菅野美穂 川口春奈に関するニュース

“伝説の低視聴率女王”川口春奈、過激下着に「なぜ脱いだ」!? 脱・清純仕事のウラ事情

サイゾーウーマン / 2015年02月27日13時00分

しかし“視聴率が獲れない”レッテルを貼られた現状では、『話題作りの脱ぎ仕事』と見られてしまうのはしょうがないでしょうね」(同) 同じく研音所属タレントでは1997年、菅野美穂が突然発表したヘアヌード写真集が話題になった。菅野はそこから、さらなる人気女優へとステップアップしているものの、ファンが戸惑うこの事態を、川口本人はどう捉えているのだろうか。 ※画像は [全文を読む]

「“初主演舞台”も出番わずか15分」忙しすぎる川口春奈の顔面が、ますます不愛想に……

日刊サイゾー / 2014年11月24日09時00分

同事務所といえば、女優陣は川口のほかに、山口智子、天海祐希、菅野美穂、榮倉奈々らが所属しているが、事務所の方針で川口を看板女優にすべく、猛プッシュされているようだ。 「創業家のジュニアで元タレントが現在の社長。その社長は、前社長体制に反発しており、自分が手塩にかけて育てたタレントで勝負しようと、特に若手に目をかけている。福士もその1人だが、女優の筆頭は川口 [全文を読む]

川口春奈にくだされた「2ちゃんねる」閲覧禁止令

アサ芸プラス / 2013年11月25日10時00分

「同事務所は天海祐希や菅野美穂など30~40代の人気女優は多いが、10代後半から20代の若手女優が育っていないのが悩み。その分、川口に対する期待は大きく、教育係のマネジャーは挨拶を徹底的に教え、局のプロデューサーへの挨拶回りに彼女を連れて行くこともあるそうです」 期待を感じているからこそ、川口も低迷する視聴率にショックを受けており、このところは撮影現場で [全文を読む]

「局回りもしたのに……」川口春奈『夫のカノジョ』惨敗でノイローゼに!? 2ちゃん閲覧禁止令も

日刊サイゾー / 2013年11月12日11時00分

「同事務所は天海祐希や菅野美穂など30~40代の人気女優は多いが、10代後半から20代の若手女優が育っていないのが悩み。その分、川口に対する期待は大きく、教育係のマネジャーは挨拶を徹底的に教え、局のプロデューサーの挨拶回りに彼女を連れていくこともあった」(某芸能マネジャー) 期待を感じているからこそ、川口も低迷する視聴率にショックを受けており、このところ [全文を読む]

共演から交際、結婚へ ドラマから生まれるロマンスを期待されているのは?

THE PAGE / 2017年09月11日18時06分

研音ではほかに菅野美穂、反町隆史も、それぞれ別事務所の共演者と結ばれた(菅野は堺雅人、反町は松嶋菜々子)。いずれも芸能界はもちろんのこと、世間をにぎわせたビッグカップル。そんな先輩たちを追って……というわけではないだろうが、もし福士と川口が現実にカップルであったら嬉しい、というファンの願望の裏には、やはり夢をあたえる芸能界には、常に注目の的となるようなビッ [全文を読む]

入江甚儀、竜星涼、大友花恋ら研音先輩との共演で舞台デビュー - 連載「駆け出す一歩」第1回 17歳の新人女優・喜多乃愛

マイナビニュース / 2017年08月28日10時00分

山口智子、天海祐希、菅野美穂、榮倉奈々、志田未来、川口春奈ら演技派女優を数多く輩出する芸能事務所・研音で、17歳の新人女優が新たな一歩を踏み出そうとしている。喜多乃愛は、知らぬ間に母が送った履歴書がきっかけで、今年1月にこの世界に入った。レッスンの日々を送っていた喜多にチャンスが巡って来る。8月29日、東京の中野ザ・ポケットで上演される舞台『大きな虹のあと [全文を読む]

新垣結衣クラスに急増!川口春奈がCM業界から愛される理由

WEB女性自身 / 2017年08月13日11時00分

同じ事務所には天海祐希(50)、菅野美穂(39)らも所属していますが、今や川口も看板女優と呼べるところにまで成長しています」(芸能プロダクション関係者) 昨年の同ランキングには名前がなかった川口だが、ここへきてCMオファーが急増。クライアント企業に 愛される 理由は、いったい何なのだろうか。 「いちばん起用しやすい理由として、男性スキャンダルがまったく出て [全文を読む]

草なぎ剛と共演すると女優の株が上がる!! 女優を輝かせるMr.アゲチン

messy / 2017年03月20日18時00分

』(フジテレビ系)に出演した菅野美穂(39)は、本ドラマ終了2カ月後に発売したヘアヌード写真集『NUDITY』(インディペンデンス)が80万部のベストセラーになるほど話題となったり、『スタアの恋』(フジテレビ系)では藤原紀香(45)や長谷川京子(38)が、『僕の生きる道』(フジテレビ系)では矢田亜希子(38)が、『僕の歩く道』(フジテレビ系)では香里奈(3 [全文を読む]

真野恵里菜、吉岡里帆、山崎紘菜……“ネクスト主演女優”の座を巡るバトル勃発か?

リアルサウンド / 2016年11月22日06時00分

参考:志田未来、“地蔵ラップ”になぜ説得力? 『レンタル救世主』斬新な役柄を成立させた演技 その他、今秋の連ドラで主演を務めているのは、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)の吉田羊、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の米倉涼子、『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)の天海祐希、『砂の塔~知りすぎた隣人~』 [全文を読む]

土村芳、山崎紘菜、武田玲奈、川津明日香…秋ドラマで注目の次世代ブレイク女優たち

日本タレント名鑑 / 2016年11月04日11時55分

ティーン向けファッション誌の注目モデルもドラマ進出 『砂の塔~知りすぎた隣人~』(TBS系/金曜22時~)で主人公・亜紀(菅野美穂)の息子の同級生として出演するのは川津明日香さん。2014年に『ミスセブンティーン』でグランプリに輝き、雑誌『Seventeen』の専属モデルを務める16歳。モデル活動のほか、今年から本格的に女優活動を開始しました。出演シーン [全文を読む]

【動画】ブリヂストンサイクル「アルベルトイメージキャラクター」は15歳の大友花恋(おおともかれん)

clicccar / 2015年01月21日19時03分

イメージキャラクターに起用されたのは、アグネス・チャン、観月ありさ、菅野美穂、上野樹里、夏帆、志田未来、川口春奈など、後に売れっ子になった女優も多く名を連ねています。 今回発表された「アルベルトイメージキャラクター」の大友花恋は、雑誌「Seventeen」の「ミスセブンティーン2013」でグランプリを受賞し、ドラマやCMなどで売り出し中の15歳の女の子。 [全文を読む]

『夫のカノジョ』歴史的惨敗の陰で『家族の裏事情』も超低空飛行……“名門”研音の凋落ぶり

日刊サイゾー / 2013年11月29日11時00分

「正直、今までは財前さんはじめ、山口智子さんや唐沢寿明さん、反町隆史さん、竹之内豊さんといった主役級が芸能界でも視聴率を取れる俳優ということで認識されていましたが、今は女性だと天海祐希さん、菅野美穂さん、男性だと沢村さん、松田翔太さんらが中心になるでしょうね。実際、今回のように古株の財前さんだけでは数字が取れないと判断した局側が、数字の取れる沢村さんとな [全文を読む]

『夫のカノジョ』木曜9時で視聴率3.0%……研音“ゴリ押しドラマ”打ち切れないテレビ局の苦悩とは

日刊サイゾー / 2013年11月24日09時00分

TBS側としても、川口を出しておけば、今後、同じ事務所の天海祐希、菅野美穂、竹野内豊、『あまちゃん』で大ブレークした福士蒼汰らを優先的に使えるという算段があった。だが、低視聴率ドラマを押し付けられた現場は、たまったもんじゃない」(民放キー局のドラマ制作関係者) また、フジテレビでは今クール、同事務所所属タレントの松田翔太が月9ドラマ『海の上の診療所』、沢村 [全文を読む]

フォーカス