高畑親子 高畑淳子に関するニュース

暴力団組員の関与まで浮上?高畑親子が付け込まれる”脇の甘さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月16日12時05分

高畑親子は今回の一件で、芸能界でもっとも甘い親子というレッテルを貼られたようである。 さらに、裕太の過去の経歴から、再び同じ過ちを繰り返すのではないかとも危惧されているようだ。 「淳子さんの溺愛ぶりは業界では有名。甘やかせてはいけないとはわかっていてもやめられない。母親が変わらなければ、再び何かしらの問題を起こすことにも繋がるのではと心配の声が挙がっていま [全文を読む]

高畑淳子の逆ギレ・恫喝の裏に、“息子は被害者”のヤバすぎる本音! ニート裕太の近況も

tocana / 2017年03月07日09時00分

つまるところ、高畑親子は“我々はハニートラップの被害者”だと思っているのです。実際、強姦の被害申告をしたのが被害者本人ではなかったという点も含めて、メディアではさまざまな意見が飛び交っていますが、すべて憶測にすぎない話。もしも、高畑親子が自分たちを被害者だというのなら、しっかりと法廷で戦えばよかったのに、自らの保身のために示談を急いだ。結果、マスコミの総攻 [全文を読む]

親バカの高畑淳子をバッサリ!“関西の重鎮”の発言で窮地か

デイリーニュースオンライン / 2016年09月08日12時08分

高畑親子のイメージダウンに拍車をかけることが予想されます」(芸能記者) 高畑は、年内の女優活動は予定通り継続すると発表している。そんな高畑の女優活動を心配する声も多いものの、あの手この手でまだまだバッシングは続くことになりそうだ。 文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆 [全文を読む]

裕太容疑者“女は誰でも抱ける”と勘違い!? 松本人志が高畑親子を糾弾「もっと息子を怒らないと」

日刊サイゾー / 2016年08月29日17時00分

実際に7歳の娘を擁する松本の糾弾に、高畑親子は何を思うだろうか? [全文を読む]

高畑裕太が起こした"強姦致傷事件"の読み方|久田将義コラム

東京ブレイキングニュース / 2016年08月24日19時02分

被害者にとっては高畑親子の仲睦まじさや、高畑容疑者がいかに人気者なのかはどうでもよい。関係ない。純粋に高畑容疑者のやらかした事を「刑事事件」として取り上げるべきなのである。もしかしたら、という想像は良くないのかもしれないが、手の軽傷以外にも傷つけられたのかも知れない。また、過去にも同様の「事件として成立しない事件」を高畑容疑者は起こしているのかも知れない [全文を読む]

高畑淳子に”裕太の復帰画策”で親バカ批判?二世タレントの裏事情

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日12時20分

■相次ぐ二世タレントの不祥事…業界の悪循環 最近では、俳優・橋爪功(75)の息子、橋爪遼(30)が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことも記憶に新しいが、同じ二世タレントである高畑親子との共通点は多い。橋爪親子も、30歳を迎えながら、息子がいまだに同居していることがやり玉にあがり、「過保護だ」「自立が遅い」などと批判の声が上がっている。過保護が行き過ぎた結果 [全文を読む]

橋爪功の息子・遼が薬物逮捕で取りざたされた高畑裕太との「共通点」

アサ芸プラス / 2017年06月08日05時58分

芸能記者が高畑親子の親密ぶりを振り返る。「裕太の場合は逮捕時22歳と、遼と比較してかなり若く、罪状も違いますが、やはり、高畑が39歳と比較的年齢を重ねてからの子供で、2人は同居していました。逮捕前、昨年の母の日には、母とビールで乾杯する動画をアップするなど、仲の良さが伺えましたね。また、仕事の関係者からは淳子に対して、裕太を甘やかしすぎだという声が上がって [全文を読む]

高畑淳子&裕太の近況は?奇行や心労で揃って”長期療養”の可能性

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日11時40分

心身ともに不安定な状態が続く高畑親子が、それぞれ再スタートを切るにはまだまだ時間がかかることになるだろう。 文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

長男をブログで売り出し?辻希美に新たな”ステマ疑惑”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月27日12時09分

今後、ママタレの間では、高畑親子を見習って子供の売り込みが増えてくるのではないでしょうか。ママタレは子供が大きくなってしまうとネタ切れ状態になってしまうため、子供達に芸能活動を始めさせ、2世タレントとその親としてテレビに出演する機会を作ろうとしているのでしょう」(前出・芸能関係者) 親の七光りと言われることの多い2世タレントだが、近い未来、子供の七光りでテ [全文を読む]

低迷脱出?『バイキング』好調の理由は“業界視聴率”

NEWSポストセブン / 2016年09月18日07時00分

他局の番組でも高畑親子関連のニュースは長尺でオンエアされていたのだが、『バイキング』の場合は、高畑淳子と長年親交があるピーターや、息子・小園凌央が俳優の道を歩み始めたヒロミや、自身が二世である高橋真麻の意見などに説得力があり、ネットニュースやスポーツ紙のWEB版などが即とりあげた。 直近では、夫の不倫報道への対処が見事だった三田寛子に直接連絡をとったとい [全文を読む]

高畑淳子、裕太容疑者の「嘘」見抜けず劇団女優を破門していた!? 過保護過ぎた一面とは?

tocana / 2016年08月26日09時00分

さらに、高畑親子のことを昔から知る人物は、「裕太の問題行動を助長した責任の一端は、母の淳子さんにもあると思います」と、ため息をついた。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10754.html】 裕太は2011年、母の出演舞台『欲望という名の電車』を見たことをきっかけに役者を目指し始めたとのエピソードがある。 [全文を読む]

高畑淳子が「初体験の年齢」を衝撃のカミングアウト!息子・裕太はどう思う?

アサジョ / 2016年07月11日09時58分

ただ裕太は天然なので、まったく気にしない可能性もありそうです」(マスコミ関係者) 高畑親子の関係からしばらくは目が離せなくなりそうだ。 [全文を読む]

高畑淳子 御用記者にブチまけた「裕太の逮捕」大批判

アサ芸プラス / 2017年08月16日12時57分

最初はキャパ100人規模の小劇場での復帰となりそうですが、その兆候を察して今回の(高畑の)会見に至ったと聞いています」 高畑親子の逆襲が始まるのか。 [全文を読む]

NHKのお昼が“呪われた枠”になっている! 激ヤセの船越英一郎、高畑淳子、そして…!?

tocana / 2017年07月14日09時00分

不起訴処分になったとはいえ、高畑親子のイメージは急落。本当は高畑を降板させたかったのだが、本人は何もしていないので、無理強いもできない。そこで番組終了という形で、NHKの画面から消えることとなった」と制作会社関係者。 要は身内の人間が大きなスキャンダルを起こしてしまった時に、自然とNHKから“退場”してもらう方法が、番組終了というわけだ。 くしくも船越の離 [全文を読む]

高畑淳子が激やつれ…心労で周囲に弱音、裕太は強姦致傷事件で自宅に引きこもり

Business Journal / 2017年06月07日20時00分

本人次第でしょう」 高畑親子の苦悩は続く。 (文=編集部) [全文を読む]

高畑裕太の現在の姿に戦慄! まるで仙人のように、髪もヒゲも伸びっぱなしで…

tocana / 2017年01月11日09時00分

週刊誌にとって高畑親子の動向はホットトピックであり、年末年始に自宅周辺を張り込む社が相次いだが「母親の出入りは確認できても、裕太は1度も外に出ていない。廃人のような生活を送っているという情報もある」(週刊誌記者)という。 近隣住民の聞き込みからは「髪はボサボサ、ひげも伸びっぱなしで仙人のような裕太を見た」という目撃談も飛び出したそうだが…。 「事件を引きず [全文を読む]

高畑裕太、電撃示談の裏に不穏情報「途中からコワモテ男が入ってきた」

tocana / 2016年09月17日08時00分

事件により、高畑親子の社会的地位は失墜した。それは示談金以上に高すぎる代償となった。 ※画像は、Thinkstockより [全文を読む]

暴君・高畑淳子、劇団内で裕太容疑者が手を出した女性を追い出しか…団員は戦々恐々

Business Journal / 2016年09月07日07時00分

淳子さんは劇団青年座でキャリアを積み、2003年に西田敏行さんが退団したのを機に劇団トップの座に就いたのですが、実はそこでも高畑親子は問題を起こしていたのです」 “問題”とは、具体的にどのようなことか。 「裕太容疑者は母が仕切っている青年座にも頻繁に出入りしていて、すぐに劇団関係者の女性に手を出すようになったのです。しかし、誰も裕太容疑者を諌めることができ [全文を読む]

森星、“ちっぱいランナー”スタイルでファンを魅了! 高畑裕太の逮捕でファンは安堵?

おたぽる / 2016年09月05日09時00分

この親子変だもん」と、高畑親子と縁続きとなることを拒絶。ネット上では「お姉ちゃん、馬鹿そうに見えるけど、見る目あったんだな」という声が寄せられている。 [全文を読む]

フォーカス