スクープ 夏目三久に関するニュース

後追いには即クレーム?夏目三久&有吉弘行“妊娠報道”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日18時05分

いわゆる“スクープ”となったワケだが、これほどまでにホットな話題を、テレビはなぜ無視する形となったのか。『日刊スポーツ』は、初報を打った24日、そして翌25日と連日、大々的に報じたのだが、それ以外のスポーツ紙でも追随したのはごく一部だった。 「番組で『日刊スポーツ』が報じた紙面を扱い、短く交際について触れたのですが、放送後すぐに、夏目の事務所である田辺エー [全文を読む]

恋人より保身を取った?有吉弘行、夏目三久との交際完全否定で女性から総スカン

アサ芸プラス / 2016年10月14日17時58分

スポーツ紙の一面を大きく飾ったスクープだったが、まるで箝口令が敷かれたかのように、マスコミ業界ではその話題がのぼらなくなった。しかし、2人は確かに交際していたと事情を知る人物は語る。「出会いのきっかけとなった『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)では、夏目が有吉の誕生日には必ずプレゼントを贈ることを話していましたし、番組内での2人のアイコンタクトを見れ [全文を読む]

破局説まで?”夏目三久&有吉弘行”でメディアの代理戦争が勃発

デイリーニュースオンライン / 2016年09月01日19時05分

「当初は『日刊』のスクープに注目が集まっていたものの、ここにきて『スポニチ』が本人インタビューで真っ向から反論。夏目は『日刊』の記事について『あまりにひどい内容に大変ショックを受けました』と語り、憶測が広まることに対しても『精神的に耐えられない状態が続いていました』と、激白。その後も何度も『事実ではありません』と繰り返し強調しています。しかし、周辺取材か [全文を読む]

有吉弘行、熱愛完全否定の行方

NewsCafe / 2016年08月30日12時51分

先日、日刊スポーツがフリーアナ、夏目三久(32)とタレント、有吉弘行(42)の交際説をスクープし、年内結婚と報じたが、双方の所属事務所は事実無根と反論し、「続報」が聞こえて来ないままだ。 しかし、「日刊スポーツが正しいです」と言うのは週刊誌記者。 「同紙は2人が2011年4月スタートのバラエティ『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)での共演で親しくなり [全文を読む]

有吉弘行&夏目三久"妊娠報道"のウラに大手芸能プロの権力争いが浮上

東京ブレイキングニュース / 2016年08月29日18時01分

8月24日の日刊スポーツにこんなスクープが掲載された。ざっくり言うとお笑い芸人の有吉弘行とフリーアナウンサーの夏目三久が真剣交際、既に妊娠して結婚、という内容だ。この記事に対して、有吉弘行が所属する太田プロダクション、夏目三久が所属する田辺エージェンシー両社は揃って否定。さらに田辺エージェンシーは法的措置も検討と言明した。 有吉弘行は今ではテレビでは見ない [全文を読む]

有吉弘行さんと夏目三久アナが年内結婚へ 所属事務所が交際否定も日刊スポーツが続報

ガジェット通信 / 2016年08月25日15時20分

8月24日に日刊スポーツが1面でスクープした、タレントの有吉弘行さんとアナウンサーの夏目三久さんの熱愛報道。夏目さんがすでに妊娠しているとされネット上は騒然となったが、夏目さんが司会をつとめるTBS『あさチャン!』をはじめ、テレビではほとんど報じられなかった。 参考記事:有吉弘行さんと夏目三久アナが熱愛! すでに妊娠でネット騒然 http://getnew [全文を読む]

TBS・田中みな実、目指す先は夏目三久? 表参道デートは独立への布石か

サイゾーウーマン / 2013年01月19日09時00分

昨年11月、同誌のスクープで熱愛が発覚した2人。しかしその後、「週刊文春」(文藝春秋)で「藤森がモデルの女性を妊娠させ、中絶費用を払った事実をもみ消すために田中との熱愛をバーターで撮らせた」という報道が出ると事態は一転。破局報道まで飛び出した。今回も交際を報じた「フライデー」でのデート報道とあり、ヤラセ説も飛び交っているが、実際のところ撮影は偶然だったよう [全文を読む]

夏目三久アナと熱愛報道の有吉弘行さん 「これを狐につままれたような気分というのか。。。」と意味深ツイート

ガジェット通信 / 2016年08月25日02時05分

タレントの有吉弘行さんとアナウンサーの夏目三久さんが熱愛、夏目さんはすでに妊娠していると日刊スポーツが1面で大々的にスクープ。深夜にネット上は騒然となった。 夏目アナはTBSの朝の情報番組『あさチャン!』の司会をつとめているが、24日の番組では最後まで有吉さんとの記事について触れずに終了。 そして、有吉さんと夏目アナ、それぞれの所属事務所は今回の記事につ [全文を読む]

フォーカス