松屋 すき家に関するニュース

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

すき屋「春の鍋乱祭り」でクルーが激怒!「ブラック過ぎ」

秒刊SUNDAY / 2014年03月25日14時41分

・ 野家でも松屋でも同じメニュー出てんのにそれが原因ですき家だけ閉店なんてあり得ないだろ。・ まぁあっさり「みんな辞めちゃって困ってるんですよ~」とは言わないわな。・ これを諺で「火に油を注ぐ」と言います。お勉強になりましたね。・ すき家のアルバイトはやめた方がいい はっきりいってあんなの正社員じゃあるまいし・ すき家はどうやらクルーが足りなくて 毎日15 [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

牛丼チェーン「松屋」などを運営する松屋フーズですが、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんによると、この1年で株価が5~6割も上昇しているそうです。吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「 [全文を読む]

「すき家」の人手不足がストライキ騒動にまで拡大した理由

週プレNEWS / 2014年06月10日11時00分

しかし、牛鍋系のメニューは吉野家や松屋に追随する形で販売されたもの。なぜ、すき家の店員だけ“パンク”してしまったのか? 「すき家は深夜1時から朝7時までの営業をアルバイトひとりがすべて担う“ワンオペレーション(ワンオペ)”体制の店が多いんです。終電直後や朝の通勤時間は会社員や建設作業員が押し寄せますし、客が少ない時間帯も、店内の清掃から在庫確認、仕込み、 [全文を読む]

牛めし松屋の参入で「トンカツ戦争」勃発。松乃家vsかつや徹底比較

まぐまぐニュース! / 2016年10月06日05時00分

牛丼チェーンの「松屋」を手がける松屋フーズが、低価格のとんかつチェーン店「松のや(松乃家)」に注力しています。松屋フーズは2004年から始めた新業態「チキン亭」でトンカツの販売を開始。現在は、「松乃家」「松のや」の店名で約100店舗(2016年10月5日現在)を全国で展開しています。無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では、これまで「かつや」(アークラン [全文を読む]

吉野家最強説を裏付ける? 松屋ユーザーの30.6%が、美味いのは「吉野家」と思っている!

AOLニュース / 2013年04月12日18時00分

恰幅の良い若い男性が集まると決まって盛り上がる話題が、「吉野家、松屋、すき家のうち、どれが最も美味しいか?」というもの。「吉野家がうまい」と言う人は、保守派で伝統を重んじ、巨人ファンが多いと思っています(偏見)。ちなみに、店舗数では、すき家が1,913店舗、吉野家は1,192店舗、松屋が1,043店舗(いずれもオフィシャルサイトより、2013年3月現在)。 [全文を読む]

松屋「プレミアム牛めし」で“脱・安売りバトル”の火蓋が切られた!

週プレNEWS / 2014年07月31日06時00分

牛丼チェーンの松屋が、7月22日から全国約970店舗のうち首都圏中心の286店舗で「プレミアム牛めし」の販売を始めた。 従来、同チェーンの「牛めし」は冷凍肉を使用していたのだが、新商品ではうま味と柔らかさに勝るチルド(低温冷蔵)肉へと変更。そして材料を煮込むタレも新たに開発した。値段は牛めしが290円(並盛。以下同様)だったのに対し、なんと大幅90円アップ [全文を読む]

牛丼チェーン 人員確保の目処立たなければ低価格路線修正も

NEWSポストセブン / 2014年10月09日11時00分

唯一全店24時間営業(ショッピングモールなどの店舗を除く)を続ける松屋は高価格路線に舵を切った。7月からの「プレミアム牛めし」(380円)発売に伴って、導入店舗では従来の「牛めし」(290円)の販売を終了し、事実上の値上げを始めている。前出・中村氏が指摘する。 「すき家を襲った人手不足に端を発し、各社とも人件費の上昇に悲鳴を上げています。そこで、松屋は牛 [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

すき家のワンオペ批判や労働者優位の傾向は“正しい”のか?外国人に職を奪われる日?

Business Journal / 2014年10月27日01時00分

これまで安売り競争を繰り広げていた吉野家、松屋、すき家の大手牛丼チェーン3社は、4月の消費税引き上げに伴う価格改定で、牛丼並盛280円(税込、以下同)だった横並びが崩れ、吉野家は300円、松屋が290円への値上げを決定した。しかし、すき家は270円の価格設定を打ち出し“安さ”を売りに集客力を高める戦略を取った。しかし約4カ月後の8月27日、すき家も291 [全文を読む]

松屋「適正価格」の「プレミアム牛丼」で万年3位脱出なるか

NEWSポストセブン / 2014年07月22日07時00分

さすがに今年4月の消費税増税後は「吉野家」と「松屋」が値上げし、牛丼並盛りをそれぞれ300円、290円の価格設定にしていたが、最大手の「すき家」がまさかの10円値下げで創業以来最安値の270円とする“奇策”に出たために、価格競争の行方は依然、予断を許さない状況と見られていた。 しかし、ついに低価格路線に終止符が打たれる――。 松屋が7月22日より発売する [全文を読む]

値上げ、消費税…耐えられるか、吉野家を襲う三重苦

WEB女性自身 / 2014年12月17日07時00分

店舗家賃や人件費などの固定経費アップも勘案すれば、値上げは妥当でしょう」 14年11月の売上は、前年同期比で吉野家は19.5%増、すき家は1.4%増、松屋は1%減になっており、吉野家の強さが目立つ。だが、円安による値上げ、消費増税に加え、吉野家にはさらなる逆風が待ち構えている。11月7日に日本とオーストラリアが批准した2国間経済連携協定(EPA)だ。 要は [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

その象徴的なできごとが、いま話題の松屋の「プレミアム牛めし」の発売だ。牛丼各チェーンは消費者から「味の吉野家、種類の松屋、価格のすき家」というイメージを持たれてきた。消費者を対象にした過去の調査も、そうした各チェーンの傾向に沿った結果が出ていたし、各チェーンのトップもそのイメージに重なる経営思想を持っていた。 ところが今年、各チェーンの目指す行き先と世間の [全文を読む]

外食、小売り、自動車…深刻化&二極化する人手不足、急騰する時給 各社独自対策も

Business Journal / 2014年07月02日01時00分

競合他社である「松屋」の深夜帯の時給は1625円だが、それでも人は集まらない。 アルバイトの確保が難しくなった外食各社は、独自の人手不足対策を打ち出した。スターバックスコーヒージャパンは4月以降、契約社員のほぼ全員を正社員にした。すかいらーくはパート・アルバイトを店長に登用する研修制度を新設。ゼンショーHDはすき家を全国7地域に分社化して、各地の状況に合わ [全文を読む]

東京チカラめし社長「牛丼は寡占状態ゆえ競争の余地あった」

NEWSポストセブン / 2013年01月14日07時00分

東京地区で伸長を続ける「東京チカラめし」が関西に出店し、「すき家」「吉野家」「松屋」の3強を脅かす存在となっている。「冬の時代」と呼ばれる外食産業にあって、快進撃を続ける三光マーケティングフーズ(東京チカラめしの運営会社)の平林実社長に迫った。──『東京チカラめし』の出店攻勢に、業界も世間も驚いた。平林:スピード感がないと、競争には勝てません。2011年6 [全文を読む]

「チカラめし」「すた丼」台頭で牛丼御三家の一角崩れるか

NEWSポストセブン / 2012年08月05日07時00分

長く業界を牽引してきた『吉野家』『松屋』『すき家』の“御三家”に真っ向勝負を挑む、『東京チカラめし』『伝説のすた丼屋』などの新勢力が現れたからだ。 今、これほどまでに牛丼業界に変化が起きている理由は何だろうか。外食業界に詳しいジャーナリスト・中村芳平氏の話。 「吉野家が20年ぶりに社長を変えましたが、これが非常に象徴的な出来事でした。これまでのやり方では難 [全文を読む]

牛丼「松屋」一人負けのワケ 業績の見通しに暗雲

ZUU online / 2017年06月03日10時30分

その荒波を航行する牛丼御三家のうち、松屋を展開する松屋フーズ は、業績の見通しに暗雲が立ち込めているが、その理由は?■コスト上昇が直撃 松屋の厳しさがにじみ出る牛丼の原材料のうち、最も価格に影響力を及ぼすのが牛肉のショートプレート価格だ。日本食肉流通センターの集計によると、首都圏における最も取引量の多いアメリカ産のショートプレート1キロ当たりの価格は、直近 [全文を読む]

スガシカオが満足する「牛丼の紅しょうが」 20袋必要と判明

しらべぇ / 2016年04月12日17時00分

怒られていたが、むしろ優秀なスタッフではないだろうか?(2)松屋は「もらい放題」吉野家と同様に紅しょうがをもらえる上限を聞いたところ、「もらい放題」であった! 在庫があるかぎり、どれだけもらっても問題ないとのこと。(3)すき家なお、すき家を訪れたのだが、こちらも「もらい放題」。松屋とすき家であれば、スガシカオもスタッフも安心のサービスをしてくれるとわかった [全文を読む]

3大チェーンが1年で2回ずつ価格改定 牛丼は日本社会の縮図

NEWSポストセブン / 2015年01月04日16時00分

安価で身近なファストフードであること、そのため価格やメニューが世情に左右されやすいこと、吉野家、松屋、すき家という3大チェーンの寡占市場であり、メニューに変更があった際には広範囲で話題になる。 まず2014年の各社の牛丼(牛めし)並盛りの価格の推移を見ていこう。年明けは、3チェーンとも前年末の価格どおり、1杯280円でスタートした。一度目の転機は4月の消費 [全文を読む]

吉野家が久々大ヒットで牛鍋バトル! 価格競争終焉の裏に思惑が?

週プレNEWS / 2014年12月26日06時00分

さらに松屋では毎冬恒例の「豆腐キムチチゲセット」が今年も好調。つまり今、牛丼チェーン業界では熾烈(しれつ)な“鍋戦争”が起きているのだ! では、なぜ鍋なのか。経済評論家の平野和之氏はこう語る。 「飲食業界全体にもいえることですが、今、客が求めているのは、ある種のプレミアム感です。“早い、うまい、安い”ではなく、遅くても高くても、本当にうまければ食べる…そん [全文を読む]

フォーカス