玉山鉄二 松坂桃李に関するニュース

「ドラマWスペシャル 尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」平成24年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2012年12月21日19時40分

2012 年8 月、上杉弘樹(玉山鉄二)は子供たちとともに御巣鷹山に登っていた。そこにあるのは、膨大な数の墓標。1985 年8 月、日本航空123 便墜落事故が発生した。親子で歯科医院を営んでいた峰岸薫(伊勢谷友介)の父・健造は事故の犠牲者となった。薫は父親の遺体を家に連れて帰りたい、その一心で検視に協力する。夫が事故機に乗っていたことを知った上杉加奈子 [全文を読む]

ドラマWスペシャル「尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」ギャラクシー賞2012年10月度月間賞を受賞 ~「ダブルフェイス」主演の西島秀俊氏も同賞を受賞~

PR TIMES / 2012年11月21日16時45分

2012 年8 月、上杉弘樹(玉山鉄二)は子供たちとともに御巣鷹山に登っていた。そこにあるのは、膨大な数の墓標。1985 年8 月、日本航空123 便墜落事故が発生した。親子で歯科医院を営んでいた峰岸薫(伊勢谷友介)の父・健造は事故の犠牲者となった。薫は父親の遺体を家に連れて帰りたい、その一心で検視に協力する。夫が事故機に乗っていたことを知った上杉加奈子 [全文を読む]

日航機墜落事故で親父を失った息子たちは今、親父になった- ドラマWスペシャル「尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落 事故~」放送決定!

PR TIMES / 2012年08月07日17時49分

【ストーリー】 2012年8月、上杉弘樹(玉山鉄二)は子供たちとともに御巣鷹山に登っていた。そこにあるのは、膨大な数の墓標。1985年8月、日本航空123便墜落事故が発生した。親子で歯科医院を営んでいた峰岸薫(伊勢谷友介)の父・健造は事故の犠牲者となった。薫は父親の遺体を家に連れて帰りたい、その一心で検視に協力する。夫が事故機に乗っていたことを知った上杉 [全文を読む]

第2の「松坂桃李・菅田将暉」はどっちだ!? 2人の“特撮出身”若手俳優・志尊淳と横浜流星に要注目

日刊サイゾー / 2017年03月24日07時00分

「オダギリジョー、玉山鉄二、佐藤健、福士蒼太と、今も最前線で活躍している彼らの共通点は、みな“特撮物”出身です。やはりイケメン俳優だと、この特撮を経験しているかどうかで、かなり大きな違いになるそうです。そういう意味では、次世代を担う俳優として志尊淳や横浜流星の名前が、すでに上がっていますね」(芸能事務所関係者) 2人とも2014年に放送された『烈車戦隊ト [全文を読む]

坂口健太郎も餌食に! 同性に嫌われる女・miwaの“あざとさ”爆発

messy / 2017年02月04日01時15分

他にも、小栗旬、松坂桃李、綾野剛、玉山鉄二など、多くのイメケン芸能人と至近距離で寄り添っている2ショットを自身のSNSに掲載。ちなみに、芸人・オードリーやバナナマンとの写真も載っているが、miwaアンチからは「イケメンたちよりも距離を保っている」「ターゲットをイケメンだけに絞っている」と分析されている。さらに、2015年1月に発売したシングル『fighti [全文を読む]

『直虎』新井美羽、 『日暮旅人』住田萌乃、『下克上受験』 山田美紅羽… 1月ドラマは美少女子役が大豊作!

日本タレント名鑑 / 2017年01月31日10時35分

住田さんは、『Woman』『明日、ママがいない』(ともに日本テレビ系)で事務所の先輩・芦田愛菜さんと共演したあと、NHK連続テレビ小説『マッサン』で、マッサン(玉山鉄二さん)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックスさん)の娘・エマの幼少期を演じ一躍注目され、最近では映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で主人公・双葉の少女時代役で出演しています。 今回紹介して [全文を読む]

【極秘】戦隊ヒーロー番組の知られざる秘密11選! もっとも狂気が感じられた作品は○○

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年01月07日06時00分

侍戦隊シンケンジャーでレッドを務めた松坂桃李さん、忍者戦隊カクレンジャーでブラックを務めたケイン・コスギさん、百獣戦隊ガオレンジャーでシルバーを務めた玉山鉄二さんなどは有名ですが、超力戦隊オーレンジャーではさとう珠緒さんがピンク役で、星獣戦隊ギンガマンでは照英さんがブルー役で出演しています。 また、元AKB48の大島優子さんも、電磁戦隊メガレンジャーのイエ [全文を読む]

島田紳助の寵愛を受けた戦隊ヒロインが大阪でフリーターに!?

メンズサイゾー / 2013年03月18日08時00分

古くは玉山鉄二やオダギリジョー、最近だと水嶋ヒロや佐藤健、松坂桃李など、戦隊・特撮モノに出演することが人気俳優になるための王道と言われるようになって久しいが、一転して特撮出演女優の「その後」は、はなかなか厳しい。 特撮モノに起用される女性の数は男性に比べて少ないため、単純に比較はできないが、ここ20年で見ても、さとう珠緒に千葉麗子、来栖あつこなど、特撮モノ [全文を読む]

フォーカス