水着 能年玲奈に関するニュース

女優は奴隷なのか? 清水富美加の引退・幸福の科学専念が補強した能年玲奈独立の言い分

messy / 2017年02月13日20時00分

<給与について>・デビュー当時は歩合制(清水は08年にデビュー、09年3月から2012年3月の休刊まで、女子小中学生向けファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルを務めた)・デビュー3年後から月給制に(月5万円)・父親が事務所に「月給5万円は厳しいのではないか」と告げると、仕事を干された・清水自らオーディションに臨み役を射止めた『仮面ライダーフ [全文を読む]

クドカン、大河ドラマ脚本で“のん”が12年ぶりの水着姿を公開?

アサ芸プラス / 2016年11月18日17時59分

「のんが12年ぶりに水着姿を公開するかもしれませんよ。彼女がティーン誌の専属モデルとして水着を着たのは2007年のことで、当時はまだ中学生。大人になってからは水着を完全に封印していましたが、もし再来年の大河で競泳選手の役を演じることとなれば、必然的に水着になるわけです。その時には25~26歳の女ざかりになっていますから、男性ファンはもう辛抱たまらんでしょう [全文を読む]

【ウラ芸能】能年玲奈、嫉妬の対象

NewsCafe / 2014年04月19日15時00分

この部分にコンプレックスを持っているので、セクシー水着の写真集もNG。しかし、有村は過去に水着をやっていますし、仕事に貪欲だからセクシー系のNGはほとんどない。有村は今、ヘアヌード写真集を撮影しているという噂まであるほどです」デスク「ウッソォ~?!」記者「つまり、セクシー路線では能年に勝ち目はないってことです。あまちゃんのキャラでは純粋なイメージで人気を博 [全文を読む]

レプロと幸福の科学、どっちが“ブラック“? 幸福の科学では勝手に退会できない制度が...清水富美加は大丈夫か

リテラ / 2017年02月20日12時30分

月給5万円という低賃金に加えて、水着の仕事ややりたくなかった役での映画出演強要、さらに本間憲社長の守護霊インタビューと称して「仕事を断ったら干す」というような体質も攻撃された。 レプロ側も一応、反論しているが、宗教相手ということで腰がひけているのか、あまり具体的ではなく、説得力がない。しかも、レプロは能年玲奈に対してもタレントの人権を無視した扱いや常軌を逸 [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

事前に「やりたくない」と伝えていた水着の仕事をムリヤリ入れられてしまったこともあったとか。さらに、連ドラの撮影が深夜まで及んでも、事務所から送迎のサポートはなかったという。 ここで思い出されるのが、おととしの能年玲奈の独立騒動。「週刊文春」(2015年5月7日・14日ゴールデンウィーク特大号)は、能年が主演ドラマ『あまちゃん』(NHK)撮影中も給料が5万円 [全文を読む]

海外ドラマ『ニキータ』主演のマギーQ、セクシーなビキニ姿に「私には悪夢でも男性には天国ね(笑)」

週プレNEWS / 2012年07月05日13時00分

―セクシーな赤いビキニで現れるシーンもありましたね! M あれは悪夢よ! 監督にはクラッシー(伝統的)でヨーロッパ調のワンピース水着をお願いしたのに! ワンピースってビキニの上下がひも一本でつながってるだけだったの! ―そんな“悪夢の衣装(赤いビキニ)”で、『週刊プレイボーイ』のグラビアに出てください! M 私にとっては悪夢でも、男性にとっては天国ね(苦 [全文を読む]

山谷花純、意外にも豊満なバストの谷間チラリ! 特撮ヒロインが「ハタチの色気」で男性ファンを悩殺

メンズサイゾー / 2017年05月30日18時00分

草原に横たわったセクシーショットや水着姿で路上に座り込んだ非日常的なカット、水辺で木に腰かけた幻想的な写真などを公開している。 これにネット上の男性たちからは「ドキッとする写真! ステキです」「セッ、セクシー、2度見しました」「すごく身体のラインが綺麗」「女性として成長した感がありますね」「大人の色気がすごく出ていて、可愛いというよりキレイになった」などと [全文を読む]

能年玲奈には“洗脳“攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず...マスコミが黙る2つのタブー

リテラ / 2017年02月13日21時30分

清水の引退報道を受けて幸福の科学は昨日午後に会見を開き、彼女が月給5万円で仕事をさせられていたこと、水着撮影や人間を食べるストーリーの映画への出演など本人の意に沿わない仕事を強制させられていたこと、そして本人が周囲に死への願望まで漏らしていたと明かした。 その一方、レプロ側は幸福の科学の会見内容に反論。同日夜に会見を開き、5万円の他にも食費や住居費や交通 [全文を読む]

松岡茉優 「朝ドラ出世魚の法則」で有村架純超えの「脱いでもいい」覚悟宣言

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時57分

これまでグラビアなどでの水着仕事すらないだけに、実現すれば文字どおり「初脱ぎ」となるが‥‥。 芸能評論家の佐々木博之氏が、彼女の今後を占う。「脱ぐかはともかく、女優としては素朴で地味ですが、それだけにどんな役でも演じられる万能型。流行の『昭和顔』女優として、尾野真千子(34)のような実力派として活躍しそうです」 大河初出演でイナダがブリに成長する演技を見せ [全文を読む]

「パンツを食いこませたり……」整形疑惑否定した『あまちゃん』女優・足立梨花の意外な“露出度”って?

日刊サイゾー / 2013年12月24日13時00分

「足立の水着グラビアは、Tバックとはいかないまでも、小さめのパンツを着用したり、パンツを食いこませたりと、いつもヒップの露出度が高く、美尻をアピールしています。別にセクシーを売りにしているわけでもないし、女優としてNHKのドラマに出演するようになっても、異例の露出度の高さ。あまちゃん人気とは別に、過激なヒップの露出にファンが急増中です」(同) あらぬ整形 [全文を読む]

DVD『ハラがコレなんで』発売。仲里依紗「血統書付きの“お女優”にはなりたくないんです」

週プレNEWS / 2012年05月07日13時00分

発売元:パルコ/販売元:ポニーキャニオン/4935円/(c)2011『ハラがコレなんで』製作委員 【関連ニュース】女優・武井咲が必ず家に常備している「故郷・名古屋の味」とは?上野樹里のお姉さん、上野まな(29歳)が鮮烈の水着グラビアデビューニートラッパーの生き様を描いた『SR サイタマノラッパー』シリーズが話題の映画監督・入江悠インタビュー「僕は全然つぶし [全文を読む]

フォーカス