朝ドラ 満島ひかりに関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

大事なのは、自分たちが面白いと思うものを作ることです」■朝ドラの変革実は、そんな2011年のパラダイムシフトをいち早く予見し、先に手を打って乗り切ったのが、NHKの朝ドラである。21世紀の朝ドラは長期低落傾向にあった。時々、『ちゅらさん』(2001年)や『てるてる家族』(2003年)、『ちりとてちん』(2007年)といったスマッシュヒットは出るが、下落が止 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

まず、ベッキーを襲った文春砲に始まり、朝ドラ『あさが来た』(NHK)の21世紀の同枠最高視聴率の更新、『報道ステーション』(テレビ朝日系)と『笑点』(日本テレビ系)の主役交代劇に、10月からは「日曜ゴールデン戦争」が勃発。暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春砲に見舞われた『輝く!日本レコード大賞』(TBS系 [全文を読む]

『あさが来た』ののぶちゃんに始まり“レディ・ダ・ヴィンチ”まで 今年最も飛躍した女優・吉岡里帆の魅力

日本タレント名鑑 / 2016年12月21日11時00分

この役が朝ドラのスタッフの目に留まり、『あさが来た』出演につながったといいます。 朝ドラでは、分厚い眼鏡をかけた、生真面目なキャラクターで、「吉岡里帆」の素はほぼ見えず、完全に役柄になり切っていましたが、強い印象を残す役柄で、女優として注目されるきっかけになりました。 朝ドラ後連続ドラマ出演が続々 CM出演でお茶の間レベルで知名度アップ『あさが来た』で注目 [全文を読む]

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

日本タレント名鑑 / 2016年08月30日12時05分

村川絵梨は朝ドラ時まで4人組グループのメンバーとして活躍 NHK連続テレビ小説『風のハルカ』(2006年)のヒロイン役でブレイクした村川絵梨さん。あれから10年、映画『花芯』では大胆な演技を披露し、大人の女優への変貌を見せた彼女は10代の頃、「BOY STYLE」という4人組グループで活動していました。村川さんはメンバーの中でも特にダンスの実力で定評があ [全文を読む]

朝ドラヒロインがその後躍進するために「卒業」すべきこと

NEWSポストセブン / 2017年07月15日16時00分

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』の視聴率が連日20%前後と好調だ。また、近年朝ドラ出演女優がその後別のドラマに抜擢されたり、映画に出演するなど、活躍の場が広がっている。全国放送のNHKかつ高視聴率であるため知名度は高まるし、長期にわたるロケのため、演技力も磨かれていくという側面もあるのだろう。 テレビに造詣が深く、週刊新潮で「TVふうーん録」の連 [全文を読む]

満島ひかりがブチギレた「瑛太の弟」永山絢斗の大失態とは

アサジョ / 2017年07月04日10時15分

「同誌によると、永山が朝ドラ『べっぴんさん』(NHK)の撮影で大阪で暮らし始めてから、満島とのすれ違いが多くなったとのこと。それでも二人は東京と大阪を行き来してなんとか時間を作っていたようですが、ある日のデートで永山が大遅刻してしまい、満島は『もう待つ女は嫌!』と大激怒。二人の溝が深まってしまったようです」(前出・芸能記者) 世間からは美男美女カップルとし [全文を読む]

これがニッポンの「隠れた大きな胸を持つ美女」(1)<女優・タレント編>女王は大ブレイク中の吉岡里帆

アサ芸プラス / 2017年06月05日09時57分

実は昨年の朝ドラ『あさが来た』で脚光を浴びる以前には、グラビアで鮮烈なビキニを披露し、一部ファンの間で胸にスポットライトを浴びていた」 すでにグラビアの仕事を封印した隠れ巨乳の女王だが、日清「どん兵衛」のCMでは星野源を相手に「触って」と推定Eカップですり寄るセクシー艶技を披露している。 芸能評論家の織田祐二氏もハッスル気味に語る。「ダンスシーンでは一瞬で [全文を読む]

吉岡里帆 人気急上昇!「ポスト綾瀬はるか」と噂される魅力とは?

アサ芸プラス / 2017年05月07日17時57分

昨年3月まで放送されたNHK朝ドラ「あさが来た」の丸メガネ「のぶちゃん」役から、短期間で大出世を遂げているのだ。 芸能デスクが続ける。「次のドラマでは、主演の長瀬智也を献身的に支える清純な恋人という正反対の役柄を演じるようです。他にも、CMでは昨年5月にリクルート『ゼクシー』の9代目CMガールに抜擢されて以降、これまで契約8社とオファーが絶えない。3月に放 [全文を読む]

吉岡里帆「新CM女王」の意外な“雑草魂”

日刊大衆 / 2017年04月18日07時05分

「彼女の出世作となったのが、NHK朝ドラ『あさが来た』。脇役でしたが、登場するなり“あのメガネっ娘は誰だ”と話題になりました」(テレビ誌記者) 昨年春の同ドラマ終了後は丸1年、途切れることなく連続ドラマに出演。特に、この3月に終了した『カルテット』(TBS系)では、「主演の松たか子や満島ひかりら、錚々たる女優陣を向こうに回し“顔はかわいいが、罪悪感が欠如し [全文を読む]

高畑充希が坂口健太郎のマンションに通う姿をキャッチ

NEWSポストセブン / 2016年11月30日16時00分

波瑠は朝ドラ『あさが来た』でヒロインを務め、高畑にとっては“朝ドラ女優の先輩”にあたる。 「一方高畑さんは今年6月公開の映画『植物図鑑』で共演した三代目J Soul Brothersの岩田剛典(27才)との親密ぶりが話題になっていました。3月の岩田さんの誕生日には、ふたりで食事していたと聞きましたから…」(映画関係者) しかしその間もふたりの恋は加速してい [全文を読む]

妻夫木聡が初の父親役!娘は朝ドラ子役

Smartザテレビジョン / 2016年06月17日13時00分

NHK総合では、妻夫木聡主演の夏休みドラマ「キッドナップ・ツアー」が8月2日(火)夜7時30分から放送されることが決定。妻夫木は本作で初の父親役に挑む。 原作は「八日目の蝉」などで知られる角田光代の同名小説。夏休みを迎えた小学5年生のハル(豊嶋花)の前に現れたのは、2カ月前に家からいなくなった父・タカシ(妻夫木聡)。ハルを“ユウカイ”して好きなところに連れ [全文を読む]

満島ひかり「再現ドラマにしたくない」と口説かれ徹子役受諾

NEWSポストセブン / 2016年05月28日07時00分

渥美清さんも、寅さんのイメージしかなかったけど駆け出しの頃をリアルに見るようで不思議な気持ちです」(47才・主婦) ナレーションを小泉今日子(50才)が務め、音楽や演出などスタッフも朝ドラ『あまちゃん』の布陣が固める同ドラマは“テレビ史”“昭和史”としてドキュメンタリー性も高いといわれる。 「現存する当時の映像もふんだんに使われているうえ、再現も号泣ものの [全文を読む]

ヒロインの同僚役は重荷か!?川栄李奈の朝ドラ出演に強まる懸念

アサ芸プラス / 2015年11月09日12時59分

しかも朝ドラでは歌うシーンもダンスシーンもなく、川栄が自分の得意分野を披露するチャンスもない。ただ篠原涼子や満島ひかりのように、アイドル出身の女優もいなくはないが、川栄の場合はどうだろうか。「篠原にしても満島にしても、女優として評価されるようになったのはアイドルを卒業して何年も経ってから。2人とも女優として下積みの時代を経験しています。だから川栄も一回、女 [全文を読む]

「あさが来た」で注目 天才子役・鈴木梨央を作った6人の女性

NEWSポストセブン / 2015年10月05日11時00分

9月28日にスタートした、NHK連続テレビ小説『あさが来た』は、起業家・広岡浅子をモデルにした、朝ドラ初の「幕末物」として話題になっているが、注目すべきはその時代設定だけではない。役者も見どころで、波瑠(24才)が演じる主人公・今井あさの少女時代役に抜擢された鈴木梨央(10才)はその一人。「あれっ、あの子どこかで見たような…」と思った人も多いはず。これまで [全文を読む]

“業界モテ”する女優・満島ひかり、圧倒的演技力に見合わない低いギャラ!?

メンズサイゾー / 2013年11月20日10時00分

「杏は現在NHKの朝ドラヒロインを務めていますから、期待度が高まるのはある意味既定路線です。それより、満島ひかりの評価が急上昇している点が注目ですね。満島は7月クールのドラマ『Woman』(日本テレビ系)で民放の連続ドラマ初主演を飾り、不幸に立ち向かうシングルマザー役を演じきりました。放送作家のそーたに氏が『ドラマであんなに演技がうまい必要があるんだろうか [全文を読む]

菅野美穂、『ひよっこ』“女優”から“囚人”へ 『監獄のお姫さま』オフショット公開

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年09月13日07時30分

また菅野は、現在放送中の朝ドラ『ひよっこ』に女優・川本世津子役で出演していることから、「ひよっこからの新ドラマ!お疲れ様です」とのコメントもあがっている。 女優陣の豪華共演と、伊勢谷が民放の連ドラ初出演を果たすことで話題を呼んでいる本作には、観察力に優れた優秀な検事・長谷川信彦役で塚本高史、女子刑務所所長・護摩はじめ役で池田成志、小泉が演じるカヨや坂井が [全文を読む]

亀梨、山本耕史も 増加する“昭和ドラマ”人気のワケ

NEWSポストセブン / 2017年09月06日07時00分

さすが、朝ドラ『ゲゲゲの女房』で水木しげるの妻を演じ、『天才バカボン』でサンダルに白エプロンのバカボンのママを演じたキャリアの持ち主である。松下奈緒は今秋スタートのテレビ朝日帯ドラマ『トットちゃん!』で、黒柳徹子の母役で出演。またも昭和の妻役!そして、その夫が山本耕史!キャストを聞いただけで「昭和」な気がしてきた。 各局が秘蔵する昭和映像を活用すれば、時 [全文を読む]

「ひよっこ」でオデコ全開のシシド・カフカが満島ひかり似と評判!

アサジョ / 2017年07月10日07時15分

NHKの朝ドラ「ひよっこ」でも、相手構わずズバズバものをいう早苗役を務めているが、このドラマで“おでこ全開“を披露して以来、イメージが変わりつつあるという。「シシドのドSキャラに欠かせなかったのが、ぶ厚く揃った前髪。ところが前髪を上げた途端、雰囲気がとても柔らかくなり『かわいい~!』『満島ひかり似…!?』といった声が上がっています。実は、シシドのおでこ見せ [全文を読む]

火22時、高橋一生の人気で『逃げ恥ロス』克服か

NEWSポストセブン / 2017年02月04日07時00分

ちょうど朝ドラ『カーネーション』が終わった直後のこと。でも高橋さんは一切恨み節を言わず、彼女が女優として大事な時期だから同棲を解消した、と説明。男らしかったですね。その後、田中麗奈さん(36才)との交際もありましたが彼女も別の男性と結婚しました」(芸能記者) 哀しい恋の物語を超えて、さらに魅力を纏った高橋。しばらく恋愛は封印してほしいです。 ※女性セブン2 [全文を読む]

2017年テレビ界を専門家が予想!

Smartザテレビジョン / 2016年12月31日00時00分

好調が続く朝ドラ出身女優の抜てきも既定路線。土屋太鳳、波瑠、高畑充希、芳根京子ら主演に加え、吉岡里帆、相楽樹、土村芳ら助演もセカンドヒロインとして活躍しそう。大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の柴咲コウが存在感を示せば女優有利のムードは最高潮へ。「魅力的なヒロインをイケメンたちがサポートする」という図式が増えるだろう。一方、男優は視聴者の目が [全文を読む]

フォーカス