資産運用 野村證券に関するニュース

資産運用を託すなら スーパー営業マンか、ロボアドバイザーか

Forbes JAPAN / 2017年02月06日12時35分

資産運用の裾野が広がる今、注目されるのがロボアドバイザーのサービスだ。未来の投資はどう変わるのか? 資産運用研究の第一人者、加藤康之京大教授に聞いた。団塊の世代がここ数年で一斉に定年退職を迎えた。高齢者の医療費負担など社会福祉費用は今後増加するし、2017年1月から確定拠出型年金の適用範囲が拡大される。かつてのように国が運用して十分な年金を支給してくれた時 [全文を読む]

金融経済メディアを運営する株式会社ZUUが、 株式会社日税ビジネスサービスと業務提携 会員制サービス事業『日税FPフォーラム』を提供開始

DreamNews / 2015年01月26日13時30分

株式会社ZUU(代表取締役社長兼CEO:冨田和成)は、株式会社日税ビジネスサービス(代表取締役社長:吉田雅俊)と業務提携し、2015年1月26日より今後税理士や会計事務所の資産運用コンサルティングを総合的にバックアップする会員制サービス事業「日税FPフォーラム」を共同で展開していくことをお知らせ致します。『日税FPフォーラム』とは 目的:資産運用についてお [全文を読む]

【シゴトを知ろう】証券外務員 編

進路のミカタ / 2017年05月01日12時04分

あまり聞いたことがない職種かもしれませんが、「証券会社や銀行などで資産運用のアドバイスをする仕事」と聞けばピンとくる人もいるのではないでしょうか。業務にあたるには外務員資格が必須となり、世界情勢や市場の動向など幅広い知識が求められます。業界大手の野村證券株式会社(以下野村證券)で働く益田大輔さんに、そのお仕事内容を伺いました。■資産運用や事業承継などをサポ [全文を読む]

【シゴトを知ろう】証券外務員 ~番外編~

進路のミカタ / 2017年05月01日12時04分

――仕事において転機になった出来事は?まだ入社1~2年目の頃、ある法人のお客様から資産運用についてのご相談を受けました。足繁く訪問していろいろな話をしていたのですが、上司である当時の次長が何度も同行してくれたんです。そしてある時、そのお客様から大口の注文をいただきました。入社して初めての大きな取引に私は有頂天になり、日頃厳しい上司も「頑張った、よくやった」 [全文を読む]

証券・投資会社ランキング!人気5社から始める業界研究

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年09月21日12時00分

若年層向けのサービス展開からもわかる通り、長期的な資産運用を中心とした経営目標を立てています。証券の売り買いだけでなく、長期的な資産を見通したサービス展開がウリです。社風としては、トップダウン的雰囲気があり、古き良き体育会系のイメージが強い企業です。第3位:SMBC日興証券3位についたのは、SMBC日興証券です。野村・大和に続き業界3位の位置でもあります。 [全文を読む]

元プライベートバンカーが見た、大富豪と一般人を分けるお金の使い方の差とは?―『大富豪が実践しているお金の哲学』発売!

DreamNews / 2016年05月09日14時00分

資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUUの代表取締役社長兼CEO 冨田和成による初の著書『大富豪が実践しているお金の哲学』が発売されました。資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUU(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:冨田和成)のCEO冨田が執筆した『大富豪が実践しているお金の哲学』が、2016年5月2日に株 [全文を読む]

「富裕層vs庶民」暮らし方、考え方の決定的違いとは

プレジデントオンライン / 2017年01月23日09時15分

一般庶民の人が投資と聞いて思い浮かべるのは、株や不動産、外貨預金、個人年金といった資産運用の手段だろう。しかし、富裕層は違う。「洋服や靴を買う」「外食や旅行に行く」といった、あらゆる消費行動も投資と捉え、対価に見合う、もしくはそれを上回るリターンが得られるかどうかで判断する。億単位の商品でも価値を認めたら即決で買うが、逆に100円の商品でもムダと考えたら [全文を読む]

【本日発売】大手証券会社で最年少記録を出し続けた、冨田和成の第二弾書籍、『鬼速PDCA』が発売!

DreamNews / 2016年10月24日13時00分

-3日ごとの振り返りで自分もチームも10倍速で進化する! 野村證券で最年少記録を出し続けた、努力を100%結果に変えるフレームワーク-資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUU(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:冨田和成)のCEO冨田が執筆した『鬼速PDCA』が、2016年10月24日に株式会社クロスメディア・パブリッシング(代 [全文を読む]

投資家拡大目指し各金融機関がコンサルサービス強化する動き

NEWSポストセブン / 2015年04月24日16時00分

これまで、資産運用について真剣に考えてこなかった人の中でも、「投資をしたほうがよいのではないか」と思い始めている人も多いだろう。 実際、証券会社や銀行の店頭では、投資経験のない人の相談が増えており、その影響もあってか、「ラップ口座」と呼ばれるサービスが人気となっているのだという。ラップ口座は、証券会社や信託銀行が個人と契約して、資金の運用・管理から投資に関 [全文を読む]

個人投資家向け「投資信託 - PMS(R)」サービス開始

@Press / 2014年02月28日09時30分

コンセプトは、『安心のアフターフォローの付いたポートフォリオでの資産運用』を投資家に提供することで、今まで金融機関主導で行われてきた資産運用の形を、“投資家本位”にしていくことが当社の使命と考えています。<PMS(R)の3大特徴>(1) 自分に適したプランで運用できる(2) 継続的なアフターフォローで安心が得られる(3) 相場を狙うのではなく、仕組みで計 [全文を読む]

「日本のバブル」とは、いったい何だったのか バブルが発生するための「2大原則」とは?

東洋経済オンライン / 2017年05月20日08時00分

マーケットの状況、資産運用業界の様子、一金融サラリーマンとしてのバブルとの個人的な関わりについては、「僕はこうやって11回転職に成功した」(文藝春秋。2002年5月)という書籍にかなり細かく綴ったのだが(転職がメインテーマの本だったが、裏テーマはバブルの記録だった)、折悪しく、この本は現在、版元在庫切れの状態だ(加筆して電子書籍で復刊したいと思っているが、 [全文を読む]

エメラダが2億円のシード・ラウンドを実施

PR TIMES / 2017年04月05日12時36分

ゴールドマン・サックスの資産運用部門の東京及びシンガポールオフィスにて、機関投資家への資産運用提案、債券のプロダクト担当および市場分析業務に従事。 ■企業情報 会社名 エメラダ株式会社 本社所在地 東京都千代田区麹町四丁目8番1号 THE MOCK UP by portal point 代表者 代表取締役社長兼CEO 澤村 帝我 設立 2016年6月 UR [全文を読む]

【7万部突破記念!!】Amazon.co.jpビジネス・経済カテゴリ1位を獲得した『鬼速PDCA』著者冨田和成によるトークイベントが開催決定!

DreamNews / 2016年12月15日10時00分

Amazon.co.jpビジネス・経済カテゴリ1位!『鬼速PDCA』著者冨田和成によるトークイベントが1月19日八重洲ブックセンターで開催決定!資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUU(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:冨田和成)のCEO冨田が執筆した『鬼速PDCA』の7万部突破を記念して、トークイベントを開催致します。 著者 [全文を読む]

【例文あり】先輩の実例を紹介!証券に受かるための志望動機の書き方と具体例

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年11月17日12時00分

先輩の志望動機例・野村證券入社後はリテールで多くのお客様と関わり、資産運用のコンサルティングを通して高度な専門性はもとより、お客様が何を求めているのかを察知することができる洞察力と人を惹きつける人間力で勝負をしたいと考えています。今までの人生で人との関わりを大切にしてきた私にとって営業は最も顔と顔を合わせることで成り立つビジネスだと感じています。▽野村証券 [全文を読む]

Amazonランキング Kindleビジネス教育・ビジネススキル・ロジカルシンキングで1位獲得!ZUUCEO冨田和成著書『鬼速PDCA』(2016年10月25日調べ)

DreamNews / 2016年10月25日17時30分

Amazonランキング Kindleビジネス教育・ビジネススキル・ロジカルシンキングで1位獲得!資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUU(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:冨田和成)のCEO冨田が執筆した『鬼速PDCA』電子書籍版が発売初日にAmazon売れ筋ランキング Kindleビジネス教育・ビジネススキル・ロジカルシンキ [全文を読む]

株式会社ZUUが運営する金融経済メディア「ZUU online」は、月間ユーザー数250万人、配信先含め月間2000万PVを突破

DreamNews / 2015年06月04日11時00分

その後シンガポールへの駐在とビジネススクールへの留学やタイへの駐在を経て、本店ウェルスマネジメント部で金融資産10億円以上の企業オーナー等への事業承継や資産運用・管理などのコンサルティングを担当。2013年3月に野村證券を退職し、現在に至る。日経マネーなど複数の専門誌で連載を持つなど、本業とシナジーのある分野において専門家としての活動も行っている。 <本件 [全文を読む]

TechCrunch Tokyo 2016 AWS賞受賞のFOLIOがサービス公開に向けた事前登録・人員拡充を発表

PR TIMES / 2016年11月25日16時31分

[画像: http://prtimes.jp/i/22761/1/resize/d22761-1-514388-0.jpg ]コーポレートサイト:https://folio-sec.com/■FOLIOがいよいよ事前登録を開始かんたん資産運用サービスFOLIOは、2017年春にサービスを公開予定としておりますが、この度サービス公開に向けた事前登録を開始しま [全文を読む]

ハッピーな夫婦ほど、お金について考えている!

@Press / 2016年06月23日19時30分

企業に対する経営コンサルティング、IT コンサルティング、資産運用アドバイス等を行うほか、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務も行う。そのかたわら、お金持ち特有の行動パターンを解き明かした「お金持ちの教科書」、ビジネス成功者の法則を探った「出世の教科書」など複数のウェブサイトを運営。お金持ちの行動分析から成功パターンを導き出し、自ら実践 [全文を読む]

オリンパス、商品が原因で死者続出、大規模集団訴訟へ 不祥事連発で巨額賠償が経営圧迫

Business Journal / 2016年04月21日06時00分

オリンパスはバブル崩壊時の資産運用の失敗で巨額の簿外損失を抱えていた。菊川剛・元社長ら経営陣は、3人の野村證券OBを指南役に損失の穴埋めに乗り出した。国内3社と英医療機器メーカー、ジャイラスの買収に伴うフィナンシャルアドバイザー報酬などを、のれん代として07年3月期~11年3月期に架空計上し、年度ごとの連結純資産額を416~1178億円水増ししていた。 [全文を読む]

甲子園優勝候補の大阪桐蔭、名将監督の「過去」…裏金疑惑の元副理事長の側近だった!

Business Journal / 2016年03月26日06時00分

副理事長時代、法人の資産運用のために「仕組債」と呼ばれる博打まがいの金融商品に手を出し、リーマンショックの影響で大損してしまったのだ。法人側は金融商品を売り込んだ野村證券と裁判を起こす事態となった。結局、この責任を取るかたちで副理事長職は降りたものの、大阪桐蔭の校長には居座り続け、法人の「影のドン」として人事などにも口を挟んできた。 こんな指摘もある。 「 [全文を読む]

フォーカス