次回作 小栗旬に関するニュース

ドラマ「CRISIS」小栗旬、西島秀俊、石田ゆり子のNGカットブログが超お宝!

アサジョ / 2017年04月01日10時15分

その同枠での次回作とあって、かなりの期待を集めています。特に小栗と西島のアクションシーンがいい。日頃から体を鍛えている2人が、カリ・シラットという武術を体得し、アクション監修を務める金城氏に1年前から特訓を受けていただけあって、キレのあるアクションがテンコ盛りです。脇を固める田中哲司らも大ハッスルして、見事な立ち回りを見せている。格闘、爆破、炎上に派手なド [全文を読む]

小栗旬 『ルパン三世』ついに公開「この作品はプロローグ」

WEB女性自身 / 2014年08月30日21時00分

やっと一味ができあがったので、次回作を作ることができるなら」と、続編の意欲をみせた。 配給の東宝によると、興収30億円突破は確実だという本作。北村龍平監督(45)も「パート2、3とやっていきたい。(浅野が演じた)銭形のスピンオフもあっていいんじゃないですかね」と、意気込んだ。(撮影/河崎文雄) [全文を読む]

古川雄輝、撮影秘話明かしファンどよめく!「第21回富川国際ファンタスティック映画祭」

CinemaCafe.net / 2017年07月24日19時30分

さらに富川国際ファンタスティック映画祭の常連である西村監督は、次回作『エンバーマー』が富川国際ファンタスティック映画祭の企画マーケットでスペイン・シッチェス映画祭賞を受賞した。 ドラマ「イタズラなKiss」で韓国でも人気の古川さんが極寒の北海道での水中シーンで低体温症になったことを告白すると、心配した多くのファンがどよめいた。 クロージング作品は日本で現在 [全文を読む]

フジ火9に窪田正孝起用で吹き出す「月9を関テレに任せろ!」の声

アサ芸プラス / 2017年06月05日05時59分

次回作も窪田の起用でヒットは確実視されており、4作連続で当てているわけです。それに対してフジテレビ制作の月9は外れ続きですから、野球で言えば『打率の高い移籍選手に四番を任せる』ことが期待されている形。視聴率で民放4位に転落したフジではもう、メンツや意地を気にしている場合ではないでしょう」(テレビ誌ライター) ただその場合、単純に関西テレビ制作のドラマを増や [全文を読む]

EXILE・AKIRA『GTO』が大惨敗、「これは『GTO』じゃない」「藤沢とおる先生に謝って」辛らつ意見殺到のワケ

日刊サイゾー / 2014年09月18日00時00分

もし次回作があるなら、この教訓を生かしてほしいところだが……。 [全文を読む]

「テレビ局制作」という挑戦は成功するか? 放送枠の今後を占う『信長協奏曲』【第一話レビュー】

おたぽる / 2014年08月09日23時45分

本作で得たノウハウが生かされるには次回作・次々回作へと繋げてゆくことが重要なはずですが、この放映時間の扱いでは枠が続いてゆくのかしら......? と他人事ながら心配してしまうのでありました。 【こんな作品のファンにもオススメ】 『織田信奈の野望』『戦国BASARA』 (文/出口ナオト) [全文を読む]

フォーカス