中山 武豊に関するニュース

JRA払い戻し率変更で“武豊馬券”がおいしくなる?(2)「阪神芝は非根幹距離が狙い目」

アサ芸プラス / 2014年03月26日09時57分

現在開催中の中山ならば、得意なコースはダートに限定されそうだ。加藤氏が話す。 「ここ1年限定ですが、中山の芝レースでは18戦して〈12213〉。単勝回収率10%、複勝回収率59%と低調です。その内訳を見ると1番人気で2戦、2番人気で4戦、3番人気で2戦と人気馬で1勝のみと、期待を裏切っていました」 しかし、中山ダートで大変身する。11戦して〈2324〉。単 [全文を読む]

これを知らなきゃ馬券は取れない特捜”裏”データ「武豊が逃げの名手に?」

アサ芸プラス / 2015年11月12日19時56分

例えば中山の芝2500メートルならばステイゴールドの子を狙うのは定石とされる。あるいはダート戦ならサウスヴィグラス、プリサイスエンド、クロフネ、ゴールドアリュールという名前がすぐに浮かぶだろう。 オススメは、産駒を出して3年目になるパイロ。この産駒を見たら、黙って買っておきたい。それぐらいお得感のある種牡馬だ。何しろ勝ち馬率3割を超えているにもかかわらず、 [全文を読む]

天才・武豊「ダービー直前」独占インタビュー(4)「皐月賞は全力を出してないから失望はない!」

アサ芸プラス / 2014年05月31日09時57分

今年の中山の3、4コーナーは、芝がほとんどないような馬場状態なんです」 直線、馬群の中で伸びを欠き、11着に敗れた。 「3、4コーナーの走りからすると、いちばん後ろまで下がりそうな感じだったのに、直線ではそんなに離されず、1秒も負けなかった。敗因は何でしょうね。良血の高馬だからそう思ってしまうのかもしれないけど、皐月賞の時点ではまだお坊ちゃまで、根性が足り [全文を読む]

有名人馬主24名「勝ち組・負け組」“秘”収支報告!(1)

アサ芸プラス / 2014年01月28日09時58分

新春競馬でにぎわう中山競馬場で、有名人馬主の所有馬が明暗を分けた。1月13日の新馬戦で志村けんのダイジョブダアは惨敗も、その2日前には横浜ベイスターズの三浦大輔の2歳馬リーゼントロックが連勝でオープン入り。あらためて有名人馬主24人の中央競馬会での収支状況を見ると、そこには悲喜こもごもの馬主人生が浮かび上がるのだ。 現役のプロ野球選手として初めて、11年に [全文を読む]

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「抽選突破ならモーリスは買い」

アサ芸プラス / 2013年12月12日09時57分

今週は中山で「朝日杯FS」が行われる。2歳王者決定戦とはいえ、登録馬の中で重賞を制しているのは牝馬ベルカントただ1頭。はたして牡馬を蹴散らし、武豊騎手の「JRAGI完全制覇」達成なるか、にも注目だ。 歴史を誇る朝日杯FS(旧称・朝日杯2歳S)は、来年から舞台を阪神に移して行われる。枠順の有利、不利が歴然としているおむすび形のトリッキーなコースでGI戦を実施 [全文を読む]

2017競馬界はこの「2大V字回復騎手」を狙え!(1)内田博幸が好調の理由

アサ芸プラス / 2017年04月15日09時56分

この勝利は、間違いなく自信につながったと思います」 その騎乗ぶりに幅が出てきたことについても、「近年は正攻法で好位につけ、直線でジリジリ伸ばす騎乗が目立つこともあったが、今年に入り、『へぇ、こんな乗り方もできるんだ』とビックリさせるような騎乗ぶりも披露しています」(トラックマン) 例えば3月4日の中山・4歳以上1000万下牝馬のダート1800メートル戦。メ [全文を読む]

藤田菜七子デビューで競馬界に「ナナコミクス」の熱狂

週プレNEWS / 2016年03月19日06時00分

さらにJRAデビューとなった5日の中山競馬では、唯一の騎乗となった第2レースでまたも魅せる。騎乗したネイチャーポイントは直線で下がりかけるが、外に持ち出すとエンジン全開。勝ち馬に僅差の2着まで詰め寄る好走。この時もゴール前では地鳴りのような歓声、ゴール後には拍手が湧き起こっていた。 残念ながら、翌6日の騎乗を含めてデビューウイークでの初Vはならなかったが [全文を読む]

歴代勝ち馬には“超名馬”の名も。週末の『シンザン記念(G3)』を競馬部門スタッフが徹底談義

日刊サイゾー / 2016年01月09日00時00分

デスクF 翌日には中山で牝馬限定戦のフェアリーステークス(G3)があるのに、あえて牡馬と走るってのは、やはりそれだけ自信があるからか?調査班M それもあるんでしょうが、経験の浅い時期に関東に遠征したくないみたいです。ジュエラーを管理する藤岡健一調教師は『初戦の内容からも、直線が長いコースがいいと思ってね。中山(遠征)は考えなかった』と言っていました。レース [全文を読む]

フォーカス