ジャズ 美空ひばりに関するニュース

ジャズはどう楽しむ? 「正解が無いのが面白さ」と評論家

NEWSポストセブン / 2016年04月23日16時00分

難しいと敬遠されがちなジャズも、「歌」を中心に聴いてみれば、グッと身近に感じられるとジャズ評論家の後藤雅洋氏は語る。 「トランペットやサックスなどのインストゥルメンタルは抽象的で、音になれるまで時間がかかり、そこがハードルの高さになっているのでしょう。その点、歌は歌詞があるのでわかりやすいし、声には感情があるので親しみも湧きます。ジャズ入門としては、ヴォー [全文を読む]

伊藤君子、美空ひばりをジャズで歌う『Kimiko sings HIBARI』を発売

okmusic UP's / 2017年03月16日19時00分

日本ジャズ・ボーカルの至宝である伊藤君子が、生誕80 周年を迎える美空ひばりの名曲をジャズで歌うアルバムをリリースすることが発表された。 リリース日はひばりの誕生日である5月29 日(月)となる。 【その他の画像】伊藤君子今年レコードデビュー35 周年を迎えた伊藤君子は、これまで国内外の名だたるアーティストと共演を繰り広げ、世界最大のジャズフェスであるモン [全文を読む]

美空ひばり、高音質CD「UHQCD」を採用したベストアルバム2作品を同時リリース

okmusic UP's / 2017年05月12日11時00分

さらに、彼女の命日である6月24日には、アルバム『美空ひばりベスト 〜名曲をうたう』『美空ひばりベスト 〜ジャズをうたう』の2作品が、同じく「UHQCD」として発売されることも決定している。ぜひ合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。■アルバム『美空ひばりベスト 〜オリジナル・ヒットをうたう(上) 』2017年5月29日発売 COCP-39947/¥2 [全文を読む]

由紀さおり「夜明けのスキャット」再ヒットの理由

アサ芸プラス / 2012年10月19日10時59分

珠玉の昭和歌謡をジャズテイストにアレンジしたアルバム「1969」が欧米を中心にスマッシュヒット。由紀さおり(63)が再び脚光を浴びている。アルバム収録曲にして、彼女の代表曲といえば「夜明けのスキャット」。今の時代になぜこれがウケるのか。 * 「ジャズアレンジにしたことがヒット要因の一つになっていると思う。単なる『懐メロ』ではない大人の音楽として、名曲を再生 [全文を読む]

伊藤君子、美空ひばりの名曲を熱唱!デビュー35周年記念ライブ開催

okmusic UP's / 2017年05月29日18時00分

世界的ジャズ・シンガー伊藤君子が、5月27日(土)に東京・青山Body&Soulにて『≪Kimiko Sings HIBARI≫アルバム発売&デビュー35周年記念ライヴ』を開催した。【その他の画像】伊藤君子今公演は5月29日にリリースする、伊藤が敬愛する国民的歌手・美空ひばりに捧げるアルバム『Kimiko Sings HIBARI』のリリース記念のライヴだ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松田聖子“歌姫”の本領発揮 ニューアルバム『SEIKO JAZZ』で圧倒的存在感

TechinsightJapan / 2017年03月26日11時59分

収録曲『スマイル/Smile』のミュージックビデオだけでその完成度がうかがわれ、彼女が温めてきたジャズプロジェクトのスタートにふさわしいものとなった。 今でも音楽番組で80年代のヒット曲を特集すると取り上げられるのが松田聖子である。『赤いスイートピー』(1982年)や『あなたに逢いたくて~Missing You~』(1996年)、卒業シーズンには隠れた名曲 [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

ジャズを取り入れた現代音楽、最新の電子音楽の発表、音響解析によるオーケストラ音楽など…。天才にしか為し得ない音楽に誰もが憧れた。 三島由紀夫、安部公房、モーリス・ベジャールも、黛とのコラボレーションから名作を生み出した。美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

ジャズを取り入れた現代音楽、最新の電子音楽の発表、音響解析によるオーケストラ音楽など…。天才にしか為し得ない音楽に誰もが憧れた。三島由紀夫、安部公房、モーリス・ベジャールも黛とのコラボレーションから名作を生み出した。美空ひばりや石原裕次郎のために映画の主題歌も作り、アカデミー賞映画「天地創造」(1966)や市川崑監督の映画「東京オリンピック」の音楽を作曲し [全文を読む]

テリー伊藤対談、小林幸子「自由になって、すごく楽です」

アサ芸プラス / 2012年12月28日09時54分

テリー ジャズなんか歌ってもうまいでしょう。 小林 はい。ごめんなさい、「はい」だって(笑)。私も売れない頃はクラブとかキャバレーに出てましたし、赤ちょうちんがいっぱいあるお店だったら民謡を歌うし、ナイトクラブだったらジャズを歌うし、何でも歌うんです。演歌でスタートしたのは古賀政男先生にスカウトしていただいたからこそですけど。 テリー じゃあ、他の可能性 [全文を読む]

昭和天皇と美空ひばりの死を平成に絡めて書く朝日新聞の違和感

メディアゴン / 2017年08月30日08時00分

演歌ばかりを歌う人ではなく、ジャズも見事に歌う」と言う早生の大物歌手であった、という印象は持ったが、ひばりさんの死に「昭和が終わった、国民的歌手が亡くなった」とは思わなかった。26歳でひばりの死を知った近藤記者は、ひばりがどういう立ち位置の歌手か自分の判断を明らかにしないまま、54歳になった今、 「ひばり以後も国民的歌手は出ない」「なぜか。『国民』が死んだ [全文を読む]

松田聖子「高音出ない!」ジャズ転身にあった“声帯の異変”

WEB女性自身 / 2017年04月06日17時00分

「デビュー37年目になりますが、その中ですばらしいジャズに触れる機会もたくさんあって、いつか私も機会があったらジャズの歌を歌ってみたいなって思っていたんですけど、それが今回、このように実現したってことですよね」 3月30日に放送された『SONGS』(NHK)でそう語ったのは、松田聖子(55)。3月29日、自身初となるジャズアルバム『SEIKO JAZZ』を [全文を読む]

ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション22】

サライ.jp / 2017年02月21日17時00分

ジャズ・ヴォーカル・コレクション』第22号「ガーシュウィン・セレクション」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)文/後藤雅洋■スタンダードは「結果」ジョージ・ガーシュウィンはアメリカが誇る大作曲家です。彼は「スワニー」など、多くの人々に親しまれたポピュラー・ミュージックを作曲したばかりでなく、クラシックの管弦楽曲「パリのアメリカ人」や、クラシックと [全文を読む]

ジャズ界のビッグボス原信夫 卒寿記念!JAZZトーク&コンサート静岡・浜松で11月19日(土)開催

@Press / 2016年11月15日11時30分

公益財団法人浜松市文化振興財団(所在地:静岡県浜松市、代表理事:伊藤修二)は、ジャズ界のビッグボス原信夫の卒寿をお祝いするトーク&コンサート『ビッグボス原信夫 卒寿フェスティバル』を、2016年11月19日(土)、静岡県浜松市 アクトシティ浜松 大ホールにて開催いたします。▼イベントURLhttp://www.hcf.or.jp/life/guidance [全文を読む]

ペギー葉山、前田憲男、服部克久ら豪華出演陣らの熱いジャズ愛 10月7日・オーチャードホール コンサート“戦後、歌謡曲はジャズだった”開催会見

PR TIMES / 2016年09月17日10時29分

~戦後70年の今だからこそ、振り返ってみる“珠玉の曲”たち~10月7日(金)、東京・Bunkamura オーチャードホールにて、(一社)日本ジャズ協会21特別企画コンサート“戦後、歌謡曲はジャズだった”が開催されます。[公演詳細]http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1629641同コンサートで [全文を読む]

EXILE ATSUSHI、史上初6大ドームツアー開催&新バンド結成発表

okmusic UP's / 2016年05月29日15時30分

このライブツアーのテーマソングである「Beautiful Gorgeous Love」を始め「Precious Love」などの自身のヒット曲はもちろん、往年のジャズの名曲である「Smoke Gets In Your Eyes」や美空ひばりの名曲「愛燦燦」といったカバーも披露するなど、ポップスからジャズ、昭和歌謡まで全26曲を披露、音楽を追求し続けるATS [全文を読む]

EXILE ATSUSHI、新プロジェクト始動! ソロアーティスト史上初の6大ドームツアーが開幕

Entame Plex / 2016年05月29日10時34分

このライブツアーのテーマソングである「Beautiful Gorgeous Love」をはじめ、「Precious Love」など自身のヒット曲はもちろん、往年のジャズの名曲である「Smoke Gets In Your Eyes」や美空ひばりの名曲「愛燦燦」といったカバーも披露するなど、ポップスからジャズ、昭和歌謡まで全26曲を披露、音楽を追求し続けるAT [全文を読む]

日本橋三越本店 昭和のスターとアイドル展 ~テレビからヒット曲が生まれた時代~ 5月3日(火・祝)~5月9日(月)新館7階ギャラリー 午前10時30分~午後7時【午後7時30分閉場】

PR TIMES / 2016年04月27日19時27分

【新館7階ギャラリー 展示概要】 1.ジャズ・エイジの夜明けとともに始まった歌謡曲 2.叙情性が新鮮だった古賀政男メロディー 3.音楽隊出身の服部良一、真骨頂はジャズとリズム 4.焼け跡に花が咲いた三木鶏郎と冗談音楽 5.踊って歌えるブギが流行、少女スター美空ひばりの誕生 6.アイドル第1号は三人娘「ひばり・チエミ・いづみ」 7.日本に定着したシャンソン [全文を読む]

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも

okmusic UP's / 2016年04月04日20時30分

■『昭和のスターとアイドル展』期間:5月3日(火・祝)~5月9日(月)場所:日本橋三越本店主催:NPO法人ミュージックソムリエ協会■新館7Fギャラリー「昭和のスターとアイドル展」展示会場/ギャラリートーク予定■本館6階 三越劇場(1)「マイ・ラスト・ソング2016」~歌謡曲が街を照らした時代~5月6日(金)・9日(月)18:30/19:00出演:小泉今日子 [全文を読む]

USEN音楽放送 美空ひばり 特集OA開始

PR TIMES / 2014年06月30日15時58分

JAZZ&STANDARD ジャズやスタンダードソングの特集。幅広いレパートリーを持つ美空ひばりの「もう一つの魅力」を堪能いただけます。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ Vol.3」(10月4日豊洲)。 天地創造や映画音楽、大谷康子と岩見玲奈を迎えた協奏曲も上演。

DreamNews / 2017年09月15日12時00分

加賀まりこのスキャットとともに演奏された、スウィングジャズ音楽を弦楽による舞曲として演奏する。「執炎」(1964・日活:蔵原惟繕監督)は、浅丘ルリ子の主演で女の一途な思いを描いた。この映画より、いくつかのシーンの音楽を構成して約8分に及ぶ交響詩ふうに仕立てている。叙情あふれ、伸びやか。美しく、そして哀しみ滲む愛の歌。黛節とはこのことであろう。黛敏郎メモリア [全文を読む]

フォーカス