監督 中日ドラゴンズに関するニュース

落合GM&谷繁PM&森ヘッド「オレ竜体制復活」の裏事情

週プレNEWS / 2013年10月20日10時00分

高木監督の退任が既定路線だったこともあり、中日の後任監督問題はかなり早くから注目されていた。10月9日、ついに球団から発表されたのは、なんと、「落合GM・谷繁選手兼監督」という“ウルトラ人事”。誰もが驚いた「オレ竜復活」の舞台裏をレポートする ■白井オーナーの頭には“落合”しかなかった 「谷繁はいつか監督をやるとみられていたので、さほど驚きはなかった。でも [全文を読む]

電撃解任、権藤 博が高木守道とのバトル全激白!

アサ芸プラス / 2012年11月20日09時59分

監督と投手コーチがともに70代という球界最高齢コンビが、試合中のベンチで繰り広げるバトルは「中日名物」と言われ、大いに話題を呼んだ。わずか1年で電撃解任されたバトルの主が、その内幕を明かしつつ、戦いぶりを振り返る。 10月24日に記者会見を開いた権藤博氏(73)は淡々と「覚悟はしていた」と語った。投手コーチ就任1年での電撃解任だった。投手起用を巡って高木守 [全文を読む]

【書評】オレ流・落合を完全サポート。森繁和に学ぶ二番手の品格

まぐまぐニュース! / 2017年02月08日15時00分

「名選手は名監督にあらず」というプロ野球界の常識を覆し、中日ドラゴンズ監督に就任するやいきなりリーグ優勝を果たした落合博満氏。そんな落合氏をナンバー2として支え続けたのが、今季から同球団の監督を務める森繁和氏です。無料メルマガ『ビジネス発想源』ではそんな森氏が「ナンバー2の持つべき意識」を綴った一冊が紹介されています。 トップとナンバー2 最近読んだ本の内 [全文を読む]

落合博満氏 顔面神経麻痺でWBCと巨人監督就任の予定が狂う

NEWSポストセブン / 2012年09月11日07時00分

前中日ドラゴンズ監督の落合博満氏が救急車で運ばれたことを本誌が8月27日発売号でスクープしたが、9月2日、群馬県伊勢崎市で行なわれた講演で落合氏は顔面神経麻痺だったことを明かした。 落合氏が「健康不安」に脅かされる前まで、野球の世界大会・WBC監督はほとんど落合氏で一本化されていたといっても過言ではない。巨人の渡邉恒雄・球団会長(86)はラジオ番組で監督[全文を読む]

【西武】見た目から誤解を招きやすい森繁和監督の素顔とは?

文春オンライン / 2017年06月18日11時00分

最終戦の前日に東尾修監督の辞任が発表されていましたので次期監督の話題になり、堤オーナーから「誰か適任者いますかねぇ?」の問いかけがありました。そして、ある記者から「リーダーシップも人望もある森繁和さんがいいと思います」の声が上がり、私も同意しました。 その後、いろいろ意見を聞きながらも最終的に「伊原(春樹)で行こうかと思ってる」と堤オーナー。それについて [全文を読む]

中日、谷繁監督「解任」で歴史的暗黒時代に突入…勝手に選手解雇する落合GMの横暴

Business Journal / 2016年08月13日07時00分

8月9日、プロ野球の中日ドラゴンズは谷繁元信監督と佐伯貴弘守備コーチの休養を発表、森繁和ヘッドコーチが監督代行を務め、一部コーチ陣の配置転換が明らかになった。 谷繁監督は2014年から選手兼任監督を務め、今年から専任監督となっていたが、中日は借金15の最下位に沈んでおり、48年ぶりの8カード連続負け越しという記録的な低迷にあえいでいる(休養が発表された8月 [全文を読む]

【プロ野球】日ハム・栗山監督は不甲斐ない…キャンプで見えた12球団の期待度

デイリーニュースオンライン / 2015年02月10日06時50分

チーム戦略に欠ける栗山監督の不甲斐なさ キャンプイン前、日本ハムの栗山英樹監督は「斎藤佑樹が抑えならどうなるか。9回、1点リードの場面で相手が前のめりになっているとき、佑樹の球は相手にどう見えるのか」と語っていた。 また始まった。何をアホなことを言っているのだろう。三振の取れない投手を抑えにしてどうするのか。 栗山という監督は、個に固執しすぎだ。テレビを見 [全文を読む]

【プロ野球】何年ぶり? 12球団の「日本一ごぶさたランキング」! そして42年間「○○していない」球団は?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■12球団「日本一ごぶさたランキング」 「ごぶさた順」にまとめた、12球団の「最後に日本一になった年」と当時の監督、MVP選手は以下の通りだ。 広島東洋カープ 32年間ごぶさた 1984年:古葉竹識監督/MVP:長嶋清幸 阪神タイガース 31年間ごぶさた 1985年:吉田義男監督/MVP: [全文を読む]

厄年の巨人・由伸監督に必要なのは「勝ちにこだわりすぎないこと」

週プレNEWS / 2016年02月21日06時00分

* * * 今年もプロ野球のキャンプが真っ盛り! 春からのペナントレースがどうなるのか!? セ・リーグの監督の運気を占ってみましょう。 まずは注目されている、読売ジャイアンツの高橋由伸監督。高橋監督はなんと僕と誕生日が1日違い! 生まれた年も同じなんですよね。なので運気がかなり似ている。だから、今の彼の苦しさは、よーくわかります。そう…今年は厄年なんです [全文を読む]

中日谷繁兼任監督 成功の鍵は「年上の信頼できるコーチ陣」

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時00分

中日ドラゴンズの新監督に、谷繁元信選手(42)が就任した。過去に、捕手の選手兼任監督といえば、南海の野村克也氏、ヤクルトの古田敦也氏がいる。野村氏は優勝を果たしたが、古田氏は1年目こそAクラスだったものの、2年目は最下位に甘んじた。その違いは何だったのか。スポーツライターが解説する。 「大きいのはヘッドコーチの差でしょうね。南海では、野村氏自身が『すごく勉 [全文を読む]

【プロ野球】オレ流人事は健在…中日ドラゴンズ”派閥抗争”の行方

デイリーニュースオンライン / 2015年12月03日19時30分

落合監督時代の2004年から2011年までに何度も優勝した“常勝軍団”も、ここ3年はクライマックスシリーズに出場することもできず、ファンには歯がゆい停滞期が続いている状態だ。話題といえば谷繁元信監督と落合GMの不仲関係ばかりで地元ファンは歯がゆいばかり。そして、その不穏な空気はシーズンが終了しても継続しているというのが地元メディアの共通した見方である。 2 [全文を読む]

中日・白井オーナーに直撃 「落合GMの評価は凄く高い」

NEWSポストセブン / 2016年10月03日07時00分

現役時代は3度の三冠王という圧倒的な実績を残し、監督としては「強いけど面白くない」と評された落合博満氏。ところが落合氏がGMを務める中日ドラゴンズは今シーズン、19年ぶりとなる最下位が確定した。GMとしての手腕には賛否両論が飛び交う落合氏だが、ある中日OBは、『週刊ポスト』の取材に対して次のように漏らした。 「名古屋でメシを食っている以上、表立ってはいえな [全文を読む]

落合博満氏が球界のタブーである長嶋茂雄氏に立ち向かった日

NEWSポストセブン / 2012年09月19日16時00分

「長嶋監督を胴上げできなかったら、末代までの恥です」 1993年オフ、フリーエージェント制度元年に権利を行使し、中日から巨人へ移籍した落合博満氏が入団会見で語った名言である。この言葉通り、落合氏は翌1994年に巨人を4年ぶりの優勝に導き、長嶋茂雄監督は宙に舞った。野球人である落合氏にとってミスタープロ野球・長嶋茂雄は、憧れの存在だった。 だが、2004年の [全文を読む]

【プロ野球】キャンプ直前12球団の「コーチ力」を分析

デイリーニュースオンライン / 2015年01月31日08時50分

一軍監督の目に留まるべく、二軍の若手選手は必死に練習するが、一軍監督が二軍選手を見るのは休日のみで、監督は普段、コーチの報告に耳を傾けるのみ。ただ、コーチの報告がすべて正しいとは限らない。いい素材を見落としていたり、間違った方向に誘導しているケースも少なくないからだ。 残念ながら、コーチなら誰もが高い指導能力をもっているというわけではない。選手に合わない [全文を読む]

今シーズンのプロ野球の行方が米ビバリーヒルズの“ロック占い”でわかってしまった!

週プレNEWS / 2015年01月11日06時00分

その使い手、エルビラ先生が、プロ野球12球団監督の運勢をもとにペナントレースとポストシーズンの勝敗を予測。すると、なんとも驚くべき結果が! ■勝ちたければロックを聴きなさい! 悩み事を抱えている人に「このロックを聴けば、運気が上がります!」と占い師が告げる。名づけて“ロック占い”。 そんなユニークな占いをしてくれるエルビラ先生なる人物が米国ロサンゼルスのビ [全文を読む]

落合博満氏 中日監督時代寝る時間がどんどん遅くなった理由

NEWSポストセブン / 2012年09月17日16時00分

「WBCの監督はやらない。一生涯ない」と、日本代表監督への就任を否定した落合博満・中日ドラゴンズ前監督(58)。野球の世界一決定戦・WBCの主催者である読売新聞の渡辺恒雄会長が「落合君しかいない」と発言したこともあり、待望論が沸き上がっていたが、その可能性は潰えたようにみえる。 もし仮に落合氏がWBC監督に就任した場合、なんといっても健康問題が不安視される [全文を読む]

落合博満氏が横浜ファンの前で講演会 DeNA中畑采配に異論も

NEWSポストセブン / 2012年07月18日16時00分

7月16日、中日ドラゴンズ前監督の落合博満氏(58)が、横浜市の神奈川県民ホールで講演会を行なった。3階席まで収容人数約2500人の会場は、ほぼ満員の聴衆で埋め尽くされた。監督退任後、さほどテレビに出ているわけではないにもかかわらず、相変わらずの人気ぶりを見せつけた。 会場が横浜スタジアムから徒歩3分圏内で、横浜ファンも多数来場ということもあり、今年も最下 [全文を読む]

【中日】勝つことが最大のファンサービス “神宮の惨劇”をバネに

文春オンライン / 2017年08月05日11時00分

かつて“ジョイナス”高木守道監督が退任のあいさつをしたとき、満員のナゴヤドームからすさまじいブーイングが沸き起こったが、さらに成績が落ちた今はそんな気配もない。「お値打ち」なものを愛し、無駄を切り捨てる名古屋の人たちにとって、弱いドラゴンズに怒りを向けることはエネルギーの浪費なのだろう。岩中祥史『名古屋人と日本人』(草思社)には次のように書かれていた。 「 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「山本昌」(3)落合監督の予言が怖かったんですよ

アサ芸プラス / 2016年01月04日09時56分

テリー だから、監督やコーチが昌さんにどんなふうに接するのか気になって。谷繁監督は年下ですよね?山本 そうですね。でも、僕は基本的に縦社会の人間なので、コーチや肩書の付く人には敬語でしゃべってました。谷繁監督のことも、監督就任の発表前日までは「シゲ」と呼んでたんですけど、翌日の朝からは「監督」と。テリー 谷繁さん、ビックリしたでしょう?山本 「山本さん、( [全文を読む]

日本から帰った元助っ人選手がメジャーリーグで指導者として続々復活していた!

AOLニュース / 2015年10月29日21時00分

先日ポストシーズンでの敗退を受け辞任したロサンゼルス・ドジャースのドン・マッティングリー監督の後任候補に、元巨人のゲープ・キャプラーが急浮上した。 キャプラーは2011年にドジャースとの契約解除を機に引退。FOXテレビの解説者での成功を経て、今年ドジャースのファームディレクターに就任。早くもその能力を買われ監督に急浮上する、指導者としては飛び級ともいえる評 [全文を読む]

フォーカス