演技 能年玲奈に関するニュース

映画「この世界の片隅に」主演・のんの演技に「本当に素晴らしかった。溢れるものが止まらない」と心を打たれる人が続出中

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日15時00分

同作が声優初チャレンジとなったのんの演技に、映画を観た人々から「やっぱりこの人には演技し続けていてほしい!」「完璧な演技だった!!」と絶賛の声が集まっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ こうの史代による同名コミックが原作のこの映画は、太平洋戦争真っ只中の広島・呉で厳しい状況の中でもけなげに生きる“すず”とその家族の暮らしを描いた感動作。「 [全文を読む]

能年玲奈 自ら代表となり「唯一の親友」と会社設立していた

NEWSポストセブン / 2015年04月27日07時00分

演技がしたい!演技がしたい!演技がしたーい!〉──3月24日付のブログでそう仕事への意欲を爆発させたのは、女優の能年玲奈(21)だ。 2013年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に主演。“じぇじぇじぇ”キャラで人気を得たが、最近はドラマ出演が少なくメディア露出が激減。ブログの発言は、不満の表われなのかもしれない。 そんな能年が今年1月、自 [全文を読む]

クラウドファンディングでようやく製作が実現した『この世界の片隅に』に、能年玲奈改め“のん”が主演決定! アニメファンの反応は!?

おたぽる / 2016年08月28日19時00分

発表後は、「のん(能年玲奈)のアニメ映画主演をマスコミが取り上げないのは、彼女の前事務所が圧力をかけたから」だの、「のんがブログを開設したニュースも一斉に削除された」だのなんだの周辺の報道がにぎやかだが、肝心の彼女の声の演技はどれぐらい期待できそうなのか、そして映画屋形に足を運ぶであろうアニメファンたちは、彼女の起用にどんな反応を示しているのか。ざっくり [全文を読む]

『桐島』『あまちゃん』で評価急上昇の女優・松岡茉優 爆笑太田も大絶賛

AOLニュース / 2013年09月26日10時44分

主役・天野アキを演じた能年玲奈をはじめ、多くの出演者が人気や再評価を得ているなか、ここ最近の活動も含めてその演技力が高く評価されている女優が、松岡茉優(まゆ)だ。 『あまちゃん』公式サイトより 現在18歳で、『あまちゃん』では"GMT47"のリーダー・入間しおり役を演じる松岡。アイドルとして成功を目指す熱い女子を好演し徐々に注目度を上げてきているが、最初に [全文を読む]

アニオタが声に萌えた!能年玲奈主演アニメ映画『この世界の片隅に』

しらべぇ / 2016年11月16日11時00分

のんの演技は気になる部分である。さっそく鑑賞したしらべぇ取材班が、アニオタ目線でレビューする。■のんと主人公の親和性は抜群結論から言えば、第一声からそのかわいさに脳がとろけた。おっとりとした作画と、作られたキャラではなく、ジブリ的な生きた人間を魅せたアニメなのだと開始とともに感じた。生きた人間がそこにいる、だがアニメーションの仕草とおっとりとした声がきっち [全文を読む]

負けるな、能年玲奈!「のん」に改名し本格復帰の能年に前事務所が卑劣な妨害工作、自ら明かした冷遇と洗脳報道の真相とは

リテラ / 2016年07月15日15時19分

そんな時に演技のレッスンをしてくれた滝沢充子先生が助けてくれて」 [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

芸能マスコミを使って「演出家・演技トレーナーの滝沢充子氏に能年が「洗脳」されている」という情報をリーク。レプロは"芸能界のドン"バーニングプロの周防郁雄社長がバックについていることから、芸能マスコミも、その情報に乗っかって、能年に対するバッシング報道を繰り広げてきた。 しかし、能年側がこれに屈することなく、あくまで独立の姿勢をつらぬくと、契約切れのこのタイ [全文を読む]

能年玲奈はあまちゃん過ぎた?事務所独立もデッドロード突入

しらべぇ / 2016年05月24日17時30分

能年は2015年1月頃、長年演技指導を受けてきた演出家の女性(通称生ゴミ先生)と個人事務所を設立。レプロ側に無断での行動だったため、トラブルに発展していた。演出家の女性とは今もなお同棲をしていて、能年はひたすら心酔。あらゆることを彼女に相談しているという。そのような特異な関係性もあってか、レプロによると、此の度設けられた契約更新の席にも、能年が応じなくなっ [全文を読む]

NHK朝ドラ「あさが来た」ヒロイン・波瑠の”びっくりぽん”な舞台裏「4度目のオーディションで主役の座に」

アサ芸プラス / 2015年11月07日17時57分

「故・夏目雅子に似ていると言われるほどの美人で演技もできるのに、イマイチ突き抜けることができないでいた。一部では“美人すぎて個性が足りない”とも言われてきましたが、ここにきて大きなチャンスをモノにしましたね」(芸能評論家・小松立志氏) 波瑠が演じるのは幕末の京都に生まれ、炭鉱、銀行、生命保険など数々の事業を興した女性起業家のパイオニア。日本初の「女子大学」 [全文を読む]

ニート状態!? 能年玲奈が“ひらき直り”コスプレ姿披露にファンは引退を危惧

日刊サイゾー / 2015年08月10日11時00分

「さすが! 抜群のスタイル!」 「玲奈ちゃん似合ってる! 次回作ではオファーが来るかもね」 と、そのスタイルの良さを絶賛される一方で、 「玲奈ちゃん……暇なの?」 「玲奈ちゃんの演技がもっとみたいよ!」 と、その2日前のブログでも「メイクの特訓をしました」と、仕事ではなく遊んでいる姿ばかりをアップする能年のことを心配するファンもいるようだ。 能年といえば [全文を読む]

能年玲奈が「私の人生、谷ばかりすぎないか?」と苦悩、かんぽ生命CMに“レプロの本音”か!?

日刊サイゾー / 2015年07月27日20時30分

能年が“長めの”演技をみせるのは、昨年公開された映画『海月姫』以来。久しぶりの演技に、ネット上では「キラキラ感がハンパない」「やっぱり、能年の演技は最高」などと賛辞が相次いでいる。 能年といえば4月下旬、所属するレプロエンタテインメントに無断で、“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏とともに個人事務所を設立していたことが発覚。さらに、滝沢氏やその弟子仲間たちと共同 [全文を読む]

明暗を分けた理由がわかった!有村架純と能年玲奈、「NG項目」はこんなに違う

アサ芸プラス / 2015年05月08日09時59分

「有村は人気若手女優の中でも演技に対してNGが少ない。例えば、月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)では溝端淳平とベッドシーンに挑戦したり、『スターマン この星の恋』(フジテレビ系)では五十代の國村隼と通常のキスとは異なる、濃厚なキスシーンを演じファンに衝撃を与えました。そんな体当たり演技が評価され、彼女の元にオファーは殺到した」(芸能記者)「あ [全文を読む]

EXILEイチの演技派・MATSUがDV夫役で蘇るAV女優への暴力沙汰疑惑

messy / 2014年06月14日12時00分

MATSUといえば、実はEXILE一派のナンバーワン演技派として知られている。 EXILEでは、AKIRAやMAKIDAI、TAKAHIRO、KEIJIなど多くのメンバーが俳優としても活動。また、彼らの所属するLDHでは劇団EXILEの公演もあるし、「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣は話題の邦画『ホットロード』で能年玲奈の相手役を務めている [全文を読む]

干され続ける能年玲奈、人気減で「仕事がない」でんぱ組.inc最上もが、病んだ清水富美加、芸能界の病みを生む労働環境

messy / 2017年02月26日18時00分

彼女の演技に魅力を感じるファンは多数おり、活動を待ち望む声が絶えないにもかかわらず、雑誌グラビアやインタビューの仕事はあるものの、やはりドラマや映画など演技の仕事はほとんど舞い込まないという現状。2014年2月に「事務所を辞めたい」と談判してから、『この世界の片隅に』を例外に、ぱったり彼女の出演作は途切れている。レプロといえば清水富美加の出家騒動もまだ記憶 [全文を読む]

能年玲奈改め”のん”がバラした「あまちゃん時代の極貧生活」

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日12時08分

準備とは、演技や発声のレッスン、クラシックバレエなどですが、これは女優としての基礎レッスン。あまりにも普通のことで、再スタートを切った彼女を起用したいと思わせる何かは感じられません。また、『ベースは女優』と話す割には、『絵本を書いてみたい』『作曲もしてみたい』など、違うジャンルにも興味を持っていました。具体的に何をしてきたのか? どう活動していくのか? が [全文を読む]

有村架純朝ドラ主演で「あまちゃん」ファンが“能年玲奈友情出演”をラブコール

アサジョ / 2016年07月06日09時59分

能年の問題は“洗脳”とまで書かれた女性演技指導講師とのつながり。つながったままならば系列事務所が手をあげることはないでしょうし、別れられるのであれば前の事務所を辞める必要がないですからね」(芸能ライター) およそ2カ月、ブログの更新が途絶えている能年。7月4日の時点では、いまだに所属事務所のホームページには能年の情報が掲載されており、変化は見られない。演技 [全文を読む]

「芸能界干され状態」能年玲奈のSOS…活動継続困難、独立&洗脳騒動の真相

Business Journal / 2016年05月15日17時00分

一部報道によれば、独立の動きが能年の研究生時代の演技指導の先生B氏に手引きされているとされているが、独立そのものが「洗脳」と伝えられた。前出とは別の芸能事務所関係者が語る。 「能年さんの元事務所の働きかけがあったといわれています。事務所に相談もなく個人事務所を立ち上げたとはいえ、まだ世間を知らない若いタレントのせいにするのはかえってリスクが高い。あくまでも [全文を読む]

広告業界も太鼓判!女優・清水富美加の株が急上昇中のワケ

アサジョ / 2015年10月22日09時58分

「清水は現在『SICKS~みんながみんな、何かの病気~』(テレビ東京系)で、コミカルな演技に挑戦しており、これがかなりいい。『清水はここまでできるんだ』と、コメンディエンヌとしての才能を開花させています。それとは対照的に『コウノドリ』では、出産した子どもを乳児院に預けるシリアスな役どころをきっちりと演じきった。得てして嘘くさくなりがちな分娩シーンもリアリテ [全文を読む]

「一生演技ができますように」能年玲奈、事務所トラブルに神頼み? 小泉今日子の参戦見送りで騒動解決の糸口見えず

メンズサイゾー / 2015年07月08日17時35分

笹につりさげられた短冊が映っている画像もあり、そこには「一生演技ができますように」という願いごとが書かれていた。さらに能年は「願い事の為に、勉強していかなきゃ」と記している。 普通の女優なら何てことのないエピソードだが、事務所トラブルで「干されている」といわれる能年の願いごととしては切実。直接の言及でないとはいえ、騒動に関連してここまで露骨にアピールしたの [全文を読む]

能年玲奈“3ショット写真”掲載は事務所への威嚇!?「いずれは小泉今日子の事務所へ……」

日刊サイゾー / 2015年06月25日09時00分

現在、能年は自宅マンションで、独立騒動の発端になったと報じられている、“生ゴミ先生”と慕う演技指導の女性とその弟子を迎え入れ、共同生活中。しかし、家賃は25万円以上で、このままだと家賃が払えなくなりそうだ。 「NHKの朝ドラ『あまちゃん』に出演後、一時期の能年は事務所の稼ぎ頭に近かった。そんな能年をこのまま“飼い殺し”にしたところでなんのメリットもないた [全文を読む]

フォーカス