引退 能年玲奈に関するニュース

頼みの綱は小泉今日子?能年玲奈“トラブル引退危機”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日19時06分

発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)では「芸能界を引退へ」とまで報じられ、ファンが大騒ぎする事態となっている。 ■独立トラブル泥沼化で引退危機 能年はレプロ側との契約が今年6月末で終了。事務所からは延長が打診されていたが、話し合いどころか能年とまともに連絡を取ることもできず、没交渉のまま事務所を離れる可能性が非常に高くなったという。 能年といえば2013年 [全文を読む]

能年玲奈が事務所側の好待遇条件蹴って独立か?

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

引退か、再ブレークか──NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年4月~9月)で人気女優となった能年玲奈(22才)。その周辺がにわかに騒がしい。 「能年はあまちゃん以降、いくつかの映画やCMに出演しましたが、徐々に姿を見る機会が減り、今年1月、『かんぽ生命』のCMが終了すると、彼女の活動はブログでしか見られなくなりました。ところが、この6月末に所属事務 [全文を読む]

能年玲奈が「menme」の名前で絵や洋服の即売企画中

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

一連の騒動について、『週刊女性』(6月7日号)が、《能年玲奈 事実上芸能界を引退へ》と報じると、スポーツ紙やワイドショーも〈能年玲奈独立へ〉〈能年仕事拒否 最悪引退も〉〈能年引退危機〉などと追随した。一方、『週刊文春』(6月9日号)には能年の母親が登場。「引退はしない」と一連の報道に反論し、さらに娘の今後について、「契約満了後の7月に新たな会社を立ち上げ [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

引退も洗脳も噓」「報道リンチ、本当に酷い」「玲奈が弱いものいじめに遭っている」 再燃している能年玲奈バッシング報道について、他でもない能年玲奈の母親が「週刊文春」(文藝春秋)2016年6月9日号に登場。真っ向からこんな反論を口にした。 周知のように、この間、能年玲奈をめぐっては、独立したいとする能年に対し、所属事務所・レプロエンタテインメントが徹底的に仕 [全文を読む]

ベッキー騒動とスポンサー企業(下) 商品の失われた信用を取り戻す道

Japan In-depth / 2016年06月01日11時00分

商品としてのタレントを買うか買わないかは、買い手の視聴者が決めることであるはずだが、「引退してほしい」との声が高まるベッキーがゴリ押しされ、人気の高い能年が引退の危機に直面している。また、繰り返される不正で売上が急降下した三菱自動車において、数千人の従業員や関連企業の雇用が脅かされる一方で、視聴者の信用を完全に失ったベッキーが「借金返済と事務所救済のため」 [全文を読む]

もはや何でもあり?清水富美加の出家先が今度は能年玲奈の守護霊を召喚!

アサ芸プラス / 2017年02月23日10時25分

ともあれ、今回の清水引退騒動は思いのほかに長期化するのかもしれない。(金田麻有) [全文を読む]

「フジテレビに抗議」「母親が沈痛告白」も能年玲奈の復帰にはまだまだ暗雲

アサ芸プラス / 2016年06月02日08時00分

引退報道まで飛び出し、どんな決着を迎えるのか注目される能年玲奈と所属事務所の確執騒動。6月2日発売の「週刊文春」では、これまで口を開くことのなかった能年の母親が、自身の知る真実を告白している。「母親が言うには、引退も演技指導講師の女性による洗脳もないとのこと。母親が能年を説得しても聞き入れないなどの報道には、心底嘆いているようです。女性に身の回りの世話をお [全文を読む]

“独立騒動”で芸能界引退危機の能年玲奈、法廷闘争に向けて勉強中!

日刊サイゾー / 2016年05月29日11時00分

NHK朝の連ドラ『あまちゃん』でブレークした女優・能年玲奈が6月に所属事務所との契約を更新せず、独立の意思を固めたことで、引退危機が伝えられている。「週刊女性」(主婦と生活社)が「事実上芸能界を引退へ」と伝え、サンケイスポーツなどスポーツ紙もこれに追従したが、業界事情に詳しい芸能プロダクションの関係者によると「引退という報道は、所属事務所のレプロエンタテイ [全文を読む]

清水富美加と温度差?菊地亜美やユージが”事務所擁護”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月22日08時19分

女優の清水富美加(22)が、宗教団体・幸福の科学に出家するため芸能界を引退するという報道について、同じ所属事務所のタレント・菊地亜美(26)が、自身のTwitterで“しくじり”コメントをしてしまったようだ。 清水の引退が報じられた2月12日、菊地はTwitterに「私はレプロに所属して10年ちょいだけど、沢山お世話になってるし毎日楽しく仕事してますよ」と [全文を読む]

清水富美加引退騒動、「レプロのタレントはいつどうなるかわからない」と警戒広まる

Business Journal / 2017年02月15日12時00分

●能年玲奈も…看板女優のトラブルが相次ぐレプロ 気取らない性格で人気を集めている新進女優の清水富美加が、信仰する宗教団体「幸福の科学」の活動に専念するために芸能界引退の意向を固めているというニュースが波紋を呼んでいる。出演中のCMや公開を控えた映画、さらには撮影中の映画もあるため、業界内は大混乱だ。 そんな彼女が所属するレプロエンタテインメントとは、どんな [全文を読む]

芸能界はブラック体質?清水富美加の”電撃引退”が業界で物議に

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日19時06分

女優の清水富美加(22)が宗教法人「幸福の科学」に出家するために電撃引退した騒動が波紋を広げている。引退理由は「奴隷契約」とも表現される低待遇への不満などとされている。だが、これにワイドショーなどに出演している芸能人たちから厳しい意見が続出。所属事務所「レプロエンタテインメント」の肩を持つようなコメントが連発され、その状況に視聴者から疑問が噴出するなど議論 [全文を読む]

能年玲奈には“洗脳“攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず...マスコミが黙る2つのタブー

リテラ / 2017年02月13日21時30分

女優の清水富美加が芸能界を引退し、幸福の科学に出家するという一件が大騒ぎとなっている。昨日からワイドショーでは大きく取り扱われ、スポーツ新聞でも軒並み一面でこのニュースが報じられているのはご存知の通り。 今回の清水富美加をめぐる一件では、マスコミでの報じられ方に大きな特徴がある。各メディアとも、幸福の科学と、彼女の所属しているバーニング系列のレプロエンタテ [全文を読む]

女優は奴隷なのか? 清水富美加の引退・幸福の科学専念が補強した能年玲奈独立の言い分

messy / 2017年02月13日20時00分

若手女優・清水富美加(22)が、芸能界からの引退と宗教法人「幸福の科学」への出家を発表し、大騒動となっている。2月11日、レギュラー司会を務める生放送『にじいろジーン』(フジテレビ系)を体調不良で欠席した清水は、同日18時47分にTwitterに新アカウント@sengen777を開設。その新アカウントで「私以外に私の本当の事を語れる人なんていないことを、今 [全文を読む]

おかもとまり、広末涼子の物真似に「昔はもっと似てたよね」 太田プロ退所に「有吉の圧力?」の声

おたぽる / 2016年10月26日09時00分

』と、のんの物真似メイクを披露していましたが、他の女優の物真似メイク同様、『全然似てない!』『ふざけるな!』などと批判の声が飛び交い、『ざわちんとの格差は広まるばかり』『ざわちんに弟子入りしたら?』などと、おかもととほぼ同時期から物真似メイクを披露するようになった、ざわちんとのレベルの差を指摘されてしまうことも多いようです」(芸能関係者) おかもとは、物真 [全文を読む]

“関西テレビ界の女帝”上沼恵美子が能年玲奈の母に公開説教!

日刊サイゾー / 2016年07月26日09時00分

これらは「独立騒動」と報じられ、女性誌では能年の引退報道も飛び出した。これに、別の週刊誌で異論を唱えたのが能年の母。娘の引退報道が事実無根で、今後は家族でサポートしていくことを力説している。 「実は『三毛andカリントウ』にも、後から能年の母親が役員に入っています。今後は家族で彼女をフォローしていくようですね。ただ、上沼さんが言うように、過去に親族が介入 [全文を読む]

能年玲奈、“のん”改名で加護亜依に助言を求めるファンが殺到? 加勢大周の二の舞いを恐れる声も

おたぽる / 2016年07月18日12時00分

かつて、吉田栄作や織田裕二と共に“トレンディ御三家”と呼ばれ、映画やドラマに引っ張りダコだった俳優の加勢大周は、独立した結果、芸名の使用に関して前事務所と1年3カ月に渡り裁判を繰り広げ、結局、前事務所から『プレゼントする』という形で、芸名は存続できたものの、その裁判の間に俳優としての人気が下落し、いつしか主演ではなく助演での出演オファーが多くなり、08年に [全文を読む]

能年玲奈、引退危機カウントダウンに「救世主はやっぱり、小泉今日子しかいない!」 激ヤセに心配の声も

おたぽる / 2016年06月20日12時00分

事務所からの独立騒動が原因で、昨年から開店休業状態が続いている女優の能年玲奈だが、今月末に切れる事務所との契約を更新しなければ、そのまま芸能界を引退せざるを得ない状況に追い込まれるのではないかという憶測も広まっている。そのXデーが近づく中、能年ファンからは「救世主はやっぱり、小泉今日子しかいない」と、2013年に放送された、NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん [全文を読む]

芸能界追放の能年玲奈が”アーティスト”として再始動の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日08時05分

一部報道では、今年6月で事務所との契約が切れることから、女優業を引退するのではないかという声も囁かれている。しかし、その一方で6月9日号の『週刊文春』(文藝春秋)で、能年の母親が「引退はない」とコメントしている。 「芸能界から退くことを示唆する報道に反論している母親は、さらに同誌において契約満了後の7月に新たな会社を立ち上げるとも言っています。全ては7月か [全文を読む]

引退危機の能年玲奈、気になる「そのあとに...」|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年05月31日20時00分

するとその2日後に「能年玲奈、事実上芸能界を引退へ。」という記事が出た。発信元は週刊女性。事務所から独立してもトラブルメーカーのイメージがついて今後は大変だろうという内容。この記事は「引退」という文字のインパクトが大きくて話題になったのだと思うが、私はむしろ「6月」を間近に本当にザワザワしてきたんだなと感じた。これもひとつの情報戦である。 今までも「能年 [全文を読む]

「引退危機報道」は所属事務所からの能年玲奈への最後通告か? 意外な復活の可能性も浮上!!

Business Journal / 2016年05月31日19時00分

2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演し、人気を博した能年玲奈の芸能界引退危機が注目を集めている。 能年は、「あまちゃん」で一躍国民的女優となり、活躍の場を広げるも、昨年4月に所属事務所からの独立騒動が勃発。 所属事務所に無断で長年にわたって演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立し、その後は所属事務所サイドとの打ち合わせや契約 [全文を読む]

フォーカス