レプロ 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈「のん」騒動にアニメ作品「この世界の片隅に」が引っ張られている件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

ところで、先般の能年玲奈(23)の大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」契約解除騒動と、それにまつわる改名や仕事についてのあれこれは相変わらず話題になっているようです。一連の問題は、本人にとっても事務所にとっても不幸なことだと思いますが、ことの詳細はノンフィクションライターの田崎健太さんが決定版ともいえる記事を書いておられたのでご参照ください。 個人 [全文を読む]

新垣結衣『逃げ恥』大ヒットで、“のん”こと能年玲奈が窮地に追いやられるウラ事情

サイゾーウーマン / 2016年11月06日12時45分

事務所からの独立を主張するのん(能年玲奈)と、それを認めないレプロエンタテインメントの“冷戦”がいまだ続いている。10月31日発売の「週刊現代」(講談社)では、双方の相容れない主張が掲載されるなど、まだまだ騒動は収束しそうにないが、本来であれば味方になりうる芸能プロ関係者からも、レプロに対して「世論を見誤っている」という批判が出ている。 「現代」は連載「ザ [全文を読む]

テレビから永久追放?”のん”こと能年玲奈と事務所が法廷闘争へ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日09時03分

7月から展開されている能年玲奈(23)の一連の“復帰プロモーション”に対して、前事務所のレプロ・エンタテイメントが正式に待ったをかけた。一部メディアを通じて「現在まで解決に至っておりません」などとコメントを発表し、問題が何も終わっていないことを強調した。レプロの対応に対して、ファンの間では賛否が真っ二つに分かれている。 ■どっちが悪い? 事務所の対応に賛否 [全文を読む]

新垣結衣が大量消耗のピンチ! レプロの“支配力維持”のためにフル稼働か!?

tocana / 2017年03月14日09時00分

かつてのんが所属していた芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは今年に入って、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加と契約トラブルになっていることもあり、複数のテレビ局が取材に訪れたが、やはり放送されることはなかった。まだまだレプロからテレビ局に対する圧力はあるのだが、最近はそれもかなり弱まってきているという。 NHK連続テレビ小説 [全文を読む]

幸福の科学出家&引退の清水富美加、巨額違約金の恐れ…事務所、問題続出で信用ガタ落ち

Business Journal / 2017年02月13日06時00分

同日、幸福の科学、清水の所属事務所レプロエンタテインメントはそれぞれ会見を開き、出家の事実を認めている。 メディア各社の報道をみると、「知人によれば」「関係者によれば」というかたちで、レプロと清水本人のやり取りが詳細に明かされている。 「清水が個人名義のツイッター上で経緯を説明する前に、レプロが先手を打ってメディア各社へ情報を流し、報道させているのです」( [全文を読む]

能年玲奈、“生活費稼ぎ”で匿名イラストレーターに!? さらなるドロ沼裁判勃発で「復帰絶望」

サイゾーウーマン / 2015年11月13日13時00分

所属事務所・レプロエンタテインメントとの関係にヒビが入った時期には、匿名イラストレーターとして生活費を稼ごうとしていたことまで判明したというが……。 能年の独立が明らかとなったのは、今年4月。「東京スポーツ」が一面で「能年玲奈“洗脳”騒動」と大々的に報道し、能年が「生ゴミ先生」と呼ばれる演出家・滝沢充子氏による洗脳を受け、無断で個人事務所を設立したと伝えた [全文を読む]

ONE OK ROCKやっぱり2017年の紅白歌合戦に内定? のん(能年玲奈)も出演可能なNHKのキャスティング無双

messy / 2016年12月26日20時00分

彼女は前所属事務所レプロエンタテインメントとの契約期間満了に伴い独立したが、レプロ側がまだ彼女の独立に納得を示していないことは周知の通りだ。そのためなのか本名である能年玲奈名義での活動継続が困難になり、民放各局への露出はほぼない。公開中の映画『この世界の片隅に』で主役の声優を務めるも、公開前にそのことを伝える民放テレビ局はなく、映画が異例の大ヒットをした今 [全文を読む]

卑劣! 能年玲奈に「本名使うな」と前事務所から理不尽すぎる圧力が! 能年を完全追放のテレビにクドカンも苦言

リテラ / 2016年07月22日19時30分

所属事務所であるレプロエンタテインメントとの契約が終了したことを機に、芸名を「のん」と変えて再出発した能年玲奈。その新しい名前を聞いた誰もが面食らった「のん」という芸名だが、今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)2016年7月28日号で、この改名劇をめぐる新事実が明かされた。その裏にはレプロからの圧力があったというのである。 もともと、改名すると発表した「FR [全文を読む]

能年玲奈、芸能界干される可能性が濃厚…テレビ局員「起用するわけにはいかない」

Business Journal / 2016年07月22日07時00分

女優の能年玲奈との所属契約をめぐり、対立している芸能事務所レプロエンタテインメントが14日、マスコミ各社に文書でコメントを発表した。昨春から契約問題は報じられてきたが、レプロ側が声明を発表するのは初めて。法的手段に出る意向も示した。能年はこの日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューで、6月末で契約は終了したと表明し、「のん」に改名することを宣言 [全文を読む]

能年玲奈を子供扱いし庇護する阿川佐和子と「文春」にがっかり

messy / 2016年07月15日00時00分

6月でそれまで所属していた芸能事務所・レプロエンタテインメントとの契約が切れるといわれていた能年。本日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で対談コーナー「阿川佐和子のこの人に会いたい」にも登場し、芸能活動復帰を宣言している。 能年の独立騒動が持ち上がったときから一貫して彼女の味方という姿勢を貫いてきた「文春」は、現在、レプロと係争中だ。能年および能年を支える魅力 [全文を読む]

能年玲奈はこれから徹底的に潰される…! 関係者語る“裏の取り決め”とは?

tocana / 2016年05月28日09時00分

24日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じたもので、独立騒動渦中の能年が所属する「レプロエンタテインメント」との契約更新を拒否。芸能界のルールに背く行為のため、独立したとしても前途は多難で、事実上での引退状態に追い込まれるというのだ。発端は昨年1月、能年が「生ゴミ先生」と慕う魅力開発トレーナーの滝沢充子氏とともに、個人事務所「三毛andカリントウ」を [全文を読む]

能年玲奈、謎多き“洗脳”騒動の真相 多数のメディアが“完全スルー&報道自粛”の怪

Business Journal / 2015年05月02日17時00分

そして同社取締役に名を連ねるのが、能年の所属事務所レプロで演技指導を務めていた滝沢充子氏であり、能年がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』ヒロインになるまで演技指導をして能年を育てた同氏に、能年は洗脳されているという。滝沢氏はすでにレプロとの契約は終了しているとされ、レプロが能年の個人事務所設立の事実をまったく知らされていなかったという。週刊誌記者は語る。 [全文を読む]

能年玲奈&新垣結衣の「好きな女優」ランキング順位に”業界騒然”

デイリーニュースオンライン / 2017年04月03日19時10分

「好きな女優」部門では、1位は2016年7月に能年玲奈から改名したのん(23)、2位は新垣結衣(28)と、大手芸能事務所・レプロエンタテインメントの2人が名を連ねたが、関係者は「レプロの思惑とは裏腹な結果」に騒然としている。 新垣は昨年10月期のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)から再注目を集めているが、一方の能年は2015年に独立騒動が報じられ [全文を読む]

「能年を法廷に呼べ」孤立無援の能年玲奈を待ち受ける“ウルトラ型破り”な展開とは?

tocana / 2016年01月28日08時00分

NHKの朝ドラ『あまちゃん』で大ブレークするも、昨春に所属事務所「レプロエンタテインメント」に無断で個人事務所を立ち上げていたことが発覚。その独立問題以来、彼女はテレビ画面から姿を消した。レプロとの関係は悪化し、現在も交流は代理人同士が行っている。「能年とレプロの契約は今年6月まで。その後の動向は未定ですが、芸能界のルールを逸脱した以上、これまでのように [全文を読む]

泥沼化はあの大物のせい?能年玲奈を悩ます”芸能界の板挟み”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月18日18時05分

所属事務所であるレプロエンタテインメントとの確執により、芸能活動を休止状態だった能年だが、一部週刊誌で改名と再出発を宣言。これをレプロ側は“宣戦布告”とみなしたのか、ついには「法的措置を検討している」とコメントを発表する泥試合に発展してしまった。 第一報を報じた昨年4月の『東京スポーツ』は、能年が“生ゴミ先生”と呼ばれる演出家・滝沢充子氏に「洗脳されている [全文を読む]

「のん」に改名で再スタートの能年玲奈、事務所は“契約不履行“と主張で再び泥沼化の可能性

メンズサイゾー / 2016年07月15日14時00分

2015年に能年は所属事務所「レプロエンタテインメント」に無断で個人事務所を設立したことが発覚し、同時に女性演出家T氏による"洗脳疑惑"も騒ぎ立てられた。一方で事務所が能年を冷遇していたことが独立騒動の原因とも報じられ、真実が見えないままレプロと能年は断絶状態に。能年は開店休業状態が続いていたが、今年6月いっぱいでレプロとの契約が終了したとされ、ついに復 [全文を読む]

「新垣結衣も辞めたがってる」能年玲奈、独立・洗脳騒動にささやかれるレプロの悪評

サイゾーウーマン / 2015年04月29日12時45分

能年玲奈の“独立&洗脳騒動”が芸能界に衝撃を走らせているが、各芸能関係者は所属事務所・レプロエンタテインメントに対して、「自業自得」とささやき合っているという。レプロは長谷川京子、新垣結衣ら人気女優を擁する中堅プロダクションだが、業界の声を集めてみると知られざる実態が明らかになってきた。 各報道によると、能年は今年1月、レプロに無断で個人事務所を設立して、 [全文を読む]

能年玲奈には“洗脳“攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず...マスコミが黙る2つのタブー

リテラ / 2017年02月13日21時30分

各メディアとも、幸福の科学と、彼女の所属しているバーニング系列のレプロエンタテインメント、両方の顔色をうかがって右往左往しているのである。 まず、時系列に沿って泥仕合の様子を振り返ってみたい。 清水の引退報道を受けて幸福の科学は昨日午後に会見を開き、彼女が月給5万円で仕事をさせられていたこと、水着撮影や人間を食べるストーリーの映画への出演など本人の意に沿わ [全文を読む]

干された“のん”こと能年玲奈、完全復活に向けて再始動へ! 水面下で内定した新所属事務所と“ウラ事情”を関係者が暴露

tocana / 2016年10月01日09時00分

徐々にだが仕事が入るようになったのんだが、いまだ元所属事務所のレプロエンタテインメントとの間に抱える問題は解決していない。すっかり“危険物件”となってしまったのんだが、実は水面下で新しい所属事務所が内定しており、わずかながら復活への道が開けてきた。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11063.html】 [全文を読む]

能年玲奈、身勝手な独立で事務所に多額損失与える…芸能界干されるのは当然か

Business Journal / 2016年07月23日20時00分

能年は15日発売の「フライデー」(講談社)で、芸名を「のん」に改めることを表明したが、これまで能年と契約問題で争ってきた所属事務所・レプロエンタテインメントは、14日時点で「現在までその解決に至っておりません」とのコメントを発表。すると、今度は21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、レプロから能年へ“警告書”を送付していたことを報じるなど、彼女の復活劇は [全文を読む]

フォーカス