天然 能年玲奈に関するニュース

『あまちゃん』ファンに聞いた 能年玲奈に演じてほしいマンガキャラ ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月12日18時30分

理由は、「天然でのんびりしたとこが能年さんとかぶる」「ドジで天然でマイペースな雰囲気が能年さんのイメージにハマっているように感じたので」「ギターをかまえた姿、天然な感じが似合うから」「のほほんとした感じが合いそう!」ということでハマリ役として期待ができそう。■3位 『ドラえもん』 源静香 誰にでも優しい穏やかな性格のしずかちゃんがランクイン。成績は優秀、 [全文を読む]

テレビから干された?能年玲奈の再起が叶わない意外な理由

しらべぇ / 2016年05月09日07時00分

コミュ障で小声ですごく天然。男性から見ればかわいいのかもしれませんが、女性社会では『いじめられっ子』の典型例ですもん。ドラマも映画も、最初に女性客をターゲットに据えることが多いので、彼女の場合はキャスティング時にかなりネックになると言えます。今となっては、ブレイク時にあんまりバラエティに出ないほうがよかったかもしれませんね。まあ、これだけ急に見なくなっては [全文を読む]

能年玲奈っぽい!? 若手演技派女優・杉咲花、初のトークバラエティ出演で天然キャラ炸裂!

メンズサイゾー / 2015年02月03日18時00分

しかし、小さな声でぼそぼそと話していたかと思えば、トークの合間に突然爆笑し始めるといった、思わぬ天然ぶりを披露することとなった。 また、将来は自分のラジオ番組を持ち、好きな音楽を流しながらゲストの悩みに答えたいという彼女。そこで同番組レギュラー陣とラジオ番組のシミュレーションを行ったが、「結婚したいけどできない」という悩みに対して「応援しますので頑張って下 [全文を読む]

橋本愛の「天野アキちゃん化」はプラス? マイナス?

アサ芸プラス / 2014年09月04日09時59分

橋本は天才数学少女で難事件を解決してゆく役どころだが、そのキャラクター設定といえば──、 「天然すぎるほど天然で、声の出し方も今までになくやわらかな感じ。つまりは能年玲奈そっくりになってしまった。熱烈な“あまラー”の間では、『ユイちゃんがアキちゃんになってどうする!』って声が多いですね」(テレビ誌編集者) 放送中の「若者たち2014」は、フジテレビ開局55 [全文を読む]

「独特のひと言で片付けられない何かがある」 世界観を貫く能年玲奈にマツコ・デラックスもタジタジ!?

メンズサイゾー / 2014年08月19日17時30分

1日に放送された『あさイチ』(NHK)を皮切りに、4日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)、7日の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)、9日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)、12日の『火曜サプライズ』(同)、13日の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(同)、14日の『ぐるぐるナインティナイン』(同)などに出演した彼女は、どの番 [全文を読む]

「質問に1分以上フリーズ!?」宮藤官九郎のツボにハマった、能年玲奈の“ド天然”ぶり

日刊サイゾー / 2013年12月06日09時00分

今年で30回目を迎えた「2013ユーキャン新語・流行語大賞」表彰式が2日、都内で行われ、年間大賞に「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ!」「お・も・て・な・し」の4語が選ばれた。 滝川クリステルが久しぶりに「お・も・て・な・し」の封印を解き、注目を集める中、NHKの朝ドラ『あまちゃん』のヒロイン・能年玲奈が“らしさ”を発揮。脚本家の宮藤官九郎と共に現れ、受 [全文を読む]

「あまちゃん」とは全然違った能年玲奈の天然素顔

アサ芸プラス / 2013年10月31日10時00分

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に出演以来、仕事が殺到している能年玲奈。当初は、ドラマそのままの純朴キャラクターかと思いきや、徐々にその本領を発揮しつつある。 10月28日放送の「しゃべくり007」では、お気に入りのつけひげをしたかと思えば、得意のギターも披露。しかし、司会のくりいむしちゅーなどのツッコミには、何度も黙ってしまうという放送事故スレスレのシー [全文を読む]

「能年玲奈VS綾瀬はるか」紅白司会でメディア報道が真っ二つ

メンズサイゾー / 2013年10月06日13時00分

問題はメディアなどで度々取り上げられている能年の“天然ぶり”だが、アドリブで喋る必要はなく、綿密な台本と総合司会の局アナのフォローで乗り切れると分析しているようだ。 この記事に対して、ネット上では「これは楽しみ!」「能年ちゃんと松田龍平さんの司会で紅白を見たい」「最後まで『あまちゃん』で楽しませてくれるのか」「能年ちゃんが司会だと心配で気が休まらなさそう… [全文を読む]

天然清純キャラ能年玲奈の意外な親友

アサ芸プラス / 2013年09月04日10時00分

セクシーさでは親友に及ばない能年ですが、過酷な朝ドラが終われば徐々に色っぽさが増してくるに違いありません」(芸能記者) 今後、女優としては「あまちゃん」以上の当たり役が見つからないのでは、というのが最大の悩みと言われる能年だが、もし“奈落”に落ちたら、親友を見習ってセクシー系に転向するのもアリ? [全文を読む]

署名運動も!のん、映画の大ヒットで「能年玲奈」を名乗れる日が来る!?

アサ芸プラス / 2016年12月13日09時59分

ほわほわしていて可愛らしく天然、だけど決めたらやり通す強さを持つ主人公の存在が、のんのイメージと重なり合ってこのヒットが生まれていると見る声もあります。この映画をきっかけに、のん自身も大きく飛躍するのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター) そんななか、「能年玲奈」という芸名をもう一度復活させようとするファンの動きが、ネットを中心に盛り上がっていると [全文を読む]

「素は見たくない!」能年玲奈の“間違った売り出し方”に大ブーイング

アサ芸プラス / 2015年01月13日18時00分

それから熱心にレッスンをし、才能と実力は評価されていますから、バラエティ番組で素の部分を見せるのは程々にし、大事に育ててほしいですね」 事務所は能年の天然ぶりをアピールしたいようだが、彼女が輝く場所はバラエティではなさそうだ。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】篠原ともえ&能年玲奈の仲良しツーショットに「姉妹みたい!」と反響。2人の共通点とは?

TechinsightJapan / 2014年12月16日11時45分

また、おっとりとした少し天然なキャラクターもよく似ている2人。映画共演に伴い、お互いのラジオ番組に出演するなど仲の良さを見せている2人だが、様々な共通点からお互いに親近感を持っているようだ。 篠原がパーソナリティを務め、能年がゲスト出演した『東京まちかど☆天文台』(TOKYO FM)は19日放送、その翌週には能年がパーソナリティを務める『SCHOOL O [全文を読む]

能年玲奈 「天然美少女」キャラへの成長の道のり

アサ芸プラス / 2014年10月15日09時59分

たびたび出演しているバラエティ番組では、見事な「天然美少女」ぶりを発揮。清楚かつ口下手なキャラクターがお茶の間で好評を博し、好感度も急上昇。今年「日経エンタテインメント!」が発表した「U25女優急上昇ランキング」では堂々の1位に輝いた。 そんな彼女に、衝撃的な「キャラ作り説」が浮上している。 「中学時代の能年玲奈は、現在とは全く異なるキャラクターでした。 [全文を読む]

能年玲奈 フリートーク下手で迎えた正念場

アサ芸プラス / 2014年08月21日09時59分

能年玲奈といえば、超スローペースな独特の間合いの天然トークが知られるが、さすがに最近ではそれが周囲の心配のタネになっているという。 「かつて能年は何度も放送事故寸前か、もはや事故と言っていいんじゃないかというぐらい、トークにならないトークで現場を青ざめさせてきました。『いいとも』に出たときも、あまりの噛み合わなさに、あのタモリが持て余し気味でしたからね。で [全文を読む]

新垣結衣、能年玲奈を越える逸材!? 弾ける笑顔が魅力の天然系美少女・清水富美加!!

メンズサイゾー / 2014年08月15日19時15分

(文=峯尾) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

能年玲奈、女子生徒の制服姿に「目の保養でありがたい」

WEB女性自身 / 2014年08月06日00時00分

制服が好きな理由を聞かれると能年は、「私の制服はシンプルというか布の少ない制服だったので」と不思議な回答をし、天然発言で笑いを誘った。 女子生徒らが二人に質問をするコーナーでは、「将来の夢をどうやって決めたらいいか」と相談を受けた能年。これに対し能年は「好きなことにどん欲になるといいと思う。頭で考えるより飛び込んでみることが大事です」とアドバスを送った。( [全文を読む]

“放送事故級の沈黙”も魅力!? 能年玲奈に『しゃべくり』メンバーもタジタジ…

メンズサイゾー / 2014年08月05日16時05分

しかし、そんな風に芸人たちを翻弄しながらも、当の能年本人は、しゃべくり名物のコントで「卒業式のコメント」が始まり、「楽しかった文化祭~」「足がパンパンになった富士登山~」と芸人たちがボケる中で、最後に「話の長かった校長先生~」と見事なオチを披露するなど、単なる“天然”とは思えないアドリブ力を見せていた。 さらに能年は番組の中で、ハマッているものとして「洋 [全文を読む]

能年玲奈の深刻な“あまロス”症候群

アサ芸プラス / 2014年01月29日09時59分

1度、ステージの左端に紅組司会の綾瀬はるか、右端に能年が立ち“天然ツートップ”が並び立ったと話題になりました」 母親の天野春子を演じた小泉今日子(47)は同30日にサングラス姿で髪をかき分けながら颯爽とNHK入り。その際には同局の会長を筆頭とした重役クラスが横一列に並んで“お出迎え”という。能年は記者から感想を求めても、しばしフリーズし、なかなか言葉が出て [全文を読む]

地毛でつけま作成も!! 40年前からの偽造二重を明かしたアノ熟女女優にびっくり

messy / 2014年01月07日19時00分

素の彼女も綾瀬はるか同様に、独特の間で“天然”と言われる“あやうい雰囲気”の持ち主であるけれど、「海女のアキちゃん」として無事に『あまちゃん』コーナーを成功させていました。『あまちゃん』にドはまりしていた自分にとっては、涙モノの素晴らし過ぎる演出が満載でした。そんな感じで“歌合戦”だというのに、歌そっちのけで綾瀬はるかと能年玲奈にただただ魅了されて、彼女た [全文を読む]

「あまちゃんロス」にはさせねえ!(1)発育著しい能年玲奈の胸の膨らみ

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

もはや天然どころか天然記念物のようで、これから芸能界でやっていけるのかしらと心配になったぐらいでした」 多くのファンも同様に不安がっている。能年が天野アキのイメージを脱することができるのか、もしかしたら、その前に消えてしまうのでは‥‥と。 しかし、不安ではなく大きな期待を寄せているのは、アイドル評論家の織田祐二氏だ。 「ドラマ序盤は、まったく気にも留めなか [全文を読む]

フォーカス