日本 香港に関するニュース

ヘイズ、法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表

JCN Newswire / 2012年03月26日16時29分

Tokyo, Mar 26, 2012 - (JCN Newswire) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、日本の65の法律事務所を対象に実施した法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表しました。これによると、日本の法律事務 [全文を読む]

中国が威信をかける「一帯一路」構想を軽視する日本メディア。自民・二階幹事長が果たす役割とは…

週プレNEWS / 2017年06月01日10時00分

日本からは二階俊博幹事長をはじめ自民党幹部や経団連の榊原定征(さだゆき)会長らが参加したが、同日に北朝鮮のミサイル発射などもあり、日本ではあまり大きく報道されなかった。 そもそも一帯一路とはなんなのか? 中国の狙い、そして日本との関わりは? 「週プレ外国人記者クラブ」第78回は、香港に拠点を置く放送局「フェニックステレビ」東京支局長で、このフォーラムを現 [全文を読む]

第14回「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施 ~今後3ヶ月程度の世界の株式市場の見通しは、すべての地域で強気~

PR TIMES / 2014年10月07日16時06分

2014年9月に実施した第14回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)において、今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)は、米国・日本・香港の3つの地域すべてで「上昇すると思う」と回答した割合のほうが多く、個人投資家の投資家心理は強気であることが分かりました。各地域の個人投資家に、今後3ヶ月で最も期待できる地域についてたずねたとこ [全文を読む]

アイプリモ銅鑼灣旗艦店10月17日(水)オープン

PR TIMES / 2012年09月19日12時03分

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ブライダルリング専門店『アイプリモ』台湾9店舗に続き香港へ展開アイプリモ銅鑼灣旗艦店10月17日(水)オープン ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日本最大規模の店舗数を誇るブライダルリング専門店を運営するプリモ・ジャパン株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役:澤野直樹】の子会社であるPri [全文を読む]

香港エクスプレス航空の機内誌「Uexplore」制作における契約を締結

@Press / 2015年10月08日11時00分

その中でも日本への就航数が最も多く、10月末に開通する広島便を含めると全6路線(羽田、成田、大阪、名古屋、広島、福岡)となり、日本路線を運航する外資系LCCの中では最大規模の就航数になります。ホープウィル マーケティング&サービスは、香港を拠点に日本企業の海外展開を支援しており、メディア部門では、香港在住日本人向けの生活情報誌「ハローアジア香港」、香港人向 [全文を読む]

JTBの海外旅行予約サイト「トルノス」、女子旅の定番、人気都市ガイド「香港特集」を公開

PR TIMES / 2012年06月11日08時40分

◆女子旅の定番、夏休みの旅行先としても人気! 香港は日本から近く、かねてより若い女性を中心に人気のある観光地のひとつです。ショッピング、グルメ、街歩き、夜景と、あらゆる目的で楽しむことができ、週末を利用した短期海外旅行先の代表格として注目されています。また、8月の予約が前年比9割増(※)で推移するなど、夏休みの旅行先としても人気を集めています。 ※6月1 [全文を読む]

格安スマホに豊富なクールジャパンコンテンツを提供する「GOOME JP(グーミージェーピー)」発表会レポート

ITライフハック / 2015年08月18日09時00分

日本ではSIMロック解除義務化の流れが加速しつつある現在、格安スマホ向けに様々な定額サービスが安価で提供されるようになってきた。スマホ本体についても、これまでの高価格・高機能なものから低価格・限定機能なものまで、数多くの機種が発表されてきており、大手キャリア以外の魅力的な選択肢が増えてきた。こうした日本の流れ同様に海外でも格安スマホが主流になっており、20 [全文を読む]

外国人騎手初のJRA通年参戦、ミルコ・デムーロを直撃 「ゴール前でのポーズは怒られるから…でもしちゃうかも」

週プレNEWS / 2015年03月07日06時00分

そこで本誌は香港に飛び、日本のメディアとしては一番乗りで直撃取材に成功。喜びの声とともに、これまでの数々の逸話の真相を語ってもらった。 ―まずは合格おめでとうございます! ミルコ ありがとう。日本ダービーやドバイワールドカップに勝った時と同じくらい嬉しいよ! 日本を第2の故郷だと思っているボクには、本当に素晴らしいこと。チャンスをくれたJRA、応援してく [全文を読む]

第 12 回「MONEX グローバル投資家サーベイ」実施

PR TIMES / 2014年03月31日17時22分

個人投資家の米国市場への期待が高まる 2014年3月に実施した第12回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)において、日本、米国、中国(香港)の個人投資家は、今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)を「上昇すると思う」と楽観的に捉えています。また、日本の個人投資家においては、6四半期ぶりに米国への期待が日本を上回りました。業種別に [全文を読む]

“香港のゲバラ”&過激派“阿牛”が宣言「10月、再び釣魚島に上陸する」

週プレNEWS / 2012年09月12日14時00分

“香港のゲバラ”の異名で知られ、香港政庁の立法会議員(日本でいう国会議員)を務める“長毛”こと梁國雄(りょうこくゆう)。そして彼の同志であり、同じく香港の政界を舞台に過激な物言いを続ける“阿牛”こと曽健成(そけんせい/ちなみに現在落選中)。魚釣島への上陸を試みた彼らの本当の狙いはいったいなんなのか? 香港で直撃取材に成功した。 *** ―あなた方は過去何度 [全文を読む]

『“think GLOBAL, think Hong Kong”香港:国際化へのパートナー』 3,000名以上が参加し、大きな成果をもたらしたシンポジウムがビデオニュースに

PR TIMES / 2012年06月04日18時07分

香港をゲートウェイにしてアジアへ羽ばたこうとしている日本企業に対してのエールと進出意欲の熱気が伝わる内容となっている。TGTHKビデオニュース:http://youtu.be/MzGELUDB3lATGTHKは香港貿易発展局(HKTDC)が主催するプロモーション事業で、100以上の香港パートナーと日本企業・団体の後援により開催。香港特別行政区政府商務経済発 [全文を読む]

外国人特派員たちが語る2016年・日本の論点。安倍政権に対して脆弱すぎるのは野党かマスコミかデモか?

週プレNEWS / 2016年02月04日10時00分

日本に長年滞在する外国人特派員たちの目には、2016年の日本はどのように映っているのだろう? 「週プレ外国人記者クラブ」第19回は特別編として、3名のジャーナリストを新年会にご招待し、この国の行方を語り合う! 出席者は、イギリスの『エコノミスト』誌や『インデペンデント』紙などに寄稿するアイルランド出身のデイビッド・マックニール氏、フランス『ル・モンド』紙の [全文を読む]

「出前一丁」 香港でシェア60%、売れ過ぎでお詫び広告も

NEWSポストセブン / 2012年09月16日07時00分

スーパーには、10種類以上の「出前一丁」がズラリと並び(価格は日本円で約40円)、レストランでも出前一丁を店側が調理したラーメンが振る舞われる。 香港人と出前一丁の歴史は古い。1968年に日清が販売した同商品は翌年には香港に輸入されていたという。1984年に現地法人・香港日清を設立。1985年には香港工場も建てられ、香港人の口に合う商品が開発されてきた。同 [全文を読む]

600名の訪日観光客の声をもとに、外国人「おもてなし」ガイドブック 『じゃらん 英語で日本案内』を11月25日発売

PR TIMES / 2014年11月21日12時01分

~次回の宿泊意向は「旅館・民宿に泊まりたい」が67.5%でトップ~ 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が編集を行う国内旅行誌『じゃらんムックシリーズ』(編集長:宮下真衣子)は、訪日上位6カ国・地域の訪日観光経験者600名に日本の観光に関するアンケートを行いました。その結果を反映した『じゃらん 英語で日本案内』 [全文を読む]

中国の夢、それぞれの日々 - ふるまい よしこ 中国 風見鶏便り

ニューズウィーク日本版 / 2014年04月11日20時08分

なんでまた彼がそんな人たちと知り合いなのかよくわからないが、鍋を突きつつ、彼が1月にアメリカに行った話をし、そしてその帰りに日本に寄ってふぐ専門店で舌鼓を打った、渋谷をぶらついた、日本が大好きだなどという話をすると、見たところ何の変哲もない中年コーチ2人も「日本はいいところだよなー」と頷いていた。過去、試合で何度か日本に行ったことがあるそうで、そのうち1 [全文を読む]

「Snapeee」がリニューアル、写真加工アプリからSNSへ 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年08月27日09時30分

「Snapeee」は当初から「日本のカワイイ」を世界に浸透させる考えがあり、日本発の文化であるプリクラ風のデコ機能に注目が集まったが、今回のリニューアルで「日本的なかわいさを、原点に帰って追求する」(マインドパレット 代表取締役社長 小林佑次氏) 方向で大きく舵を取る形となった。“日本的なカワイイ” を見据えた前進 「Snapeee」は、2011年5月1 [全文を読む]

週末の女子旅なら香港!火鍋にスパ…グルメ&美容三昧の旅

LAR - Life & Aging Report / 2015年03月16日12時00分

香港は海鮮がとても美味しくやはりそれなりの値段ではありますが、日本に比べればリーズナブルな傾向。せっかくなので鮑やロブスターなどの盛り合わせをオーダーするのも贅沢気分でいいですよ。 ■美しい夜景は香港旅行の醍醐味 その昔、100万ドルの夜景なんてフレーズが香港の代名詞だったりしたものですが、今でも美しさは変わらず。ビクトリアピークなど有名なスポットもたくさ [全文を読む]

加藤嘉一「台湾と香港の“波及効果”こそ、中国共産党の最大のリスクです!」

週プレNEWS / 2015年01月05日11時00分

予定調和というしかなかった日本の衆院選とは対照的に、大いに盛り上がった11月の台湾統一地方選挙。民進党の躍進は、もっと大きな流れに発展する可能性があります。 少し前の話になりますが、11月29日に台湾で統一地方選挙が行なわれ、与党・国民党が首長ポストを選挙前の15から6に減らし、最大野党の民進党は6から13まで躍進しました。特に注目された台北市長選は、民進 [全文を読む]

【Asia Fashion Collection】日本、韓国、台湾、香港の若手ファッションデザイナーのインキュベーションプロジェクト、10月19日(日)EBiS303で、ランウェイショーを実施!

DreamNews / 2014年09月03日11時00分

AFCは、韓国、台湾、香港、そして日本の若手デザイナーたちがしのぎを削り、各国の代表デザイナーとしてニューヨークのメルセデス・ベンツ ファッションウィークでのランウェイデビューを目指す“コンペティション”の要素と、その後のパルコでのコレクション展示やタイペイ・イン・スタイル等の国際的な展示会への参加機会を提供し、デザイナー自身がビジネスチャンスをつかんで [全文を読む]

所得税の上限を決めて「富裕層」を優遇? 政府が検討する「新税制」の長所と短所

弁護士ドットコムニュース / 2014年04月28日19時35分

現在の日本の所得税は、所得が多ければ多いほど支払う税金の税率が高くなる「累進課税」という仕組みが採用されている。最高税率は40%で、納税額の上限はない。単純に計算すると、10億円の所得があれば、4億円の税金をおさめなければいけないということだ。ところが、もし納税額の上限が2億円となれば、そのような高額所得者にとってはおいしい話ということになる。いわゆる「金 [全文を読む]

フォーカス