家族 高畑淳子に関するニュース

カイ(EXO)日本ドラマ初出演WOWOW「連続ドラマW 春が来た」豪華キャスト陣が解禁!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年04月14日12時00分

このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた「春が来た」を現代リメイクしたもの。連続ドラマとして、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。この度、向田作品の柱となる家族ほか、豪華キャスト陣が情報解禁!!家族の前に現われる、温かな心を持った韓国人のカメラマン、イ・ [全文を読む]

カイ(EXO)日本ドラマ初主演「連続ドラマW 春が来た」お祭り撮影メイキングカットを公開!カイ(EXO)「女性ときたら惚れちゃいそう。」

THE FACT JAPAN / 2017年09月01日08時01分

このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた「春が来た」を現代リメイクしたもの。連続ドラマとして、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。また、WOWOW では「WOWOW Presents EXO Special Programs」と冠して2017 年1 月か [全文を読む]

カイ(EXO)「惚れちゃいそう」倉科カナ・古畑星夏らと夏祭り 日本ドラマ初主演のメイキングカット公開<春が来た>

モデルプレス / 2017年09月01日08時00分

アジアで絶大な人気を誇る「EXO」のカイが主演を務めることで話題を呼んでいる今作は、『鈴木先生』『俺物語!!』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を手掛けた河合勇人氏が監督を務め、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いたを向田邦子氏の傑作短編「春が来た」現代リメイク。オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒュー [全文を読む]

高畑淳子 3億円豪邸完成で再出発も長男に届く暴露本オファー

WEB女性自身 / 2017年02月09日06時00分

母親である彼女に仕事が来なければ、家族は困ってしまう。そんな母の姿に、謹慎7カ月めになる裕太も感じ始めているところがあるという。 「引っ越す前の家では、寝て、起きて、ネットをやって引きこもり続けるだけの彼の部屋は、出前ピザの箱などで汚れほうだい。顔もひげぼうぼうで、淳子さんからは『新しい家は汚さないでよ』と小言も言われていました。それが、引っ越しで環境が変 [全文を読む]

1位はあの人!2016年下半期「女性自身」アクセスランキング10

WEB女性自身 / 2016年12月26日17時00分

それだけ世間の注目が集中したといえそう! 【第5位】家族そろって車で外出も 北海道置き去り事件の家族はいまそんななか5位にランクインしたのは、波紋を呼んだ「北海道置き去り事件」の続報記事。北海道駒ヶ岳麓で発見されたYくん(当時7)は、すっかり元気を取り戻していた様子。そんな一家を、気丈にも母親が大黒柱として家族を支えているようだった。 【第4位】小池百合子 [全文を読む]

子離れできない高畑淳子にテリー伊藤が指摘「共倒れする」

しらべぇ / 2016年08月29日07時00分

そう考えると、母親だけでも、家族だけでも味方でいてあげたいと思うのはある意味自然の感情のようにも思えるが......子育てとは、なんとも難しい問題だ。・合わせて読みたい→弁護士に聞いた「強姦逮捕の高畑容疑者は実刑の可能性も」(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤) [全文を読む]

カイ(EXO)が主演ドラマ「春が来た」で日本の夏祭りを初体験!

ザテレビジョン / 2017年09月01日14時00分

原作は、“家族の再生”という普遍的なテーマが描かれた、脚本家・向田邦子の傑作短編「春が来た」。連続ドラマとしてオリジナルストーリーを加筆のうえ再構成し、現代のヒューマンドラマとしてよみがえる。 メガホンをとるのは河合勇人監督。連続ドラマ「鈴木先生」(2011年、テレビ東京系)をはじめ、近年では映画「俺物語!!」(2015年)で監督を務めている。 カイの他 [全文を読む]

カイ、日本の夏祭りは「女性と来たら惚れちゃいそう」「春が来た」メイキング写真

CinemaCafe.net / 2017年09月01日08時00分

家族の再生”という普遍的なテーマを描いた向田氏の遺作ともいうべき短編を、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせた。 先日解禁されたキービジュアルは、タイトルにちなんで「春」をイメージするものだったが、今回は「夏」の「七夕まつり」の撮影メイキングカットが公開。カイが演じるカメラマンのジウォンと、ヒロインの直子 [全文を読む]

『屋根裏の恋人』 衝撃展開続くがドロドロ感なく新感覚との評

NEWSポストセブン / 2017年07月05日07時00分

屋根裏の散歩者か!と思うが、樹は大胆にも家族の留守に台所に降りてきたり、玄関から堂々と出入りしたり、屋根裏でバイオリンを奏でたりする。不信感を持ちながらも衣香は彼に惹かれ、ついに屋根裏で不倫関係になってしまう…。 これだけでも十分、大変なのに衣香を取り巻く人間関係は、もっと大変。中でも強烈なのが、衣香の家の離れでベリーダンスの教室を開いている姑の千鶴子(高 [全文を読む]

高畑淳子、ドラマ出演決定!「家族は生きる原動力」

Smartザテレビジョン / 2017年04月14日12時00分

ジウォンはやがて、直子のすさんだ家族を少しずつ変えていき…というストーリーだ。 高畑は今回、倉科演じる直子の母親役で、家族の前では弱みを見せない須江を演じる。 「“家族”という、誰もが思い当たるテーマを持ったドラマです」と話す高畑。「時にはうっとうしくてうんざりしたり、時には自分の一番の支えになり、生きる原動力になる。その両面を持った家族の姿はとても愛おし [全文を読む]

高畑淳子、実家を売却し息子・裕太の違約金返済へ

NEWSポストセブン / 2016年12月23日07時00分

結局、頼れる人は家族しかいなかったんです」(前出・高畑を知る芸能関係者) 入院中から地方での舞台出演が続いた母に代わって、裕太の生活を見ていたのが姉のこと美だった。 「裕太さんはまだ憔悴状態で、ふらりと外に出て何かしでかしたら大変だと、お姉さんが24時間態勢で面倒を見ているといいます。“万が一、裕太がもう一度問題を起こせば家族みんなが完全に終わってしまう” [全文を読む]

示談成立の高畑裕太 今後について弁護士とTV・CM業界関係者に聞いた

しらべぇ / 2016年09月09日16時10分

示談金の額が公開されることはありませんが、高畑氏の家族が負担した可能性もあります。強姦行為は被害者の方に著しい心の傷、身体の傷を負わせる犯罪類型である以上、検察官も被害者の意思を重視して、起訴するか不起訴にするかを決めていきます。示談が成立し不起訴処分になったという報道から推察するに、今回の示談書の中には被害者が高畑氏に対して刑事上の処罰を望まないという文 [全文を読む]

高畑淳子さん「家族は事件のことを聞いてはいけない」そんな接見ルールあるの?

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月08日09時51分

だが、刑事弁護に取り組む弁護士らによる任意団体「刑事弁護フォーラム」のサイトに掲載された解説ページには、家族が接見するとき「事件について聞いてはいけない」とは書かれていない。また、係員の立会いに関する項目に「面会には、拘置所の係員が立ち合い、証拠隠滅の疑いがあるやりとりをしていないか等のチェックをします」とあるが、「ただし、不審な会話ややりとりをしていない [全文を読む]

<歴史ドラマではなく家族ドラマ?>大河ドラマ「真田丸」は「スター・ウォーズ」そっくりだ

メディアゴン / 2016年01月13日07時30分

「いろいろな星に行ったり、戦ったり、いろんな宇宙船が出てくるけれどスター・ウォーズはソープオペラ(ここでは家族のドラマという意味)なんだ」今年のNHK大河ドラマ「真田丸」も勝頼や、信長や、豊臣や、上杉が出てくるけれど、戦をしたりするけれど、真田家の家族のドラマになるのではないかということだ。筆者にとっては少し、残念なことだ。なぜなら筆者は歴史ドラマが好き [全文を読む]

優しいママ?時には厳しさも!?印象に残るドラマの魅力的なママさん達!

日本タレント名鑑 / 2015年10月11日09時55分

気取らずおごらずしっかり見守る!それが「大家族の母」やはり人々の理想の母といえば、「つかず離れず」そして「見守ってくれる」母でしょう。特に大家族の母。1991年から放送された『天までとどけ』。13人兄弟の母を演じたのは、ドラマ出演後に朝の情報バラエティの司会にも抜擢された岡江久美子さん。ばっちり良妻のイメージです。 岡江さん演じる定子は、叱るところはしっ [全文を読む]

「仮面夫婦」だった!?岡田圭右一家を襲った「別居騒動」の意外な真相!

アサ芸プラス / 2017年08月30日17時59分

「岡田は、まず今年に入って家族と別居したことを認めたうえで夫婦間のいろいろ積み重なったものがあり、子供の前であんまりケンカは見せたくない。ちょっと距離を置いて前向きに話し合っていきたい、という思いを明かしてくれました」(番組関係者) 娘の結実は、すっかりタレントとして人気も定着。11年に放送され大ヒットした「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などに出演していた [全文を読む]

EXO・カイ主演「春が来た」桜舞うビジュアル公開!2018年1月放送

CinemaCafe.net / 2017年07月21日08時00分

その日をきっかけにジウォンの存在は直子とその家族を少しずつ変えていくのだが…。 WOWOWのオリジナルドラマ史上、初の海外キャストが主演となる本作は、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた向田邦子の傑作短編「春が来た」の映像化。 向田氏の遺作ともいうべきこの短編を、連続ドラマとしてオリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとして [全文を読む]

カイ(EXO)日本初主演ドラマ、2018年1月より放送決定!

ザテレビジョン / 2017年07月21日08時00分

家族の再生”という普遍的なテーマが描かれ、連続ドラマとしてオリジナルストーリーを加筆・再構成し、現代のヒューマンドラマとしてよみがえる。 メガホンをとるのは河合勇人監督。連続ドラマ「鈴木先生」(2011年、テレビ東京系)をはじめ、近年では映画「俺物語!!」(2015年)で監督を務めている。 カイの他、倉科カナ、古畑星夏、健太郎、高田聖子、高畑淳子、佐野史 [全文を読む]

カイ(EXO)日本ドラマ初主演「連続ドラマW 春が来た」2018年1月に放送が決定!単独キービジュアルが解禁!

THE FACT JAPAN / 2017年07月21日08時00分

このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた「春が来た」を現代リメイクしたもの。連続ドラマとして、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。また、WOWOW では「WOWOW Presents EXO Special Programs」と冠して2017年1月から続 [全文を読む]

WOWOW「連続ドラマW 春が来た」クランクアップ情報が解禁!主演のカイ(EXO)からコメントも!

THE FACT JAPAN / 2017年05月12日18時13分

このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた「春が来た」を現代リメイクしたもの。連続ドラマとして、オリジナルストーリーを加筆、再構成し、大胆に現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。また、WOWOWでは「WOWOW Presents EXO Special Programs」と冠して2017年1月から続々 [全文を読む]

フォーカス