彼氏 倉科カナに関するニュース

倉科カナも!「 酒豪女優」は一人飲みにハマる?

日刊大衆 / 2017年03月06日08時05分

ドラマではデザイン会社で働き、カッコいい彼氏もいるという“デキる女”を演じていたが、プライベートでは“オヤジっぽい”ところがあるという。 2010年に出演した『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の人気コーナー「テレフォンショッキング」で、そんな倉科の意外な一面が発覚した。倉科は大のお酒好きのようで、2009年に主演を務めたNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』 [全文を読む]

芸能界最高のモテ男、その華麗なる「恋愛伝説」

日刊大衆 / 2016年12月24日21時00分

彼氏が浮気相手に送ろうとしたメールが自分に届いて驚いた」ということも話しており、やはり破局の原因は濱口の浮気なのかもしれない。 そして次に噂が流れたのが女優の倉科カナだ。2010年にスポーツ紙で熱愛が報じられたが、双方ともこれを否定。しかし、倉科が舞台『カレーライフ』の大阪公演後に帰京し、濱口の住むマンションに向かうところなどが目撃されており、二人の交際 [全文を読む]

“つい最近までバージンだった”発言のおかもとまりが今度は「トップとアンダーは絶対に出さない」と永遠のNG宣言 【動画付き】

週プレNEWS / 2015年03月10日15時00分

というわけで、どんな人に見てほしいか聞かれたまりちゃんは「誰でもよいので、とにかく買って欲しい!」と元も子もない本音でお願いし、噂の彼氏・naoに対しても「まだ2位なんで、どうしても1位になりたくて。(彼氏にも)アマゾンで買ってもらいたいと思います」と、必死の中にもユーモアを交えて懇願した。 モノマネだけじゃなく、体を張って撮影にのぞみ、グラビアアイドル [全文を読む]

水野美紀「ここにいるよ~」名場面の誕生秘話明かす

Entame Plex / 2017年02月25日16時00分

「プライベートの恋愛では束縛をするタイプか? 光のように、携帯の暗証番号が前の彼氏の(誕生日の)番号だったらどうするか」との三浦からの質問に対し、大谷は「嫉妬は多少する。(嫌なことがあったら)我慢できないので相手に言う」とコメント。ドラマの印象とは少し違う、大谷さんのプライベートな一面も。そのほか、“蘭の足をさするシーンでの大谷流・工夫ポイント”を話す大谷 [全文を読む]

嫉妬するたびブスになる?ドス黒い「嫉妬心」を効率良く手放す3つの方法【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年02月23日19時05分

彼氏の元カノ…」「気になるカレの恋人…」「好きな人の奥さん…」本当はしたくない!と思っているのに、どうしても嫉妬しちゃうことってありますよね。心に渦巻くドス黒い感情から抜け出せず、苦しくてやるせなくて。つい相手の悪口を吐き、言ってしまってから激しく後悔、なんて場合もあるのではないでしょうか?◆女の嫉妬はホラーより怖い!嫉妬と言えば、金曜夜のドラマ『奪い愛 [全文を読む]

いつもときめきたい恋愛至上主義の人におすすめの冬ドラマ3作

NEWSポストセブン / 2017年01月31日07時00分

専業主婦になることを夢見る27才の銀行員あすか(西内まりや)は、彼氏にふられて落ち込んでいたが、人気アナウンサー・名波(flumpool山村隆太)と出会い、互いにひかれていき…。 注目ポイントは演技初挑戦の山村だ。 「普段はバンドのボーカルとして活動している彼が見せる自然かつイケメンな演技。月9ならではのわかりやすさも手伝って、気楽に楽しめ、キュンポイント [全文を読む]

【難民続出】アイビー茜「ルナモンスター占い」がテレビで紹介!→サイト繋がらず不満続出

秒刊SUNDAY / 2016年01月04日10時45分

彼氏・友達の愛称を占うのには最適ですね。平たく言えば、星座占い+姓名判断+RPGの属性要素といったところでしょうか。まずは、サイトで占わなければなりませんがなかなか繋がらず難民も出ているようです※画像:アイビー茜公式ブログーネットの反応・ ルナモンスター占い面白いな・ わいもルナモンスター占いしたいのにサーバーあれして入れない・ ルナモンスター占い鯖おちて [全文を読む]

よゐこ濱口と“お泊まり報道”の南明奈が、アゲチン効果でパチンコ営業から抜け出す!?

日刊サイゾー / 2014年02月27日09時30分

昨年11月に出席した会見でも、彼氏について聞かれると『残念ながら……、申し訳ないです』と答えていたが、すでに濱口さんと深い関係だったとしたら、そのキャラは、交際を隠すためのカモフラージュだったのかもしれません」(芸能記者) 南は、10代の頃にブレークし、グラビア界を席巻。レギュラー出演していた『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)終了後も、CMなどで活 [全文を読む]

フォーカス