クォーター 野村周平に関するニュース

「好きな人がいること」スピンオフを台湾で撮影、野村周平とSpeXialのTeddyら出演―台湾

Record China / 2016年09月10日19時20分

日中クォーターの野村周平だが、中国語については通訳を交えつつも基本的な会話は問題なく、共演したウェン・ユーフェイも「とても上手」と褒めている。野村周平の印象については「活発で親しみやすい人」と語っており、撮影現場では中国語でジョークも飛ばすなど、雰囲気作りのうまいムードメーカーだったようだ。 SpeXialのTeddyは現場での待機中、ずっと野村周平の撮 [全文を読む]

野村周平 「ヤバイ!と思われる男になりたい」

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

中国人とのクォーターで中国語が堪能。2009年所属事務所の全国オーディションでグランプリを獲り、翌年にドラマで俳優デビュー。近年の主な出演作はドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)、映画『ちはやふる』など。主演映画『サクラダリセット』は前篇が3月25日から、後篇が5月13日から公開。また、4月29日には『帝一の國』、6月10日には『22年目の告白-私 [全文を読む]

とにかくモテたい野村周平のグローバルな野望

messy / 2016年07月16日17時00分

中国語が堪能なクォーター なんでも、母親が中国と日本のハーフだそうで、野村くんはクォーターになるとのこと。幼稚園から中学校までは神戸にある中華学校に通っていたため、中国語が堪能だそうだ。今回番組ではその中国語も活かせるという台湾を訪れることになったのである。 車での移動中に野村くんが現地のドライバーさんと中国語で流暢に会話をする姿はなんとも頼もしく新鮮であ [全文を読む]

野村周平「広瀬すずは俺のことが好き」と明言、「全国の男子」をブチ切れさせるモテ思考はどこから!?

messy / 2016年05月10日00時20分

野村は中国人の祖父をもつクォーターで、神戸華僑幼稚園、神戸中華同文学校に通い中国的な教育を受けています。また、水原もアメリカ人と韓国人のハーフですから、そういった境遇同士である点も2人を結びつけたのかもしれませんね」(同) ただ、野村のチャラさは女性相手にのみ発揮されるわけではなく、『フラジャイル』の撮影中には長瀬智也に毎日メールをしたり、竹野内豊と対面し [全文を読む]

東出昌大に続く注目株 2014年に活躍しそうなイケメン5人を予測

NEWSポストセブン / 2014年01月02日07時00分

「オーディションで3万人の中から選ばれた逸材で、中国とのクォーターで元スノーボードの選手という経歴も面白い。『梅ちゃん先生』の光男役で結構注目されて、その後、ちょっと垢ぬけてシャープのCMに出始めて余計気になってきました。短髪で元スノーボードの選手ということで骨太な男らしさも感じられます」(沖さん・以下「」内同) 続いては、1月から放送スタートのドラマ『チ [全文を読む]

フォーカス