子ども 満島ひかりに関するニュース

セカオワに突きつけた主題歌の役割 『メアリと魔女の花』は制作者の本気が試された作品【後編】

Woman.excite / 2017年07月12日16時01分

ゼベディには、子どもがつい心を許してしまう魅力があるらしいのです。遠藤さんの声は、厳しさと渋さの裏に、よく聞くと可愛げというのがある。それは遠藤さんが人生を経て獲得した人間的魅力だと思いますし、ゼベディの声色そのものに、こどもを引きつける魅力が欲しかった。マダム・マンブルチューク役の天海祐希さんもそうでした。魔法大学の学校長としての品格や優雅さ、厳しく冷徹 [全文を読む]

ジブリ退社の米林監督『メアリと魔女の花』は『魔女の宅急便』とは明らかな違いがある【後編】

Woman.excite / 2017年07月14日01時00分

子どもに「こうしなさい」とつい言ってしまうパパ・ママたちへのメッセージも最後に、『メアリと魔女の花』をお子さんと観るママたちにもメッセージをいただきました。「この作品では、“変身”が1つのモチーフになっています。壮大な変身実験の物語だけではなく、メアリやピーターも自分を変えたい、変身したいと思っているので。マダムやドクターたちは他者を変身させようとします [全文を読む]

ママが泣ける絵本ランキング vol.1

Woman.excite / 2015年10月16日06時15分

絵本は子どものためのものとして考えている人も多いですが、実は大人になっても、涙してしまうほどの力を持っています。今回は絵本ナビ協力のもと、編集部から「ママが泣ける絵本ランキング」をご紹介します。1位 ちょっとだけ作:瀧村有子/絵:鈴木 永子/出版社:福音館書店「ちょっとだけ」(絵本ナビ紹介ページ)兄妹が生まれると、これまで100%愛情を注がれていたお兄ちゃ [全文を読む]

満島ひかり、子どもから「そんな男はやめなさい」と注意を受けた!?

CinemaCafe.net / 2017年06月27日20時45分

奄美大島で撮影し、現地の人や子どもたちとも交流したという満島さんは、「『好きな人のためにトエ先生は死ぬんですか?』と子どもたちに聞かれたので『そういう話だね』と言ったら、『ダメだよ、そんな男はやめなさい』って言われていました(笑)。永山くんのことじゃないですよ(笑)」と、相手役の永山さんについて触れ、登壇陣もにこやかに微笑んでいた。 島尾敏雄と島尾の妻ミホ [全文を読む]

満を持して高橋一生回!夫婦とは、結婚とは、離婚とは…「男って他人の言うことは信じるのに、妻の言うことは信じない」/『カルテット』第四話レビュー

messy / 2017年02月08日23時00分

半田には沈黙を貫きましたが、愉高、実は茶馬子&西園寺&子どもの居場所はある程度わかっていました。離婚時、愉高は息子にこっそりヴァイオリンを持たせたのですが、茶馬子は送り返してきて、その際の宅配伝票が愉高の手元にあります。茶馬子は自分の正しい住所を書くほどバカではないが、偽装して遠くのコンビニに出すほどマメでもないそうで、集荷したコンビ二「スターマート 横 [全文を読む]

広末涼子主演ドラマで「しでかした」!? 最終回6.9%の大惨敗

メンズサイゾー / 2013年09月13日22時00分

「今回のドラマで広末さんは3人の息子を育てるシングルマザーを演じていますが、実生活で子どもがいるにもかかわらず、ネット上などでは『そうは(子どもがいるようには)見えない』と言われました。広末さんの持つ“女優然”とした雰囲気を視聴者が敏感に感じ取ったのかもしれません。それに、『Woman』(日本テレビ系)で同じく母親を演じた満島ひかり(27)さんが、『演技 [全文を読む]

『Woman』好調の満島ひかりに“すれ違い離婚”のウワサも、関係者は「周防監督夫妻のように……」

日刊サイゾー / 2013年08月01日11時00分

子どもができるまでは、お互い仕事に没頭しようというスタンスなのでは?」(映画関係者) となると、2人が今のペースで仕事を続けられるのは、子どもができるまでか。 「まあ、満島さんはお子さんができても仕事が減ることはないでしょう。石井さんも、自分で脚本から書ける人だから、満島さんを主演に書けばいいんですよ。ほら、周防正行監督と草刈民代さんや伊丹十三監督と宮本信 [全文を読む]

「重すぎる」「つらくて見てられない」満島ひかり主演ドラマ『Woman』に視聴者ドン引き

日刊サイゾー / 2013年07月06日12時00分

夫(小栗旬)を事故でなくした主人公(満島)が、2人の幼い子どものため、貧しいながらも生き抜く物語。現代社会が抱える非婚化や、若年貧困問題などを背景に、シングルマザーに突きつけられる現実や、親子愛を描いていくという。 初回では、主人公と亡き夫との出会いから、シングルマザーとなり貧困と疲弊の連鎖でボロボロになっていく主人公の姿が、足早に描かれた。 役所に助け [全文を読む]

満島真之介に平愛梨も「珍妙な家族ルール」とは!?

日刊大衆 / 2017年08月24日06時35分

最後に、五人の子どもを持つ俳優の哀川翔(56)。「後の人が困ることをしない」「マナーを守る」という考え方を子どもたちに徹底的に教えているという哀川。そして、マナーを守らなかった場合は真剣に叱るため、子どもからは「世の中で一番怖い大人」と思われているとのこと。 芸能人たちのちょっと変わった家族内ルールの数々。しかし、どのルールも家族に対する愛情がかいま見え [全文を読む]

白泉社「MOE」×トーハン「ミリオンぶっく」連動企画「大人からの絵本フェア」

DreamNews / 2017年07月24日16時00分

子どもだけじゃなく大人にも絵本を楽しんでもらいたい!」をテーマに、今回のフェアでは満島ひかりさんのオススメ絵本を中心に、ロングセラーから今売れている絵本、大人がしびれる絵本をラインナップ。参加書店にはフェアパネルと共に対象の8作品を展開します。フェアパネルのメインビジュアルには満島さんご本人を起用。商品ごとにテーマを設けたPOPなど、店頭用拡材を作製し、 [全文を読む]

人生をやり直したのは「普通」に生きたかったから、もうやり直したくないのは今が幸せだから/『カルテット』第九話レビュー

messy / 2017年03月15日22時00分

真紀からは結婚の際、「子どもの頃に父親は病気で、母親は事故で死んでいる」と聞いていたようです。 回想、というか鏡子が警察から聞いたことを元に幹生に語った内容が、幼き日の真紀(山本彰子)母子の風景として映し出されます。右手にヴァイオリンケース、左手に楽譜を抱えた10歳の真紀(彰子)は、母・みずえと連れ立って富山の田舎道を歩いていました。長い髪をお嬢様結びして [全文を読む]

『カルテット』 独特な世界観生み出す土井裕泰さんの演出術

NEWSポストセブン / 2017年03月04日07時00分

ここまで『カルテット』では、同じ演出の金子文紀さん、坪井敏雄さんとともに、2話で「気が合う男女でも恋に落ちるとは限らない」司(松田龍平)と同僚・結衣(菊池亜希子)の友人関係、3話で「年月を経ても修復できない」すずめ(満島ひかり)と欧太郎(高橋源一郎)の親子関係、4話で「子どもがいるのにやり直せない」諭高(高橋一生)と茶馬子(高橋メアリージュン)の元夫婦関係 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松井玲奈が『カルテット』の“すずめちゃん”ヘア 満島ひかりとコラボに期待

TechinsightJapan / 2017年02月07日11時30分

ドラマ『カルテット』の第3話では世吹すずめが子ども時代に体験した過去が明かされた。彼女は主人公・巻真紀(松たか子)の義理の母・巻鏡子(もたいまさこ)から「真紀と友人になりすまして内偵する」ように依頼されるワケありなキャラクターだ。 松井玲奈はSKE48を卒業以降も数々のドラマや舞台に出演し女優として活躍している。なかにはドラマ『ニーチェ先生』(2016年 [全文を読む]

「消費される日本人へ」園子温がロマンポルノに込めたメッセージ

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月25日19時22分

変なドラマとかを見せるから、このコがこんな下品な質問をするような馬鹿な子どもに育ったんだ』って。私は幼いながらに、そんなに変な質問をしたつもりはなかったんですよね。親だってセックスしてるのに、私はなんでセックスの話を出すとこんなに怒られるんだろうか、と疑問でした」――それは、作品とめちゃめちゃ被りますね。冨手「私、この話を園監督にしたかな、って思いましたも [全文を読む]

発売中の『Numero TOKYO』では、最新の東京を食、ファッション、カルチャーを通してご紹介。そのほか亀田興毅の告白、母として女優としての広末涼子の本音など。

DreamNews / 2014年11月07日18時00分

女優 広末涼子もめったに話すことのない、子どもに関して家族に対する思いもインタビューで語ってくれました。 Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)82号(12月号)内容: 【トウキョウを遊ぼう! 】 別冊付録【裏 トウキョウ案内2014】 【お気に入りのコートを着て東京の新名所へ】 【YOUの秋冬スタイル公開! 】 YOUがフォーマルをテーマにディレ [全文を読む]

「演技が上手すぎる」と話題の満島ひかり、その裏にあった紆余曲折

メンズサイゾー / 2013年07月28日15時00分

『Woman』は、夫(小栗旬)を事故で亡くした主人公・小春(満島)がシングルマザーとして2人の子どものために貧しいながらも力強く生き抜くというストーリー。序盤では貧困と疲弊で小春がボロボロになっていく姿がリアルに描かれ、第4話でも幼い息子に“言葉の遅れ”の疑いが浮上し、小春自身も重い病気であることが発覚するなど不幸の連鎖が加速している。 シングルマザーの現 [全文を読む]

脱いでヨシ!戦ってヨシ! 超ハイスペック女優・清野菜名が“サイコーすぎる”3つの理由

dmenu映画 / 2017年09月08日07時00分

リリー・フランキー演じる主人公とのロマンチックなベッドシーンに、子どものような屈託のない笑顔や、感情を爆発させるような激しさなど彼女の魅力が詰まっています。 2017年だけでも4本のCMに出演するなど、今キテる女優・清野菜名。紹介した3つの魅力を武器に、その勢いはますます加速していくでしょう! (文/スズキヒロシ・サンクレイオ翼) [全文を読む]

石田ゆり子、CMでゴルフに四苦八苦「なんで私はいつもこうなんだろう」

ORICON NEWS / 2017年09月04日10時34分

子どもは麦茶、僕はビールで乾杯しています。微笑ましいですよね」と目尻を下げていた。 [全文を読む]

南沙良、憧れの“新垣結衣”と同じ女優の道へ 初出演作で見せた大物の片りん

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年08月11日06時50分

私は犬と子どもを掛け持ちしてました(笑)。とっても楽しかったです」。 これからどんどん忙しくなるだろう南だが、休みの日は家で漫画を読んだり、アニメを見たり、読書をしたりしているとのこと。「好きな作品はたくさんありますが、小説では辻村深月さんの大ファンです。深月さんの世界観や文章の書き方が好きで、どの作品というより深月さんの作品だったらなんでも読みます」。 [全文を読む]

渡辺直美『カンナさーん!』当たり枠で高視聴率。ヒロインをありえない「スーパーママ」に飛躍させないでほしい

messy / 2017年07月20日20時00分

そのドラマでの役柄は、子どもを迎えに行った保育園でお遊戯中の教室に「ブンバボンボン! ブンバボン!」と歌いながら「恋ダンス」とは似ても似つかない民族風ダンスを踊りながら乱入したり、洋楽をかけて尻を振りながら料理をするなど、渡辺のネタを見ているかのようでもあった。 一方、番組サイト上は「超ポジティブなスーパーママ」と紹介しているものの、ヒロインをその設定通り [全文を読む]

フォーカス