日大 日本に関するニュース

[総体]日大藤沢はFW矢後の1点守り切る、鵬翔下して初戦突破

ゲキサカ / 2015年08月04日05時28分

[8.3 全国高校総体1回戦 日大藤沢1-0鵬翔 三木防災] 日大藤沢高(神奈川2)は鵬翔(宮崎)に1-0で勝利し、初戦を突破した。今年1月の全国高校選手権で“桜旋風”を巻き起こし、同校史上初の4強入りを果たした日大藤沢。夏の高校日本一決定戦で、まずは1勝目を挙げた。 前半25分にFW矢後佳也が決めたゴールが決勝点となった。DF工藤泰平から左サイドで受けた [全文を読む]

チーム紹介:桐光学園高(神奈川)

ゲキサカ / 2017年01月01日23時31分

第95回全国高校サッカー選手権 桐光学園高(神奈川) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 桐光学園高関連ニュース 桐光学園高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 0-2 長崎総合科学大附高(長崎)■出場回数 2年連続10回目■過去の最高成績 準優勝(96年度)■その他、過去の主な全国大会成績 全国高校総体4強2回(96、1 [全文を読む]

政権の閣僚が名を連ねる日本会議はなぜここまで影響力を持ったのか

週プレNEWS / 2015年07月16日06時00分

「国会で安保法制を合憲と証言した日大の百地教授(日本会議に所属)も、かつては集団的自衛権の行使には改憲が必要と語っていたのに、いつの間にか主張がコロッと変わっている。 また、荒唐無稽と思われるかもしれませんが、東シナ海で中国が暴れてくれれば、それを口実に自衛隊を使ってクーデターを起こしたい。日本会議の事務局にいるコアなメンバーにそうした考えを持つ人間がい [全文を読む]

<「発達障害とメディア」はどこで学べる?>大学中退だけど大学院博士課程を受けてみた。

メディアゴン / 2015年02月16日14時45分

「発達障害とメディア」と言うテーマの研究をしたいと思ったのは、日大の修士に入る前のことだが、日大の指導教授は心理学の大きなセクトの一つである行動分析の専門家であった。行動分析は見えない心の中の研究ではなく、心の発露としての、明らかに見える人間の行動のみを研究対象にしようという学問である。パブロフの条件反射の犬とか、スキナーのボタンを突っつく鳩とかに連なる考 [全文を読む]

「ロマンポルノ出演で子役の幻影が消えた」井端珠里が語る18年

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月12日20時00分

■ロマンポルノはフランス映画のようなオシャレな感覚――まず、井端さんはロマンポルノというものに馴染みはあったのでしょうか?「私、出身が日大藝術学部の映画学科なんですけど、高校生の頃から映画鑑賞が趣味だったんです。その頃、俳優の友人に薦められて『赫い髪の女』を見たことがきっかけで、ロマンポルノに触れていきました。当時は、オシャレなものを見ている感覚でした。ち [全文を読む]

豊洲市場「空洞」問題を意図的に長引かせようとしている真犯人

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日05時00分

日大の名誉教授をしている海洋工学の専門家によると、土を全部さらった後、地下2階ぐらいに、3メートル、2メートル、1メートルか、そういうコンクリートの箱を埋め込み、市場としてのインフラを支える、そのほうがずっと安くて早く終わるんじゃないかということでしたね」 この担当局長というのが、中央卸売市場長だった比留間英人で、「コストを下げるため知事からコンクリ案につ [全文を読む]

国士舘大が今年も“大型補強”、GK脇野、FW加納、MF谷村、FW高橋ら世代別代表、J注目タレントらが多数加入

ゲキサカ / 2016年03月15日22時32分

昨年のプリンスリーグ東海で20得点を叩きだして得点王に輝いた、名門・静岡学園高のエースFW加納澪主将をはじめ、U-17日本代表の俊足FW高橋利樹(埼玉栄高)、12年U-16日本代表候補の大型アタッカー・FW福原昭(札幌創成高)、そして2年時に全国4強を経験している日大藤沢高のパワフル系FW住吉ジェラニレショーン、正智深谷高を選手権全国大会へ導いた10番・F [全文を読む]

山本昌が江夏豊に語った現役引退「プロ1年目でクビ寸前でしたから50歳までやれて“大往生”です」

週プレNEWS / 2016年01月23日06時00分

日大藤沢高校から84年、ドラフト5位で中日に入団。プロ未勝利のまま迎えた5年目の88年、アメリカへ野球留学。現地で覚えたスクリューボールを武器に1Aベロビーチ・ドジャースで活躍し、シーズン途中で中日に呼び戻されると無傷の5連勝。翌年から主力先発投手として長年活躍する。最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、沢村賞1回、ベストナイン2回。50歳、プロ3 [全文を読む]

日本の女性社長出身大学 1位日大、2位東京女子医、3位慶応

NEWSポストセブン / 2015年05月20日16時00分

1位の日大は男性でもトップ。マンモス校であることと、地方系列高校からの内部進学者がUターンして事業継承していることが主な理由と考えられる。特筆すべきは2位に輝いた東京女子医科大学だ。 『時間と学費をムダにしない大学選び』(中央公論新社)の著者で大学ジャーナリストの石渡嶺司氏は、同大学出身の「女性開業医」の多さがランキング上位に入った要因だと分析する。 「 [全文を読む]

日本高校選抜選考合宿メンバー発表…選手権V星稜の4人や鈴木、渡邊、志村ら

ゲキサカ / 2015年02月02日22時00分

以下、メンバー 【スタッフ】 団長:松田司(平野高) 総務:菅沼孝一(仙台西高) 監督:大野聖吾(大垣工高) コーチ:小阪康弘(丸岡高) GKコーチ:セルジオ・アバレシド・ゴベッチ(岐阜県サッカー協会) トレーナー:小谷奉弘(東海医療学園) 主務:三井耕(葛飾商高) 主務:小高修一(所沢商高) 【選手】 ▽GK 吉田舜(前橋育英高/3年) 坂口璃久(星稜 [全文を読む]

ケンブリッジ飛鳥育てた綾戸智恵似母 中学時代から五輪を視野

WEB女性自身 / 2016年07月08日06時00分

お母さんがしっかり育てていたからでしょう」(東京高校・小林隆雄先生) 高3のときに200メートルでジュニア日本一に輝いたケンブリッジは、日大に進学。ここで母親は作法指導の総仕上げともいえる計画を実行する。強豪選手を輩出するジャマイカでの武者修行だ。 「彼は大学時代に短期間、ジャマイカでトレーニングをしたようですが、ほとんど母親が段取りしたそうです。滞在して [全文を読む]

全員がメダル候補! “史上最強”日本の競歩が急速に強くなっている理由

週プレNEWS / 2016年06月23日06時00分

日大、佐川急便などを経て、自衛隊に。五輪は2004年アテネ、08年北京、12年ロンドンと3大会連続出場。昨年夏の世界選手権(北京)では、50km競歩で日本人初となる銅メダルを獲得。昨年の50kmの世界ランキングは3位。167cm、57kg ●森岡紘一朗(もりおか・こういちろう) 1985年生まれ、長崎県出身。31歳。諫早高2年時に競歩を始める。順天堂大を経 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「山本昌」(1)声援に応えたくて引退できなかった

アサ芸プラス / 2016年01月03日09時56分

小学3年生より野球を始め、日大藤沢高校時代は神奈川県選抜選手として活躍。83年、中日ドラゴンズにドラフト5位で指名を受け入団。88年、5勝をあげリーグ優勝に貢献。93年から2年連続で最多勝と沢村賞を獲得するなど、不動の左腕として歩み始める。06年、阪神戦で史上73人目のノーヒットノーラン達成(最年長41歳1カ月)。08年、巨人戦で通算200勝達成(最年長4 [全文を読む]

gacco(ガッコ)にて日大理工学部と大工大工学部による新講座が開講

ITライフハック / 2015年07月09日13時00分

■講座概要講座名:究極のナノマシンを作る/ナノ物質の不思議な世界>募集開始日:2015年6月30日(火)開講日:2015年10月7日(水)開講予定担当講師:日本大学理工学部・大月穣教授・佐甲徳栄准教授講座名:土木・建築構造に関する最近の研究募集開始日:2015年7月7日(火)開講日:2015年10月1日(木)開講予定担当講師:大阪工業大学工学部都市デザイン [全文を読む]

日本の社長 日大出身が常に1位で東大出身が意外と少ない理由

NEWSポストセブン / 2015年04月20日11時00分

日大出身社長の数は過去5年の調査でも常にトップで、今回は2位・早大の約2倍となっている。なぜこれほどまでに日大出身者が多いのか。『時間と学費をムダにしない大学選び』(中央公論新社)著者で、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏はこう分析する。 「マンモス校ゆえ卒業生が多いこともあるが、全国各地に付属校・系列校があることが大きいでしょう。地方のファミリー企業の子息 [全文を読む]

報酬1.5億円以上の役員 出身大学で最多は東大で2位は慶応

NEWSポストセブン / 2014年07月09日07時00分

3番手以下は日大が7人、早稲田大が6人、京大と中央大が5人となった。日本の社長の出身校は日大が最も多いといわれるが、高額所得者となると事情が異なるようだ。 ※週刊ポスト2014年7月18日号 [全文を読む]

年末RIZINは「戦闘女子祭り」! “ツヨカワ”RENAのブレイクに続くのは?

週プレNEWS / 2016年12月26日10時00分

日大藝術学部卒業後、フォトグラファーに。RIZINオフィシャル、世界レスリング連盟オフィシャル。日本レスリング協会広報委員も務めている ●『Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント』 12月29日、31日/さいたまスーパーアリーナ (取材・文/中込勇気 写真/保高幸子( [全文を読む]

語っていいとも! 第34回ゲスト・畠山健介「ラグビーでも永遠の3番手くらいが僕はすごい性に合ってる」

週プレNEWS / 2016年12月04日12時00分

畠山 たまたまひとつだけ、日大ラグビー部のOBの方々がスクールを立ち上げたのがありまして。で、母がすごいラグビーのファンで、大学ラグビー、特に早稲田のファンだったんですけど。 ―そうなんですか。お母さんはおいくつくらいですか? 世代的に誰に憧れたんだろう。 畠山 今年還暦になったばかり、60ですね。宿沢(広朗[ひろあき])さんの時の早明戦を観て、負けちゃ [全文を読む]

堂本剛は「奈良推し」って知ってた?不思議な「大使」を務めるジャニーズたち

アサジョ / 2016年10月12日09時58分

11年には、NHK教育(現・NHK Eテレ)の「テレビでスペイン語」のナビゲーターを務め、13年にはジャニーズタレントとして初めて大学の教壇に立ち、静岡・日大国際関係学部でスペイン語の語学講義を担当している。 これからは、歌って踊れて、プロモーションまでできるアイドルが重宝されるかもしれない。(北村ともこ) [全文を読む]

プロ32年間の現役生活、山本昌が振り返る歴代監督「落合監督でなければもっと早くに引退していたかも…」

週プレNEWS / 2016年01月24日06時00分

日大藤沢高校から84年、ドラフト5位で中日に入団。プロ未勝利のまま迎えた5年目の88年、アメリカへ野球留学。現地で覚えたスクリューボールを武器に1Aベロビーチ・ドジャースで活躍し、シーズン途中で中日に呼び戻されると無傷の5連勝。翌年から主力先発投手として長年活躍する。最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、沢村賞1回、ベストナイン2回。50歳、プロ3 [全文を読む]

フォーカス