上戸彩 深田恭子に関するニュース

“妻役ならこの女優” 断トツ1位の人気は上戸彩、やっぱりあの胸に包容されたい?

週プレNEWS / 2015年05月04日17時50分

その妻役を演じているのが、OA前に妊娠も公表した上戸彩。ネット上では「胸が大きくなっていて目が離せない」など別の視線でも注目されているが、社会現象ともなった『半沢直樹』で堺雅人の妻を演じ支持を得て以来、すっかり“妻役”が板についた印象だ。 ここ最近でも前クールの『◯◯妻』で、家事は完璧だけれどミステリアスな妻を演じた柴咲コウ。同じく『流星ワゴン』でギャン [全文を読む]

GINGER7月号はビッグトートバッグがついてくる!白Tシャツ大特集では表紙の長谷川潤さんがTシャツ愛を語ります。その他にも深田恭子さんや上戸彩さん、青柳翔さんなど憧れのあの人が多数登場!

PR TIMES / 2017年05月24日10時28分

上戸彩さん特別インタビューでは、ドラマ『昼顔』のラストストーリーを赤裸々に語っています。さらに深田恭子さんが魅せる「MY投資ウォッチ」特集など、注目情報満載でお届けします。[画像: https://prtimes.jp/i/7254/305/resize/d7254-305-345511-0.jpg ]GINGER7月号には付録史上最大!?と評判のビッグサ [全文を読む]

芸能界2大巨乳美女「上戸彩&深田恭子」に続くのは誰?(3)AKB勢が巨乳バトルに参戦

アサ芸プラス / 2014年05月02日09時58分

まさに甲乙つけがたい、谷間のつばぜり合いだが、この合戦に急きょ割り込んできたのが、AKB48最年長の小嶋陽菜(26)だ。小嶋といえば、「ピーチ・ジョン」の下着CMでピンクブラ姿の乗馬シーンを見せつけたばかりだが、深い谷間で攻めの姿勢を緩めない。 「4月30日発売の新人歌手LUHICAの新曲ビデオでも、しっとりしたランジェリー姿を披露しています。ベッドの上で [全文を読む]

芸能界2大巨乳美女「上戸彩&深田恭子」に続くのは誰?(1)上戸彩は人妻になって谷間解禁?

アサ芸プラス / 2014年04月30日09時58分

群雄割拠の“芸能界・バスト戦場”において、独身時代から隠れ巨乳ぶりが取りざたされていたのが上戸彩(28)だ。4月26日より公開される新作映画「テルマエ・ロマエII」(東宝)では、メインの舞台がお風呂だけに、まさに欲情的な魅惑の谷間を魅せつける人妻色香の新境地を開拓している。 アイドル評論家の小谷哲氏も自信を持って太鼓判を押す。 「アイドル時代は胸の膨らみ [全文を読む]

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

内田有紀さん、広末涼子さん、上戸彩さん、沢尻エリカさんといったヒットチャートを賑わせた人もいますが、「えっ!?この人も?」という意外な女優もいます。 デビュー当時、音楽活動にも積極的だった仲間由紀恵女優業と並行し、音楽番組『MUSIC FAIR』の司会も務める仲間由紀恵さん。20年前の1996年6月、“小室哲哉の右腕”と言われた久保こーじさんのプロデュース [全文を読む]

2位深田恭子、3位小池栄子…「好きなバスト」に選ばれた芸能美女の胸の形は?

アサ芸プラス / 2015年08月21日05時59分

そしてアンケート調査の最後に、「胸元がキレイだと思う有名人は誰か」という質問があり、1位に輝いたのは上戸彩。2位・深田恭子、3位・小池栄子だった。この結果になるほどとうなずくのは、テレビ局制作スタッフである。「巷間いわれる推定値は上戸=E、深田=D、小池=Fと、まず3人とも理想の大きさベスト3に入っていますね。そして形ですが、細身の体に規格外な膨らみを持 [全文を読む]

列島大予測!2015年「ニッポン」はこうなる!ー芸能界編ー(1)上戸彩に触発され広末涼子が脱ぐ?

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時56分

「『昼顔』で上戸彩が演じた不倫妻役に触発されて、『私なら、あれ以上に演じられる!』と広末さんが周囲に話していた。春先は映画で予定が埋まっているため、10月の秋ドラマに合わせて調整を始めているそうです」(ドラマ制作関係者) 広末が「濡れ場」に意気込む理由は他にもあった。昨年11月公開の映画「想いのこし」(東映)でポールダンサー役を熱演したが、露出は浅い谷間 [全文を読む]

妖艶女教師の深田恭子・ナース姿の堀北真希etc 新春ドラマ、美女優セクシー対決

メンズサイゾー / 2015年01月04日16時00分

特に、ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)の上戸彩(29)や、『聖女』(NHK)の広末涼子(34)による、大人の女性の魅力あふれたお色気シーンは大きな注目を浴びた。また、映画『紙の月』では宮沢りえ(41)がエロティックな犯罪者に挑戦するなどし、有名女優たちが新たな魅力を発揮した年だったといえる。その流れは年をまたいでも続いているようで、 [全文を読む]

深田恭子、“夜メロ“でセクシーシーンに挑戦か...年の差愛に溺れる高校教師役

メンズサイゾー / 2014年11月25日23時00分

主婦の不倫を描いた、上戸彩(29)主演の今年7月クールのドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)のヒットにあやかり、今のドラマ業界ではそれに次ぐメロドラマを模索しているようですから、過激なシチュエーションのラブシーンを投入してくる可能性は十分にあります。ただ、『昼顔~』は"昼顔"という言葉こそ『2014ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネー [全文を読む]

人気女優8人「週刊実話」訴訟、背後にホリプロ社長の芸能メディアへの強硬路線?

Business Journal / 2014年04月10日06時00分

その堀さんが強硬に主張して、訴訟を起こすことになったようです」(芸能関係者) 確かに、問題の記事は上戸彩や剛力彩芽、長澤まさみ、滝川クリステルなど総勢25人の女性タレントを登場させているのだが、訴訟を起こしたのは所属芸能プロが音事協に加盟しているタレントのみ。しかもそのうち綾瀬はるか、石原さとみ、深田恭子、優香の4人はホリプロ所属である。 [全文を読む]

剛力彩芽は「アイドル女優」界のチャレンジャー!? 次に続くのは夏菜か、川口春奈か

リアルサウンド / 2013年11月22日10時42分

役者業をメインにしながら、歌手としても活躍するアイドル女優としては、80年代の薬師丸ひろ子や原田知世、90年代の松たか子やともさかりえ、00年代の上戸彩や深田恭子など、多くの名前が挙げられるが、ここ数年はグループアイドルブームの影響もあり、単体で目立った活動をしているアイドル女優は少ない。そういった意味では、デビュー曲で注目を集めた剛力彩芽は、昨今珍しいア [全文を読む]

新ドラマも一桁…武井咲が新「低視聴率女王」襲名で精神的にも限界?

メンズサイゾー / 2012年10月17日18時00分

このままでは、先日結婚した事務所の先輩・上戸彩(27)から「低視聴率女王」の汚名を引き継ぐことが濃厚である。「事務所の強烈なプッシュとギャラのダンピングで、武井はCMにドラマに映画にと引っ張りだこになっています。しかし、実際は数字が全くとれていない。『東京全力少女』には局も事務所も力を入れていて、放送当日は武井が朝の4時から局入りし、夕方まで7番組に出演し [全文を読む]

「ホリプロスカウトキャラバン」優勝してない人気女優は?

日刊大衆 / 2017年09月23日16時05分

米倉涼子、上戸彩、橋本マナミは、その国民的美少女コンテストの出身ですが、いずれも優勝者ではありません。 [全文を読む]

CM起用社数トップは“腹黒”広瀬すず! AKB48は今年も圏外、次期CM女王候補に吉岡里帆

日刊サイゾー / 2017年07月06日00時00分

何かのきっかけで、いつ広告業界が離れてもおかしくないようにも思えます」(広告代理店関係者) 女性タレントの2位以下は、10社の上戸彩、有村架純、綾瀬はるか、高畑充希、ローラ、吉田羊、9社の宮崎あおい、菜々緒、吉岡里帆と続き、8社の桐谷美玲、石原さとみ、波瑠、長澤まさみ、新垣結衣、武井咲、7社の川口春奈、山本美月、北川景子、深田恭子、本田翼、マツコ・デラック [全文を読む]

台湾でも人気の“軽熟女”たち、「30代の日本人女優ランキング」 1位は北川景子―台湾

Record China / 2017年02月17日11時10分

4位以下の顔ぶれは、石原さとみ、綾瀬はるか、上戸彩、広末涼子、松たか子、蒼井優、柴咲コウとなっている。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

その一方で、深田恭子、上戸彩、井上真央、綾瀬はるか、石原さとみ、長澤まさみ、堀北真希、新垣結衣らの若手女優が次々に主演を飾り始める。 いずれも美しさは変わらないものの、彼女たちの特徴は“親しみやすさ”。不景気やインターネット普及の影響で、世間がタレント全般に「オーラやスキルよりも、親しみやすさを求める」ように変わったからだった。 10年前後では、「仲の良さ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】南原清隆がバレンタインの話題でお詫び 広瀬すずの名に「申しわけございません!」

TechinsightJapan / 2016年02月13日11時55分

20位までに入らず圏外となったのは前述の80年代アイドルの他に、吉瀬美智子、天海祐希、上戸彩、土屋太鳳、能年玲奈、ミランダ・カー、芦田愛菜、河北麻友子、水卜麻美、おかずクラブなどだった。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

TBS、フジに朗報!? NHK『ドラマ10』の曜日移動で“火10ドラマ戦争”に変化

おたぽる / 2016年01月29日12時00分

NHK『ドラマ10』は、過去に、『セカンド・バージン』(2010年/鈴木京香主演)、『いつか陽のあたる場所で』(13年/上戸彩&飯島直子主演)などのヒットといってもいい作品もあったが、近年は視聴率も低迷。昨年4~8月には、全20話の大作で、仲間由紀恵を主演に迎えた『美女と男子』をオンエアしたが、視聴率は5%前後をウロウロする始末で、結果が出せなかった。 [全文を読む]

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<映画・ドラマ部門>「朝ドラ“マッサン”のケイトは下積み時代に…」

アサ芸プラス / 2015年12月28日09時57分

どこまでも想像が膨らみます」 巨乳っぷりではさらに上手だったのが、上戸彩(30)である。「アイムホーム」(テレ朝系)で、男性視聴者の視線は上戸のバスローブ姿にロックオンとなった。ライターの尾谷幸憲氏が語る。「私生活ではEXILEのHIROとの子を妊娠中だっただけに、ドラマが進行するにつれ、バスローブからこぼれ出る臨月乳がどんどんデカくなっていくのがリアルで [全文を読む]

三吉彩花や篠原涼子だけじゃない、あのタレントの意外なアイドル時代

アサ芸プラス / 2015年11月27日09時59分

ほかには活動実績は少なかったものの、上戸彩のZ-1や、瀧本美織のSweetS、優香や深田恭子らのHiPといった例があげられる。 もう少し年上の世代だと、ダウンタウン・浜田雅功の妻としても知られる小川菜摘が、3人組グループのオナッターズに在籍。さらに同世代でもう一人、意外な人がアイドル活動をしていたという。「それは磯野貴理子です。劇団員だった1986年に23 [全文を読む]

フォーカス