大学 狩野英孝に関するニュース

芸能界で”売名”は有効なのか?加藤紗里と菜々緒の決定的な違い

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日19時15分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。実話誌や週刊誌などで執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『実録!アメリカの陰謀』『格差社会の真実』(ともに宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

現場で居直っていた?小出恵介に迫られる巨額賠償と”条例違反”

デイリーニュースオンライン / 2017年06月09日11時50分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

謹慎解除が早すぎる?狩野英孝が復帰舞台に選ぶ有力バラエティ

デイリーニュースオンライン / 2017年06月03日07時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

騒動から1ヵ月…狩野英孝の“野生の勘”を美人脳科学者・中野信子が分析。浮気性の男に女が惹かれるのは?

週プレNEWS / 2017年02月20日06時00分

例えば相手が年齢をサバ読んでいると気づく場合、「22歳の女性というのは本当だろうか?」という疑問を「大学に通っている」「世代的にこういう音楽は聴いている」と相手との会話の文脈から判断していくところですから、そこは関連が深いかもしれません。 -“野生の勘”が働いた狩野さんの脳は、やはり女脳的ということではないんでしょうか? 中野 第六感が強いタイプとは思えま [全文を読む]

狩野英孝がテレビから消える?”淫行疑惑報道”の重すぎる代償

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日19時00分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

乙武洋匡、不倫相手は「50人近くいる」!? 過去には、金髪ギャルとのベッタリ写真流出も

サイゾーウーマン / 2016年03月24日09時00分

大学卒業後はスポーツライターとして活動し、また小学校教諭として教壇に立つ姿もメディアで伝えられていた。また、私生活では2002年に大学の後輩だった一般女性と結婚しており、現在は3人の子どもをもうけているが、その裏では不倫に勤しんでいたようだ。 「同誌では、乙武氏と女性が昨年のクリスマスから、カムフラージュのため男性を交えて3人で海外旅行をしていたことを詳報 [全文を読む]

今井絵里子選挙出馬にドッチラケ、狩野英孝と不倫・加藤紗里がモンスター?、清原ノリピー高部あい……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月06日13時00分

向こうは大学の客員教授とかもやってるようだけど。記者Y どんなにすばらしい考えをお持ちでも「イロメガネ」でしか見られないのも、しょうがないですね。デスクT ちなみに、自民党の谷垣禎一幹事長はSPEEDを知らなかったらしい。記者Y テキトー!記者Y 狩野英孝って、モテ男だったんですね。2股疑惑が浮上です。デスクT とても信じられん(笑)。モテるというか、女ク [全文を読む]

同窓会であの人たちが「なかよし」に!? キリン のどごし<生>新CMシリーズがスタート!

PR TIMES / 2015年11月09日15時21分

[画像2: http://prtimes.jp/i/3015/27/resize/d3015-27-488703-8.jpg ] 新CMシリーズでは、大学の同級生である彼らが30代後半になって同窓会で再会し、「のどごし」を中心に、学生時代の隔たりなくなかよくなっていくという様子を描いていきます。堺さん・矢作さん・照英さんは、見た目も中身も地味で日々3人でつ [全文を読む]

お騒がせ女優・濱松恵、ブログの炎上商法をマスコミが”総スルー”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年08月28日11時45分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

小出恵介に芸能界からも悪評続出?イケメン俳優ならではの転落劇

デイリーニュースオンライン / 2017年06月22日08時30分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

フジ『バイキング』にヤラセ疑惑?加藤紗里&濱松恵対談が物議に

デイリーニュースオンライン / 2017年04月11日11時45分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

ただの炎上タレントなのに?加藤紗里だけがテレビから消えないワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日10時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

迷惑千万?和田アキ子がノンスタ井上に連日の”激励電話”をかけたワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日11時45分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

和田アキ子に明石家さんま…大物芸能人に見えてきた”カリスマの綻び”

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日07時55分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】加藤紗里 “整形疑惑”を検証 胸を触られ「声が出そうになっちゃった」

TechinsightJapan / 2016年12月02日21時00分

やがて大学を中退して上京、芸能事務所に入りモデルやレースクイーンとしてバラエティ番組にも度々出ている。 プロフィールによると「身長167cm」で「スリーサイズ 100―56―80」というからキャンペーンガールやレースクイーンとして活躍したのもうなずけるプロポーションだ。それも関係してかメディア露出が増えると胸や顔の整形疑惑が囁かれるようになった。 12月3 [全文を読む]

乙武洋匡の5股不倫告白で『妻が謝罪』の波紋 不倫問題の最強対処法とは

messy / 2016年03月25日00時15分

2001年に大学の後輩女性と結婚し、8歳の長男、5歳の次男、1歳の長女の父である。 もっともネット上では、2014年頃から「乙武がタイのゴーゴーバーにいた」との目撃情報が流れ、肉食ぶりが囁かれていた。乙武氏のTwitter裏アカウントから流出したとされる、若い女性とベッド前での密着ツーショット写真は現在、拡散されまくっている。ちなみに流出先のアカウント名は [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】 PUFFYが「のどごし<生>」の仲間入り あの曲も熱唱

TechinsightJapan / 2016年03月02日16時58分

大学の同級生だった5人が同窓会で再会したのをきっかけに、交流を深めていくこのCM。今回は堺雅人・照英・おぎやはぎ矢作兼の“地味ーズ”と要潤・狩野英孝の“派手ーズ”に加え、“軽音ズ”としてPUFFYの2人が参加。ヒット曲『愛のしるし』を仲良く歌いCMを盛り上げた。 そのうちの堺とは実際に同い年で仲がいいそうで、大貫は「楽しかったこの撮影」と振り返っている。 [全文を読む]

大好評「なかよし、のどごし。」CMシリーズにPUFFYが登場! 温泉旅館で7人が「愛のしるし」をワイワイ熱唱!「温泉旅館でイエーイ!」篇 2016年3月1日(火)よりオンエア

PR TIMES / 2016年03月01日10時46分

大学の同窓生である彼らが温泉旅館に行くと、「軽音ズ」として大学時代に活躍していたPUFFYの2人にばったり遭遇。意気投合した彼らが、1998年に発売されたPUFFYの名曲「愛のしるし」(4月6日リリースのデビュー20周年ベストアルバムに収録)を「のどカラ デラックス」でワイワイ歌う、という内容です。[画像3: http://prtimes.jp/i/301 [全文を読む]

二股騒動の狩野英孝に「神主」の素養はあるのか?神社本庁に聞いてみた!

アサ芸プラス / 2016年02月12日09時59分

「一般的に、神主の資格は大学や講座などで授業を受けて、試験に受かって与えられます。その後も、神職はこうあるべきだという心構え、品性を陶冶(とうや=人間形成)することを心がけなければなりません」(神社本庁・広報) 資格さえ取れば済むことではなく、自分を磨き続けなければならないということだ。今の狩野に、神主としての素養があるとは、とても思えない。さらに、今回の [全文を読む]

8.6秒バズーカーは消えない!? 芸能関係者が一目置く特殊な才能とは?

tocana / 2015年05月05日09時00分

ビートたけしも、『北野演芸館』(TBS系/3月8日)にて「バカ大学の文化祭」と形容した。 さらに、明石家さんまの番組に呼ばれた時には、「さんまさん(MCのテンポが)早いじゃないですか。僕らもそれを聞いた上で、色々シミュレーションしていって、全然だめで、『うわー』ってなった」と田中シングルは『ナカイの窓』(日本テレビ系/29日)で振り返る。 しかし、はまやね [全文を読む]

フォーカス