松屋 牛めしに関するニュース

松屋フーズ過去最高益の立役者 「松のや」社長が語る「とんかつビジネス」最前線

文春オンライン / 2017年05月29日11時00分

そんな中、近年の進撃ぶりが目立っているのが牛めしの「松屋」でおなじみ、松屋フーズの「松のや」だ。今年、松屋フーズは「松のや」のとんかつ事業好調を背景に、純利益28億円(前年比75.2%増)と、過去最高益を達成した。 とんかつ研究家としては、勢いがあるとんかつ屋に話を聞かない訳にはいかない――。ということで伺った松屋フーズ本社で出迎えてくれたのは、なんと松 [全文を読む]

松屋の『普通の牛めし』を2年ぶりに食べたら激ウマすぎて涙が出た

しらべぇ / 2016年07月11日07時30分

キムカル丼や焼肉定食など、牛丼以外にも豊富なメニューで人気のチェーンといえば『松屋』だ。そんな松屋、2014年に290円の牛めしを380円の『プレミアム牛めし』に変えたことで話題となったが...ファンからの評判は微妙。■こだわりは感じられるが確かに熟成肉を使って美味しくなったのかもしれない。たれにもさらにこだわっているのかもしれない。だが、ファンからすると [全文を読む]

松屋「プレミアム牛めし」で“脱・安売りバトル”の火蓋が切られた!

週プレNEWS / 2014年07月31日06時00分

牛丼チェーンの松屋が、7月22日から全国約970店舗のうち首都圏中心の286店舗で「プレミアム牛めし」の販売を始めた。 従来、同チェーンの「牛めし」は冷凍肉を使用していたのだが、新商品ではうま味と柔らかさに勝るチルド(低温冷蔵)肉へと変更。そして材料を煮込むタレも新たに開発した。値段は牛めしが290円(並盛。以下同様)だったのに対し、なんと大幅90円アップ [全文を読む]

牛めし松屋の参入で「トンカツ戦争」勃発。松乃家vsかつや徹底比較

まぐまぐニュース! / 2016年10月06日05時00分

牛丼チェーンの「松屋」を手がける松屋フーズが、低価格のとんかつチェーン店「松のや(松乃家)」に注力しています。松屋フーズは2004年から始めた新業態「チキン亭」でトンカツの販売を開始。現在は、「松乃家」「松のや」の店名で約100店舗(2016年10月5日現在)を全国で展開しています。無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では、これまで「かつや」(アークラン [全文を読む]

松屋フーズ初!牛めし味の「牛まん」が登場

Walkerplus / 2017年04月17日12時28分

松屋フーズは、「Yahoo!ショッピング」内の「牛めし松屋・ヤフーショップ」限定で、同社初となる「牛まん(牛肉入り中華まん)」(10個冷凍3480円/送料込)2種類を、4月29日(土)の“4(よい)2(に)9(く)の日”から発売開始する。 新発売となる「牛まん」は、中華の巨匠・金萬福(きんまんぷく)氏が監修。実際に松屋店舗で販売している「牛めし」の材料と同 [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

その象徴的なできごとが、いま話題の松屋の「プレミアム牛めし」の発売だ。牛丼各チェーンは消費者から「味の吉野家、種類の松屋、価格のすき家」というイメージを持たれてきた。消費者を対象にした過去の調査も、そうした各チェーンの傾向に沿った結果が出ていたし、各チェーンのトップもそのイメージに重なる経営思想を持っていた。 ところが今年、各チェーンの目指す行き先と世間の [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

牛丼チェーン「松屋」などを運営する松屋フーズですが、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんによると、この1年で株価が5~6割も上昇しているそうです。吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「 [全文を読む]

牛めしの名脇役!松屋の「黒胡麻焙煎七味」が全国販売

Walkerplus / 2017年05月24日14時54分

牛めし・カレー・定食・その他丼の「松屋」が、「黒胡麻焙煎七味」(200円)を持ち帰り用として5月23日(火)から販売している。 牛肉の旨味を引き立てすっきりとした後味が特徴で、プレミアム牛めしのお供として提供されている「黒胡麻焙煎七味」。これまでは関東地方を中心とした店舗でしか味わうことが出来なかったが、全国の松屋店舗で販売開始となった。 松屋オリジナル [全文を読む]

松屋で「プレミアム牛めし」が50円引き!10杯分の無料券が当たるキャンペーンも

えん食べ / 2015年10月12日10時00分

牛丼チェーン・松屋各店(一部店舗のぞく)で、「プレミアム牛めし値引きキャンペーン」が10月15日10時から10月22日15時まで実施される。 期間中、「プレミアム牛めし」各サイズがいずれも50円引きで提供される。並盛は通常380円のところ330円(いずれも税込)となる。 また同時に「プレミアム牛めし10,000杯プレゼントキャンペーン」を開催。松屋公式サイ [全文を読む]

衝撃の新商品登場!松屋の牛めしをうどんで再現

Walkerplus / 2015年09月28日12時39分

人気牛丼チェーンの松屋が商品監修した「松屋監修 牛めし風うどん」(税抜220円)が、エースコックから10月12日(祝)に発売される。 全国に1000店舗以上を構える松屋の看板メニューである「牛めし」がカップ麺で登場。香ばしい醤油の風味とタマネギの甘味が特徴のタレは、スープとしてしっかりと再現されている。 弾力のあるうどんは、ツルっとした滑らかさでのどごしも [全文を読む]

松屋「適正価格」の「プレミアム牛丼」で万年3位脱出なるか

NEWSポストセブン / 2014年07月22日07時00分

さすがに今年4月の消費税増税後は「吉野家」と「松屋」が値上げし、牛丼並盛りをそれぞれ300円、290円の価格設定にしていたが、最大手の「すき家」がまさかの10円値下げで創業以来最安値の270円とする“奇策”に出たために、価格競争の行方は依然、予断を許さない状況と見られていた。 しかし、ついに低価格路線に終止符が打たれる――。 松屋が7月22日より発売する [全文を読む]

松屋、牛めし変えるってよ…!これまでと“別次元の旨さ”を目指した「プレミアム牛めし」を試食

えん食べ / 2014年07月18日11時30分

見慣れた松屋のメニューが、7月22日から順次新メニューの「プレミアム牛めし」へと変わります。価格は並盛で380円(税込)。 デフレ時代の代表メニューともいえる牛丼は、現在ほとんどのチェーン店で並盛300円前後。そこで実質90円の値上げとは、週1ペースで通う松屋ファンの筆者にとっても見逃せないニュースです。いてもたってもいられず商品発表会に行ってきました! [全文を読む]

「松屋の牛めし」と「吉野家の牛丼」、仕分けすると吉野家が× その理由とは?

AOLニュース / 2013年10月25日14時43分

まず、松屋の「牛めし」。こちらは、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料の不使用を大々的に宣伝しているので、安心しやすいメニュー。ただ、他の調味料が使用されていないか不明のため、著者で科学ジャーナリストの渡辺氏が松屋に直接問い合わせました。すると、「牛めしの原材料は、牛肉、たまねぎ、ご飯、それからタレを使っています。ポスターにあるように、化学調味 [全文を読む]

【牛丼値引き】すき家と松屋で30円引き、どちらも「並」250円に

えん食べ / 2013年04月03日19時00分

これに対し、松屋も「1000店舗達成感謝セール」として、4月8日午前10時から4月15日午前15時まで値引きを実施。牛めし、旨辛ネギたま牛めし、おろしポン酢牛めしの全サイズを30円値引きする。こちらも通常280円の「牛めし並」が250円となり、両チェーンの価格は同じとなる。 [全文を読む]

松屋と吉野家の「超絶進化」に見る牛丼の未来 空前の人手不足に、両社が模索する「打開策」

東洋経済オンライン / 2017年05月04日10時00分

黄色の看板が目印の、大手牛丼チェーン「松屋」。東京都文京区にある本郷三丁目店が、およそ3カ月の改装期間を経て、4月24日に新装開店した。都内初のセルフサービス式の新型店として生まれ変わったのだ。外観は従来の店と変わらないが、入り口には「セルフサービス店限定 メイン商品全品10円引き」の貼り紙があるが、価格は従来型店とほぼ一緒だ。中に入ると、フルサービス型の [全文を読む]

松屋のバレンタイン!ライス大盛無料と豚汁がお得に!

Walkerplus / 2017年02月10日11時45分

牛めし・カレー・定食・その他丼を提供する「松屋」は、2月14日(火)の15時から2月21日(火)の10時まで、「松屋バレンタインフェア」を期間限定で開催する。 同フェアでは、松屋のバラエティ豊かな定食メニュー(朝定食を除く)を注文すると、ライス大盛が無料サービス。 さらに、玉ねぎ、大根、人参、ごぼう、蓮根、里芋、青ねぎの7種類の野菜入り具たくさん豚汁が、 [全文を読む]

シャキシャキきんぴらを“牛めし”にオン!松屋に「ピリ辛きんぴら牛めし」

えん食べ / 2015年11月12日18時00分

主に関東エリアを除く松屋で、新メニュー「ピリ辛きんぴら牛めし」が11月12日15時に発売された。価格は並盛390円(税込)。 松屋の定番「牛めし」に、4種の食材(こんにゃく、にんじん、ごぼう、たけのこ)を使用したきんぴらをトッピングしたメニュー。シャキシャキとした野菜の歯ごたえが楽しめるそう。 なお主に関東エリアの松屋では、「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし [全文を読む]

牛めし×シャキシャキ“きんぴら”!松屋「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」

えん食べ / 2015年10月20日09時00分

牛丼チェーン・松屋各店(一部店舗のぞく)で、新メニュー「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」が10月22日15時より販売される。価格は並盛530円(税込)。 これは、松屋の定番メニュー「プレミアム牛めし」に“松屋特製きんぴら”をトッピングしたもの。きんぴらにはこんにゃく、にんじん、ごぼう、たけのこの4種の具材が使用され、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめるそう [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

松屋の「黒胡麻焙煎七味」が家庭用で登場!牛めしはもちろん、煮物や炒め物に

えん食べ / 2017年05月24日14時30分

松屋各店(一部の店舗をのぞく)で、家庭用の「黒胡麻焙煎七味」が5月23日に発売された。14g入り、価格は200円(税込)。 関東エリアなどで「プレミアム牛めし」とともに提供されている松屋オリジナルの黒胡麻焙煎七味が、家庭用で登場。香ばしい黒胡麻と山椒の豊かな香り、唐辛子のピリッとした辛みが、煮物や炒め物など幅広い料理の旨みをより一層引き立たせるそう。 [全文を読む]

フォーカス