高畑淳子 吉瀬美智子に関するニュース

「私は芝居がうまくない」女優・吉瀬美智子を成功に導いた信念と覚悟

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月29日06時30分

周りは蒼井優、高畑淳子、小日向文世ら演技派ぞろい。いま絶好調の堺雅人の主演作とあって、選ばれた役者だけが出演している印象があった。 知らないうちに? というより、驚くほど自然に“元モデル”から“女優”へと見事な転身を遂げた吉瀬美智子。本書には、女優を始めたきっかけや、これまで何を感じて何を実行してきたのか、その信念とも言える言葉が、まるで分かりやすい哲学書 [全文を読む]

堺雅人興奮!蒼井優、吉瀬美智子ら追加キャスト発表

Smartザテレビジョン / 2015年03月03日06時00分

ほか、内田有紀、高梨臨、高橋一生、真飛聖、中西美帆、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世らが出演。 堺は「今回のキャストの方々が本当に豪華過ぎて!すてきな共演者が一人でもいらっしゃると『この方がいるから楽しみ』と現場に行くのがうれしくなってしまうのですが、そんな皆さんが、今回勢ぞろいしていてすごいですよね!?役者 [全文を読む]

『あなたのことはそれほど』が『昼顔』ほど支持されない理由…「心より体」の不倫に疑問

Business Journal / 2017年05月23日20時00分

『昼顔』は、「思いもしない不倫の関係に陥ってしまい葛藤する」紗和(上戸彩)、「夫・裕一郎(斎藤工)に不倫されたが、絶対に別れたくない」乃里子(伊藤歩)、「不倫を楽しんでいたが、本当の恋に落ちてしまう」利佳子(吉瀬美智子)、「かつて夫に不倫され、嫌悪感が消えない」慶子(高畑淳子)など、さまざまなタイプの女性にフィーチャーして不倫をめぐる心の動きを描いていた。 [全文を読む]

なぜ「Dr.倫太郎」は「精神科ではなにが行われるのか?」という視聴者の興味が描かれなかったのか?

メディアゴン / 2015年06月23日07時00分

疾患としては最も重度に見える夢乃の母、るり子(高畑淳子)の、ギャンブル依存症はどうなるのか・・・。倫太郎を見守ると言いながら、倫太郎が好きなのが見え見えの水島医師(吉瀬美智子)の、持って行きどころは・・・。そして何より患者を好きになってしまい倫理違反を問われるはずの主人公、精神分析家倫太郎と、ヒロインの夢乃(蒼井優)の恋の行方は・・・。(倫理違反を犯して好 [全文を読む]

<ドラマ「Dr.倫太郎」が第3回目にして停滞?>物語が前に進まない連続ドラマは見るのが辛い

メディアゴン / 2015年05月03日12時25分

新橋芸者の夢乃(蒼井優)と母(高畑淳子)とのあいだになにやら確執があるが、それを知らずに、倫太郎は、次第に夢乃に惹かれて行く。同じ病院の女性外科医(吉瀬美智子)は、幼なじみだが、これには「そのままでは終わらないだろう」と言う伏線が張られる。倫太郎による官房長官の精神分析も続いている。これが話を転がすキーになるのかもしれない。ドラマは、こういった縦筋の話がど [全文を読む]

<堺雅人は日野倫太郎をどう演じるのか>「Dr.倫太郎」が描くのは日本に30人しかいない絶滅危惧種となった精神分析家

メディアゴン / 2015年04月17日09時37分

夢乃は若い男と遊ぶ母親(高畑淳子)に寄生されており、いつも金をせびられている。おそらく、アダルトチルドレン、母に束縛される娘と言った流行の病態が描かれるのだろう。本名が明良(あきら)と言うのも気になる。性同一性障害、あるいは、明確に区別できる複数の人格が同一人に存在し、それらの複数の人格が交代で本人の行動を支配する解離性人格障害が描かれるのかもしれない。夢 [全文を読む]

“病んでる系”ドラマ対決は、堺雅人『Dr.倫太郎』が圧勝、木村拓哉『アイムホーム』との一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2015年04月17日00時00分

キャストはほかに、吉瀬美智子、内田有紀、高橋一生、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世ら。初回は、酷い鬱症状に悩むOL役に、ハリセンボン・近藤春菜がゲスト出演した。 ネット上では、通常の医療ドラマとは一線を画するクセのある題材に対し、視聴者の好みは分かれている印象だが、キャスト陣の演技のうまさに唸る視聴者が続出。「 [全文を読む]

究極の選択!? 堺雅人『Dr.倫太郎』VS阿部サダヲ『心がポキッとね』水10対決が波乱の予感

日刊サイゾー / 2015年03月05日00時00分

堺、蒼井のほか、吉瀬美智子、内田有紀、高橋一生、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世らが出演。脚本は、『花子とアン』(NHK)や、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)などのヒットメーカーで知られる中園ミホが手がける。 「堺と中園のタッグともあり、豪華な役者陣が集まったという印象。また、放送中の『 [全文を読む]

「花子とアン」から約半年!高梨臨が中園作品に再び挑む

Smartザテレビジョン / 2015年03月03日06時00分

ほか、高橋一生、遠藤憲一、松重豊、長塚圭史、酒井若菜、余貴美子、高畑淳子、石橋蓮司、小日向文世が出演する。 [全文を読む]

朝ドラ『カーネーション』 大河でも使うカメラで時代感表現

NEWSポストセブン / 2012年02月21日07時00分

額縁に写真と絵がぴたりと収まり、まるで本当の姉妹のように心がひとつだと、スタッフ一同驚いたそうです」(テレビ誌記者) ※女性セブン2012年3月1日号 【関連ニュース】ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし実力派女優・野波麻帆が魅せた極上のセクシー写真大公開吉瀬美智子「最初で最後の秘蔵ショットinバリ島」独占公開船越英一郎 崖っぷちシーン [全文を読む]

フォーカス