線師範

Business Journal / 2016年05月10日07時00分

その象徴がNHKの朝ドラ。かつては『無名の新人をオーディションで選び、視聴者が演技の成長を見守る』というかたちが定番でしたが、00年代後半から、主演経験のある演技派の女優を起用するようになりました。近年は、その朝ドラの主演・助演を筆頭に、演技力を売りにした若手女優の層が厚くなったことで、なんらかの『付加価値=一芸』が必要になりつつあります。 そのため、大 [全文を読む]

相手が“若手俳優”でホントによかった!? 榮倉奈々の熱愛がまったく「マイナス」にならない理由

日刊サイゾー / 2016年03月03日17時00分

お相手の賀来も朝ドラ『花子とアン』(NHK)でブレイクし、映画やドラマにも多数出演中の注目株。叔母は女優の賀来千香子と、芸能“サラブレッド”でもある。まさに“理想のカップル”といえなくもない。 「ネット上では、共演した『Nのために』をもじって『K(賀来)のために、だったのか』などとも言われてます。全体的に好意的な反応で『ゲスなニュースの中でオアシスのよう [全文を読む]

波瑠、朝ドラヒロイン抜擢に戸惑い「万人受けするタイプじゃない」

anan NEWS / 2015年09月30日12時00分

――とはいえ、現在放送中の朝ドラ『あさが来た』では主演に抜擢され、朝ドラのヒロインといえば、万人受けの象徴みたいなところがありますよ。 波瑠:ですよね。だから、そこは今でも悩んでるんです。私を選んでくださったということは、いつも通りやればいいのか、それとも、連続テレビ小説の伝統に合わせたほうがいいのか。なんだかすごいところに来ちゃったな……って。これまで [全文を読む]


将棋&ぬいぐるみ大好き! 話題の朝ドラ女優の意外な素顔

メンズサイゾー / 2014年06月10日16時00分

そして、現在放送されている朝ドラへの出演で幅広い層の人々に知られることになったと思います。今後も間違いなく活躍する女優さんの1人ですよ」(業界関係者) 国内の映画やドラマに限らず、海外の有名監督の作品に出演するなど、女優として確実にステップアップしている高梨。しかしそのプライベートな素顔はまだあまり知られていない。女優として活躍しているのだから素顔を知る必 [全文を読む]

2度と仕事したくないTV美女(3)仲里依紗、戸田恵梨香

アサ芸プラス / 2013年02月27日09時59分

NHKの朝ドラ「純と愛」でヒロインを務める夏菜(23)は、役に打ち込む意欲の強さが裏目に出た。 「演技指導すると『それは違うと思います!』と反論してくるんです。きっとまだおおらかな監督にしか当たったことがないんでしょうね。厳しい監督だったら、次の出演はなくなりますよ」(ドラマ制作スタッフ) 同じく朝ドラのヒロイン経験者である堀北真希(24)も、現場では鬼と [全文を読む]

榮倉奈々が「カン違い女優」状態? 実力が伴う日はくるのか

メンズサイゾー / 2012年09月21日15時00分

本番のインスピレーションが大切だそうで、NHKの朝ドラ『瞳』のヒロインを演じていた頃から、『台本だけでなく、演じる人(キャラクター)まで事前に作られてしまったら、見る人も話に入っていけない』と持論を展開しています。でも、それって木村拓哉が何をやっても“キムタク”なのと同じで、何をやっても“榮倉奈々”になってしまう。自然体で役に入っていけるならイイのですが… [全文を読む]

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

朝ドラ『あまちゃん』以降、ドラマに舞台に仕事がとぎれないだけに結婚どころではないはず。その一方で、事務所社長のドン相手に仕事をえり好みする男前のキョンキョンを慕う後輩女優は多い。主宰する『小泉会』には飯島直子(49)、米倉涼子(41)、内田有紀(41)、榮倉奈々(29)など豪華メンバーが集い、朝まで飲んでいるみたい」(女性誌記者) 一昨年の誕生日には、個 [全文を読む]

吉高、大島、榮倉「タラレバ打ち上げ」で超ゴキゲン

日刊大衆 / 2017年04月09日07時05分

主演の吉高は、朝ドラ『花子とアン』以降の休養からの復帰ドラマ第1弾となっただけに、思い入れもひとしおのようで、自身のツイッターでこう述べている。<久々のドラマ復帰がこれで本当によかった 優子、奈々ちゃんありがとう> 実際、吉高、大島、榮倉の3人は、このドラマでの共演を機に大の仲良しになったようで、3月に公表された榮倉の妊娠も、2人にだけ先に打ち明けるほどの [全文を読む]

嵐・大野智、松本潤、SMAP・稲垣吾郎――4月期ジャニーズドラマ“マル秘”業界ウラ話

サイゾーウーマン / 2016年03月20日09時00分

土屋太鳳、有村架純など、現在の芸能界は朝ドラ上がりの女優ばかりが注目を集めているとあって、嵐といえども視線を持っていかれてしまうのは仕方のない流れです」(芸能プロ関係者) 一方で、松本主演の『99.9‐刑事専門弁護士‐』は、TBSの日曜夜9時枠で放送される。昨年末には『下町ロケット』、2013年には『半沢直樹』を放送した超高視聴率枠だが、情報解禁時にはネッ [全文を読む]

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<映画・ドラマ部門>「朝ドラ“マッサン”のケイトは下積み時代に…」

アサ芸プラス / 2015年12月28日09時57分

NHK朝ドラ「マッサン」では貞淑な妻エリーを演じたが、アメリカ下積み時代に出演していた映画「誘惑のジェラシー」では一糸まとわぬ姿で演じてマ~ス。「見た目は日本人好みのおとなしい人形のような女優ですが、体つきのほうも実に日本人好み。わびさびのあるつつましやかなバストが印象的です。過激なプライベートを送っているハリウッド女優とは一線を画す、日本人の情念に訴えか [全文を読む]

向井理ドラマの低視聴率は“なすりつけ”!? 放送前から言い訳三昧のテレビ局とは

日刊サイゾー / 2015年10月14日17時00分

もともと彼の演技力には疑問符がついており、東出昌大、福士蒼汰とともに「朝ドラ大根三銃士」とあだ名されるほど。好評だったドラマの映画版『S-最後の警官-』が予想を裏切る大コケをしたことからも、「客を呼べない」側面はあるのかもしれない。だが、ドラマの視聴率に関しては、全てを向井一人に押し付けるのは苦しくはないだろうか。 「さすがに安直すぎますよね(笑)。2月の [全文を読む]

土屋太鳳 「恋愛経験なし」告白の本当のトコロ

アサ芸プラス / 2015年07月26日09時57分

朝ドラの『花子とアン』に出演した時、NHKのスタジオが工事中だったため、郊外の緑山スタジオでの収録でした。その時はスタジオそばのホテルが定宿だったのですが、ステージママが常に付き添っていたから、肉食系の若い俳優やアイドルも近づけない。プライベートの時も、自宅から最寄り駅までの送迎はお父さんでしたしね。隙がありませんよ(笑)」(前出・写真誌カメラマン) 前 [全文を読む]

顔だけじゃない!「Nのために」窪田正孝が女性を虜にする理由

アサ芸プラス / 2014年12月15日09時58分

そんな彼の一途なピュアさも人気のひとつでしょう」(前出・関係者) 今年は朝ドラ「花子とアン」にも出演し、全国区の知名度を獲得した窪田。今後も女性たちの視線を集め続けていきそうだ。 [全文を読む]

人気急上昇中イケメン俳優・窪田正孝のギャップに満ちたマッチョな素顔

messy / 2014年11月20日19時00分

今年大ブームを巻き起こしたNHKの朝ドラ『花子とアン』にて、吉高由里子演じるヒロイン・村岡花子の幼なじみ役“朝市”に抜擢され、その好演ぶりが注目を集めた若手演技派イケメン俳優の窪田正孝。あまりにも優しくて好青年過ぎた朝市像は、若い女性から年配のマダムまで幅広い年齢層の女性視聴者のハートをガッチリ掴んだようだ。 その「『花アン』の朝市」フィーバーが冷めやらな [全文を読む]

CM&ドラマ女優四季報2012(4)ドラマ失敗でもイメージ維持

アサ芸プラス / 2012年02月24日11時00分

「NHKの朝ドラ『おひさま』(11年)でもグッと印象に残る演技でした。本格女優なだけに、テレビではなく映画や演劇の世界で、より映える可能性もあります。もう一人が榮倉奈々(24)。彼女はまさにテレビ的に映えますね。男性ファンからは柔らかい、かよわいイメージが受けています。ある意味、庶民的であり、『泣かないと決めた日』(10年・フジ系)で、イラつくぐらいのど [全文を読む]

佐々木希、新垣結衣、堀北真希......2012年を彩ってくれる注目の"辰年美女"三世代

メンズサイゾー / 2012年01月14日18時00分

4月からはNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』にも主演が決まっていて、同世代の中でもその清楚な美貌と演技力は頭一つ抜けている。もしかしたら、今年は堀北イヤーになるかもしれませんね。吉高も映画『ロボジー』『僕等がいた』の2本が公開予定など、この世代は確実に日本の女優界を引っ張っていく層ですよ」(芸能ライター)。 1976年生まれの36歳になると、色気漂うお姉さん方 [全文を読む]

フォーカス