外野席 東京ドームに関するニュース

“鬼門”東京Dの巨人戦で3連勝!チームを支えたオリファンの声援

ベースボールキング / 2017年06月05日18時30分

◆ オレンジ一色の中で… 巨人主催の東京ドームで、外野席のオリックス応援エリア(ビジター応援席)が割り当てられるのは、レフトスタンドの約1/3のみで、ファンは通路を挟むとオレンジの絨毯という環境下で応援しなければならない。 これはその他の球場でもあり得ることなのだが、“在京の”オリックスファンが、日本一の人気球団である巨人ファンと対峙するという構図は、東京 [全文を読む]

【プロ野球】セ・リーグ6球団で最も安く試合を観戦できる席はどこ?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月01日15時00分

■阪神(甲子園球場) 外野自由席なし <ライト・レフト外野席、レフトビジター専用応援席> 1900円 (土日祝・巨人戦は2200円) 甲子園も全席指定だが、東京ドームの外野指定席より300円安い男気。虎党には問題ないが、ビジターファンにとっては過酷だ。かつてはレフト側に外野自由席があり、ビジターファンが固まっていたが、今では全席指定のため、レフト外野席[全文を読む]

野球場のビール売り子 外野席にセクシー系多数いるとの証言

NEWSポストセブン / 2013年04月03日16時00分

その中でも、“キレイ系”の人は外野席にいるんです。外野席には応援団がいるので、その大所帯をつかむにはやっぱりちょっと色気のあるセクシー系のお姉様が強いってことかなぁ。 売り子は各ビール会社の系列販売会社ごとに採用されていますが、外野席には各社がエース級を投入しているんですよ」 東京ドームではバックネット裏、外野席など売り子の担当エリアが細かく区切られてい [全文を読む]

【プロ野球】パ・リーグ6球団で最も安く試合を観戦できる席はどこ?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日16時00分

ビジター応援席を除く、レフト側外野席は自由席だ。 レフト側外野の自由席はバリュー&ブロンズカードのみ。シルバーカード以上の試合では指定席になるため自由席愛好家は注意が必要だ。外野席群のバリューごとの価格設定は1000円/1500円/2000円/2500円/2500円。バリュー&ブロンズでは内野自由席もある。 立見席群の価格設定は1000円/1000円/15 [全文を読む]

【プロ野球】WBC観戦からの怒涛の猛ダッシュ! 東京ドーム・現地組は終電でどこまで帰れた?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月21日17時05分

後楽園駅に近い外野席であれば、ギリギリ間に合った可能性も高い。 現地組は試合と時計とスマホの乗り換えアプリを同時に見なければならなかったはずだ。さらに23時以降は東京都の条例で保護者同伴であっても18歳未満は観戦できない。今後は試合開始時間を検討したほうがいいのではないだろうか。 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

客足が遠のかぬようサービス強化される梅雨は野球観戦の好機

NEWSポストセブン / 2015年06月16日16時00分

同じく屋根のある千葉マリンでは、外野席上段と内野席2階の一部分が濡れずに観戦できる。普段なら見晴らしの良い指定席はずぶ濡れになるのでNGだ。 「基本的にどの球場もバックネット裏最上段は屋根があって濡れない。見にくいイメージがあるかもしれないが、実はここには新聞記者たちが座る記者席があることが多いように、試合は問題なく見られる。テレビ放送では分からない選手全 [全文を読む]

【プロ野球】《甲子園球場スタンド百景》おかしくて愛すべき甲子園の阪神ファンたち ~ビール編~

デイリーニュースオンライン / 2016年12月18日16時05分

アルプススタンド、外野席には座席の下にドリンクホルダーが備えつけられたものの、ゲームに熱中してくると、ついつい自分の座席にビール入りの紙コップを置いて立ち上がったのを忘れ、座った瞬間ひっくり返してしまうことがある。 ただ、球場に頻繁に通っていると、「やった経験」も「やられた経験」も持ち合わせているためか、「お互い様」といった雰囲気で、こぼれたビールで濡れ [全文を読む]

フォーカス