神谷浩史 声優アワードに関するニュース

『おそ松さん』のパワーがビンビン! 謎の組織票(笑)に神谷浩史も苦笑…「第10回声優アワード」授賞式

おたぽる / 2016年03月14日20時00分

さらに「どういう組織票だよ?」とツッコミが入りそうなのが、ファン投票で選ばれる最多得票賞に5年連続で選ばれた神谷浩史だ。さすがに、登壇した神谷も一瞬苦笑した後にトロフィーを受け取った。 なお、5年連続受賞を受け、神谷は「最多得票賞」の殿堂入りが決定。来年からは殿堂入りということで除外になるそうである……純粋にファンのパワーには驚くよりほかない。 また往年 [全文を読む]

「タレントのプライベートな事に関してはお答え致しかねます」 声優・神谷浩史さんの所属事務所がサイトにお知らせを掲載

ガジェット通信 / 2016年07月12日13時45分

7月12日に発売された写真週刊誌『FLASH』に、「超人気声優・神谷浩史さんは漫画家・中村光さんと結婚しており子供もいる」という内容の記事が掲載された。 参考:声優・神谷浩史さんと漫画家・中村光さんとの結婚が『FLASH』に掲載されネット騒然! http://getnews.jp/archives/1489854 記事で 『おそ松さん』『進撃の巨人』など注 [全文を読む]

アジアナンバーワン声優・神谷浩史、あの人気漫画家とやっぱり結婚していた!? イクメンパパぶりが週刊誌に……!!

おたぽる / 2016年07月12日10時00分

本日12日発売の週刊誌「FLASH」(光文社)にて、数々の人気作に出演する超売れっ子声優・神谷浩史の結婚が報じられている。 そこには、“じつは結婚していた『おそ松』さん声優”というキャッチコピーとともに2ショット写真が掲載されており、子供を抱きかかえて笑みを浮かべている神谷の姿がはっきりと写っている。同誌によると、神谷が抱いているのは幼稚園児の愛娘、そして [全文を読む]

ぶりぶりざえもんが16年ぶりに復活!新声優に神谷浩史

Smartザテレビジョン / 2016年05月12日10時02分

新声優には神谷浩史が決定した。さらに、5月13日(金)、20日(金)の2週連続でぶりぶりざえもんの新作ストーリーを放送する。神谷は「僕の気持ちをここに全て書ききることはできませんが、とにかく! 今までのいろいろなものが結実してぶりぶりざえもんにたどり着いていたのだとしたら、本当に声優を続けていて良かったと思えます!」と喜びを語る。'15年には漫画連載開始か [全文を読む]

声優バラエティ「Kiraカン」に神谷浩史が登場!

Smartザテレビジョン / 2016年04月12日18時29分

そして初回のゲストに、「第10回 声優アワード」で5年連続最多得票賞に選ばれ、殿堂入りを果たした神谷浩史が登場する。同番組は、「Kiramuneカンパニー」という架空の会社を舞台に、代表取締役社長役の浪川大輔と、社長秘書役の吉野裕行が、社員役として登場するゲスト声優と共にトークはもちろん、即興アフレコなどに挑戦。番組は毎回公開収録形式で行われており、観覧席 [全文を読む]

認知もされず、受賞拒否まで! 迷走する「声優アワード」の問題点

サイゾーウーマン / 2012年04月10日12時00分

『宇宙戦艦ヤマト2199』古代進役で知られる小野大輔は、第2回助演男優賞、第4回主演男優賞、『荒川アンダー ザ ブリッジ』リクルート役の神谷浩史は第3回ベストパーソナリティ賞、第3回主演男優賞、そして今回から新設された最多得票賞を受賞している。 この現象について声優界の関係者はこう話す。「声優は売れているのが一握りなのが現状なので、毎回同じ様な声優がどこか [全文を読む]

山寺宏一さんがオーディションに落ちることも!? 実力主義な声優の世界

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

また、昨年実写化されるなど大ヒットしたアニメ『進撃の巨人』のリヴァイ兵長の声を担当し、その年度、最も印象に残った声優や作品を表彰する「声優アワード」で、2011年度から5年連続「最多得票賞」を受賞するなど活躍している神谷浩史さん。彼も、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』劇場版の初日舞台挨拶で、「(同作品の)テレビシリーズのオーディションに落ちてい [全文を読む]

金田朋子に『暗殺教室』、そして「強欲な壺」まで!? 「Yahoo!検索大賞 2015」の“オタクワード”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月10日21時00分

毎年3月に発表される「声優アワード」では、11年から5年連続で神谷浩史が最多得票賞を獲得しているが、今回「声優部門賞」に輝いたのはバラエティ番組に引っ張りだこの金田朋子。たしかに、あの高音ボイスと怪奇な言動を“金朋地獄”を知らない人が見れば、「こやつは何なのか」と、検索に走りたくなるのも頷ける(?)。当の本人は、受賞に際して「今回の受賞、本当にうれしいです [全文を読む]

フォーカス