主演ドラマ 高島礼子に関するニュース

高島礼子はなぜ離婚しないのか? 「結婚の誓い」の重み

ウートピ / 2016年07月28日15時02分

それも、夫逮捕からすぐに「警察官役の主演ドラマ」が放映されるというバッドタイミング。最初は視聴率が取れても、彼女が演じるであろう「正義」の向こうに視聴者は「でも、夫は逮捕されている」「一緒に暮らしていたのに本当に知らなかったの?」と、高知東生のやけに黒い顔やふてぶてしい逮捕映像と共に、彼女のプライベートの方に思いを馳せてしまうでしょう。それは主演女優にとっ [全文を読む]

FTISLANDイ・ホンギの主演ドラマ「百年の花嫁」に、高島礼子がカメオ出演!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年01月20日20時09分

[スポーツソウルドットコム|ソン・ジヨン記者] FTISLANDのメンバーのイ・ホンギ(23)が主演を務めるドラマに、日本の大物女優である高島礼子(49)がカメオとして出演することが分かった。イ・ホンギは20日午後、自身のTwitterに「僕のお願いに、韓国まで来てカメオ出演をしてくださった高島礼子さん。お忙しいのに時間を割いてくださいました。本当にありが [全文を読む]

高島礼子トリプルショック? 主演ドラマ『女たちの特捜最前線』が打ち切り危機

日刊サイゾー / 2016年08月07日19時00分

主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系/木曜午後8時~)が打ち切りの危機に瀕してしまったからだ。 改めて説明するまでもないが、高島の夫(当時)で元俳優・高知東生容疑者が、6月24日、覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕された。ドラマで高島が警察官役を演じるとあって、当初は“お蔵入り”となる可能性もあった。しかし、尿検査の結果、高島自身はシロで、謝罪会 [全文を読む]

高島礼子、離婚でも消えない「関係」

NewsCafe / 2016年08月09日13時55分

『日本香堂』のCM契約も主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)も、離婚したから降板せずに済みました。テレビ局も離婚は大歓迎だったはずです」 やはり、周りは離婚させて早く赤の他人になってもらいたかったわけだ? 「そう。今年高島はまだ出演ドラマが3本も控えていて、映画『ボクの妻と結婚してください』も公開されます。こんな大事な時期に覚醒剤をやった男の妻 [全文を読む]

高知東生と離婚発表の高島礼子が“モテモテ”状態! 言い寄る会社社長、業界人、映画監督たち……

日刊サイゾー / 2016年08月08日09時00分

高島は、皮肉にも警察官役を演じる主演ドラマ『女たちの特捜最前線』が放送中で、騒動の影響からか視聴率も伸びず、とても新たな恋をスタートさせる余裕は見られない。さらに今後、前夫の刑事裁判で情状証人として出廷する可能性もあって、高知被告の裁判が終わるまでは何かと事件が取り沙汰されることから、たとえ「頼れる人」が現れたとしても、その存在を公にできる状況にはないだ [全文を読む]

高島礼子、離婚報道に「本当にしたの?」と疑う声 主演ドラマの視聴率ダダ下がりで打ち切りも?

おたぽる / 2016年08月03日19時00分

また、高知が保釈されたのと同日、高島の所属事務所が『高知被告と会う予定はありません』とのコメントを発表していたものの、離婚を発表した1日に、高島と高知が面会したというウワサも流れているため、『直接会うと、心変わりする可能性は大だからな』『姐御肌なだけに、放っておけなくなってしまったのでは?』などとささやかれてしまっているようです」(芸能関係者) 今回の騒動 [全文を読む]

離婚か、修復か…高島礼子が決断を迷う理由

messy / 2016年07月20日00時00分

7月21日からスタートする高島の主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)は、予定通りに放送されることが決まっており、いまのところコマーシャルの降板などもないという。 もちろんこれは、彼女が積み上げてきた実績と信頼あってこそだ。ただ、彼女の所属する太田プロダクションをはじめ、周囲の人間としては「一刻も早く離婚すること」を望んでいるという。仮に夫婦生活 [全文を読む]

高島礼子、「芸能活動自粛」をまぬがれたのは三田佳子を反面教師にしたから?

アサジョ / 2016年07月06日15時00分

その高島は現在、花王とヨネックスの2社とCM契約を交わしているほか、7月21日には主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日)がスタートするが、いずれも降板や放送中止の予定はなく、芸能活動を自粛することはなさそうだ。そんな高島がとある大女優と好対照だと芸能ライターが指摘する。「家族が薬物事件で逮捕された例と言えば、三田佳子のことを思い出す人は多いはずで [全文を読む]

高島礼子、ヒモ夫支える覚悟は…

NewsCafe / 2016年07月06日11時05分

デスク「ヒモ夫の元俳優、高知東生(51)の覚醒剤事件で崖っぷちだった妻の女優、高島礼子(51)が大セーフだな」 記者「主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)が予定どおり21日からスタートします」 デスク「警官を演じるのに、ダンナが逮捕じゃしゃれにならないはずだったのに…」 記者「テレ朝の角南源五社長(59)が、先日の高島の謝罪会見を『立派な会見。 [全文を読む]

高知東生逮捕にテレ朝が「ニヤリ!?」 高島礼子が警官演じる『女たちの特捜最前線』は視聴率爆上げか

日刊サイゾー / 2016年06月29日00時00分

夫が逮捕された24日以降も、7月21日スタートの主演ドラマ『女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議』(テレビ朝日系)の撮影を、京都市内で淡々とこなしているという。 同作は、高島演じる京都中央警察署の総務課に勤める警察官と、宮崎美子演じる広報課の警察官、高畑淳子演じる食堂調理員が“井戸端捜査会議”を繰り広げながら、事件の真犯人を暴いていくミステリー。高島が警察 [全文を読む]

高島礼子が社会人経験を生かして総務のおばさんに!?

Smartザテレビジョン / 2016年06月07日05時00分

テレビ朝日系の木曜夜8時枠で、7月より高島礼子主演ドラマ「女たちの特捜最前線」が放送されることが決定した。 同ドラマは「土曜ワイド劇場」で放送され、好評を博したことにより連続ドラマ化が決定。刑事たちの陰で働く3人の女性の活躍を描く。 京都中央警察署総務課勤務の警察官・京子(高島)が、広報課の弥生(宮崎美子)、食堂調理員の美鈴(高畑淳子)らと捜査情報を持ち寄 [全文を読む]


高島礼子、重度の「買い物依存」状態の原因は高知東生との離婚ロス!?

アサ芸プラス / 2017年09月15日05時59分

「高島は、かつては主演映画、主演ドラマと引っ張りだこの人気で、CMにも多数出演していました。ところが、高知の不祥事、離婚などを経て、好感度はガタ落ち。仕事は先細りして、主な活躍の場は商業演劇となっています。10月6日からの主演舞台『おんなの家』も、橋田寿賀子作、石井ふく子演出の人気コンビだからこそ大量動員が見込める出し物で、座長の高島にそれほどの集客力はな [全文を読む]

斉藤由貴の“不倫体質”は死ぬまで治らない!? 文春砲炸裂で「仕事が激減する可能性も……」

日刊サイゾー / 2017年08月03日18時00分

その後は太めのルックスでアイドル時代の面影もなくなり、一時は仕事がかなり減っていた斉藤だが、数年前に11キロの減量に成功すると、主演ドラマなど続々とオファーが舞い込み、人気復活。7月スタートのドラマ『カンナさーん!』(TBS系)では、人生初の“おばあさん役”を務め、9月公開の福山雅治主演映画『三度目の殺人』にも出演する。トーク番組などでは子育てに奮闘する [全文を読む]

高畑淳子「救われたの…」高島礼子の言葉に流した感謝の涙

WEB女性自身 / 2016年09月13日00時00分

主演ドラマ『女たちの特捜最前線』で共演した高島礼子さんからも直接、励ましの言葉をもらったそうです。『高島さん自身も大変なのに、申し訳ない でも救われたの』って泣いていました」(前出・舞台関係者) そして、『雪まろげ』の共演者たちにも 仲間の輪 が。 「榊原郁恵さんや柴田理恵さん、青木さやかさん、南海キャンディーズのしずちゃんが中心になり、 何かあったら私た [全文を読む]

高知東生、高畑裕太…シリーズ化も望めた「女たちの特捜最前線」スタッフの無念

アサジョ / 2016年08月29日09時59分

初回視聴率が11.6%と好発進した高島礼子主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)。しかし、ドラマ撮影中だった6月24日には、高島の元夫の高知東生被告が法律違反の薬物使用と所持で逮捕。そして、8月25日の最終回を前に、主要キャストの高畑淳子の息子・高畑裕太が性的暴行で逮捕されてしまった。 高知被告が逮捕された際には、即刻、打ち切りの可能性もあったが [全文を読む]

破滅的な状況の夏ドラマ 向井理『神の舌を持つ男』3%台まで転落で、芦田愛菜の二の舞いに!?

日刊サイゾー / 2016年08月18日13時00分

さすがに向井主演ドラマが3%台を出してしまうとは想定外で、打ち切りも現実味を帯びてきた。 初回で10.7%と2ケタに乗せていた、藤原竜也主演『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)も、第2話=8.6%、第3話=7.2%、第4話=6.4%、第5話=6.1%と、回を重ねるごとに下がる一方。この状況が続けば、最終的には冗談抜きで「そして、誰も見なくなった」に [全文を読む]

高島礼子 元夫・高知東生が「土下座謝罪」でもスポンサー圧力で強制離婚

アサ芸プラス / 2016年08月11日17時57分

しかし、現在放送中の主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)は高視聴率。単発から昇格し、さらにシリーズ化も検討されている。主演のイメージを守るため、スポンサーサイドから『ドラマを続けたいなら離婚してほしい』との圧力があり、テレビ局や所属事務所がその意向をくんで高島を説き伏せた。泣く泣く離婚した形です」 今後の女優業に支障をきたせば高知被告の更生生活 [全文を読む]

【試写室】「女特捜」“渡辺いっけい劇場”にニヤニヤ

Smartザテレビジョン / 2016年08月11日05時00分

今回は、熱烈なアンコールを受け(?)8月11日(木)夜8時から“木曜ミステリー”枠で放送される高島礼子主演ドラマ「女たちの特捜最前線」の第4話を一足先に視聴し、見どころを紹介する。第4話は、土木関連企業社長の漆原辰則(寺岡知彦)が、崖下から遺体で見つかる。その崖では、1カ月前に建設会社社長の久松隆三郎(太田雅之)も転落死を遂げたほか、20年前には一家無理心 [全文を読む]

高島礼子と高知容疑者、離婚しても愛し合う2人…高島、高知の更生を支援の意向

Business Journal / 2016年08月06日17時00分

『日本香堂』のCM契約も、主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)も、今回の事件で降板しなくて済みました。高島本人は潔白ということが警察の調べで証明されたことはもちろんですが、同時に離婚という条件付きだったのでしょう。今年はまだ出演ドラマが3本控えており、映画『ボクの妻と結婚してください。』も公開されます。高島が一歩対処を間違えれば、事務所全体に大 [全文を読む]

フォーカス