今後 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈「のん」騒動にアニメ作品「この世界の片隅に」が引っ張られている件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

ただ、せっかく面白い映画だと話題にされる割に、いつまでも能年玲奈の独立騒動とセットで語られる程度の話題性でしか話が出ないようだともったいないことでしょうし、本人の今後の活動にもプラスになるはずもありません。テレビで取り上げられなかったのは、能年玲奈の独立騒動でタブーになっていたからだけではなく、映画が始まりますという営業が来てないからです。なので、ちゃん [全文を読む]

本名・能年玲奈、今後は使用すると違法行為該当で損害賠償支払いの可能性も?

Business Journal / 2016年07月23日07時00分

これを受け入れるとなれば、今後は芸能活動において「能年玲奈」を名乗れないことになるが、前事務所が本名でもある「能年玲奈」の使用を事実上禁止することに問題はないのだろうか。弁護士法人ALG&Associates弁護士の榎本啓祐氏に聞いた。「自分の好きな芸能人のグッズが発売されると『買ってみよう』と思うことがあるように、芸名には販売促進の効果を生じさせたり、商 [全文を読む]

負けるな、能年玲奈!「のん」に改名し本格復帰の能年に前事務所が卑劣な妨害工作、自ら明かした冷遇と洗脳報道の真相とは

リテラ / 2016年07月15日15時19分

今後は女優業の他にも、イラストや音楽といった分野の表現活動にも関わりたいとこれからの目標を語っている。 周知の通り、これまで能年玲奈は所属事務所から冷遇を受け続けてきた。昨年の「週刊文春」報道によれば、『あまちゃん』(NHK)出演時には、朝ドラのハードスケジュールにも関わらず事務所からのサポートは手薄で、そのうえ当時の月給はたったの5万円であったという。前 [全文を読む]

テレビから干された?能年玲奈の再起が叶わない意外な理由

しらべぇ / 2016年05月09日07時00分

今後、カムバックする方向性も変わってきそうなだけに、動きが気になるところだ。・あわせて読みたい→土屋太鳳の今後を不安視...視聴率にもつながる致命的な欠点(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日 対象:全国20代~60代の能年玲奈を知っている男女10 [全文を読む]

柴咲コウ、芸能界「干される」危機…所属事務所とトラブルで独立していた!

Business Journal / 2016年07月23日07時00分

柴咲は2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演も決定しており、本来であればさらに今後の活躍が期待されるはずだが、テレビ局関係者は「かなりキナ臭いことになっている」と語る。 柴咲といえば、7月6日付サンケイスポーツで39歳の実業家との熱愛が報じられたばかり。そして、これと同時に柴咲が所属事務所・スターダストプロモーションから独立していたという [全文を読む]

能年玲奈、“のん”改名で加護亜依に助言を求めるファンが殺到? 加勢大周の二の舞いを恐れる声も

おたぽる / 2016年07月18日12時00分

しかし、その後、加護と前事務所の間で話し合いが行われたのか、あるいは使用料を払っているのかは定かではありませんが、加護は現在でも“加護亜依”を名乗って活動していることから、『玲奈ちゃんに助言してあげて』と、能年ファンから加護に助言を求める声も寄せられているようです」(芸能事務所) あまり世間に浸透しなさそうな芸名へと改名したうえに、前事務所によって干されて [全文を読む]

能年玲奈はあまちゃん過ぎた?事務所独立もデッドロード突入

しらべぇ / 2016年05月24日17時30分

過去にそうやって消えていった芸能人がたくさんいること、本人もわかっているはずなんですけど...噂が事実だとしたら、さすがに『あまちゃん』すぎると言わざるを得ません」女優として評価される能年でも、今後厳しい状況に陥る可能性は少なくない。■4割は能年の復帰を待っているなお、しらべぇが過去に行なった調査では、「能年玲奈がこのまま芸能界から消えてしまうのはもったい [全文を読む]

映画「海月姫」場面写真が話題!能年玲奈と長谷川博己の恋の行方は?

Woman Insight / 2014年11月05日11時30分

特に1枚目は、月海・蔵之介・修の今後の三角関係を左右する重要なシーンなだけに、劇場版でどんなふうに描かれているのか、期待でいっぱいです(バックのクラゲがすごくキレイですね!)。 漫画『海月姫』の世界が、実写版で徐々に明らかになってくる楽しさ反面、あの世界観がどこまで実写化できているのか……と、『海月姫』ファンの私はドキドキ。原作者・東村アキコ先生にも、ぜひ [全文を読む]

能年玲奈、自身のアイデア満載な大人気連載が1冊に! 1stフォトブック「ぐりぐりぐるみ」7/31(木)発売決定!!

PR TIMES / 2014年06月24日12時49分

詳細は今後、B.L.T.オフィシャルサイト(http://p.blt.tv/)でお知らせいたします。 <能年玲奈プロフィール> 1993年7月13日生まれ、兵庫県出身。女優としては映画「告白」(‘10 中島哲也監督 東宝)でデビュー。その後、「カラスの親指」(’12 )、「グッモーエビアン!」(‘12 )などに出演。テレビドラマでは「高校生レストラン」(’ [全文を読む]

能年玲奈「『あまちゃん』効果は500万円」と広告代理店関係者

WEB女性自身 / 2013年06月10日07時00分

今後も更なる躍進が期待できそうです。水谷豊さん(60)は金額的には横ばいですが、ベテランならではの安定感とドラマ『相棒』の人気も手伝って、“広告効果がもっとも高い俳優の1人”と言われています。今後も価格を落とすことはまずありえないでしょう」そう語るのは、大手広告代理店関係者だ。今回もおなじみ、大手広告代理店が作成したCMギャラリストを独占入手。リストには2 [全文を読む]

ローラ、能年玲奈、西山茉希…芸能界にはびこる奴隷契約に公正取引委員会も動き出している

messy / 2017年08月12日14時00分

今後の展開を注目されている。 先日、公正取引委員会が芸能界で不公正な契約が結ばれていないかの調査を始めたことが報道された。しかし多くの芸能事務所はタレント育成費を負担しているため(レッスン代、衣食住の費用など)、月給が少なくても当然という言い分を持っており、改善の道のりは長そうだ。 問題解決にはかなりの時間を要するだろうが、今まで全く明るみになってこなかっ [全文を読む]

稲垣・草なぎ・香取、中国進出で“あの世界的スーパースター”と連携!?

アサ芸プラス / 2017年06月23日17時58分

3人は、元マネージャーの設立する新事務所に合流すると見られているが、日本のテレビ業界の慣例で独立後2年間は“干された状態”になるという見方も強く、今後は中国市場への進出を見据えているとも報じられている。 再スタートを決意した彼らの今後に注目が集まる中、業界内の現実的な観測が伝わってきた。 稲垣、草なぎ、香取について「当面の間、これまで出ていたようなバラエ [全文を読む]

細川茂樹も? 松方弘樹、水野美紀、能年玲奈、鈴木あみ、小林幸子...バーニングに干された芸能人総まくり

リテラ / 2017年03月12日20時15分

話が二転三転しているため、今後どのように状況が変わっていくのかは未知数。また、この話題は一部スポーツ新聞やワイドショーが小さく扱っている程度でほとんど報じられないため、パワハラ問題の真偽も不明だが、うまく話がまとまったとしても、今後の細川の芸能活動には大きな壁が立ちはだかる可能性が高い。バーニング系列のサムデイと対立した以上、色々なかたちで妨害されること [全文を読む]

『この世界の片隅に』がキネマ旬報ベスト・テン1位に 喜びの声殺到

しらべぇ / 2017年01月10日17時30分

そして、おの素晴らしい作品が今後もひとりでも多くの人に広がることを望むばかりだ。・合わせて読みたい⇒『この世界の片隅に』旋風が止まらない!感動の声と支援が殺到(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日 対象:全国20~60代の能年玲奈を知っている男女108 [全文を読む]

「他の週刊誌の宣伝をいたします」 『週刊大衆』が『週刊文春』の「のん」(能年玲奈)さんの記事を宣伝ツイート

ガジェット通信 / 2016年10月28日18時45分

同ツイートには 「男気だわ週刊大衆さんの」 「週刊大衆さんがすげ~よ、いやースゲーいい!」 「いいものは、いいですって言いたいですね! 今後ものんちゃん記事をよろしくお願いします」 「やるじゃん」 といった返信が寄せられていた次第である。 ※画像は『Twitter』より引用 [全文を読む]

“関西テレビ界の女帝”上沼恵美子が能年玲奈の母に公開説教!

日刊サイゾー / 2016年07月26日09時00分

娘の引退報道が事実無根で、今後は家族でサポートしていくことを力説している。 「実は『三毛andカリントウ』にも、後から能年の母親が役員に入っています。今後は家族で彼女をフォローしていくようですね。ただ、上沼さんが言うように、過去に親族が介入して成功した試しはない。それくらいの情報は、ネットなどで調べれば簡単にわかるはずなのですが……。マスコミの間では、能年 [全文を読む]

「のん」こと能年玲奈が新事務所「株式会社non」設立、復帰第1弾は“小泉今日子プロデュース舞台”か

日刊サイゾー / 2016年07月21日17時00分

役員は能年1人で、今後は「株式会社non」と、“ある事務所”が契約を交わし、ここが窓口になるという。 「小泉今日子が昨年2月に設立した個人事務所『明後日』が有力。『あまちゃん』(NHK)で能年の母親役を演じた小泉は、放送終了後も能年を気にかけ、ミシンをプレゼントしたり、自身の舞台に招待するなど、関係を続けてきた。また、能年は先月末、“能年玲奈”として最後の [全文を読む]

事務所退社の“のん”こと能年玲奈、文春インタビューの狙いは「訴訟対策」か

日刊サイゾー / 2016年07月14日18時00分

しかし、芸能界のタブーを犯しての独立だけに、阿川から「今後は女優業をバンバンやっていくぞ、という感じ?」と聞かれ「できる範囲で」と短い言葉で返すなど、厳しい現状もうかがわせた。 今後は当サイトで既報通り、女優業を継続しながら絵や音楽などの創作活動も行っていくという。一部で洗脳や引退がウワサされたことに対しては「洗脳報道もそうですけど、いろんな言葉を浴びてそ [全文を読む]

井上真央「独立」はメリットなし? 低視聴率イメージと結婚予定もなく、なぜか松嶋菜々子にも「余波」が......

Business Journal / 2016年06月16日12時00分

しかし実際のところ、井上が独立して今後も順調に同じ仕事量を継続できるかは微妙だろう。同じく独立騒動の渦中にある能年玲奈と比べれば実績もある井上だが、同世代のライバルも多く、今後も安泰とは言えないだろう。 「大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)での低視聴率の印象は非常に強く残っています。大河主演後は、女優としてそこまで目立った活動はしていません。ギャラの高騰と『 [全文を読む]

芸能界追放の能年玲奈が”アーティスト”として再始動の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日08時05分

■水面下で浮上する“アーティスト活動”説 そんな能年が、今後は女優とは別にアーティストとして活動するという話が浮上している。『週刊ポスト』(小学館)の6月17日号によると、能年は「menme」という名義で、絵やデザインした洋服を展示する個展や、即売会を開催する計画を進めているという。名前の読み方に関しては不明のようだが、能年の名前とは別に、心機一転を狙っ [全文を読む]

フォーカス