復活 能年玲奈に関するニュース

『この世界の片隅に』公開も…能年玲奈の第一線復帰は難しい?

しらべぇ / 2016年11月12日08時30分

しかし、一般の人から見て「第一線に復活できる」と思われてるのだろうか。■「のん」改名前は...しらべぇ編集部では、今年5月に「能年玲奈がこのまま芸能界から消えてしまうこと」について調査を実施。その結果は4割以上が「もったいない」と回答。多くの人が、彼女の復活を望んでいた。7月に改名し、もともと所属していた事務所を離れて活動することを発表。未だにもめている、 [全文を読む]

署名運動も!のん、映画の大ヒットで「能年玲奈」を名乗れる日が来る!?

アサ芸プラス / 2016年12月13日09時59分

のん自身も復活に向けて、最高のスタートを切ったといってもいいのではないか。「のんも『すごくてこずりました。現場でとことん向き合っていただきました』とコメント。実際に現場でも、声の出し方から人物描写に至るまで、監督を質問攻めにしていたと聞いています。ほわほわしていて可愛らしく天然、だけど決めたらやり通す強さを持つ主人公の存在が、のんのイメージと重なり合ってこ [全文を読む]

岩手県が能年玲奈を全面バックアップ!「プロジェクトN」始動

しらべぇ / 2016年08月10日07時00分

『あまちゃん』でも舞台となった岩手県が、彼女の復活を全面バックアップするというのだ。■あまちゃんファンが歓喜7日、のんは7日に岩手県の達増(たっそ)拓也知事のもとを訪問。岩手県のご当地キャラクター「そばっち」のイラストを知事にプレゼントするなどした。『あまちゃん』撮影時に何ヶ月も現地に滞在したのんにとっても嬉しい日だったようで、笑顔を見せている。そして同知 [全文を読む]

能年玲奈がいよいよ復活?主演映画が地上波放送の波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日12時05分

いよいよ復活の時がやってくるのか。独立騒動後、事実上の芸能活動休止に陥っている女優の能年玲奈(22)が、所属事務所レプロとの契約期限の解消まであとわずかに迫っている。7月中旬には出演映画の地上波放送が発表されており、一部ファンの間で能年玲奈の復帰が期待されている。 ■7月に出演映画が意味深な地上波放送 2014年頃から事務所との間にわだかまりが生じた能年。 [全文を読む]

能年玲奈、契約終了でファンが「復活」エール大合唱! 事務所HPにプロフィール掲載されたままで不安も

メンズサイゾー / 2016年07月01日18時00分

事務所を離れればフリーで復活できる公算がある。契約最終日となった同30日、能年のブログに復活を期待するファンから「ずっと待ってました」「やっと復活できるね」「明るい未来が待ってるはず!」「また映画やドラマで能年さんを見たい」などといった歓喜の声が殺到し、コメント数が4000件を超える事態となっている。 能年の復活を予期させる出来事もあった。 6月18日に放 [全文を読む]

完全復活へ…のん、セクシーになった!?

NewsCafe / 2017年03月29日11時30分

長く独立騒動に揺れ、業界を干された格好だった女優、のん(23)に完全復活が見えてきた。 「先日は、LINEの格安スマホのCMに登場し、本名で旧芸名の能年玲奈から改名後では初のCMなのですが、話題になっています」とはテレビ誌デスク。 白いシャツ姿の、のんが口を半開きにし、何か言おうとしながら、無言のまま最後に商品メッセージをアナウンスするというシンプルだが印 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

堺雅人を一躍視聴率俳優に押し上げ、TBSの「日曜劇場」を復活させた救世主だ。TBSドラマ班のボス、福澤克雄Dの畳みかけるような演出が見事でしたね。そうそう、面白いのは、同ドラマは一切恋愛要素がないのにも関わらず、F2やF3層からの人気が高かったこと。本当に面白いドラマを作れば、ちゃんと女性たちも見てくれることも証明した。ちなみに、最終回の視聴率42.2%は [全文を読む]

「引退危機報道」は所属事務所からの能年玲奈への最後通告か? 意外な復活の可能性も浮上!!

Business Journal / 2016年05月31日19時00分

強引に独立したタレントが業界全体から干され気味になるのは、古巣の事務所による“圧力”だけでなく、こうした業界全体の空気があるからです」(前出の芸能プロダクション幹部) [全文を読む]

引退危機の能年玲奈が“小泉今日子人脈”で復活するのは来年4月の朝ドラ!?

アサ芸プラス / 2016年05月26日09時59分

すなわち『小泉会』は、小泉とNHKのコネクションを象徴する集まりでもあるのです」 となると、小泉の後ろ盾を得た能年は、NHKで復活を果たすことになるのか。テレビ誌のライターは小泉とNHKの密接な関係について指摘する。「小泉と『あまちゃん』のスタッフは良好な関係を築いており、今年1月のスペシャルドラマ『富士ファミリー』では同じ演出家と再びタッグを組んだうえに [全文を読む]

【ウラ芸能】能年玲奈、見えた復活シナリオ

NewsCafe / 2016年05月09日15時00分

ついこの前も、能年の復活が近いって話題にしましたが、ここに来て具体性を帯びていますね」デスク「去年個人事務所を設立し、女性振付師から洗脳されてるとか騒動になって1年。事実上の引退状態だよね」記者「所属事務所との契約が6月に切れ、その後は彼女がブレークしたNHK朝ドラ『あまちゃん』で母親を演じた小泉今日子(50)の引きで、小泉の事務所に入るのではないかとみら [全文を読む]

能年玲奈復活のラブコール、生放送中にフジ女子アナ号泣、水トアナのキャラもう飽きた?……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年03月05日13時00分

記者G MCの小澤陽子アナウンサーが、放送した中山記念で復活勝利したドゥラメンテに勝って感動して、号泣しちゃったヤツですね。デスクG 競馬で感動して泣いちゃうなんて、かわいいじゃん。記者G ネットの反応はそうでもなかったようです。「あざとい」とか「ぶりっ子」とか。デスク それはちょっと大げさじゃないのか?記者G 小澤アナ、実は今年1月からこの番組のMCにな [全文を読む]

能年玲奈がブログで大人気…コミュ障ファン獲得で広がる芸能界復活への期待

デイリーニュースオンライン / 2016年01月04日12時00分

(文/タナカアツシ) [全文を読む]

「のん」こと能年玲奈、クドカン大河ドラマ出演への道は? テレビ局の“忖度”が終わる日

日刊サイゾー / 2017年04月06日09時00分

事実、そのような話が進んでいます」(芸能プロ関係者) のんが“クドカン大河”で華麗に復活する日は訪れるのか――。 [全文を読む]

CM出演決定の「のん」、テレビ局が“解禁”の結論を出すタイミングとは?

アサジョ / 2017年03月31日10時15分

2015年4月、所属事務所に無断で個人事務所を設立し、事実上の休業状態だった能年玲奈改め「のん」に復活の風が吹いている。 改名してからの初仕事、劇場アニメ「この世界の片隅に」で、主役・北條すずの声を演じたのんは大評判。興行収入も25億円、動員数190万人、累計公開館数300館を突破し、ミニシアター系の映画としては異例のヒットとなる。 そして、17年3月から [全文を読む]

復活中の能年玲奈改め「のん」、克服されない2つの“致命的弱点”とは? 芸能記者が指摘

tocana / 2017年03月14日07時30分

のんの完全復活は苦手克服にかかっている――。 ※イメージ画像は、「のん 公式ブログ」より [全文を読む]

干され続ける能年玲奈、人気減で「仕事がない」でんぱ組.inc最上もが、病んだ清水富美加、芸能界の病みを生む労働環境

messy / 2017年02月26日18時00分

しかし、映画PRで『あさイチ』(NHK)に彼女が出演した際は完全復活も期待されたが、その他のテレビ局が彼女を登場させることはないまま現在に至っている。 彼女自身、2月22日に出演したラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)でも「仕事がしたい」と、現状の仕事量に不満を持っていることがうかがい知れた。 事務所からの独立騒動により、2014年公 [全文を読む]

映画「この世界の片隅に」で復活したのんが、コラムニストの仕事をスタート

アサ芸プラス / 2017年02月22日17時59分

初の声優主演映画「この世界の片隅に」が大ヒットしたのん。2月5日には「第38回ヨコハマ映画祭」で審査員特別賞も受賞。同作品はキネマ旬報でも、日本映画ベスト・テン1位、読者選出日本映画1位も獲得。のん自身の評判も、上々のようだ。「事務所の独立騒動や、“生ごみ先生”と呼ぶ女性による洗脳騒動がありましたが、能年玲奈から“のん”に改名し心機一転、コツコツと頑張って [全文を読む]

のん(能年玲奈)が「ワルイちゃん」グッズ展開も、酒井法子の「のりピーちゃん」に激似!? 丸い顔に毛が3本で

日刊サイゾー / 2016年11月11日17時00分

ちなみに、レプロのサイトでは、能年のオリジナルキャラクター『うにちゃん』の携帯ストラップがいまだに販売されています」(同) 女優としてはまだ完全復活とはいかないものの、クリエイターとしては前進中ののん。賛否両論の「ワルイちゃん」は、「のりピーちゃん」ほどの支持を集められるだろうか? [全文を読む]

干された“のん”こと能年玲奈、完全復活に向けて再始動へ! 水面下で内定した新所属事務所と“ウラ事情”を関係者が暴露

tocana / 2016年10月01日09時00分

すっかり“危険物件”となってしまったのんだが、実は水面下で新しい所属事務所が内定しており、わずかながら復活への道が開けてきた。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11063.html】 昨年、無断で個人事務所を設立したことなどが発端となりレプロとトラブルになったのんは、一気に干されて仕事がなくなり、今年6月 [全文を読む]

能年玲奈の復活はNHKと映画で決まり!岩手県のプロジェクトNが示す未来とは

アサ芸プラス / 2016年08月10日13時30分

県庁が一芸能人の活動をサポートすること自体が異例だが、これが能年復活の兆しになると指摘するのは芸能ライターだ。「能年と岩手県が、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)を通して良好な関係にあることは県民なら誰でも知っている話。しかも8月6日には同県の久慈市にて『あまちゃんサミット2016』が開催されており、岩手では能年待望論が盛り上がっています。ただ芸能界に [全文を読む]

フォーカス