tv 満島ひかりに関するニュース

「女優は全員すぐに脱げ!」 園子温が憂う日本映画の未来

AOLニュース / 2014年04月17日12時00分

文=てれびのスキマ(http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/) 【参照リンク】 ・『言いにくいことをハッキリ言うTV』公式サイト http://www.tv-asahi.co.jp/hakkiri/ [全文を読む]

満島ひかり「あれは島の魔法だった」夜通し撮影後、監督と語らう『海辺の生と死』メイキング映像

CinemaCafe.net / 2017年08月06日11時00分

満島ひかりが奄美大島を舞台に、4年ぶりの単独主演を務めた『海辺の生と死』。このほど、クライマックスの重要シーンの撮影後に監督と素直な気持ちを語らう、満島さんのメイキング映像がシネマカフェに到着した。 傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻・島尾ミホ。後年、互いに小説家である2人がそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島・加計呂 [全文を読む]

驚きのTOP3! 2017年上半期「女性自身」アクセスランキング10

WEB女性自身 / 2017年07月07日17時00分

下半期のTOP10は、いったいどんな人が名前を連ねている!? [全文を読む]

「ボス」CM初登場の満島ひかりが美しい女武将に!

Smartザテレビジョン / 2016年02月25日00時00分

サントリーコーヒー「プレミアムボス ザ・ラテ」の、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズ扮(ふん)する宇宙人ジョーンズが地球で奮闘するTV-CM「地球調査シリーズ」より、タモリ、満島ひかりが登場する新TV-CM「プレミアム城跡」篇が3月1日(火)から全国オンエアされる。 毎回、宇宙人ジョーンズがタモリに、夢のように“プレミアム”なひとときをプレゼントする「 [全文を読む]

満島、二階堂に続く園子温“新ミューズ”は真野恵里菜!

Movie Walker / 2015年06月21日08時00分

【トライワークス】 [全文を読む]

井上和香ほか相次いで女優と結婚の映画監督 モテる理由解説

NEWSポストセブン / 2012年06月10日07時00分

収入がそれほど多くないといわれる映画監督でも、女優がコロっといっちゃうのはそんなところにも理由があるのではないでしょうか」(前出・松原さん) 【関連ニュース】映画で裸になっても女優のギャラアップすることはあまりないTVの1/10のギャラでも女優が映画に出るのは格上げのため河本準一 「TVの仕事がなくなっても一生安泰」と芸能関係者加藤茶 子供の養育費を巡り前 [全文を読む]

朝ドラヒロインがその後躍進するために「卒業」すべきこと

NEWSポストセブン / 2017年07月15日16時00分

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』の視聴率が連日20%前後と好調だ。また、近年朝ドラ出演女優がその後別のドラマに抜擢されたり、映画に出演するなど、活躍の場が広がっている。全国放送のNHKかつ高視聴率であるため知名度は高まるし、長期にわたるロケのため、演技力も磨かれていくという側面もあるのだろう。 テレビに造詣が深く、週刊新潮で「TVふうーん録」の連 [全文を読む]

ショートカット美女・武田玲奈、20歳直前セクシー

NEWSポストセブン / 2017年06月26日16時00分

【Official site】http://rena-takeda.officialsite.co/【Official blog】http://lineblog.me/renatakeda/【Twitter】@rena_takeda【Instagram】@rena_takeda 撮影■中村和孝 (C)小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ [全文を読む]

巻頭カラーの『ONE PIECE』に「すごすぎ尾田先生!」「後世に語り継がれるな」と称賛の声集まる!!

おたぽる / 2016年04月04日16時00分

――発行部数約260万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー! 4月4日に発売となった「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2016年18号。「東京ワンピースタワー」1周年&コミックス81巻発売を記念し、表紙と巻頭カラーを『ONE PIECE』 [全文を読む]

第86回ドラマアカデミー賞で「民王」が4部門受賞!

Smartザテレビジョン / 2015年10月28日11時00分

10月28日、「週刊ザテレビジョン」で'94年から行われている社会的に反響のあったドラマや強く視聴者の心に残ったドラマを部門ごとに表彰する“第86回ドラマアカデミー賞”が発表され、テレビ朝日系の「民王」が、最優秀作品賞、助演男優賞、脚本賞、監督賞の4部門を受賞した。 【作品賞】 1位「民王」、2位「ど根性ガエル」(日本テレビ系)、3位「連続テレビ小説『まれ [全文を読む]

フォーカス