息子 真田幸村に関するニュース

歴史好き女子必見! イケメン揃いの時代劇『真田十勇士』の注目ポイント[オタ女]

ガジェット通信 / 2016年07月14日20時00分

抜け忍仲間の霧隠才蔵を筆頭に、才蔵の手下である三好兄弟(清海・伊三)、数々の戦を戦い抜いてきた由利鎌之助や筧十蔵、頭脳明晰な海野六郎や真田幸村の息子・真田大助。その大助の剣術指導者・望月六郎、更に十勇士の成りすましとして拘束されながらも、最後に迎えられる根津甚八。超個性的な10人が集まり、「真田十勇士」を結成。いざ、徳川軍との決戦に挑んで行く! というお話 [全文を読む]

群馬出身で苗字も違うのに「幸村の末裔」主張男 その根拠は

NEWSポストセブン / 2016年05月15日16時00分

小学6年生の息子さんがいます。 * * * 息子が歴史に興味を持ち出し、「僕、戦国武将の中だと、真田幸村が一番好き」と、毎週、大河ドラマの『真田丸』を観るように。すると突然、主人が「実はパパは幸村の末裔なんだ」と言い出しました。 「パパ、凄い!」「ウソでしょ? 今までそんな話、聞いたことないわよ」。驚く息子と私に「苗字も違うし、うちの実家は群馬。真田家ゆか [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

武田信玄の息子で、滅亡時の武田当主でありますが、実はつなぎ(陣代)であったという説もあります。今までは、甲斐の虎と呼ばれる父・信玄と比較され、「無能」「凡庸」といった描かれ方が多かったのですが、近年新府城の発掘調査から研究が進み、敵方の娘である夫人を最後まで伴うなど、その人間としての魅力が語られるようになり、今までの人物像が見直されいる武将の一人です。 演 [全文を読む]

真田幸村・阿梅・片倉小十郎公が絵巻デザインの白石温麺(うーめん)「幸村の願い」数量限定で発売!

@Press / 2015年07月22日09時30分

阿梅は重長公の後妻となり、二男大八は片倉四郎平衛守信と名乗り、片倉家家臣から伊達藩士に取り立てられ、守信の息子、辰信の時に真田姓に復しています。■片倉小十郎公ときちみ製麺の関係 株式会社きちみ製麺の商標「つりがね印」は吉見家先祖が白石城主 片倉小十郎公の家臣を代々に渡って務めていた関わりから、片倉家の由緒ある旗印「黒つりがね」を使用することをお許しいただき [全文を読む]

高橋一生が暗黒面に足を踏み入れた?『おんな城主 直虎』第5回レビュー

デイリーニュースオンライン / 2017年02月07日20時00分

息子をよろしくと皆に伝えてくれ」と次郎に伝言する病床の政直。なんだかんだ言ってやっぱりいい奴でした。めでたしめでたし。 で終わらないのが政直。しらっと「今の嘘だから(意訳)」と息子の政次(高橋一生)に種明かし。「お前は必ず、わしと同じ道をたどるぞ」とも。当然政次はそんな父親に反発。井伊家の縁戚となるからには井伊のお家を第一に考えていきたい、小野はさすがに [全文を読む]

『真田十勇士』堤幸彦監督インタビュー「僕は“プロ”なんだけど“プロ”じゃない」

ガジェット通信 / 2016年09月30日19時00分

しかも豊臣家に比べると格下だった徳川家ですから、家康の息子もあまり人気のある武将ではなかった。放っておけば自然に勝っていたところを、「武士(もののふ)の魂じゃ!」とか言ってあえて出ていっちゃったから負けたという、歴史のアイロニーみたいなものも日本人は好きなんだと思いますね。そして幸村というカリスマ的キャラクターは智謀・知略に長けていて、父親ら家族との面白い [全文を読む]

上杉謙信 敵に塩を送った史料なく「生涯不犯」にも重大疑義

NEWSポストセブン / 2017年07月16日16時00分

にもかかわらず、昨年の大河でも堺雅人演じる主人公・信繁が、息子にくじを引かせて名を「幸村」に変えることを決めるシーンが、終盤の見せ場の一つとしてはっきりと描かれた。「真田幸村」の“知名度”の高さは抜群であるにもかかわらず、本当にその名前だったかの真偽のほどは定かではないのだ。 ※週刊ポスト2017年7月21・28日号 [全文を読む]

内野聖陽 家康の役作りで「実は臆病」見せるのに苦労した

NEWSポストセブン / 2016年12月11日07時00分

親父が息子に言うような、慈しみの心をちょっと込められたかなと思っているんですけど。――信繁(幸村)のことは、息子のような感情もあった?内野:聡明な息子でもあり、恋に落ちている感じもあったと思います。彼をリクルートしようとする回があったでしょ。でも断られるんですね。そのとき、とても振られた気持ちになりました。振られたからこそ腹が立つことってあるじゃないですか [全文を読む]

真田丸ロスまであと2話。幸村と共に闘った「五人衆」のその後は?

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日04時30分

まあ兄弟のように育ったエピソードは脚色で、官兵衛にかわいがられ、息子には疎んじられたというところでしょうか。 『真田丸』では哀川翔さんがまあなんとも粗野な感じで演じられていますが、講談などでは「槍の又兵衛」の異名を取る豪傑として描かれています。 又兵衛の最期は少し悲しいものなので、次回か次々回どのように描かれるのか楽しみです。なお、幸村もそうなんですが又兵 [全文を読む]

真田丸『第44話』裏解説。今も不明、「真田丸」の形に2つの説アリ

まぐまぐニュース! / 2016年11月06日22時00分

#真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年11月6日 大坂冬の陣に参戦した武将達の年齢を見ると最年長は本多正信77歳、最年少は幸村の息子・大助15歳。ちなみに家康72歳、幸村48歳、秀頼22歳。関ヶ原からの世代交代を感じます…https://t.co/2U1drjbskG#真田丸 pic.twitter.com/Wrp128T0IW — [全文を読む]

あれ、きり(長澤まさみ)が可愛い……!? そして次回よりついに真田幸村が爆誕!!『真田丸』第39話「歳月」レビュー

おたぽる / 2016年10月04日11時00分

息子との距離を測りかねていた信繁が、息子に囲碁を教わるという終盤のシーンもいいし、久しぶりに信之を杯を交わし、お互いがお互いを羨ましく思っていたと語り合うシーンも、これまでありそうでなかった1シーンだった。また、これまでウザイウザイと言われてきたきりへの好感度も、ここにきてグッと上がってきたように感じる。 いいとこの出身である信繁や春に比べて、生活力はあ [全文を読む]

表と裏で顔が全然違う?高畑淳子、舞台初日の涙に「要注意!」の声

アサ芸プラス / 2016年09月28日17時59分

「ドラマ好きの女性を中心に、息子の裕太が仕出かした婦女暴行事件で母親まで謹慎する必要はないとの声が強くなってきています。舞台翌日の25日にはNHK大河ドラマ『真田丸』が放送され、高畑は真田幸村の母・薫の役で出演。以前と変わらぬ迫力ある演技を見せ、女優としての存在感を見せつけた形となりました」 そのような応援の声があがる一方で、前出のテレビ誌ライターは高畑が [全文を読む]

真田幸村(信繁)雌伏の地!和歌山・九度山周辺の「真田丸」関連スポット5選

サライ.jp / 2016年09月27日19時00分

[/caption] 寺院奥には真田家の墓所があり、幸村の兄である信之(信幸)とその息子・信政が祀られています。 [caption id="attachment_92653" align="alignnone" width="500"] 裏手の墓所は、真田信之・信政を祀る。[/caption] 幸村たちが過ごしたであろう「上段の間」には、焼酎を所望する幸村 [全文を読む]

大河『真田丸』スタート 真田幸村の魅力を松平定知氏が紹介

NEWSポストセブン / 2016年01月09日07時00分

彼は天下をとったわけでも、天下人の名参謀だったわけでもなく、常に存亡の危機に晒された小大名の息子にすぎません。それなのにこれほどの人気を誇る理由は、判官贔屓という日本人特有の心情を刺激するからでしょう。 幸村は徳川が豊臣を滅ぼした慶長19~20(1614~15)年の大坂の陣に豊臣方の中心的な武将として馳せ参じ、圧倒的な兵力の徳川方を相手に互角以上に戦い、 [全文を読む]

【ウラ芸能】草刈正雄、苦悩の中のホンネとは…

NewsCafe / 2015年09月16日15時00分

ハマはその死に、『勝手にいなくなるなよ』などとすぐにツィートして反応するなど、衝撃を受けたようです」デスク「草刈も息子の死から半年たって気持ちを整理できたのかな」記者「普通、肉親、特に子供の死に対しては芸能人に限らず、口を開くことって簡単じゃないでしょ。ところが、草刈は4月に長男の友人らが制作したミュージックビデオの中で息子に送る言葉として『いつまでもお前 [全文を読む]

虫のいい息子?松方弘樹さん死去で仁科克基に”批判の声”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月29日09時00分

その典型的なドラ息子ぶりに、業界内でも“使いにくい二世俳優”という評判もあるようだ。ブログで綴った「頑張るからね」の言葉通り、今後は心機一転して好感度が上昇すると良いのだが……。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著 [全文を読む]

故・根津甚八さん うつ病を支えた妻とその親友・岡田美里

NEWSポストセブン / 2017年01月06日16時00分

日本で最難関といわれる試験を突破し、見事に合格したんです」(前出・知人) 息子が医学部に入学した時期は、根津さんにとって11年ぶりとなる映画への復帰作『GONIN サーガ』(2015年9月公開)に出演したときと重なる。 「『息子とおれの“春”が同時にやってきたよ』と嬉しそうに微笑んでいたのが、今でも忘れられません」(前出・知人) 愛妻、そして愛息に看取られ [全文を読む]

2016年「真田イヤー」のラストを飾る「真田幸村フェア」、再見参!

PR TIMES / 2016年12月01日19時21分

[画像3: http://prtimes.jp/i/7303/461/resize/d7303-461-439179-3.jpg ]【お魚】大坂の陣 真田大助 煮え切らない家臣の想い 武士の子の勇姿 2,980円大坂の陣で若くして命を絶った幸村の息子・大助。武士らしい最期を迎えた彼を称えながらも惜しむ家臣の胸中を旬の金目鯛の姿煮で表しました。[画像4: h [全文を読む]

『真田丸』草刈正雄をメロメロにする「セクシー長女」

WEB女性自身 / 2016年01月29日06時00分

「武田は、滅びるぞ」 一族には「武田は滅びない」と言った真田昌幸が、2人の息子・信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)にだけは、本当のことを打ち明ける。NHK大河ドラマ『真田丸』、第1話の名セリフだ。 昌幸を演じる草刈正雄(63)は先週、サイパンのビーチで過ごし、この名セリフを発していた。 「おととい(1月20日)まで家族旅行でサイパンに5日間行ってたんですけど、 [全文を読む]

【来年の大河ドラマ舞台】堺雅人演じる「真田幸村」ゆかりの地を探訪!

しらべぇ / 2015年06月13日20時00分

関ヶ原の戦いで西軍についた幸村と父、昌幸は、家康の息子、秀忠が率いる徳川家の大軍をごくわずかな兵で信州上田城にくぎ付けにし、秀忠は関ヶ原での合戦に遅参してこっぴどく怒られたほど。 九度山に流された後、浪人として大阪城に入城した幸村は、『大坂の陣』で徳川家康をあと一歩のところまで追いつめ、「日本一のつわもの」とまで賞されました。 戦国時代を終わらせた名将・家 [全文を読む]

フォーカス