パンツ 能年玲奈に関するニュース

洗脳と信頼。能年玲奈は沢尻エリカのように「もったいない20代」を余儀なくされるのか?

messy / 2015年07月09日18時30分

辞めて他の事務所へ移るか独立したほうがいい」 と助言していたとして、それは洗脳だろうか? また、『あまちゃん』撮影中は能年があまりに仕事での拘束時間が長く、下着を洗濯をする時間もなくて「替えのパンツがもうないんです」、おまけに現金も持っておらず「新しいパンツをコンビニで買うこともできない」と滝沢氏に泣きついたとのエピソードが伝えられている。それ以降、滝沢氏 [全文を読む]

斉藤由貴の不倫懲罰であらためて驚く、マギー不倫の「完全タブー」ぶり。不倫スクープ後のメディア対応の違いが露骨すぎる!

messy / 2017年09月16日16時00分

ところが今月5日の「FLASH」で斉藤と男性のキス写真、12日の同誌には医師が女物のパンツを被った写真が掲載され、もはや申し開きができなくなった状態だ。 斉藤は11日にコメントを発表。「お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました」と、8月には認めることのなかった不倫を認めた。なにより、パンツ被り写真の載った週刊誌発売日に相手の男性医 [全文を読む]

のん、スライム姿で「倒されても負けない」 「台詞がまた良い」「復活嬉しい」

J-CASTニュース / 2017年08月29日11時42分

かぼちゃパンツ、まだ履けるんだ 26日から放送されているのは「倒されても篇」。泥だらけになりながらも、カメラ目線で「なんど倒されても、ボクは負けない!」と訴えるセリフが印象的だ。 のんさんは、28日にはブログとインスタグラムにスライム姿の写真をアップ。「スライム、待ち時間。目が4つ。」「再び、スライムになりました。最高!」「かぼちゃパンツと膝上の靴下、ま [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

寮の乾燥機が壊れた際には、能年が「明日のパンツがない」「財布に200円しかない」と、深夜、当時演技指導をしていた滝沢充子氏に電話したこともあったと伝えた。 また、『あまちゃん』でブレーク後、能年にはオファーが殺到したが、レプロは仕事を勝手に断っていたといい、その中には能年が出演を熱望していた実写映画『進撃の巨人』も。当時、能年は記者の直撃に「仕事がしたい」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】のん、能年玲奈からの改名に「どっちもどっち」「2画はシンプルで面白い」

TechinsightJapan / 2016年11月20日14時15分

ワルイちゃんは「お母さんのブラジャーやパンツを“ワーッ”って引っ張ってきて、ぐるぐる回したりする」のだそう。「子どもって(そういうこと)やりませんか?」と逆に報道陣に問いかけた。 のんは、現在公開中の映画『この世界の片隅に』で主人公の声を演じて“声優”として注目を集めているが、「女優は自分を形づくっているものなので、一生やっていきたい」とこれからの女優業に [全文を読む]

事務所と冷戦中の能年玲奈が「社長かっこよかった」と綴った理由とは?

アサ芸プラス / 2015年08月06日17時58分

プライベートでは絶対に履かないようなスキニーな黒のパンツで決め、腰には弾倉っぽいデザインの幅広ベルト。極めつけは両手に握った拳銃2丁である。とても22歳女子の衣装コレクションにあるとは思えないアイテムばかりだ。 写真の背景を見ると自分の部屋とは思えず、壁や床の感じからはレッスンスタジオか会議室のような印象を受ける。これが所属事務所のオフィスなのか、それとも [全文を読む]

能年玲奈、パンチラ寸前ショットで健在示すも...事務所トラブル泥沼化で身動きとれず

メンズサイゾー / 2015年06月09日20時00分

あと僅かでパンツが見えてしまうようなギリギリショットになったため、ネット上では「セクシーすぎる」「見えそうで見えないのが至高」「ドキドキする」などと興奮したファンのコメントが相次いだ。 サービスショットで健在を示したものの、このところの能年のブログから伝わってくるのは動くに動けないもどかしさ。仕事の報告はほとんどなく、公園らしき場所で撮影した写真をアップし [全文を読む]

能年玲奈の事務所トラブル…「独立」も「残留」もいばらの道

デイリーニュースオンライン / 2015年05月04日07時50分

替えの下着を購入しようにも財布に「200円」しかなく、パンツすら買えなくなっていたという。 「冷遇のきっかけになったのは同じ事務所の川島海荷(21)の存在。川島は本間代表が自ら才能を見出し、肝入りで大々的に売り出した。『あまちゃん』のオーディションにも事務所の本命として参加させたが、実際に選ばれたのは当て馬扱いだった能年。同作で能年は大ブレイクし、一気に川 [全文を読む]

能年玲奈はチェックに夢中。ロックな私服披露

FASHION HEADLINE / 2014年02月07日21時00分

ダークなトーンでまとめたスタイルに、ブルーとイエローの大柄チェックのパンツが彩りとキュートさを添えている。 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で演じたヒロイン・天野アキの純朴なイメージが強い能年だが、ファッションに関しては古着系のユニークなテイストを愛好している。 [全文を読む]

「パンツを食いこませたり……」整形疑惑否定した『あまちゃん』女優・足立梨花の意外な“露出度”って?

日刊サイゾー / 2013年12月24日13時00分

「足立の水着グラビアは、Tバックとはいかないまでも、小さめのパンツを着用したり、パンツを食いこませたりと、いつもヒップの露出度が高く、美尻をアピールしています。別にセクシーを売りにしているわけでもないし、女優としてNHKのドラマに出演するようになっても、異例の露出度の高さ。あまちゃん人気とは別に、過激なヒップの露出にファンが急増中です」(同) あらぬ整形 [全文を読む]

能年玲奈、カッコよくてセクシーな“魔性の女“に挑戦! ほのかに胸のふくらみがわかる姿にファン歓喜

メンズサイゾー / 2015年08月04日10時00分

そんなブラック・ウィドウの姿に能年は憧れを抱いたようで、「寄せ集めで服を揃えて、撮ってしまいました」と記しながら、黒のタンクトップに長い脚を強調するピッタリとしたパンツをはいた一枚を公開したのだ。 能年の名を一躍有名にしたNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』から活発な少女というイメージを持っている人も多いだろうが、今回アップされた画像は、いかにも"カッコい [全文を読む]

【独占インタビュー】乃木坂46・生駒里奈「グループと自分…今、そして未来のこと」

Woman Insight / 2015年08月02日15時50分

WI 普段はどんなファッションが多いですか? 生駒 日に焼けたくないので、Tシャツにパンツとかラフな格好が多いです。以前は本当にシンプルだったんですが、最近はリングとかTシャツの柄とか、ラフな中にもひとつアクセントを入れるようにしています。 WI ファッションの他に、この夏のトレンドアイテムはなんですか? 生駒 セブンイレブンの『まるでマンゴーを冷凍した [全文を読む]

新垣結衣、能年玲奈を越える逸材!? 弾ける笑顔が魅力の天然系美少女・清水富美加!!

メンズサイゾー / 2014年08月15日19時15分

それが画面から伝われば、自ずと人気も出てくることでしょう」(業界関係者) ネット上では、ドラマでの衣装や、ブログで公開している"パンツファッション"が可愛いと評判になっている清水。そのスレンダーな体型には、男女問わず魅了されているようだ。滲み出る性格の良さから天真爛漫な役柄をこなし、バラエティでも人当たりのいい姿を見せていた清水には、今後も注目していきたい [全文を読む]

武井咲、吉高由里子、夏帆…「メイン女優、新ドラマ星取り予想」

アサ芸プラス / 2013年04月16日10時00分

「清純派の夏帆がヤンキー役に挑戦し、キックをかましてパンツがまる見えになるシーンがあるんですが、夏帆に何をさせてるんだ!とビックリしましたよ。ヘタすると大ブレイクドラマになるのでは? 監督もヴェネチア国際映画祭で受賞歴もある園子温だし、キャスティング的にも、すでに映画化の話も出ているかも」 また、無名ながらコンスタントにドラマ出演を続けた末、「雲の階段」 [全文を読む]

フォーカス