山口百恵 美空ひばりに関するニュース

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

永遠に色あせない…「日本の歌姫」ランキング

NewsCafe / 2014年01月05日12時00分

[男性/40代/会社員]【3位】山口百恵(8.2%)■まさに伝説から神話の方です。30代よりリアルタイムを知っているしね。[男性/40代/自営業]■8年で引退し30年たってこの人気と言うことで山口百恵さん。[男性/50代/その他]■新曲が出るたびに成長が感じられた。[男性/50代/会社員]【4位】安室奈美恵(7.9%)■10代20代30代で1位を取ってる稀 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】亀梨和也&松下奈緒『阿久悠物語』に続編期待する声 「SPドラマで終わるのが勿体ない」

TechinsightJapan / 2017年08月27日14時14分

今回は『スター誕生!』で最初にスターとなった森昌子が大きく取り上げられたが、山口百恵が挑戦した際に彼が「歌手には向かない」との趣旨で評したことがある。『スター誕生!』から森昌子、山口百恵、桜田淳子の“花の中三トリオ”が誕生したものの、山口だけ阿久悠の作品を歌っていない。 また、阿久悠が歌詞提供しなかった大物歌手が美空ひばりだった。美空ひばりがあまりに大き [全文を読む]

名プロデューサーが語る70年代のアイドル「原点は近所にいる知り合いの女のコ」

週プレNEWS / 2016年11月07日06時00分

今回は、山口百恵、ピンク・レディーなどに曲を提供した作曲家/プロデューサーの都倉俊一氏にアイドルの原点について聞いた。 * * * “アイドル”という言葉が使われだしたのは、1970年頃からでしょう。それ以前に人気のあった吉永小百合さんや美空ひばりさんなどは“スター”と呼ばれていましたから。 スターは映画でしか見られないなど、一般の人の手の届かない場所に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】カバー曲「カバーされた回数」ランキング&「このカバー曲がスゴイ」ナンバーは?

TechinsightJapan / 2017年05月26日16時51分

■カバーされた回数の多い曲 TOP8(カバーしたアーティストの一部)8位『なごり雪』かぐや姫(イルカ、五木ひろし、天地真理、河村隆一、ももいろクローバーZ等、全117組)7位『いい日旅立ち』山口百恵(秋川雅史、森光子、鬼束ちひろ、森昌子等、全123組)6位『卒業写真』ハイ・ファイ・セット(浜崎あゆみ、今井美樹、石田ひかり、コブクロ、松山千春等、全139組) [全文を読む]

PUSHIM、4年ぶりのカバーアルバムよりショートMV8本を制作

okmusic UP's / 2016年11月16日15時00分

■「バナナ・ボート(DAY-O)」MV(ショートver.)https://www.youtube.com/watch?v=3m00jYW_gxc■アルバム『THE ノスタルジックス』2016年11月16日 (水) 発売 TKCA-74430/¥3,000+税 <収録曲> 1. バナナ・ボート (DAY-O) / (浜村美智子 / 1957年) 作詞・作曲: [全文を読む]

「ああ~」に続く歌といえばランキングTOP5! 3位『あー夏休み』を抑えた2強は?

しらべぇ / 2015年08月25日17時00分

【4位:いい日旅立ち/山口百恵:10%】谷村新司さんが作詞作曲し、山口百恵さんが歌った1978年の名曲『いい日旅立ち』。CMソングとしても長らく親しまれ、日本人の国民的ソングのひとつといえるでしょう。「あぁ~日本のぉどこかに~」という歌詞は、誰もが口ずさめるはずです。【3位:あー夏休み/TUBE:12%】夏の“ああソング”といえば、これですね。1990年に [全文を読む]

吉永小百合、松田聖子、AKB48‥‥戦後70年「日本のアイドル」を振り返る!

アサ芸プラス / 2015年08月06日09時58分

アイドル第1号と呼ばれた南沙織、天地真理、小柳ルミ子の「新・三人娘」、森昌子、桜田淳子、山口百恵の「中3トリオ」らが続々とデビュー。70年代半ばにはキャンディーズ、ピンク・レディーが登場し、数多くのアイドルが火花を散らした。 山口百恵がマイクを置いた80年、彗星のごとく現れ、ファンの喪失感を拭い去った松田聖子が栄華を誇った80年代。歌手はアーティストとなり [全文を読む]

ものまねタレントが選ぶ「うまく歌えたらすごい名曲」ベスト10

NEWSポストセブン / 2015年03月16日07時00分

美空ひばり、山口百恵など多数のレパートリーを持つものまねタレントの斉藤ルミ子さん(53才)に、女性が歌ったら上手に聞こえる「カラオケでうまく歌えたらすごい名曲」を選んでもらった。斉藤さんは1983年、原宿で松田聖子のものまねをしていたところをスカウトされた。 「ものまねをやっているので、歌手と同じ高さのキーやリズムなどすべてを模倣して歌います。一見ポップで [全文を読む]

百恵と淳子、このままでは“美空ひばり”になってしまう

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

「毎日、スタジオに入って、ギリギリのところで勝負を続けた音楽漬けの毎日だったけど、陽水や百恵との作業は本当に楽しかった」 酒井もまた、デビューから引退まで見届けた「山口百恵劇場」には、完全に燃焼し尽くしたという思いがある。 そして淳子の初期を完成させた谷田は、こんなエールを送った。 「4年ほど前、明治記念館の『桜を見る会』で久しぶりに淳子ちゃんと会ったん [全文を読む]

“淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」

アサ芸プラス / 2013年01月11日10時00分

森昌子、石川さゆり、そして山口百恵(53)の「ホリプロ三人娘」と名づけられた合同イベントに、ふらりと寄ってみたのだ。 川瀬は陽水のほかにモップス、後に浜田省吾を担当するなど「フォーク&ロック畑」にいたが、まだデビュー間もない山口百恵の曲に心を奪われた。 〈あなたが望むなら、私、何をされてもいいわ〉 大胆な内容ではあるが、メロディと詞がピタリと一致した気持ち [全文を読む]

百恵と淳子、萩本欽一が「誕生!」の瞬間を初激白

アサ芸プラス / 2013年01月07日10時00分

73年にデビューした桜田淳子と山口百恵─この2人こそ、後のアイドルブームの起爆剤となった。芸能界が真に輝いていた70年代、言い換えれば「百恵・淳子の時代」をここに検証する。 「大将、この100人の中に“スター”がいますよ!」 72年7月19日のことである。前年に始まった日本テレビの「スター誕生!」は、ようやく森昌子がデビューを飾ったが、さらなる新人の発掘が [全文を読む]

時代を彩ったスターを大パネルで堪能 『篠山紀信展 写真力』

太田出版ケトルニュース / 2016年12月27日10時36分

ジョン・レノン、三島由紀夫、美空ひばり、吉永小百合、長嶋茂雄、北野武、山口百恵、宮沢りえほか、時代を彩った人物のポートレート、ヌードと自然、伝統文化など、多岐にわたる作品が展示される。 『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN』は、2017年1月4日(水)~2月28日(火)まで、横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1 みなとみら [全文を読む]

「篠山紀信展 写真力」が横浜美術館で開幕、ゆずや草笛光子など新出展作を含む約120点を公開

FASHION HEADLINE / 2016年12月03日12時00分

「STAR」のセクションでは、山口百恵、吉永小百合、AKB48、松田聖子、小林旭、南沙織、舟木一夫、長崎茂雄、ピンク・レディー、北野武などの著名人を写した作品が展示される。 また、「SPECTACLE」では複数の写真を横につなげる篠山独自のパノラマ写真「シノラマ」を公開。東京ディスニーランドや、後藤久美子が遊ぶメルヘンの舞台軽井沢、歌舞伎、草間彌生などのイ [全文を読む]

爆笑問題、日本の名曲に隠された“仏教の心”に興奮!

Smartザテレビジョン / 2016年08月15日10時00分

坂本九、南こうせつ、森山良子、中島みゆき、ゴダイゴ、美空ひばり、植木等、キャンディーズ、SMAP、山口百恵、吉田拓郎など、日本の歌謡史を鮮やかに彩ってきたスターの大ヒット曲が続々と登場。宗派を超えたお坊さんたちの解釈と共に、各アーティストの懐かしい歌唱VTRを一挙放送していく。 そして…今回は大人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)で、約20 [全文を読む]

宇多田ヒカル、衝撃のデビュー作『First Love』。 日本の音楽シーンの新世紀はここから始まった!

okmusic UP's / 2016年07月20日18時00分

【その他の画像】宇多田ヒカル■邦楽史上最高セールスという金字塔宇多田ヒカルは、美空ひばり、山口百恵らと並んで日本の芸能史にその名を残す女性シンガーである。何しろ、99年に発表した1stアルバム『First Love』が765万枚以上のセールスを記録して日本歴代1位なのである(870万枚以上との説もある)。音楽ソフトと有料音楽配信の売上は07年をピークに下落 [全文を読む]

グラビアを席巻する“リアル峰不二子”染谷有香が匂わせる官能美。ファン騒然のあの話の真相は…

週プレNEWS / 2016年02月02日16時00分

音楽も美空ひばりさんとか山口百恵さんとか大好きだし。 ―流行りのSEKAI NO OWARIやmiwaちゃんではないと。 染谷 違いますね。一番好きな曲は『人生一路』ですし。 ―生まれてくる時代を間違えたかも(笑)。ちなみに休日は何をやってるの? 染谷 ジムに行きますけど、基本インドアで。TVやネットの動画サイトを見てることが多いです。あ、でも最近はなるべ [全文を読む]

志村けんがたけし特番でドリフ秘話&ギャラ明かす!

Smartザテレビジョン / 2015年12月13日08時00分

「日本を世界に認めさせた10人」「子ども達に夢を与えた6人」「記録よりも記憶に残った6人」などのテーマに分け、美空ひばり、黒澤明、山口百恵、田中角栄、手塚治虫から浅田真央、錦織圭までの活躍を秘蔵映像や秘話、独自取材でつづる。 その中で「日本を笑顔にした8人」に選ばれたザ・ドリフターズの志村けんがスペシャルゲストとしてスタジオに登場。 ザ・ドリフターズは、 [全文を読む]

歌番組に登場した 往年の人気シンガーソングライター・イルカ(64) があまりに変らなすぎると話題に

AOLニュース / 2015年09月29日12時00分

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sd [全文を読む]

熱唱はNG? 忘年会の“付き合いカラオケ”正しいお作法

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月11日11時30分

●45歳過ぎの上司(1981~85年の主なヒット曲) 『Romanticが止まらない』(C-C-B)/『十戒』(中森明菜)など ●50歳過ぎの上司(1976~80年の主なヒット曲) 『失恋レストラン』(清水健太郎)/『イミテイション・ゴールド』(山口百恵)など 歌うときはみんながノリノリになれる曲を選んで、聞く側に回った時は手拍子などでサポートしていると [全文を読む]

フォーカス