出身 山田孝之に関するニュース

【エンタがビタミン♪】吉井和哉と山田孝之の不思議な縁。「ルックスが父親に似ている」

TechinsightJapan / 2015年03月08日20時40分

実は、ドラマのエンディングテーマを依頼された時には、監督も番組関係者も吉井和哉が北区出身とは知らず、山田孝之も「そうなんですか!?」と驚いたそうだ。まったくの偶然から北区に縁のある自分に声が掛かったことに、吉井は「よくぞ俺に白羽の矢を立ててくれました」と喜んだ。 ドラマではエンディングテーマ『TOKYO NORTH SIDE』を山田孝之が歌う。当初は誰が [全文を読む]

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.6 (1/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2017年08月02日09時00分

ほどなくして現れたのは、ウクライナ出身のアンナ・ミッツェル。 ―――こんにちは。今日は暑いですね。 一瞬にしてコントラストが生まれ、空間が歪む。 抜けるような白い肌、光沢のある金髪、麗しい緑の瞳。 清楚な水色のロングワンピースに身を包み、涼しげな笑顔を浮かべる姿は、さながら美の黄金比を体現した女神のよう。 駅を行き交う人々も、光り輝く女神様を一秒でも長く [全文を読む]

群馬に埼玉、東京も!? “あるある”と“自虐”が笑える!地方ディスの世界

dmenu映画 / 2017年07月28日07時00分

作者などのディスる本人は、その地方の出身者であることが多いです。彼らの多くは地元を愛していますが、その愛を語るほどに東京との落差は浮き彫りとなり、それが地方ディスという形に発展していったのではないでしょうか。この構造はほかの地方出身者にも共通するため、ある種の共感を得ることができ、それが地方ディスブームへとつながっている気がします。 ちなみに、今回のブーム [全文を読む]

現実は映画よりも「凶悪」 新潮45編集部が徹底的に暴いた現代の闇、映画化決定までの軌跡

AOLニュース / 2013年09月12日10時00分

山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーを迎えて、映画『凶悪』に挑んだのは、若松孝二監督の助監督出身の白石和彌監督だ。映画『凶悪』の脚本開発からキャスティング、そして自身のこれからについて。熱く語ったインタビューを3回連続でお届けする。白石和彌監督殺人はなぜ繰り返されるのか。主人公に託したこと。きっかけは、長編第1作『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を [全文を読む]

山田孝之、きっかけはSNS!主演ショートフィルムで新人バンドとタッグ

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月08日09時05分

yonige は2013年に結成された、牛丸ありさ(Vo & Gt)、ごっきん(Ba & Cho)の2人からなる大阪・寝屋川出身のガールズバンド。山田との交流は、まだバンドを結成する前の牛丸が、SNS上で山田に「ライブに来てくれますか?」と呼びかけたことから始まった。 それから数年後、山田が本当にyonigeのライブを訪れファンの間でも話題に。その後も山 [全文を読む]

山田孝之主演ショートフィルムが限定公開! 「yonige」の楽曲からインスパイア

CinemaCafe.net / 2017年09月08日08時00分

新たに今回山田さんが手掛けたのは、大阪寝屋川出身のガールズバンド「yonige」との初タッグによるショートフィルム『点』。「yonige」は、年間100本以上に上るライブを全国各地で行い、今年は大型フェスにも出演が続々決定、度々入場規制になるなど、いま最も注目される期待の大型新人バンドで、1stフルアルバム「girls like girls」を引っさげ、今 [全文を読む]

山田孝之、新人バンドyonigeと異例のコラボ<点>

モデルプレス / 2017年09月08日08時00分

本当はyonigeの2人とも共演したかったんだけどね! ■yonigeプロフィール 大阪寝屋川出身。2013年結成。牛丸ありさ(Vo&Gt)、ごっきん(Ba&Cho)の2人からなる日本語ロックバンド。10~20代を中心に口コミとSNSで大きな支持を広げ、YouTubeでもMV「アボカド」の再生回数が400万回を突破、同世代から大きな注目を集める。 年間10 [全文を読む]

山田孝之にNGなしのド直球インタビュー!「結局、誰かに構ってほしいだけかも(笑)」

週プレNEWS / 2017年08月07日18時00分

★『週刊プレイボーイ34&35合併号』(8月7日発売)「山田孝之@東京都新宿区歌舞伎町」では、仕事からプライベートまで、山田孝之vs週プレ 疑問&珍問8番勝負をお届けします! (取材・文/テクモトテク 撮影/武田敏将) ●山田孝之(やまだ・たかゆき) 1983年10月20 日生まれ、鹿児島県出身。2003年、『WATERBOYS』でテレビドラマ初主演。映 [全文を読む]

実写「ジョジョ」の山田孝之に「山崎賢人に代えて主役に!」の声があがるワケ

アサ芸プラス / 2017年02月28日09時59分

それに対して、山田は南米出身と間違えられそうな濃い顔つきが特徴ですし、演技の上手さはピカイチですから、彼のほうが仗助には合っているという声が大きいのです」 本作で山田が演じるアンジェロは血も涙もない最低の凶悪犯で、悪者役もこなせる山田にはピッタリ。ただその山田が仗助を演じる場合、ひとつだけ難点があるという。映画ライターが続ける。「スクリーンでは大きく見える [全文を読む]

【相関図付】今夜「勇者ヨシヒコ」第4話。山田孝之「パロディーの許可取りはかなり大事」

Smartザテレビジョン / 2016年10月28日08時00分

profile●やまだ・たかゆき='83年10月20日生まれ、鹿児島県出身。A型。出演映画「何者」、主演映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」が公開 発売中の月刊ザテレビジョン12月号(380円)では、山田孝之のインタビューを全文掲載している。 [全文を読む]

『ツキクラ』井上雄貴&大海将一郎&小松準弥インタビュー「お互いを補って成長出来る仲間」[オタ女]

ガジェット通信 / 2016年09月05日15時00分

宮城県の石巻市の出身なのですが、石ノ森章太郎さんの「石ノ森萬画館」というのがありまして、子供の頃、仮面ライダーショーなどのイベントをよく観に行っていました。そこで、藤岡弘、さんを見てすごくキラキラしていたので、「いつかああいう風になりたいな」と思った事を覚えています。それで、大学2年生の頃に雑誌『FINEBOYS』のオーディションでグランプリをいただき、芸 [全文を読む]

次から次へとクズが登場!『闇金ウシジマくんSeason3』直後レビューVol.1【初心者から大ファンまで】

ガジェット通信 / 2016年07月20日02時00分

上原まゆみ(光宗薫)と神堂大道(中村倫也)の“運命”を原作同様ハードに描いてくれると期待しています! 【プロフィール】よしだたつき PR会社出身のゆとり第一世代。『Variety Japan』(http://variety.co.jp/)のシニア・エディターとしても活動中。クズ鑑定士。クズ検定1級。 元ニートなりにクズニートを見守ろうと思います。 意外にも [全文を読む]

山田孝之、綾野剛主演作は「いろんな意味で問題作」

Smartザテレビジョン / 2016年06月18日15時00分

同じ岐阜県出身ということで秘かに応援していましたが、惚れました。「道警のエース」と「新日本プロレスのエース」をダブらせてしまい、感情移入が止まりません。「日本で一番悪い奴ら」。果たして誰が一番悪いのか? うぉぉぉー! 余韻が半端ないっす!!!■新堂冬樹(小説家):本作は、邦画史に衝撃を与える問題作だ。北海道警察本部の刑事、諸星要一。ヤクザよりも半グレよりも [全文を読む]

厳しいノルマで解雇も…赤羽出身アイドル「Nゼロ」に迫る

しらべぇ / 2016年03月30日18時30分

■Nゼロになった理由をメンバーに直撃!前列左から:橋田ローズ美祐(以下美祐)・永瀬ユアタンゆりあ(以下ゆりあ)/真ん中列左から 高橋ピーチももか(以下ももか)・長谷川めいちょりん芽衣(以下芽衣)・高柳ヴィーナス美咲(以下美咲)/後列左から 長谷川プルメリア依莉(以下依莉)・北アミぴょん亜美(以下亜美)Q.数あるアイドルグループの中で、「Nゼロ」になった理由 [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:紀里谷和明「死んでもいいと思ってやってると何かが発生する」(3)

デイリーニュースオンライン / 2015年11月29日10時00分

監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、他 提供:DMM.com 配給:KIRIYA PICTURES/ギャガ (C) 2015 Luka Productions プロフィール 映画監督 紀里谷和明 紀里谷和明(きりやかずあき):1968年、熊本県出身。15歳で単身渡米し、アートスクールでデザイン、音楽、絵画、写真な [全文を読む]

俳画:「浮世絵」で現代を表現 山田全自動さんが人気

毎日新聞 / 2017年09月08日10時58分

山田さんは佐賀県鹿島市出身で、2011年に福岡市にウェブデザイン会社を設立。他社との差を付けるため独学で学んだ浮世絵を投稿すると好評だったため、16年12月からあるあるネタを盛り込んで笑える俳画の制作を始め、有名人のフォロワーが付いたりメディアに相次いで取り上げられたりして注目された。フォロワーからは「経験あります」「私だけかと思っていたので安心した」と [全文を読む]

山下智久がなぜ!?「好きな男優」ランキング入りの怪

messy / 2017年03月31日00時00分

「嫌い」の2位はもはや俳優仕事は皆無だが子役出身の坂上忍で、3位はディーン・フジオカだった。玉木とディーンは同じNHK朝ドラ『あさが来た』で「文春」読者層の知名度を獲得した模様だが、意外にも評価はまっぷたつに割れている。 しかしそれ以上に驚いたのは、「好きな俳優」ランキングの9位である。「好き」2位は阿部寛、3位に木村拓哉。4位以降は高橋一生、5位堺雅人、 [全文を読む]

全38巻ある原作コミックは、どこまで映画化されるのか? 綾野剛主演作『新宿スワンII』に張られた伏線

おたぽる / 2017年01月20日23時00分

長年にわたって大量のゲロを浴びてきた歌舞伎町は、地方出身の童貞&おぼこたちが大人になっていく通過儀礼の様子を静かに見守ってきた街でもある。誰もが苦くて酸っぱい思い出を抱えた街・歌舞伎町を舞台にした映画が、綾野剛主演作『新宿スワン』(15年)だ。それまでは単館系の映画に出演することの多かった綾野剛にとってメジャーシーンでの名刺代わりの代表作となった作品であり [全文を読む]

「ロマンポルノ出演で子役の幻影が消えた」井端珠里が語る18年

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月12日20時00分

■ロマンポルノはフランス映画のようなオシャレな感覚――まず、井端さんはロマンポルノというものに馴染みはあったのでしょうか?「私、出身が日大藝術学部の映画学科なんですけど、高校生の頃から映画鑑賞が趣味だったんです。その頃、俳優の友人に薦められて『赫い髪の女』を見たことがきっかけで、ロマンポルノに触れていきました。当時は、オシャレなものを見ている感覚でした。ち [全文を読む]

メジャーとインディーの違いって何? 松江哲明&マッスル坂井の異色タッグ『俺たち文化系プロレスDDT』

おたぽる / 2016年11月25日18時00分

早稲田大学の映画サークル出身という異色レスラー・マッスル坂井と『山田孝之の東京都北区赤羽』『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(ともにテレビ東京系)が話題を呼んだ松江哲明監督が共同監督として初タッグを組み、40歳を目前にして大人になりきれずにいる男たちの心の葛藤を追いかけている。『俺たち文化系プロレスDDT』の主人公は、インディペンデント系プロレス団体 [全文を読む]

フォーカス