予想 中日ドラゴンズに関するニュース

中日落合GMの厳しすぎる冬年俸更改 選手もファンも納得の「オレ流」マジックとは

AOLニュース / 2013年11月08日17時45分

それゆえ、ハナから厳しい契約更改が予想された中日の契約更改だったが、その結果は予想以上だった。今期の年俸が1億9000万円(推定。以下同様)だった井端が88%ダウンの提示を受け、チームを退団することになったほか、和田が3億3000万円 2億5000万円、吉見が2億9000万円 1億7400万円、浅尾が2億2000万円 1億6500万円、荒木が1億7000 [全文を読む]

中日ドラゴンズ落合GM・谷繁監督誕生の舞台裏...「球界の野良犬」愛甲猛が吠える

東京ブレイキングニュース / 2013年10月22日12時00分

大方の予想は落合さんか立浪だと思っていたけど、事前に入って来た情報では「立浪は絶対無い」とのことだったので、もしかしたら山崎武司かも......と予想していた。 なぜ、立浪がダメかって? それは彼に良からぬ噂があって、それを白井オーナーが快く思ってないことが理由だ。俺としては噂だけに留まって欲しいと思っている。あ、これは清原にも当てはまる話しかもな(笑)。 [全文を読む]

カープは3位!?「セ・リーグ優勝予想」ランキング第1位は?

日刊大衆 / 2017年04月03日09時05分

大型補強を行ったり新監督を迎えたりと、それぞれのチームが準備を進めてきましたが、今シーズンはどのようなドラマが待っているのでしょうか? そこで開幕直後の今、「今年セ・リーグを制するのはどのチームか?」男女100人に優勝予想アンケートを行ってみました。 第1位(23%)に輝いたのは、高橋由伸監督(41)率いる読売ジャイアンツ。今年は、山口俊投手(29)、森福 [全文を読む]

ますだおかだ・岡田圭右のWBC大胆予想!侍の変則投手陣に外国選手が“WAO!”

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日22時03分

野球の世界一を決定する「World Baseball Classic」(WBC)の第4回大会が、いよいよ3月7日(火)に開幕。大のオリックス・バファローズファンとして知られ、球春到来を誰よりも喜んでいる岡田圭右(ますだおかだ)が、今大会の展望を語ってくれた。 まずは打撃陣から。注目の選手として挙げたのは北海道日本ハムファイターズの中田翔選手。「四番はやっぱ [全文を読む]

プロ野球好きアイドルが、今期の予想を熱く語る!12球団別独占インタビュー

PR TIMES / 2016年04月07日17時38分

プロ野球開幕を記念し、アイドル、グラビアアイドルたちが、それぞれ好きな球団の「順位予想」「推しメン」「ベストオーダー」について語る『プロ野球箱推し』を配信いたしました。サインボールプレゼントキャンペーンも実施。 女性アイドルに特化した、日本最大級のキュレーションマガジン「ファンドリー」を運営している南麻布ラボ株式会社(本社:東京都港区)は、プロ野球開幕を記 [全文を読む]

39歳の勇気ある挑戦!360°モンキーズ杉浦は活躍できるのか?

しらべぇ / 2016年01月26日16時00分

厳しい結果が予想されたが、見事に合格し、夢をかなえた。とはいえ、39歳で新たな職に挑戦となれば、仕事や人間関係を一から構築せねばならず、面倒くさいことが満載であることが予想される。今までにいた場所を離れないといけないこともある。やはり、挑戦したくてもできない人のほうが多いだろう。■転職に失敗したことがある?そこでしらべぇ編集部ではアンケートサイト「マインド [全文を読む]

語っていいとも! 第6回ゲスト・板東英二「僕、この取材ちょっと甘く見てました。こない話できるとはよもや思わなかった」

週プレNEWS / 2015年07月12日12時00分

板東 僕ね、野球の解説でいうと予想することが好きなんですよ、どちらかといったら。それで試合前なんか、サウナも好きでね、サウナにおるんですけど。そしたら昔、今日は先発が誰それとか話しかけてくるのがいてね。こいつはまぁエラいよう知っとるなーと思いながら、それで何回か会ってるうちに大体わかりました、これはハンデ師やなっていうのが。これで自分がやって、当たったら [全文を読む]

落合GM&谷繁PM&森ヘッド「オレ竜体制復活」の裏事情

週プレNEWS / 2013年10月20日10時00分

誰も予想していなかったでしょう」(スポーツ紙デスク) 今季、12年ぶりのBクラスに沈んだ中日ドラゴンズが、42歳のベテラン捕手・谷繁元信を選手兼監督として擁立し、2011年まで8年間、監督を務めた落合博満氏を編成部門のトップであるGMとして呼び戻した。まるでマンガのような“ウルトラ人事”だが、実はこれ、再建に向けて綿密に練られたプランではなく、急転直下の「 [全文を読む]

張本勲「イチローは辞めると思う」と衝撃発言 元中日・谷繁が反論

しらべぇ / 2017年07月23日15時00分

結果、予想通り年齢を重ねるごとに割合が上がっていく。カズと同じ50代になると、実に8割近くが体力の低下を実感している結果に。スポーツ選手にも年齢とともに体力の衰えを感じて、引退する選手が後を絶たない。そんな中イチローは、43歳でも現役を貫いている。衰えに負けることなく、経験を活かし、限界までチャレンジをしたいといった気持ちで現役を続けているのだろう。プロも [全文を読む]

文春野球「コミッショナーだより」6月号

文春オンライン / 2017年07月05日11時00分

ノムさんの馬券予想、内川選手へのインタビュー、最後にはつば九郎をパンチするフルコースで「とり」を書き切りました。交流戦、いろいろな名勝負がございましたが、両者の“らしさ”が出たという意味では屈指の勝負だったのではないでしょうか。そうですとも。 通算対戦成績 交流戦指名対決を終えた通算対戦成績は以下の通りです。 【パ・リーグ 対戦成績】 埼玉西武 5勝4敗 [全文を読む]

江本孟紀が提言「プロ野球は利益の使い道間違い」「交流戦は巨人という利権欲しさ」

Business Journal / 2017年05月30日20時00分

セ・リーグの各チームを撃破して勢いを取り戻し、後半戦で楽天、ソフトバンクに挑むというシナリオが予想される。 一方、広島と阪神は褌を締め直さないと、せっかくのアドバンテージを失ってしまう。「パのチームにどれだけ負けないか」という情けない争いのなか、巨人やDeNAが漁夫の利を奪う可能性もある。最下位の中日にとっては、まさに正念場だ。パ・リーグを相手に勝ち越すと [全文を読む]

SKE48・北川綾巴 日高優月の○○が「心臓に悪い」

Smartザテレビジョン / 2017年05月03日06時00分

これが一同の予想を超える盛り上がりを見せたが、再び日高が“北川が愛犬の物まねで急病人発見を知らせて、それを受けた矢作が心肺蘇生法&セクシーダンスを披露し、その横で日高が中日・平田良介選手の物まねをする”というむちゃぶりをすると、今度はステージ上が混沌とした空間に。会場のファンからは笑いと拍手が起こったが、北川からは「軽く事故ってますよ(笑)」と本音がこぼれ [全文を読む]

【プロ野球】12球団の「代打1番手」選手誰だ? 一打に賭ける男たちの2016年を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日17時05分

高橋由伸監督の抜けた穴を埋められないという予想が当たってしまった。今オフの大補強のあおりを受けて、スタメンから溢れた選手から切り札は現れるのか? ■パ・リーグ各球団の「代打1番手」成績 北海道日本ハムファイターズ 矢野謙次:代打出場34試合 打率.179(28打数5安打)/1本塁打/8打点/5四死球/出塁率.294 福岡ソフトバンクホークス 吉村裕基:代打 [全文を読む]

【プロ野球】【2016ドラフト】NPBに駒を進めた独立リーガーたちの今季成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月25日17時05分

独立リーグ出身選手たちの底知れぬポテンシャルへの評価は高まるばかりで、予想を大きく上回る選手供給源となっている。 2016年のドラフトで各球団が指名した独立リーガーたちから注目選手と、今季の成績を紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■読売ジャイアンツ 高井俊(投手・育成1位/BCリーグ・新潟アルビレックス) 34 [全文を読む]

広島カープファン、「マナーが悪すぎ暴走的」と話題に…相手応援席で堂々とカープ応援

Business Journal / 2016年10月22日16時00分

さらに、今季限りでの引退を発表したカープの黒田博樹、二刀流の怪物・大谷翔平といった対決も予想され、注目度も高い。今年はセントラル・リーグチームの球場で土日開催されるということもあり、すでにカープ本拠地のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)近辺の宿泊施設は満室で、ゲームチケットもすぐに完売した。 マツダスタジアムでは、先日行わ [全文を読む]

中日・白井オーナーに直撃 「落合GMの評価は凄く高い」

NEWSポストセブン / 2016年10月03日07時00分

小笠原道大・2軍監督が昇進するという大方の予想を覆しての人事だった。「嫌われる落合」が来季も健在という、まさかのシナリオが進行しているのだろうか。 ※週刊ポスト2016年10月14・21日号 [全文を読む]

【プロ野球】覚えてる!? シーズン終了間際の今だからこそ振り返る2016年の開幕カード《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年09月17日16時05分

開幕前に一番早く初勝利を挙げるルーキーがオスカルと予想していた人はいただろうか? と、いうくらい予想外な最速勝利だった。 こういった全員野球も広島優勝の原動力となったのだろう。 ■中日ドラゴンズ ビシエドが新外国人選手として史上初の開幕から3戦連続本塁打。“ビシエド旋風”が巻き起こった。ビシエドは開幕カードで打率.615、3本塁打、6打点と現役メジャーリー [全文を読む]

【プロ野球】混戦必至のセ・リーグで鍵を握る”新外国人選手”の実力診断

デイリーニュースオンライン / 2016年03月25日16時04分

戦前から混戦が予想されているのが現状だ。 そこで今回は、全日程が終了したオープン戦の結果を踏まえて、セ・リーグの新外国人選手の実力を診断してみよう。混戦になればなるほど、その活躍が重要視される助っ人たち。プロ野球開幕シーズンだからこそ、その実力を把握しておきたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■東京ヤクルトスワローズ [全文を読む]

厄年の巨人・由伸監督に必要なのは「勝ちにこだわりすぎないこと」

週プレNEWS / 2016年02月21日06時00分

監督の運気だけで予想すると、上位はヤクルト、阪神、広島。下位は巨人、中日、DeNAの順になります。まあ、監督の運気だけで勝ち負けは決まりませんけどね。 [全文を読む]

“元TBSのエース”枡田絵理奈アナ 年末特番出演は電撃復帰への序曲!? 夫・堂林の成績不振で……

日刊サイゾー / 2016年01月07日11時00分

13年に放送開始した同番組は、毎年1月に収録を行い、その年に起きることを予想。年末のオンエアで、答え合わせを行う内容。田村淳(ロンドンブーツ1号2号)がMCで、枡田アナがアシスタントを務めていた。 枡田アナは15年1月の収録時点ですでに退社が決まっていたため、「年末の生放送で、枡田アナは司会をしているか?」との出題がなされていた。 それに応える形で番組に [全文を読む]

フォーカス