坊ちゃん 二宮和也に関するニュース

ドラマ『坊っちゃん』嵐・二宮和也の好演ぶりがネット上で話題に 「安定のニノさん」

AOLニュース / 2016年01月04日12時00分

夏目漱石の同名作品を元にドラマ化されたこの作品、二宮は主人公である「坊ちゃん」を演じたが、同作の舞台が明治期ということもあって、その時代背景など、現代劇とは違った難しさのある作品ではあったが、そうした内容であるにもかかわらず、二宮は絶妙な「坊ちゃん」ぶりを披露。そのため、ネット上の視聴者からも「ニノさんの坊ちゃん良かったな」「こういう原作がしっかりとしてる [全文を読む]

嵐・二宮和也が「昭和」を伝えるのにぴったりな理由とは?

アサ芸プラス / 2015年08月10日17時59分

来年の夏目漱石没後100周年を記念して16年の新春、スペシャルドラマとして「坊ちゃん」(フジテレビ系)が放送される。主演に抜擢されたのは嵐の二宮和也だ。「二宮は98年元旦に『天城越え』(TBS系)、その年の8月には『二十六夜参り』(TBS系)と、当時14~15歳だったにもかかわらず、続けざまに明治時代と戦時中を舞台にしたドラマに出演し、その演技力の高さが話 [全文を読む]

嵐メンバー、俳優として“転換点”へ それぞれの役柄の変化を読む

リアルサウンド / 2016年03月11日06時00分

そのほか、昨年12月28日に放送された『赤めだか』(TBS)や今年1月3日に放送された『坊ちゃん』(フジテレビ)など、特に過去の時代を舞台にしたドラマで二宮の高い演技力が発揮されている。ドラマ評論家の成馬零一氏が指摘するように、30代前半の二宮がこれまで持ち味としていた“青年役”の演技を活かすために、こうした題材が選ばれているのではないだろうか。(参考:嵐 [全文を読む]

鶴瓶への「タメ口」でプチ炎上も嵐・二宮和也は“人たらしの天才”!?

アサ芸プラス / 2015年12月23日17時58分

現在公開中の映画「母と暮らせば」のほか、年末ドラマ「赤めだか」、年始ドラマ「坊ちゃん」、さらには2016春映画「暗殺教室~卒業編~」にも出演することが発表されている嵐・二宮和也。 アイドル業やバラエティ番組での活動に加え、最近では、俳優としての仕事も精力的に続けている印象の二宮だが、そのジャンルを問わないマルチな仕事ぶりには、二宮独自の“人たらし術”が影響 [全文を読む]

水木しげる追悼『ゲゲゲの女房』放送も向井理&松下奈緒が「兄妹にしか見えない」の声! 『坊ちゃん』マドンナ役では、嵐・二宮和也との身長差に懸念も

おたぽる / 2015年12月08日19時00分

その嵐の二宮和也が主演する来年1月3日放送のスペシャルドラマ『坊ちゃん』(フジテレビ系)では、“マドンナ”と呼ばれる町一番の美女役で出演することが決まっていますが、『原作でも背の高い設定にはなってるけど、よくジャニーズ側がオッケー出したな』『いくら背の高い設定でも、松下はでかすぎじゃないか?』など、ネット上ではミスキャストと指摘する声も上がっているようです [全文を読む]

二宮和也 ドラマ撮影現場で監督から「天才!」の声

WEB女性自身 / 2015年11月25日06時00分

ここで、夏目漱石の没後100周年の節目に放送される新春スペシャルドラマ『坊ちゃん』の撮影が行われていた。 12日間かけて作られたというオープンセットには、明治時代を再現した建物がずらりと並ぶ。そんななか、ミルクホール(飲食店)でカットの声がかかっても、小道具のかき氷をパクパク食べている二ノの姿。どうやら早朝からの撮影でおなかがすいていたよう(!?)。 次の [全文を読む]

嵐・二宮和也『坊っちゃん』主演抜擢に「ちょっと待って!」とファンからも疑問の声

日刊サイゾー / 2015年08月07日09時00分

人気アイドルグループ・嵐の二宮和也が、来年、没後100年という節目を迎える明治時代の文豪・夏目漱石の名作『坊っちゃん』のドラマ化に伴い、主役の坊ちゃん役に抜擢された。これに対して、 「イメージに合わない」 「制作陣は原作を読んだことあるの?」 「いくら演技がうまいニノでも、これはちょっと……」 「嵐人気で視聴率を取ろうとしているのがミエミエ」 などと、二宮 [全文を読む]

新春1月3日、嵐・二宮和也が曖昧にしてきた“あること”がバレる!?

アサ芸プラス / 2015年12月05日09時59分

来春1月3日放送の新春スペシャルドラマ「坊ちゃん」(フジテレビ系)で主演する嵐の二宮和也。マドンナ役を演じるのは松下奈緒だ。これによって、二宮がずっと曖昧にしてきた“あること”が白日の下に晒されるのでは、と話題になっている。「それは実身長です。二宮の身長は166センチとも168センチとも言われていますが、確かな数値はわからない。本人は00年のコンサートのM [全文を読む]

<青春に謝るTBS「ごめんね青春!」>宮藤官九郎が問いかける「青春」という恥ずかしい言葉の復権

メディアゴン / 2014年11月24日00時05分

文学史上に「マドンナ」が登場するのは、言うまでもなく夏目漱石の「坊ちゃん」だ。「マドンナ」という言葉がこの明治33年の小説に登場して以来、わが国ではあこがれの対象となる女性を指す言葉として100年以上も生き続けている。漱石先生ってやっぱりすごい。転じて、映画やドラマの世界では、主役の男優の恋の相手方を指すようになり(この用法は「フーテンの寅さん」あたりから [全文を読む]

フォーカス