大島優子 真野恵里菜に関するニュース

シリーズ完結編・劇場版『SPEC~結~ 漸ノ篇/爻ノ篇』をTBSオンデマンドで配信決定!

PR TIMES / 2014年09月26日15時30分

そしてセカイ(向井理)、潤(大島優子)、ユダとの最終決戦に臨むのであった。 【出演】 戸田恵梨香、加瀬亮、北村一輝、栗山千明、香椎由宇、有村架純、KENCHI(EXILE)、遠藤憲一、 浅野ゆう子、神木隆之介、福田沙紀、城田優、田中哲司、安田顕、真野恵里菜、三浦貴大、 イ・ナヨン(友情出演)、向井理、大島優子、竜雷太 【監督】 堤幸彦 【主題歌】 主題歌: [全文を読む]

大島優子の「女優ブレイク」は絶望的か 関係者が語る致命的な欠陥

しらべぇ / 2017年01月04日07時00分

(画像はInstagramのスクリーンショット)AKB48の中心メンバーとして活躍し、全盛期を作ったひとりである大島優子。グループを卒業した今は女優業を中心に活躍し、コンスタントに映画・ドラマに出演。18日からは『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)に出演予定だ。■「AKB48の顔」も川栄李奈に追い抜かれる?48グループを好きな人の間では有名な事実だが、もとも [全文を読む]

川栄李奈、松井玲奈、前田敦子……AKBグループ出身女優の成否をわけるものは?

リアルサウンド / 2016年04月19日06時00分

前田と共にAKB48の一時代を築いた大島優子も、卒業後の進路を“女優”と明言した一人だ。卒業後出演した映画『紙の月』(14年/松竹)では、宮沢りえ扮する主人公・梅澤梨花の後輩銀行員・相川恵子を演じた。映画オリジナルキャラクターという位置づけで注目度も高く、本作で第38回日本アカデミー賞助演女優賞ノミネートや、報知映画賞・助演女優賞などを受賞した。 [全文を読む]

【消えた元AKB48の現在】篠田麻里子、久々の“女優業”は土曜ワイド劇場

デイリーニュースオンライン / 2016年01月11日16時00分

2006年にAKBの劇場内カフェスタッフからメンバーに抜擢された篠田は、2008年にメンバー初の単独写真集『Pendulum』(ワニブックス)が発売されるほどの人気を誇り、翌2009年の「AKB48 13thシングル選抜総選挙」では1位の前田敦子(24)、2位の大島優子(27)に次ぐ3位にランクイン。その後の総選挙でも常に上位に選出される「神セブン」の1 [全文を読む]

板野友美の映画初主演に「ゴリ押しの為の映画」と批判され早くも黄信号

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日16時00分

板野と同じように、前田敦子(24)や大島優子(26)、篠田麻里子(29)などもAKB卒業後は女優としてドラマや映画に出演しており、最近では篠田が7月公開の映画『リアル鬼ごっこ』でトリンドル玲奈(23)や真野恵里菜(24)と共にトリプルヒロインを務めた。しかし、篠田もまた卒業後はモデルに女優、デザイナーなど多岐に渡る活動をするも、どれも際立たず、ネットでは [全文を読む]

元AKB48・篠田麻里子、「肩書を女優に統一して」! 「その経歴で」とマスコミ失笑

サイゾーウーマン / 2015年07月12日12時45分

「前田敦子、大島優子らほかの卒業生たちも、次第に元AKBという肩書で呼ばれなくなっているので、篠田もそれを意識したのでは」(芸能ライター)というが、篠田の所属事務所は、マスコミに対しさらなる注文をしてきたようだ。 「篠田の肩書を『女優で統一して』と言うんです。これがマスコミ関係者の間で、かなり失笑を買っています。篠田の女優活動というと、14年の連ドラ『家族 [全文を読む]

過去には700~800万円の判例も……前田敦子、綾瀬はるから「おっぱい訴訟」の勝算は?

日刊サイゾー / 2014年03月26日19時00分

過去の判例を挙げると、数年前、綾瀬はるか、深田恭子、蒼井優、芦名星、池脇千鶴、石川梨華、磯山さやか、上原歩、大島麻衣、大島優子、菊地亜美、倉科カナ、小池栄子、田代さやか、長谷川京子、前田敦子、真野恵里菜、三浦理恵子、谷沢恵里香、安田美沙子、四元奈生美の21人が、「写真を無断で掲載された」として、雑誌「ENJOY MAX」などを発行する笠倉出版社に約2,3 [全文を読む]

フォーカス